鬼滅の刃 面白くない。 「鬼滅の刃って言うほど面白くないな」と思ってた5話までは【アニメ感想】

【鬼滅の刃】「つまらない、面白くない、嫌い」と言われている理由まとめ|サブかる

鬼滅の刃 面白くない

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】最終回 205話 がひどい? 冒頭でも触れましたが、鬼滅の刃の最終回の205話が「駄作でつまらない」「オチが最悪」と言った感想がSNSで多発しています。 あ、そだ 鬼滅の刃の最終話、今日、納品されたジャンプに載ってたから読んだけど 最悪な終わりかただったなwww 2大やっちゃいけないオチを使いやがったwwwwww — うっちー ucchispoon 鬼滅の刃の最終回、、30年ぐらいジャンプ読んでるけど、ジャンプ誌上こんなに最悪な最終回を読んだことがない。 — けいたぁ Sakana4645 もはや多くの人が知っている大ヒット作品で、「面白い!」「泣ける!」といった感想が多かったんですが、最終回では「内容がひどい」とがっちりディスられています。 まぁ、大人気作品ゆえに読者も多いので、皆が納得する最終回はないんでしょうが、一体なぜこのように批判が多いのでしょうか? 次の項では最終回のオチがつまらないと言われる理由について考えていきます。 【鬼滅の刃】最終回が駄作でつまらない・オチが最悪と言われる理由 最終回205話が駄作と言われる理由はSNSを見る限り、以下の理由が主な原因のような感じがします。 時代が現代に移った• 世界観が一気に変わりすぎ• 既存のキャラ達が出てこない• 伏線の回収がされていない 早速これらを深堀りして見てみましょう! 時代が現代編に移った 皆さんご存知の通り、鬼滅の刃は大正時代の物語です。 その少し古い時代背景が、鬼滅の刃の独特の空気感を生んでいたようにも思います。 しかし、最終回での物語の舞台は現代。 一気に時代が変わったことで、鬼滅の刃の どこか古臭くて良さげな空気感がなくなってしまいました。 銀魂の終わり方のほうが良かった。 — mippy💙💜 nmWeiLxniGQAzso 最終回だからこそ、大正時代で終わってほしかったというファンがとても多かったようです。 原作漫画の話の間や巻末に「鬼滅学園」というパロディは現代のような感じでしたが、「まさか本編も現代に移るとは・・・」って感じに思った人も多いかもしれませんね。 世界観が一気に変わりすぎ 上に書いたものと付随するんですが、時代背景が変わったことで、鬼滅の刃の世界観もガラッと変わってしまいました。 現代編では鬼滅の刃のキャラ達の子孫や転生者が登場しますが、なんだか 学園モノの違う作品を見ているような錯覚に陥ります。 これに関しては僕も「ワニ先生の新しい作品なのか?」と戸惑ってしまいましたw 鬼との命のやり取りがたまにグロかったり、その鬼が切ない過去を持ってて同情したりするのも鬼滅の刃の良いところですが、現代編ではそういった要素が1つもありません。 ワニ先生はたびたび「鬼のように残酷だ」と言われていましたが、「ついに世界観まで壊しにかかってきた」なんて言われそうですw 関連: 関連: 子孫達がメインで主要キャラが出ない 子孫が登場するのはいいんですが、最終回では今まで活躍したキャラがほぼ登場していません。 「主要キャラの鬼を倒したその後」を見たかったファンも多かったでしょうが、そういったものが最終話では一切なかったことも、 鬼滅ファンには悲しみだったようです。 鬼舞辻無惨を倒したあとの主要キャラのやり取り自体は204話で少しありましたが、わりと駆け足で書かれている感じがありますね。 冨岡義勇や不死川実弥、かまぼこ隊やカナヲなど、主要キャラ同士の絡みをもっと見たかったいう意見はSNSでも多いです。 しかも死んだキャラ達転生して現代に登場って、今までに散っていった仲間達はなんだったんだ… 最終話でこれまでの評価が変わってしまった。 伏線の回収がされていない 鬼滅の刃は最終回を迎えましたが、作中での多くの 謎や伏線が明かされていないし回収もされていません。 例えば、鬼と藤の花の関係や産屋敷一族の病気の謎、鬼舞辻無惨を鬼に変えた医者の正体、善逸の母親などなど。 細かいものも合わせれば数多くの謎や伏線がそのままです。 そんな花を永遠と探していた鬼舞辻無惨って一体・・って感じですねw 関連: 関連: 関連: 関連: 関連: 【鬼滅の刃】最終回発情期 ファイナルファンタジー と呼ばれる理由は? 鬼滅の刃の最終回が「つまらない!駄作!」と言われる理由は、実は上に挙げたもの以外にもあります。 実は鬼滅の刃のファンの一部からは、 鬼滅の刃も「最終回発情期 ファイナルファンタジー 」になってしまった! と、残念がる声も多く出ているようです。 「最終回発情期 ファイナルファンタジー 」って言うのは、少年ジャンプに連載された人気漫画の「銀魂」の74巻に出てきたフレーズです。 「最終回発情期 ファイナルファンタジー 」とは、長期連載漫画の主人公やヒロイン達が最終回に近づくに連れて、どんどんカップリングしていくさまを言い表しているとのこと。 鬼滅の刃最終回発情期とか最高なの?伊アオ完璧来たねこれ、あのさねみんの微笑みなんなの🥺不器用なのにど優しいしホワホワする尊い好き。 ただ、 「鬼をぶった斬る鬼滅の刃がまさか恋愛漫画化して終了するとは・・・」と感じた人はやはり多く、それが最終回の評価に繋がっているのかもしれませんね。 関連: 関連: 関連: 【鬼滅の刃】最終話の205話が面白い・感動したという感想も多い 駄作、つまらないと言われる反面、 「面白い、感動した」という読者も実は結構います。 今までの鬼滅の刃の空気感はなくなりましたが、 初回に出てきた錆兎や真菰、かまぼこ隊を猗窩座から守りきった煉獄杏寿郎、無限城での胡蝶しのぶや時透無一郎、不死川玄弥など犠牲があって今に繋がっているのは事実です。 命を賭して次に繋いだからこそ、現代の子孫たちが楽しく生活していることを考えると、 最終回も実は感動できる話なんですよね。 要は「読み手がワニ先生の意図をどう捉えるか?」って事ですね。 確かに矛盾や疑問はありますが、子孫たちが繁栄してハッピーエンドだったことは非常にいいことではないでしょうか? 少し解釈を変えて見ることで、 実は素晴らしい最終回と感じることができるかもしれませんね! 関連: 関連: 関連: 【鬼滅の刃】最終回205話が駄作でつまらない?についてのまとめ 鬼滅の刃の最終回は駄作でつまらないと言われています。 理由としては、• 時代が現代に移った• 世界観が一気に変わりすぎ• 既存のキャラ達が出てこない• 伏線の回収がされていない といったものがあるようですね。 また「最終回発情期」と言われるお決まりのパターンで終了したことも、評価を下げた理由の1つのようです。 ただ、犠牲になった命が繋がって現代に繋がっていると考えると、また少し見方が変わってきます。 そのように解釈した読者的には 感動の最終回だったようなので、つまんないと思った人も少し見方を変えて改めて205話を見てみると良いかもしれません。 ワニ先生いい作品を世に生んでくれてありがとうございました。 伏線の回収だけは別冊、スピンオフなどでどうかよろしくお願いします。 願いよとどけ 関連: 関連:.

次の

鬼滅の刃が面白くない!つまらない!という意見がこちら

鬼滅の刃 面白くない

鬼滅の刃がつまらない!?面白くない・嫌いの声はなぜ? 大ヒットし、漫画からアニメ化もしている鬼滅の刃ですが、「面白くない」、「嫌い」、「なぜ人気?」という声も多く上がっているようです。 なぜ面白くない、嫌いと言われているのでしょうか? つまらないと言われている理由について、まとめてみました。 炭治郎の一家は鬼に惨殺されますが、妹の「禰豆子」は鬼化して生き延びることとなります。 妹の禰豆子は最初だけは少し暴れるものの、その後は人間を食べることもなく、竹の口枷で人を喰わないようにしているという設定です。 炭治郎も鬼を殺す専門の「鬼殺隊」に入るときにも、妹の禰豆子は人を殺さないと説明すれば許してもらえるなど、ご都合主義とも言えるような展開が多いことが挙げられています。 主人公の炭治郎はかなり真面目でまっすぐな性格です。 ひねくれているなど影がないので、主人公の炭治郎が嫌い、受け付けないという声もあるようです。 鬼滅の刃はあまり見慣れない独特の絵柄だと言われます。 下手だという意見もあるようです。 そもそも絵が合わないと感じるので、つまらない、面白くないと思う人もいるようです。 しかし最初はなれないと思っていた絵柄も、慣れてきて面白くなってきたという人もいるようです。 鬼滅の刃の鬼側のいわゆるラスボスは「鬼舞辻 無惨」というキャラです。 強さとキャラデザインに関してはいい感じなのですが、中身がとにかく残念だと話題になっています。 仲間を理不尽に殺しまくったり、「鬼が人間に勝つのは当たり前」と言いつつも鬼殺隊からは逃げたりと、小物感が出てしまっていて、自分勝手な人物なので魅力的ではないとも言われています。 鬼側は「鬼舞辻 無惨」をトップに十二鬼月と呼ばれる鬼たちがいます。 炭治郎が十二鬼月のとある鬼に敵うことができないシーンがありますが、人側の鬼殺隊の最強と言われている、9人いる「柱」の1人がその十二鬼月の鬼を瞬殺してしまうのです。 これでは、炭治郎と柱9人がかりで一人ずつ十二鬼月や鬼舞辻無惨に挑んでいけば余裕なんじゃないの?とも思えるパワーバランスで、違和感があります。 一般的に過去編と言えば、本編よりも盛り上がる話もあって、かなり熱い展開が期待される部分だと思います。 しかし鬼滅の刃の場合は、鬼を倒すとその鬼の過去ストーリーが紹介されます。 そもそも急にその回に出てきた鬼の過去編といっても、その敵キャラの鬼にそれほど愛着がわきません。 鬼になる前の人としての生活や、鬼になった理由が紹介されるのですが、それほど感情移入できないという人も多いようです。 さらに鬼が強くなるためにかなり苦労したというような熱い展開もなく、ストーリー自体浅いと言われています。 鬼滅の刃は次第にギャグシーンが増えてくることでも知られています。 ギャグシーンが多くて長めなので、笑いのツボが合わない場合面白くなくなってしまうこともあるようです。 特にアニメの場合、ギャグシーンは子供向けなのでしょうが、漫画なら読み飛ばせるところもアニメだと簡単に飛ばすこともできず、つまらないと感じてしまう人も多いようです。 鬼滅の刃は原作の漫画だと、戦闘シーンの特に技を使う部分の動きがどうなっているのかとてもわかりにくいという意見があります。 そのため、戦闘シーンの盛り上がりがイマイチで迫力に欠けるので、見所の戦闘シーンがつまらないと言われているようです。 初期は炭治郎と鍛錬する話が中心で、重めの雰囲気でなかなか盛り上がるシーンもありません。 初期で面白くないなと思い、それ以降の盛り上がるシーンを見る前に見るのを辞めてしまう人もいるようです。 4巻くらいから面白くなるとも言われているので、4巻くらいまで読んでみると良いかもしれません。 例えば、鬼滅の刃はグロいシーンも結構多いので、苦手な人には面白いとは言えないかもしれません。 そして、鬼滅の刃は伏線を回収していくような漫画ではなく、複雑な考察などをして楽しいという漫画でもありません。 単純に好みが違うという人もいるでしょう。 2019年にあの「ワンピース」を超えて一番売れた漫画として話題になりました。 鬼滅の刃はかなり売れているので、期待して読み始める人が多いと思います。 ハードルを上げすぎた結果、思ったよりも面白くないなと感じる人も多いのかもしれません。 鬼滅の刃のファンの中には、過激で他の漫画に対して攻撃的な発言をする人がいるようです。 ツイッターのトレンド入りするほどの騒ぎとなり、鬼滅の刃ファンは民度が低いというイメージがついたことも原因でしょう。 大正時代の少し前から始まる時代設定と、和を感じる世界観が魅力的だと言われています。 可愛いしかっこいいキャラが多く登場し、特に我妻善逸は人気キャラのようです。 応援したくなるキャラが多いので、より作品自体も人気が出ているようです。 アニメ版では戦闘シーンにCGが使われていたりして迫力があってとても綺麗なシーンになっています。 技のシーンも綺麗で、かっこよくなっていて話題です。 漫画版では戦闘シーンに魅力を感じなかった人も、アニメなら楽しく見られるかもしれません。 鬼滅の刃にはたくさんの鬼が登場しますが、スキルが違って戦い方が違います。 蜘蛛の糸や鞠など、いろんなスキルを使ってくる鬼にどのように戦っていくのかというところが見所でもあります。 しかしながら一部では、かなり多くの戦闘漫画を読んできたような男性層にはウケが悪かったりするようなので、鬼滅の刃は初心者向けの漫画と言えるかもしれません。 好き嫌いは分かれるようですが、これだけ売れているので、世間一般的な評判としてはやはりとても面白い漫画!ということになるでしょう。 鬼滅の刃のアニメが海外で大人気!? 海外に目を向けてみると、鬼滅の刃のアニメは海外で大人気なんだそうです!なぜ海外でもそんなに人気なのでしょうか?端的に言うと、鬼滅の刃は外国人から見てかなり日本のイメージにピッタリなアニメなのです。 時代は大正時代であり、忍者のような戦闘シーン、綺麗で和のセンスが光るアニメーションに、主人公の炭治郎は愛と絆を大事にしています。 ややグロテスクで重めなストーリーではあるものの、テンポよく進んでいき、ストーリーも難しくありません。 まさに外国人が見るのにもぴったりなアニメと言えそうです。 鬼滅の刃がつまらない理由まとめ!やはり面白い? 今回は鬼滅の刃がつまらないと言われる理由について、まとめました。 鬼滅の刃は現在大ヒットしていますが、一部ではつまらない、面白くないという意見が上がっているようです。 鬼滅の刃はストーリーは単純めで、設定などややツッコミたくなる部分はあるようですが、より広い層に受け入れられやすい作品になっているようですね。 複雑で面白い作品、ガチで厳しい戦闘モノを好むような人には、物足りないという意味で、つまらないという意味で、面白くないと言われている場合が多いようです。 そういうことから特に女性に人気な作品となっていて、好き嫌いはやや分かれるようですが、大ヒットに間違いはないのでやはり面白い作品だと言えるでしょう。 今後の展開も気になりますね!最新情報をチェックしていきましょう! あなたにオススメ.

次の

鬼滅の刃がおもしろいと聞いて、アニメを見てみたのですが正直 全然面...

鬼滅の刃 面白くない

鬼滅の刃って面白いと評判だけど僕(私)は面白くない。 他にも同じようなこと思っている人っているよね?どういう理由でつまらないとか嫌いってなってしまうんだろう。 という人のために鬼滅の刃がつまらないってなる人は、具体的にどういう部分が面白くないと思ってしまうのか考察してみました。 この記事を読んでいただくと、他の人が鬼滅の刃をどういう理由で面白くないって思っているのか分かるので、自分と同じように思う人がいることが分かり安心できます。 途中で鬼滅の刃を読むのを止めてしまった人は、この記事を読んでいただくともう一度読んでみようとなり、つまらないと思っていたけれど面白くなってきたってなるかもしれません。 僕は鬼滅の刃14巻まで読んでいるので、しっかりと漫画を読んだうえで鬼滅の刃のここが原因で嫌い・つまらないってなるんだろうという部分をちゃんと評価できていると思います。 炭治郎のセリフがくさすぎ・素直で真面目な性格が苦手で面白くない 炭治郎のセリフは、たくさん切ない感じのがあります。 そして素直で真面目な性格という設定です。 ですので炭治郎の素直でまっすぐなひねくれていない性格が苦手な人には合わないでしょう。 炭治郎の悲しみのセリフが「クサすぎ」と感じてしまうのだと思います。 どんな悲しみのセリフがあるのかは、下記の記事を見てもらえると分かります。 たとえば別の漫画ですが約束のネバーランドのエマが嫌いっていう人もいます。 約束のネバーランドのエマも素直でまっすぐな性格。 ひねくれてなくて自分の思いに素直で言葉にもそれが出ます。 約束のネバーランドのエマが嫌いな人は鬼滅の刃の炭治郎も嫌いなんじゃないでしょうか。 こういったいかにも主人公な純粋素直キャラを受け入れることができるかどうかで鬼滅の刃が面白いと思えるか、つまらないとなってしまうのかが決まる場合があるでしょう。 鬼の悲しい過去に同情できないので泣けない・感動できない 鬼のなかには人間だったころに悲しい過去がある場合があります。 そのような悲しい過去をもつ鬼を炭治郎がやっつけたとき、炭治郎は鬼であっても情けをかけるんですね。 でも鬼は人間を喰っています。 だからそんな敵に悲しい過去があったとしても、なんだか白けてしまって感動できないっていう場合があるでしょう。 たとえ人間を喰っていたとしても鬼の悲しい過去に炭治郎が情けをかけるところが泣けるっていう人だと鬼滅の刃が面白いってなりますよね。 しかしそういう気持ちになれない人だと、残念ながら鬼滅の刃が面白くないってなります。 暗い雰囲気が苦手で読み進めていない 鬼滅の刃って連載開始した始めのころはギャグはなくてシリアスな暗い雰囲気なんです。 柱は出てくるんですが、柱のなかではもっとも地味で無個性に見える冨岡義勇です。 このころは冨岡義勇はかっこいいだけの地味キャラでした。 初期のストーリーはひたすら炭治郎の修行ばっかり。 まあそんな感じなので鬼滅の刃を読み始めたのはいいけれど、ずっと暗い雰囲気だしつまらないって思ってしまって読むのを止めてしまう人が一定数いるでしょう。 だんだんとギャグとか感動する場面、鬼との激しい戦闘シーンとかが増えてきて面白くなってくるんですが、そこまで読み進めることができないと鬼滅の刃はつまらないという評価になってしまいます。 大正時代の雰囲気が好きな人だと読み進めやすいかな。 もしコミックス1巻を読んでみたけれど、いまひとつだなって思ったとしてももうちょっとだけ読み進めてみてください。 善逸とか伊之助が登場してしのぶやカナヲが出てくるころには面白くて感動もできるっていうふうになってくる人もいるはずです。 6巻の柱が勢ぞろいするあたりぐらいからグッと面白さが増してきます。 鬼とかグロい場面があって嫌い・苦手だからつまらない 鬼滅の刃、けっこうグロい場面が多いです。 グロが苦手な人が鬼滅の刃が苦手ってなるのは仕方がないですね。 どういうグロい場面があるかっていうと、たとえば鬼が人間の切り取った足を抱えていたり、複数の人間でオブジェみたいのを作ったり人面蜘蛛が出てくるなどなど。 蜘蛛が苦手な人は蜘蛛鬼編は見てられないなんてことになってしまいそうです。 ただたしかにグロいんですが、全体的に上品さがあるのでなぜかそれほどグロいシーンが嫌いっていう気持ちにはなりません。 鬼滅の刃ってグロいシーンがけっこうあると聞いて、鬼滅の刃をまったく読んでいない人は一度読んでもらえると、けっこう大丈夫かもしれませんよ。 鬼滅の作者吾峠呼世晴先生と笑いのツボが合わないからギャグが面白くない 鬼滅の刃はだんだんとギャグシーンが増えてきます。 けっこうシュールなギャグが多いです。 このギャグが笑えないっていう人の場合は鬼滅の刃を楽しめないでしょう。 笑いのツボみたいなのって人それぞれですから吾峠呼世晴先生の作り出す笑いに共感できないなら、それは仕方がないですよね。 どんなギャグがあるかっていうと僕がもっとも印象に残っているのは、炭治郎が「具体的には何を司る神ですか?」という場面。 くわしくはこちらの記事で解説しています。 炭治郎の天然ボケが炸裂したシーンです。 かなり笑いました。 でもこのギャグシーン別に面白くないっていう人もいると思います。 そういう人の場合鬼滅の刃はつまらないとなりやすいでしょう。 戦闘シーンが迫力不足、技を出したときにごちゃごちゃして見にくいからつまらない 読者としてこの点だけは残念だな~って思います。 炭治郎が「水の型 打ち潮!!」っていうふうに技を出すんですが、なにをどういうふうに斬っているのかとか、どういう動きなのかってことが今一つ分かりにくいんですね。 おそらく動きを見せるというよりも、一枚ものの絵としてきれいかどうかを意識されているのかななんて勝手なことを思っています。 とくに水の型の技は波とか水の流れが強調される技なので、炭治郎が技を出したときの絵がちょっと浮世絵みたいな雰囲気なんですね。 それはそれでいいかなって思います。 あと激しい戦闘になったときに絵が見づらくなることがあります。 いろんな動きとか線がちりばめられていて、誰がどこでなにをどうしているのかが分かりにくくなってしまうんです。 どこでなにをしているのか分かりやすいバトルマンガっていうとドラゴンボールです。 ドラゴンボールの技って基本エネルギー弾みたいなのが何種類があるだけで、すごくシンプルですよね。 あんなにシンプルにしているのに、ワクワクさせてくれる戦闘シーンを描けるって実はすごいのかななんて今思いました。 バトルマンガとして技を出す部分の絵の動きを重視するのか、それとも一枚ものの絵としてきれいに魅せることを重要視するのか、けっこう難しいのかな。 なんて素人が考えたりしました。 ただ恋柱の甘露寺蜜璃の刀がムチみたいだったりなど、これからも楽しみな戦闘シーンは増えていきそうなので期待したいです。 まとめ ということで鬼滅の刃が嫌い・つまらない・面白くないってなる理由について6つ考察してみました。 まとめると、• 炭治郎のセリフがくさすぎ・素直で真面目な性格が苦手で面白くない• 鬼の悲しい過去に同情できないので泣けない・感動できない• 暗い雰囲気が苦手で読み進めていない• 鬼とかグロい場面があって嫌い・苦手だからつまらない• 鬼滅の作者吾峠呼世晴先生と笑いのツボが合わないからギャグが面白くない• 戦闘シーンが迫力不足・見にくい といったところです。 鬼滅の刃、僕は面白いなって思って読んでいるんですが、つまらないってなる理由ってなにかなって思って検証してみました。 どんなマンガでも面白いって思う人とつまらないってなる人がいるものですよね。 はたしてアニメ化されたときに戦闘シーンがどのようになるのか期待したいです。 鬼滅の刃の漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の