こ せき ゆうじ。 古関裕而―「紺碧の空」の作曲家―

古関裕而

こ せき ゆうじ

古関裕而(こせき ゆうじ)とは 名 前:古関裕而(こせき ゆうじ) 本 名:古關勇治(こせき ゆうじ) 生 年:明治42年(1909年)8月11日 没 年:平成元年(1989年)8月18日 父:古関三郎次(こせき さぶろうじ) 母:古関ひさ(こせき ひさ) 出身:福島県福島市 古関勇治は明治42年(1909年)8月11日。 福島県福島市大町で誕生。 喜多三(きたさん)という呉服屋の長男でした。 父は三郎次(さぶろうじ)。 当時は珍しい蓄音機で民謡や浪曲を楽しんでいました。 勇治は小学校3年生のとき、担任の遠藤喜美治の指導で作曲をしました。 このころ、母・ひさが卓上をピアノを買ってくれました。 勇治は卓上ピアノで作曲を楽しむようになりました。 大正11年(1922年)。 福島商業高校に入学。 当時盛んだったハーモニカ・バンドの活動に熱中します。 ほとんど独学で作曲方法を勉強します。 在学中に実家の呉服店が倒産しました。 高校をそつぎょうするころ福島ハーモニカーソサエティーに入団。 ハーモニカ・バンドでした。 古関は作曲・編曲・指揮を担当しました。 高校卒業後。 伯父が経営する川俣銀行(現東邦銀行川俣支店)に就職。 このころ子供のころからあこがれていた山田耕筰の事務所に楽譜を送り手紙のやり取りをしました。 福島ハーモニカーソサエティーとともに仙台中央放送局(NHK仙台放送局)の番組に出演しました。 このころ仙台に住んでいた金須嘉之進の指導を受けました。 作曲家として注目される 昭和4年(1929年)。 管弦楽のための舞踊組曲「竹取物語」をイギリスロンドン市のチェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに応募。 入賞しました。 これは日本人初の国際的な音楽賞の受賞です。 新聞で報道され日本国内でも大きく話題になりました。 その報道で古関のこをと知った愛知県豊橋市在住の内山金子(きんこ)が古関にファンレターを送りました。 熱烈な文通ののち翌年に結婚しました。 昭和5年(1930年)。 コロムビアの顧問 山田耕筰の推薦でコロムビア所属の作曲家になりました。 夫婦で上京しました。 昭和10年(1935年)。 古関が作曲した「船頭可愛や」(詩:高橋掬太郎、唄:音丸)が大ヒット。 人気作曲家の仲間入りをしました。 戦前・戦中 日中戦争が始まった昭和10年(1935年)には「露営の歌」を作曲。 その後、「暁に祈る」「若鷲の歌」を作曲し、古関も慰問のために中国やシンガポール、ビルマを訪れました。 戦時中は「愛国の花」、「暁に祈る」などを作曲。 戦地での悲惨な体験も作曲にいかされました。 戦争で傷ついた人々の心を癒やしました。 その一方で自ら作った曲で戦地へ向かった人々への自責の念を持ち続けました。 戦後 戦後は音楽をとおして世の中を明るくしようと活動を続けました。 「長崎の鐘」を作曲。 長崎だけではなく犠牲者への鎮魂歌として作りました。 戦災孤児救済がテーマのラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の主題歌「とんがり帽子」を作曲。 人気になったNHKのラジオドラマ「君の名は」の音楽をてがけました。 昭和23年(1948年)。 現在も夏の甲子園で演奏されている「栄冠は君に輝く」を作曲しました。 昭和39年(1964年)の東京オリンピックの開会式で演奏された「オリンピック・マーチ」をてがけました。 「フランチェスカの鐘」、「高原列車は行く」「イヨマンテ」などを作曲。 人気作曲家として多くの曲を手掛けました。 スポーツ分野の音楽も数多く手掛けています。 オリンピックや高校野球の他。 大阪タイガース(現在の阪神タイガース)の「六甲颪(おろし)」、東京読売ジャイアンツの「巨人軍の歌・闘魂こめて」、中日ドラゴンズの初代球団歌「ドラゴンズの歌・青雲たかく」も作曲しました。 多くの中学・高等・大学校の校歌をてがけました。 300近い学校の校歌も作曲しています。 とくに出身地の福島県の校歌は100曲を超えます。 音楽活動の実績が認められ。 昭和44年(1969年)紫綬褒章受章、昭和54年(1979年)勲三等瑞宝章を受章しました。 平成元年(1989年)8月18日。 脳梗塞のため入院中の病院で亡くなりました。

次の

古関裕而の生涯や家系図をチェック!子供は3人おり妻は先に死ぬ!?|朝ドラマイスター

こ せき ゆうじ

安藤サクラさん、広瀬すずさん、戸田恵梨香さん、窪田正孝さんって 「若手の登竜門」じゃなくなったね 笑 古関裕而さんは、1972年から1984年まで、フジテレビ系で放送されていた『オールスター家族対抗歌合戦』の審査員としてテレビ出演していました。 司会は萩本欽一さん。 ある程度の年齢の人なら、偉ぶらない、いつもニコニコと優しい笑顔の古関さんを覚えている人も多いと思います。 弾いているうちに音符の意味がわかるようになり、小学校を卒業する頃には、 楽譜が読めるようになっていました。 古関裕而さんの青年期 1916年(大正5年)、7歳のときに 福島県師範学校附属小学校へ入学。 10歳の頃には楽譜が読めるようになり、市販の 妹尾楽譜などを買い求めるようになります。 作曲に夢中になった古関裕而さんのもとには、クラスメイトが詩を持って作曲を依頼してくるようになりました。 朝ドラ決定の古関裕而先生の母校は福島商業高校。 昭和30年前後の旧校舎、商業実践室付近の写真です。 家業を継ぐために商業高校に通いますが、常にハーモニカを携帯し、学業より作曲に夢中でした。 この頃も、 妹尾楽譜や山田耕筰著の 「作曲法」等を買い集め、独学で作曲法の勉強を続けています。 はじめてのレコードは 『福島行進曲』です。 1931(昭和6)年には、 早稲田大学応援歌 『紺碧の空』を作曲しました。 同年9月、コロムビアの顧問山田耕筰さんの推薦で コロムビア専属の作曲家に迎え入れられ、夫婦で上京します。 東京では菅原明朗さんに師事しました。 しかし実家が破綻してからは一族を養うため、クラシックの作曲から離れることに・・・。 東京に移ってからのオーケストラ作品に、 関東大震災を描いた交響詩 『大地の反逆』があります。 また、無調的な歌曲 『海を呼ぶ』なども作曲しました。 古関裕而さんが、養っていたんだね! 1935年(昭和10年)、古関裕而さん26歳の時に 『船頭可愛や』 詩:高橋掬太郎・唄:音丸 が 大ヒット!この頃、声楽家志望だった妻・金子さんは 帝国音楽学校へすすんでいました。 そして1937年(昭和12年)に発表された古関裕而さん作曲の 『露営の歌』は、 60万枚を記録しました。 1938年(昭和13年)、 中支派遣軍報道部の依頼により、 従軍音楽部隊として上海・南京を訪れます。 1940年(昭和15年)には 『暁に祈る』を発表!古関裕而さんが作曲した軍歌で、最もヒットした曲です。 翌年は 『海の進軍』が発表されました。 長崎だけにとどまらず日本全体に向けた壮大な 鎮魂歌 『長崎の鐘』。 戦災孤児の救済がテーマの ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌 『とんがり帽子』。 1964年、東京オリンピックの開会式に鳴り響いた 『オリンピック・マーチ』。 現在も毎年夏の甲子園に流れている 高校野球大会歌 『栄冠は君に輝く』。 その後、 劇作家の菊田一夫さんとコンビを組んで、数々のラジオドラマ・テレビドラマ・映画・演劇・ミュージカルのヒット作品を世に送り出します。 1961年に菊田さんと手がけた、 森光子さん主演の 「放浪記」は長期公演舞台となりました。 菊田さんと共同したミュージカル 『敦煌』から交響組曲 『敦煌』を編んでいます。 古関裕而さんの晩年 「福島の無名の青年が国際作曲コンクールで入賞」という新聞記事を読み、 内山金子 (きんこ)さんがファンレターを送りました。 古関裕而さんとは4ヶ月ほど文通のやりとりをし、互いに恋心が芽生えます!豊橋まで会いに行った、古関裕而さんと一緒に福島に行き、そのまま結婚しました。 1935年(昭和5年)の秋に、日本コロムビアから招かれ、古関裕而さんと金子さんは上京。 古関裕而さんが、 コロムビアの専属作曲家になった1936年(昭和6年)に、世田谷代田に家を構えます。 その後、 帝国音楽学校で本格的に声楽の勉強を始めた金子さんですが、その才能は中山晋平さんにも絶賛されていました! しかし戦後に長男が生まれ、子育てに専念するため声楽は辞めています。 そして1980年7月23日に、乳ガンが全身に転移して、68歳で亡くなりました。 声楽は辞めたけど、家では毎日歌っていたんだって! 長男・正裕さん 1946年(昭和21年)、古関裕而さんと金子さんの長男として東京で生まれました。 大学卒業後は、 日本経済新聞社に就職しました。 データベース・システム、オンライン情報サービス・システムの開発などに携わりますが、早期退職(定年扱)します。 その後は、青山で輸入婦人服のセレクト・ショップ 「ブティック・ラフィーナ」を営みながら小説 「緋色のラプソディー」を執筆し出版! 父・古関裕而さんの 生誕100年記念CD全集の企画・監修で 2009年日本レコード大賞企画賞を受賞します。 2013年には、鈴木聖子さん・齊藤早苗さんと共にライブユニット 「喜多三」を立ち上げました。 歌や演奏だけではなく、楽曲の紹介や曲にまつわるエピソードなどのトーク・ライブも行い、都内のホールやライブハウスを中心に活動しています。 正裕さんにとっては、 過干渉な過保護の母で、しょっちゅう反発していたそうです!次第に、うまく対処することを覚え、金子さんの意見や小言は適当に「ハイハイ」と聞き流すようになります。 金子さんは、正裕さんは素直で良い子だと思っていたようです。 正裕さんは、結婚して子供も生まれているようですが、詳しい情報がありませんでした。 分かり次第、追記します! 長女・雅子さんと次女・紀子さん 2020年4月30日放送の「あさイチ」に、古関裕而さん・金子さんの長女の雅子さん(88歳)が電話で出演。 近江アナウンサーのインタビューに答え、戦争中でも明るい太陽のようだった母・金子さんの思い出を語っていました。 そのときに紹介された家族写真には、古関裕而さん・金子さん夫妻を中心に、二人の少女(一人は雅子さん、20歳くらい?)と男の子一人の五人が写っていました。 古関さん夫妻には、現在74歳の長男、古関正裕さんがいますので、男の子がその正裕さんだと思われます。 もう一人、雅子さんと正裕さんの間の年齢になる少女が、次女の紀子(みちこ)さんだと思われます。 先日、NHKで古関裕而さんを特集した番組が放送され、その中で、1983年に放送された「この人『古関裕而ショー』~いとしきはわが調べ 激動の昭和を生きて~」の一場面が紹介され、紀子さんが出演していました。 紀子さんが、結婚するときに父親の古関裕而さんからもらった手紙を読み上げて、それを聞いていた当時73歳の裕而さんが涙ぐんでいる様子が印象的でした。 そんな作曲された曲には、いろんなエピソードがありそうですよね!2020年前期の朝ドラ「エール」では、そんなエピソードも観れるかもしれません。 そのせいでいじめられたり、先生に叱られたりしたことも。 大人になった裕一も、ときどきどもったりしています。 くん 男前な登場だ。 — 花形右京 ukhanagata この症状を「吃音」と言います。 「どもり」と言われることもありますが、差別的なニュアンスがあるため、最近では「どもり」という言い方は避けられるようになってきています。 実在モデルの古関裕而さんにも、吃音の症状があったという記録があります。 エールでは、北里大学の専任講師である原由紀さんが、吃音考証として参加しています。 交響曲『竹取物語』の実在モデル エールで裕一が国際作曲コンクールに応募し、2等を受賞した交響曲『竹取物語』。 鉄男が募集の記事を裕一に見せて、応募するように勧めました。 川俣銀行の同僚+鉄男の作戦会議も印象的でしたね。 鉄男はすぐさま、裕一が働く川俣銀行へ。 そして、作曲投稿募集の記事を裕一に見せ、もう一度作曲をするように背中を押そうとする。 しかし、裕一はなかなかその気にはなれない。 子供の頃とは打ってかわって、今は鉄男が裕一を励ましてる。 — blues安兵衛 1968Wizard このエピソードも、実際の出来事をドラマにアレンジしています。 「古関裕而さんの青年期」で紹介したように、1929年に古関さんが作曲した舞踏組曲『竹取物語』が、国際的な作曲コンクールで実際に2位を受賞しています。 残念なことに、そのときの楽譜は今は行方不明に。 聴くことのできない幻の曲になってしまっています。 その他にも、実家の家業が傾いたり、『竹取物語』の受賞が結婚のきっかけになったりと、古関裕而さんの生涯に沿ったエピソードはたくさんあります。

次の

「エール」の元ネタ、実在モデルは誰?昭和の音楽家・古関裕而、妻・内山金子|NHK朝ドラマニア

こ せき ゆうじ

2020年春から放送される102作目の朝ドラ 「エール」。 作曲家の古関裕而(こせきゆうじ)さん夫妻をモデルにして、主人公・古山裕一(こやまゆういち)を窪田正孝(くぼたまさたか)さんが、その妻、音(おと)を二階堂ふみ(にかいどうふみ)さんが演じます。 演技派の俳優さんが演じる主人公夫婦が、今からとっても楽しみですね。 今回私が気になったのは、古関裕而さんの弟に当たる古関弘之(こせきひろゆき)さん。 「エール」では、古山浩二(こやまこうじ)と言う名前で登場します。 エールで描かれる浩二は、音楽の道をまっすぐに進む裕一に反発しています。 両親の関心が裕一にだけ向かっていると思っていて、裕一が家業のことを考えてもいないのに愛されていることに嫉妬もしています。 そんな浩二ですが、伯父の家の養子になるために裕一が実家を離れる前の晩には、翌日に見送れないからとお別れを言いに来たりもしています。 〜もくじ〜• 古関弘之さんについて!エールでどうなる? 古関弘之さんをモデルにした古山浩二。 「エール」では、福島の呉服屋「喜多一」の次男として生まれます。 跡取りとして期待されていた兄・裕一が音楽の道に進むため福島から上京、そのため浩二が家業である「喜多一」を継ぐことになります。 自由に生きる裕一に反発しながらも跡取りとして頑張る浩二ですが、「喜多一」の経営はだんだん苦しくなっていきます。 浩二は、傾いた家業の再建のために奔走します。 浩二を演じるのは、朝ドラ初出演の佐久本宝(さくもとたから)さん。 初出演した映画「怒り」の演技で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、今まさに脚光を浴びている俳優さんです。 「喜多三」は福島でも老舗の呉服問屋で、当時は裕福な暮らしをしていたようです。 番頭や小僧が十数人と、たくさんの従業員が働いていました。 また、明治末期には東北では仙台に続いて2台目であるナショナル金銭登録機を店頭に備え付けるなど、繁盛していた様子がうかがえます。 当時の当主で、古関裕而さん・弘之さん兄弟の父親に当たる7代目古関三郎治さんは音楽が好きで、大正初期にはまだ珍しかった蓄音機を店に置き、娯楽として従業員にも聞かせ、空いている時間にはレコードをかけて楽しんでいたと言います。 廃業ののち、大正13年に「喜多三」は福島市新町に店を移し、染物などを行うことに。 弘之さんもその跡を継いで、細々と「喜多三」を続けていきます。 古関裕而さん・弘之さんの生家である「喜多三呉服店跡地」には、「古関裕而生誕の地記念碑」が建てられています。 現在はSMBC日興証券福島支店前にあるその記念碑からは、午前9時・正午・午後3時の3回、「さくらんぼ大将」「とんがり帽子」「阿武隈の歌」が流れてきます。 古関朝ドラ決まったってよ 古関裕而 生誕の地記念碑 in 福島市, 福島県 — Yosuke Kawaguchi いつでも湯浴み mayple あわせて読みたい 古関弘之さんの家族 兄・古関裕而さん 6:00 p. Fukushima Station イルミネーションと古関裕而さんのモニュメントがマッチしていてきれい 2020年前期 エールは、 出身で を代表する さんとその妻 さん夫婦が音楽と共に生きた姿を描くドラマ 主演 ヒロイン — 左近 — 会津 21sakon 古関裕而(本名:古関勇治)さんは、1909(明治42)年、福島市に生まれます。 実家は呉服店の「喜多三」を営んでいました。 父親が音楽好きだったため、音楽がいつも流れている家庭で育ちました。 小学校の担任の先生も音楽が好きで、熱心に指導していたため、ますます音楽が身近な物となります。 旧制福島商業学校に在学中も独学で作曲の勉強を続けていましたが、このころ実家の「喜多三」が倒産してしまいます。 商業学校を卒業した後は川俣銀行に勤務しながら、作曲家の山田耕筰さんと手紙のやり取りをしています。 1929(昭和4)年、チェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに組曲「竹取物語」で応募、日本人で初めて国際的なコンクールに入賞を果たします。 この報道を見て裕而さんにファンレターを送った内山金子さんが、3か月の情熱的な遠距離恋愛を経て裕而さんの妻になります。 1930(昭和5)年、コロムビア専属作曲家として夫婦で上京。 実家の経済を支えるため、クラシックからポピュラーの作曲家として転身、懸命に働きます。 戦中は戦時歌謡、戦後は格調高い流行歌や明るく勇ましいスポーツ音楽などを次々に生み出し、現在でもその曲は多くの人たちに愛されています。 1989(平成元)年、脳梗塞のため80歳でこの世を去ります。 「エール」では、古関裕而さんをモデルにした主人公、古山裕一を窪田正孝さんが演じます。 金子さんが12歳の時に父親が亡くなり、そのあとは母親が家業である陸軍への物資の納入を引き継いで、金子さんの兄と6人姉妹を育てました。 小さいころから音楽が好きだった金子さんは、音楽の道に進むことを夢見ていました。 1930(昭和5)年の新聞に、古関裕而さんが作曲した組曲「竹取物語」がチェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールで2等に入選したことが掲載され、それに感激した金子さんが裕而さんに手紙を出します。 3か月の情熱的な文通ののち、裕而さん20歳、金子さん18歳で二人は結婚します。 裕而さんと結婚したあとも、金子さんはオペラ歌手を目指して帝国音楽学校で声楽を学んでいます。 子育てに専念するために学校は中退、プロ歌手として活動することはありませんでしたが、裕而さん作曲のオペラに出演したりしています。 1980(昭和55)年、乳がんのため68歳でこの世を去りました。 「エール」では、裕一の妻で、金子さんをモデルにした音を二階堂ふみさんが演じます。 【WeeklyTopics】2020年度前期 連続テレビ小説〈エール〉主人公の妻役が決定! 〈エール〉は、福島県出身の昭和を代表する作曲家・古関裕而と、その妻・金子をモデルに描く夫婦の物語。 このたび、主人公・古山を支える妻・関内音役を二階堂ふみが務めると発表された。 東京で華々しい活躍をする兄とは対照的に、故郷の福島で傾いた実家の家業を立て直そうと奮闘していた様子が想像できますね。 朝ドラ「エール」では、弘之さんをモデルとする古山浩二が主要キャストの一人として位置づけられているので、今まで知られていなかったエピソードが掘り起こされることも期待できそうです。 そのため、父の三郎が、裕一には音楽の道を進ませ、浩二に後を継がせると決めたときには喜んでそれを受け入れます。 古山浩二 を紹介 主人公・裕一 の弟。 まっすぐで責任感が強い 音楽に夢中になり自分勝手に行動する兄・裕一に反発しがち。 経営が傾く、呉服屋「喜多一 きたいち 」を、立て直そうと奮闘。 裕一たちの伯父の茂兵衛から融資を受ける代わりに、裕一は音楽をあきらめて茂兵衛の養子に入ることになります。 そんな立場なのに海外の作曲コンクールに応募して留学しようとしたり、結婚しようとしたりする裕一のことを、浩二は許せません。 結局、世界恐慌のために留学の話はなくなり、裕一はプロの作曲家になるために夫婦で上京することになります。 浩二は福島で、喜多一を立て直そうと頑張りますがかなわず、お店を閉めることに。 その後、浩二は役場の農業推進係で働き始めます。 数年ぶりに福島に戻ってそれを知った裕一は、三郎が病気でもう長くないことを聞かされます。 三郎の死をきっかけに、ようやく和解する裕一と浩二。 東京に戻る裕一に、浩二が言います。 「兄さん、俺、役場でりんご栽培の推進してんだ。 うめえりんごでぎだら送るよ!」.

次の