三井 住友 銀行 振り込み 手数料。 振込手数料を徹底比較!他行宛てでも無料でお金を振り込む方法|@DIME アットダイム

三井住友銀行への振り込みで手数料が一番安いのは?ちなみに郵貯と地方銀行のク...

三井 住友 銀行 振り込み 手数料

三井住友銀行から三田市に示された「特別定額給付金」振込料の見積書(写し) 全国民や子育て世帯向けに支給される新型コロナウイルス対策の特別給付金について、兵庫県三田市が個人口座にお金を振り込む際、指定金融機関(指定金)の三井住友銀行に支払う手数料が、当初見込みから大幅に引き下げられたことが11日、市への取材で分かった。 同行が手数料として最低の1件110円を提示し、総額で予算として見込んだ7分の1まで減額された。 子ども1人に1万円を支給する「子育て世帯臨時特別給付金」は12日、市内の8200世帯に入金される。 (高見雄樹) 市は5月の補正予算に、支給時の振込手数料として、全国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」関連で3619万円、「子育て-」の関連で451万円を計上した。 これまで市の予算に振込手数料が計上されることはほとんどなかった。 通常の取引では、同手数料を全て無料にすると、三井住友銀行と市が取り決めているからだ。 市の幹部も「手数料を支払うという概念がそもそもない」と言い切る。 特別給付金だけに手数料を支払うことに、「子育て-」の給付を管轄する内閣府の担当者は「児童手当では各自治体の予算で振込手数料を賄っているが、コロナ対策の給付は特別なので国として手数料を経費に計上してもらう」とする。 内閣府は手数料の額を指定しておらず、市子ども家庭課は「三井住友銀が公開している料金表から、1件当たりで最も高い550円で計算した」とする。 10万円の定額給付金は、同行から4月下旬に提示された見積書を基に、市民課が1件770円で計算した。 だが5月に入り、同行から「全国一律で(振込料としては最も安い)1件110円になった」と連絡があった。 三井住友銀は当初、他行あての3万円未満が550円、3万円以上は770円。 同行の口座でもそれぞれ220円、440円などと提示。 引き下げの理由について同行広報部は「顧客情報に当たるので一切答えられない」とする。 この結果、市の振込手数料は「特別定額-」で約500万円、「子ども-」で約90万円にまで抑えられそうだという。

次の

SMBCダイレクトでの振込手数料は無料ですか?

三井 住友 銀行 振り込み 手数料

>クレジットカードしかもっていません。 「キャッシュカード」の間違いでは? 振込手数料を安価に抑えるには、振込手数料の優遇サービス(所定回数無料や手数料安価)を行っている銀行口座を開設するしかありません。 質問の趣旨が、時間的な制限(直ぐに振り込む必要)があるなら、わざわざ口座開設している余裕はありません。 (そのようなサービスを行うのはネット銀行などで、口座開設は1~2週間は掛かります) 単に、興味本位で、振込みする時間的制限がなく、口座開設する余裕があるなら・・・無料回数付与の銀行口座を。 ・新生銀行(無条件で他行あてネット振込が月1回だけ無料、口座残高などの条件クリアで回数は増やせる) ・住信SBIネット銀行(無条件でネット振込が月3回だけ無料、楽天銀行口座あてのだけ無料は適用されず) 時間的余裕が無いなら、お持ちの、ゆうちょ口座か地銀口座から振り込むのが無難。 ・ゆうちょ:他行あてATM振込:振込額3万円未満で手数料210円、3万円以上で420円。 ・地銀は所定の手数料が適用、質問文では不明なため。 >三井に行って現金振込みするのと、郵貯から振り込むのではどちらが安いですか? 三井住友ATMにて:現金振込:本支店あて:振込額3万円未満で手数料210円、3万円以上で420円。 ゆうちょATMは前回も書いたように、同じく他行あて:振込額3万円未満で手数料210円、3万円以上で420円。 ただし、ATMでの現金振込は「土日祝は出来ない」のと「10万円以内」の制限あり。

次の

【2019年版】三井住友銀行でWeb通帳に切替えるメリットは?ATM手数料が無料になるケースあり

三井 住友 銀行 振り込み 手数料

例え自分の名義でも、銀行や支店が違えば自動的に取られてしまう振込手数料。 できるだけ安く済ませたいところだが、銀行や振込方法、宛先など、状況によって細かく料金が分けられ、わかりにくいところが厄介だ。 そこで、この記事では、銀行や状況ごとの振込手数料を比較してみる。 シチュエーション別に変わる振込手数料の比較 振込手数料は、振り込む金額や方法、他行の口座に振り込む場合など、状況によって金額が変わる。 さまざまなシチュエーションの振込手数料を比較してみよう。 他行への振込手数料を比較 同じ銀行同士でやり取りをするより、ほかの銀行への振り込みする時のほうが手数料は高くなるのが一般的だ。 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を比較してみると、ATMでカードを使って3万円未満の振り込みをする場合、最も安く他行に振り込めるのはみずほ銀行と三井住友銀行。 その手数料は、どちらも1件あたり216円だ。 振込手数料が比較的高くなる法人口座でも無料で振り込む方法 法人口座は、振込手数料も個人口座よりも高くなる銀行が多い。 ネットバンクであれば、法人口座でも無料で振り込めるところもある。 GMOあおぞらネット銀行やイオン銀行は、同じ銀行への振込手数料はかからない。 振込手数料比較! 窓口でも安い銀行は? 3万円以上の振込を窓口ですると、都市銀行では864円かかる。 3万円未満なら、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行は648円で振り込める。 ネット銀行の振込手数料は比較的安い ネット銀行は、同じ銀行の口座間での振り込みなら手数料がかからないところもある。 他行宛てでも300~400円程度でできるところが多く、都市銀行などと比べても振込手数料は安い。 振込手数料の比較、コンビニATMの場合は? 振り込みはコンビニに設置されているATMでもできるが、手数料は銀行のATMと同じくかかる。 各銀行の定めた手数料の違いはあるが、コンビニによる違いはほぼない。 色々な銀行の振込手数料一覧 ここで、いくつかの都市銀行とネット銀行の振込手数料一覧へのリンクを貼っておく。 細かい違いを比較してみよう。 例えば、ほかの銀行は3万円を境に振込手数料が変化するのに対し、ゆうちょ銀行は5万円から手数料が切り替わる。 このような、ゆうちょ銀行ならではの振り込み手数料の特徴を紹介しよう。 【参考】 振込手数料の比較、ゆうちょ銀行と都市銀行はどっちが高い? ゆうちょ銀行と都市銀行の振込手数料を比較してみると、ほぼ横並びであまり変わりない。 ただし、先述した通りゆうちょ銀行は5万円から手数料が高くなるため、3万円以上5万円未満の金額を振り込む場合には、ゆうちょ銀行がお得といえる。 ATM振込手数料はゆうちょ銀行同士なら無料の場合も ゆうちょ銀行同士での振替は、ATMなら月1回無料。 ゆうちょダイレクトを利用すれば、月5回まで無料でできる。 振込手数料はゆうちょ銀行のコンビニATMを使うとどうなる? ゆうちょのATMが設置されているファミリーマートであれば、ゆうちょ銀行の口座からの振込ができる。 振込手数料は、郵便局に置いてあるATMと変わらない。 振込手数料は、ゆうちょダイレクトを使うと安くなる? ゆうちょダイレクトでの振込は、ゆうちょ同士なら月5回までは無料で、6回目以降は113円となる。 他行宛ての場合は、5万円未満なら216円、5万円以上なら432円だ。 【参考】 振込手数料が安いのはゆうちょ銀行、みずほ銀行どっち? ゆうちょ銀行とみずほ銀行の他行宛て振込手数料を比較してみると、手数料自体はどちらもほぼ変わらない。 ただ、先述の通りゆうちょ銀行は料金の切り替えが5万円からのため、3万円以上5万円未満であれば、ゆうちょ銀行のほうが安く振込できる。 振込手数料は、ゆうちょ銀行のATMを土日に使うと平日より高くなる? ゆうちょ銀行のATMで振込をした場合、土日でも手数料は平日と変わらない。 振込手数料を無料にしたいならゆうちょダイレクトがおすすめ ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホ、電話などから口座の照会や振り込みなどができるサービスだ。 ゆうちょ銀行間なら、月5回までは無料で振り込みできる。 振込手数料がかからない方法は、ネット銀行を使うこと! ネット銀行なら、他行宛てでも条件付きで振込手数料を無料にできるところは多くある。 ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、無条件で月1回まで無料で他行へ振り込みできる。 さらに、Visaデビットカードやクレジットカードを作ることで、月3回まで無料となる。 【参考】 振込手数料は1回数百円程度とはいえ、積み重なれば出費も大きくなる。 できるだけ安いところを利用したり、無料で振り込みできるネット銀行を使ったりして、上手に振込手数料を節約してほしい。

次の