島原 の 子守 唄。 「ナガジン」歌で巡るながさき

自作詩加えた「子守唄」 友人らDVD制作 島原出身の故亀川さん

島原 の 子守 唄

『からゆきさん』と呼ばれたそれらの娘たちの多くが島原(長崎県)、天草(熊本県)の出身者だったといわれます。 島原半島の最南端に口之津という港があります。 今は、早崎瀬戸を隔てて7〜8kmの向こう岸にある天草の鬼池港とを結ぶフェリーが発着する静かな港ですが、大正初めに三池(福岡県大牟田市)に近代的な港が完成するまで、口之津は三井三池の石炭を積み出す外港として長崎に並ぶ賑わいを見せたといわれます。 そして、天草の鬼池には、久助どんと呼ばれる人買い仲介の長者がいました。 からゆきさんたちは、バッタンフルの船底に石炭と一緒に押し込められ、口之津港を後にしました。 口之津町歴史民族資料館には、からゆきさんのコーナーがあります。 『おどみゃ〜 島原の〜』の歌詞で始まる『島原の子守唄』は、多くの方がご存知のことと思います。 貧しいがゆえに南方へ送られていった娘たちを哀れむ一方で、少数ながら成功して帰ってきた「からゆきさん」をうらやむ貧しい農家の娘の心を描写したこの唄は、宮崎康平(本名一彰 1917〜1980年)作詞・作曲による戦後の創作子守唄です。 島原鉄道常務のかたわら文筆活動に勤しむ宮崎康平は、昭和25年(1950年)、極度の過労から眼底網膜炎が悪化して失明、二人の子を置いて妻は出奔します。 失意の中で、泣く子をあやすうちに出来たといわれる子守唄は、昭和32年 1957年 、島倉千代子の歌でレコード化され、広く知られるようになりました。 ここで、『MIDIカラオケおやじの唄』さんのサイトで、『島原の子守唄』のメロディーを聞かせてもらいましょう。 (1)私は、島原の貧しい家の育ち 色気なんてないから人買いに連れて いかれることもないでしょう 泣かないで早く寝てちょうだい 早く寝ないと、天草の鬼池の人買いの 久助どんが連れにくるよ (2)帰りには寄って下さいね あばら家で白飯は出せないけど 粟(あわ)にさつまいもを混ぜた黄金飯があるよ (3)人々の注意を火事の方にそらすため、人買いの集団が火をつけて 山の家は火事だよ。 その間に娘たちは、サンバ船という小船で 沖に連れていかれたよ。 小船を漕いでいるのは与論島の人だよ。 姉さんは白い握り飯をもらって、いまは石炭船の底だよ。 泣く子はカニに噛まれるよ。 泣かん子には太い飴ん棒買ってやるよ (4)姉さんはどこへ行ったのだろう? 青煙突のバッタンフル船は、外国のどこへ行ったんだろう? 海の果てだろうか 早く寝なさい、泣かないで (5)あの人たちは2つも金の指輪をはめておらっしゃる あの金はどこの金だろうか 外国から持ち帰った金だろう お嫁さんの口紅は誰がくれたの? 燃えるような赤い口紅、唇につけたら熱いでしょう (6)有明海の不知火は燃えては消えるよ バテレン祭りの笛や太鼓も鳴り止んだよ 泣かないで早く寝てちょうだい 泣かないで早く寝てちょうだい 近代の初め、『からゆきさん』となって異国に売られ、過酷な運命にさらされた娘たちは10〜20万、あるいは30万ともいわれます。 この子守唄は、そうした歴史のあったことを如実に物語り、今に伝えています。 確かに、ブラームスやシューベルトの子守唄が、近代ヨーロッパ中産階級の、豊かで幸福な家庭における子供の子守唄であったのに対して、わが国の伝統的な子守唄に歌われているのは、封建時代の暗い陰々滅々とした世界です。 だから、豊かになった今日の日本には馴染まないもの、不要なものということでしょうか、現代の日本の若者たちは、短調のメロディーや悲哀のメロディーに関心を示さなくなったばかりか、子守唄のような日本の伝統的な旋律や唱歌が最近、音楽の教科書から消え去りつつあると言われます。 しかし、今日、性モラルの低下ははなはだしく、児童殺害などの凶悪犯罪は後を絶たず、そして今、耐震偽装問題が大きな社会問題となっています。 豊かで平和な社会を目指そうとすればこそ、伝統的な旋律や唱歌が訴え、物語る史実や心情を決して忘れてはならないものだという思いがします。 そんなことを考える島原への旅でもありました。 21 あなたは累計 人目の訪問者です。

次の

島原の子守唄

島原 の 子守 唄

思議物語 甲州「縁故節」と「島原の子守唄』 はじめに 前号で紹介した手塚洋一先生と郷土の本を創っておられる『山梨ふるさと文庫」の紹介を先にさせていただきます。 山梨県の民謡界の第一人者である手塚洋一先生が上記の件について具体的に見解を示している本がある。 (前号)それは地域の歴史などを独特の視点で切り込んでいる「山梨ふるさと文庫」から発刊されている『山梨の民謡』である。 私の手元には「山梨ふるさと文庫」の刊行本が多数あり、最近も東京の同級生が欲しいというので、書店を探して該当する本を贈ったら大変喜んでいた。 今後もどんな本が発刊されるか楽しみにしているとともに今後の活躍を期待したい。 手塚先生は、『山梨の民謡』の紹介によると、大正9年(1920)岡山県和気郡山田村(現佐伯町)に生まれ、関谷中学校を卒業し立正大学・東洋大学を経て、長野県、山梨県で中学・高校・特殊学級で教職に就く。 その著書は 『郷土史指導資料』 『郷土史事典 山梨』 『山梨県知名大辞典』 『六郷町誌』 『上九一色村誌』 の多数に及んでいます。 また先生は私の住む北杜市を代表する郷土研究者です。 また、山梨県教育委員会発行の『山梨県の民謡』(昭和58年)は詳細にわたって山梨県の民謡を採録してある好著で、この編著も先生の手によるものです。 この本には多数の珍しい山梨の民謡や歌謡が 採録されているので、いずれ紹介していきたい。 ……郷土を知る意味でも………… 『山梨の民謡』 42頁 11、縁故節 縁で添うとも 縁でそうとも 柳沢いやだヨ (アリャセ- コリャセ-) 女が木をきる 女が木をきる 茅を刈る ションガイナ- (アリャセ- コリャセ-) 河鹿ほろほろ 釜無下りゃヨ 鐘が鳴ります 七里岩 縁の切れ目に このぼこできたヨ ぼこ=小さな子供 この子いなぼこ 縁つなぎ 縁でありゃ添う なければ添わぬ みんな出雲の 神まかせ 駒の深山で炭焼く主は 今朝も無事だと 白煙 来たら寄っとくれんけ あばら家だけんど むるいお茶でも 熱くする。 (注解は省略) 筆註… 植松逸聖翁の「縁故節」と「島原の子守唄」については同じ『中央線』に次の筆著が見える。 ますやま栄一氏著 「著作権侵害騒動の渦中で遂に露呈された事実」 『中央線』第24号 植松逸聖氏著 「縁故節四方山話」 「島原の子守唄は縁故節の盗作」(1) 「島原の子守唄は縁故節の盗作」(2) 「島原の子守唄は縁故節の盗作」(3) 「島原の子守唄は縁故節の盗作」(4) 「島原の子守唄」は、盲目の作家宮崎康平氏によって作られた歌謡曲である。 歌詞は次の通り。 おどみゃ 島原の おどみゃ 島原の ナシの木育ちよ 何のナシやら 何のナシやら 色気ナシばよ ショウカイナ はよ寝ろ泣かんで オロロンバイ 鬼 おん の池ん久助どんの 連れんこらるバイ 帰りにゃ寄っちょくれんけ あばらやじゃけんど 唐芋飯ゃ粟ん飯 といもめし 黄金飯ばよ ショウカイナ 嫁ごん紅な誰がくれたべん 唇 つば つけたならあったかろ(以下略) 3番4番は「唐ゆきさん」として悲惨な生涯を送ったこの地方の女性の悲哀をうたったものである。 《筆註》 島原の子守唄の変遷 私の手元に一冊の本がある。 それは昭和44年に発行された「郷土資料事典」『長崎県・観光の旅』がそれである。 からゆきさんと島原の子守唄 現在の島原の子守唄(HP) 『長崎県・観光の旅』 おどみゃ島原の おどみゃ島原の ナシの木育ちよ 何のナシやら 何のナシやら 色気なしばよ しょうかいな 早よ寝ろ泣かんで オロロンバイ 鬼 おん の池ン久助 きゅうすけ どんの連れんこらるバイ 帰りにゃ 寄っちょくれんか 帰りにゃ 寄っちょくれんか あばら家じゃけんど 芋飯 といもめし ゃ粟 あわ ン飯 芋飯ゃ粟ン飯 黄金飯 こがねめし ばよ しょうかいな 嫁御 よめご ン 紅 べ ンナ 誰 た がくれた 唇つけたら 暖 あ ったかろ 沖の不知火 しらぬい に 沖の不知火に 消えては燃えるヨ バテレン祭の バテレン祭の 笛や太鼓も 鳴りやんだ 早よ寝ろ泣かんで オロロンバイ 早よ寝ろ泣かんで オロロンバイ (1) おどみゃ 島原の おどみゃ 島原の 梨の木 育ちよ 何の なしやら 何の なしやら 色気なしばよ しょうかいな はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい 鬼の池ん久助どんの 連れんこらるばい (2) 帰りにゃ 寄っちょくれんか 帰りにゃ 寄っちょくれんか あばら家じゃけんど 唐芋飯しゃ 粟ん飯 唐芋飯しゃ 粟ん飯 黄金飯ばよ しょうかいな おろろん おろろん おろろんばい おろろん おろろん おろろんばい (3) 山ん家はかん火事げなばい 山ん家はかん火事げなばい サンパン船はヨロン人 姉しゃんな握(にぎ)ん飯で 姉しゃんな握ん飯で 船ん底ばよ しょうかいな 泣く子はガネかむ おろろんばい アメガタ買うて ひっぱらしゅう (4) 姉しゃんな何処行たろかい 姉しゃんな何処行たろかい 青煙突のバッタンフル 唐は何処んねきぇ 唐は何処んねきぇ 海の果てばよ しょうかいな 早よ寝ろ 泣かんでおろろんばい おろろん おろろん おろろんばい (5) あすこん人は二ちも あすこん人は二ちも 金の指輪 はめちょらす 金な何処ん金 金な何処ん金 唐金げなばい しょうかいな 嫁御ん紅な 誰がくれた 唇つけたなら 暖ったかろ (6) 沖の不知火 沖の不知火 燃えては消える バテレン祭の バテレン祭の 笛や太鼓も鳴り止んだ おろろん おろろん おろろんばい おろろん おろろん おろろんばい 両唄を比べてみれば一目瞭然であるが、『長崎県・観光と旅』から大幅な改編があったことが分かる。 特に一番の歌詞は数行を残してほとんど消失してしまっている。 私には音楽や民謡のことはわからないけれども、現在の『島原の子守唄』は度重なるレコ-ド化を経て精練されていったのかも知れない。 これは資料が集まればその過程が解明できる。 ここで、これまでの経過を一度「年表形式」で整理してみる。 大正 3年(1914) 長崎県島原に生まれる。 縁故節は白鳳会の宣伝のために、前記3名の方々と土地の芸妓たちによって、従来から峡北地方で歌われてれていた作業唄「エグエグ節」を編曲してつくられたものである。 昭和12年の暮れ 甲府放送局開局記念として「縁故節」が全国放送された。 長兄の死により長崎に戻り土木業社長・島原鉄道取締役に就任する。 (手塚洋一先生談) 失明。 その中で「島原の子守唄」の製作に触れる。 昭和54年(1979) 9月 『文芸春秋』に随筆「オロロンバイ」が掲載にされる。 昭和54年(1979)8月28日 「縁故節」と「島原の子守唄」の類似性について、NHK会長坂本朝一氏に手紙で質問したものを、NHK会長坂本朝一氏が質問の手紙を宮崎氏に転送しそれに答える。 その創作年次からいっても山梨の「縁故節」が「島原の子守唄」を模倣することはないということは誰でもわかることである。 これについての資料はあと二編提示するが、年表でわかるように、戦争時の空白が大きな鍵を握っていると考えられる。 この期間は日本列島が民謡などに浮かれている時代ではなかったはずである。 ましてや長崎は軍港として役割もあり、人の出入りも激しかった。 長崎の人と山梨の人が同じ部隊に居た可能性も十分に考えられる。 宮崎耕平氏も大学を出て間もないこの時期、兵役にはつかなかったのだろか。 私は民謡の類似性や宮崎康平氏の功績についてどうこういうつもりはまったくない。 小さな山梨県の誇りでもある「縁故節」が長崎の「島原の子守唄」に変わっていっても、それは好ましいことであるが、最近山梨からもそれぞれの目的で長崎を訪れる人が多くなっている。 「島原の子守唄」を聞いても「縁故節」との類似性に気がつくことは少なくなってきていると思われる。 それは長崎の人々のようにひたすら「島原の子守唄」愛し親しみ愛唱するような風潮は山梨には見られない。 そうした中で「縁故節」に地域復興をかけた山梨県人が居たことを理解していただきたい。 先人の努力と「縁故節」のためにこの記事を掲載している。 最近山梨では年配者はともかく、地域の人さえ「縁故節」を忘失している。 例え経緯がどうであっても、同じメロデイ-がこの日本に存続していることはうれしい限りであり、これが民謡の原点なのかも知れない。

次の

「縁故節」と「島原の子守歌」手塚洋一氏著

島原 の 子守 唄

島原地方の子守唄 作詞者 、 作曲者 宮崎康平 編曲者 映像 初放送月 ・ 再放送月 ・ その他 放送の『』と、放送の『』で放送。 島原の子守唄(しまばらのこもりうた)• 主にのに伝わる。 出身の作家が初妻が家出し、一人で子育てをしていたころ(1950年ごろ)に歌って聞かせていた子守唄をベースにして宮崎が作詞・作曲した。 しかし、後に本作はに古くから伝わる「甲州縁故節」を原曲としていることが判明している。 ただし、この件に関して宮崎は「世間では、長崎へ出かせぎに来よっていた甲州の石工の唄を、私が勝手に頂いてしまったとか何とか、無責任なこと言うとるが、それはまるっきり逆たい。 /あの石工たちが、私のつくった歌をおぼえて甲州へ帰って、はやらせよったんじゃ」(出典:著「夢を喰う男 宮崎康平伝」215頁 )と語ったという。 その後に、の『』で、シリーズ企画「」第28弾として、『 島原地方の子守唄』というタイトルで放送。 編曲は、歌はが担当した。 定時番組の再放送は・のみ、その後は放送の『』で放送されただけだったが、からの「」で映像が寄せられ、放送の『』で再放送された。 外部リンク [ ]•

次の