酵素ファスティング 体脂肪。 【楽天市場】【アミノ酸】人気商品!アミノマキア★(ファスティングチャージ)【あす楽】【送料無料】:酵素ファスティング

【楽天市場】【アミノ酸】人気商品!アミノマキア★(ファスティングチャージ)【あす楽】【送料無料】:酵素ファスティング

酵素ファスティング 体脂肪

体験者:36才女性 (鶴田ナオキの妻) ファスティング歴なし。 食べることが趣味というくらいとにかく食べることが好き。 普段はオーガニック食材 (野菜中心・卵・魚・動物性食品少々)の食生活 誕生日や記念日も「モノはいらないから、美味しいお店のディナー」 というほど、美味しいもの好き。 体重や体脂肪が減るとか、数値的なことより、 カラダと心の変化をどう体感できるかを期待して チャレンジしました。 唯一の気がかりは・・・ 三日という短期間ながら、 いつでも手に届くところに食べ物がある自宅で 子どもに食事を作りながら、 自分は食べないことを貫けるのか。 お母さんが食べないことを 子どもにきちんと説明することも必要でした。 とても心配されますので。 一人身だったらもっと楽にできると思います。 健康面で言えば、唯一気がかりなことがあります。 それは子どもを産んでから続いている 右手の主婦湿疹。 幼少期に多用したステロイド軟膏の後遺症かもしれません。 この主婦湿疹だけが何年も改善しないのです。 何年も前からオーガニック食材に切り替え、 添加物や農薬、化学調味料などの毒素を ほとんど摂らない食生活を続けています。 周りから「あれがいいよ、これがいいよ」と勧められる 刺激性のない自然素材の化粧品やクリーム、保湿剤なども いろいろ試しましたが効果が出ず。 最後には薬剤も保湿剤も、 自然素材のものも含め、一切使わないようにしました。 ファスティング前の現在、 あかぎれのような細かい傷が7ヶ所、手の甲にある状態。 家事で水を使うたびに痛みを感じます。 洗い物のときは、綿手袋の上にビニール手袋を徹底しています。 それでも、 良くなったらぶり返すのくり返し。 なかなか完治しない右手の主婦湿疹。 これに劇的な変化が起きるかも、 という淡い期待があります。 ファスティング前の右手 写真でみると、たいしたことない程度に見えてしまいますが、、、 左手と比べると差がわかりますでしょうか。 右手は赤身を帯びて、腫れています。 夜になると、発作的に掻きむしりたくなる強烈なかゆみがたびたび生じていました。 今回酵素ファスティングで使用したドリンク。 価格面でも質としてもおすすめです。 こうすると、 だいたい3時間おきに 酵素ドリンクを飲むサイクルになるようです。 水分や塩分も適宜とるようにします。 仕事もデスクワークなので、 普段通りの生活をしながらのファスティング。 外出のときは、酵素ドリンクをそのまま飲めるように 薄めたボトルを携帯しました。 3日のファスティングの後の復食2日間は、 朝・昼はそのままファスティングを続け、 夕食だけ軽い食事(お粥やご飯とみそ汁など)をとります。 さあ、これからの5日、どんな体験が起きるか 楽しみです。 これから、「3日の酵素ファスティング」がスタートです。 20ccをコップに入れ、7-8分目まで水で薄めると ちょうど飲みやすい甘さのドリンクができます。 (コップは200mllくらいのものを使いました) 水は、うちはアルカリイオン整水器を使っています。 初めて飲んだ感想は、自然な甘味で美味しかったです。 砂糖は日頃、摂らないようにしているので、 砂糖の甘さとの違いはすぐにわかります。 この味なら無理なく飲めると思いました。 優光泉には、「スタンダード味・白」と「梅味・赤」の2種類あります。 スタンダード味は、大根の風味がほんのりします。 梅味は、スッキリとした甘さです。 どちらの味も、原材料の最初に書いてあるのが大根。 ダイコンは消化酵素たっぷりで、 カラダにやさしい甘みが入ってきます。 飲みにくい味ではありません。 体重をはかってみると49. 5kg (身長160cm)です。 これまでは46~47kgだったので少し太っていたようです。 36歳とアラフォーになり、代謝も落ちたのでしょう。 しかし、年をとって痩せていると女性の場合、 顔のしわやほうれい線が目立つので、少し太るくらいが ちょうど良いと感じていたので体重増加は気になりません。 3日間は食べないので、少しは痩せるとは思いますが、 それより、どんな体の変化があるのか楽しみです。 1回目から、ちょうど3時間で空腹感がやってきました。 赤ちゃんの授乳間隔と同じ間隔です。 今度は梅味・赤を飲んでみます。 味はスタンダード・白よりすっきりしています。 こちらもとても飲みやすい味です。 私は面倒くさがりなので、トイレに頻繁にいくのが気になりますが、 カラダがデトックス中なので、しっかりと水を飲んで トイレに何回も行くようにします。 梅とシソで漬けた自家製梅干しを摂ります。 かなりしょっぱいので、少しずつ食べます。 塩分をとったら、頭がスッキリしました。 塩分の働きにも感動です。 15:00 4杯目の酵素ドリンク(赤)を飲みました。 酵素ドリンク「優光泉」は熱に強いので、 70度までなら温めても酵素が死なないので、 冬の時期には、温めて飲んでもOKです。 しかし、今回は、春のファスティング。 ドリンクは、水で薄めてコールドで飲んでいました。 すると夕方になって体の冷えを感じたので、 あたたかいお茶を飲むことにしました。 暖かいスギナ茶を飲んだら、気分転換になりました。 スギナには腸内環境を良くして、腸や尿からの デトックスを助けます。 今回の酵素ファスティングに組み合せて 良い感じです。 子どもたちにカレーを作っていたときに、 スパイスの香りに食欲がそそられ、何か食べたくなりました。 空腹を感じてましたが、具なしの味噌汁を飲んだら すごく元気がでてきました。 味噌汁のパワーに感動! いつもはただの副食だったみそ汁が、 ファスティングのおかげで、その美味しさと パワーに気づくことができました。 今日最後の栄養補給です。 酵素ファスティングでは一日9杯くらい(計180ml) の酵素ドリンクを飲んでも良いことになっていますが 私の場合、味噌汁も飲んだせいか、5杯でも充分でした。 体調も軽く、良い感じ。 肌の調子もしっとり、おちついていて、テンションがあがります。 右手の主婦湿疹の炎症は落ち着いていて赤味がだいぶひいています。 思いもよらない早さの改善です。 味噌汁がとてもおいしく、体が温まっていくのがわかります。 赤みを帯びた感じです。 しっかりと食べていないのに、 量もありました。 二日目のせいか、あまりお腹もすかなくなったので ドリンクをちょびちょび飲みします。 おなかがすいたら一口、また一口という風に。 13:00~17:00 には3杯目の酵素ドリンク(赤)です。 こちらも時間をかけて、ちょびちょび飲みです。 空腹感はたまにしか感じません。 カラダが空腹に慣れてきたようです。 具なしのみそ汁を1杯おかわりしました。 美味しさが身に染みわたります。 お味噌汁がこんなに美味しく感じられるとは・・・ 本当に感動です! ファスティング中は、味覚も感覚も繊細になる というのは本当ですね。 そのあと、 腹痛もないまま、水便が出てきました。 初めての体験で、驚きです。 同じような 水便がそれからも、3回ほどありました。 腹痛もないし、嫌な感じもしない。 下痢のドロドロした感じとも違う。 デトックスが起きていることを体感します。 自分でも知らなかったカラダの力に驚かされました。 【酵素ファスティング3日目】 ファスティングも、はや3日目の最終日。 ファスティングも最後かと思うと、もっと続けたいような、 でもやはり普通の食事も恋しい不思議な気持ちです。 右手の主婦湿疹の調子がすこぶる良く、驚きました。 かつてないほどに赤身が引いて炎症が落ち着いています。 これまでにない快調さです。 アトピーもそうですが、こういった炎症やアレルギー症状の改善には ファスティングは本当に向いている気がします。 6:30 朝一番の酵素ドリンク(白)で一日のスタート。 糖分で脳が目覚めます。 9:30~16:00 に酵素ドリンク(赤)を2回分、 水筒に入れて、外出しました。 外出時には、酵素ドリンクを水筒に入れて、 ちょびちょび飲みが最適です。 こうすると極端にお腹がすくこともないし、 職場で周囲の人が昼食を食べていても、 食べたいという気持ちは起こりませんでした。 18:00 4杯目の酵素ドリンク(白)も飲みます。 ごはんを作っているときに、酵素ドリンクを飲みながら作ると、 食べたい気持ちが出てこないことに気がつきました。 子どもたちには味見なしで夕食を作りましたが、 いつも通り食べてくれました。 19:00 お腹がすいて、味噌汁をカップ2杯おかわりしました。 最後は酵素ドリンクの甘さより、味噌汁の塩分をカラダが欲していました。 その夜、キッチンで思いがけず夫婦で深い話になりました。 今回は二人で一緒にファスティングにトライしています。 三日間のファスティングでお互いが感じたことをシェアしているうち いつの間にか、精神的に深い話をしていたのです。 意識がいつもより、内面の感覚に向いていることを感じます。 ファスティングがもたらすカラダの感覚や 精神的な効果を実感した三日間でした。 右手の湿疹が本当によくなっています。 これまでで最高の状態。 完治の兆しがみえてきました。 今日でファスティングから、回復食に入ります。 久々の食事は、どんな感じだろう? 夕食を想像すると、今からワクワクです。 ただの夕食なのに、朝から楽しみになるとは不思議です。 8:00 具なしのあたたかい味噌汁で塩分補給 朝はこれで体温を上げると調子がいいです。 9:30~14:00 2杯目・3杯目の酵素ドリンクを ちょびちょび飲みします。 4日目に入り、さらに空腹にも慣れ 酵素ドリンクは、ちょびちょび飲みが続きます。 12:00 酵素ドリンクの合間に具なし味噌汁を飲みます。 糖分よりも、やたらと塩気がほしくなり、 具なしのみそ汁をお昼に3杯飲みました。 腹痛はありませんが、デトックスが続いているようです。 4杯目の酵素ドリンク(赤)を飲んで、横になることにしました。 今日は鼻水がやたらと出ます。 外では花粉は落ち着いてきた時期、 花粉症ではない、風邪のような症状を感じました。 これも違う形のデトックスかも、と感じました。 お粥です。 山からとってきたセリをゆで、トッピングにしました。 本当に一口一口をかみしめて、おいしさを味わいます。 粗食ながら、本当においしいと感動しました。 いつもなら、これくらいの食事であれば さびしさや物足りなさを感じる内容です。 ただのお粥なのに、満足感に満たされ、 食べ過ぎもありませんでした。 5日目も同様に過ごし、3日間+復食2日 計5日のファスティングを無事終えました。 私の場合、ファスティング後の体重・体脂肪は わずかで、ほぼ変化なし! あたりまえですが、普段から太っている人ほど 体重の減少が大きいようです。 ファスティングで大事なのは回復食期といいます。 回復食期にリバウンドで、暴飲暴食してしまうと ファスティングの効果も台無し、という話をよく聞きます。 酵素ファスティングでは、カラダの要求に従って 糖分も塩分も摂り続けます。 カラダに無理をかけないので、反動も起きにくいとおもいます。 「無理せずに効果の出せるファスティング方があったんだ、、、」 「今後も定期的に試してみたい!」 これが、酵素ファスティングを試した正直な感想です。 【後日記】 酵素ファスティング以来、 全体的に食事量が少なくなりました。 以前より、 少ない食事で満足を感じるようになったようです。 湿疹の方は完治はしていませんが、たった一回のファスティングで 以前より炎症がおさまった状態で安定しており、 完治の可能性が見えてきました。 ファスティングから2か月後の現在の様子。 ファスティングにより赤味が完全にひいたので、かゆみがない。 かかないと治りがはやいので、みるみる良くなっていった。 ファスティング、少食、断食のやり方やそのメリットをさらに詳しく、 にて動画で解説しています。 THINKER 鶴田ナオキ 2009年の新型インフルエンザ騒動の際、マスコミによる大々的なワクチン接種の呼びかけに疑問を感じ、地元のカフェで友人・知人・家族向けに講演を開き、啓蒙活動を始める。 その後、ホームページを開設。 ワクチン、フッ素の有害性、化学調味料や人工甘味料の興奮神経毒性について警鐘を鳴らしたことで、多くの反響を呼び、全国から講演会を受けるようになる。 2016年、名古屋市近郊にTHINKERアトリエをオープン。 最新の世界情勢から、マニアックな精神世界の探求まで、多岐にわたるジャンルで『シンカー・夜の会』を不定期に開催。 健康情報を中心に情報発信活動を展開。 イベント情報は「無料メルマガ」にてご案内します。 マック系パソコン・スマホ(アイパッド・アイフォン)のメールアドレス、特にicloudを含むアドレスには届かないことがほとんどです。 そのほかのアドレスでも、こちらのメルマガが自動で受信拒否や迷惑メールに振り分けられてしまうことが起きています。 複数回メールの不配が続いたアドレスには、こちらのメルマガ管理システムがご登録アドレスを自動削除しています。 以前ご登録いただいた方で、「メルマガが全く届かない」「以前届いていたメルマガが最近届かない」という方は、すでに登録削除になっていますので、そのような可能性のある場合は、大変お手数ですが、メルマガ登録を再度行っていただくことをお勧めします。 こちらのアドレス からの メールをより確実に受信するには、ご使用のメールソフト内で「メールオプションの設定」や「フィルタの設定」といった作業をしていただくことが必要になる方もいます。 各メールソフトにおける設定の方法は以下のサイトが参考になります。 ご登録よろしくお願いします。 市民が政府のあり方やマスコミ報道に疑問を持つきっかけとなった東北大震災と同時期に出版され、初版1万部は完売。 以降、本のメッセージに共感した全国の読者が自主的に周囲に告知と配布活動を展開してくれたことで、陰謀系書籍としては異例の部数を売り上げる。 陰謀情報にとどまらず、世界情勢やニュースなど、世間の流行や価値観に惑わされない人生観の持ち方も収録。

次の

ファスティング diet プログラム

酵素ファスティング 体脂肪

【SAMe酵母】 肝臓の解毒作用を向上させる働き等 2. 【亜鉛酵母】 体内で作られるさまざまな酵素の原料であり、アミノ酸から、 タンパク質の再合成やDNAの合成、糖質の代謝にも必要等 3. 【アスタキサンチン】 活性酸素を消去してくれる等 新しい成分を加え、パワーアップしたアミノマキア ! お値段は現在と同価格です。 毎日の生活の中でアミノ酸をしっかり摂ることが、 美肌への近道となります。 ファスティングチャージ・アミノマキアは、イムダイン社と共同開発して完成された製品です。 製造元のイムダイン社は、一般的に病院にサプリメントを卸しているメーカーで 病院以外に卸すケースは稀です。 まさにファスティング前・中・後にアミノマキアを摂ることにより、 あらゆる面でファスティングをフォローする理想的なサプリメントが、 このファスティングチャージ・アミノマキアです! ファスティング中の体は省エネモードになり、眠気やだるさを感じる方が多いので 気持ちをアップさせるアミノ酸を中心に配合し、 尚且つ、ファスティングにおけるデトックス効果を支える肝臓・腎臓などの、 臓器の働きをフォローするのに適したアミノ酸とビタミンの配合となっています。 またアスリートなどがファスティングで心配する筋力の低下なども フォローできる構成となっております。 体内で合成できるアミノ酸であっても不足してしまう場合があるので、 バランス良く摂取することが大切です。 18種類のアミノ酸を一度に摂取することが可能で、吸収力を最大限に 発揮させるため、コラーゲンを低分子化。 大豆ペプチド 大豆から抽出したタンパク質を分解し、栄養機能をそのまま吸収できるように作られてます。 アミノ酸バランスが良く、スムーズに消化吸収されますので、ファスティング中にもおすすめです。 皮膚や筋肉、内臓や髪と言った身体を組織する材料にもなります。 薬の粒子がサプリメントに比べると かなり小さいため腸からの吸収がスムーズにおこなわれるのに対して、 市販のサプリメントはかなり粒子が粗いためほとんどが吸収されず便として排泄されます。 その点医療用サプリメントは薬ほどではありませんが、かなり小さい粒子に よって構成されていますので、ファスティングチャージ・アミノマキアは 低分子化されてますのでかなりの体感が期待できます! 人間の体は水分が約70%を占め、約20%がタンパク質でできています。 タンパク質は筋肉や皮膚、内臓など、体のあらゆる組織を構成していますが この元となっている成分がアミノ酸です。 アミノ酸はあらゆる生命の源であり、私たちが健康に生きていくために必要不可欠 なものです。 人の体はアミノ酸でできていると言っても過言ではありません。 自然界に存在するたくさんのアミノ酸の内、人間が生きていく上で必要とされる アミノ酸は20種類あります。 ファスティングチャージ・アミノマキアにはこの20種類のアミノ酸が全て配合されております。 そのうち、体内で作り出せるものが11種類、 体内で作り出せないものが9種類。 この9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれ、 食事などを通じて体外から補給する必要があります。 9種類の必須アミノ酸は、イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、スレオニン、 トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、塩酸ヒスチジンです。 これらはチームワークで、どれか1つが欠けても体の成長や発育に影響を与え てしまいます。 全種類をバランスよく摂取することで、初めて有効にはたらきます。 余分な脂肪の消費は 健康的な体重管理やメタボリックシンドローム予防、高脂血症・動脈硬化 などの生活習慣病予防につながります。 また、エネルギー源としての脂肪 の利用を通じて疲労回復やスタミナアップ、スポーツや日常生活に おけるパフォーマンス向上、基礎代謝アップ゜などが期待されます。 このため、組織中のタンパク質合成が進み筋肉増強や傷付いた腸管の 回復が促進されます。 また、オルニチン回路を活性化して、肝臓での アンモニア代謝を促進する。 さらに、免疫力を増強させたり、細胞の増殖 因子であるポリアミンの量を増やす働きが知られています。 ダイエットサポート 肝臓でアンモニア代謝を促進 免疫力増強.

次の

ファスティング中に筋肉を落とさない方法とは?

酵素ファスティング 体脂肪

ファスティングダイエットとは ファスティングとは、断食を行うダイエットです。 一定期間、水や野菜スープなどで過ごし、食事をほとんど摂らないダイエットです。 しばらく食事を摂らないことによって、いろいろな健康・ダイエットがあると言われます。 1一般的なファスティングのやり方 一般的に紹介されるファスティングのやり方は、このようなものです。 【準備】では、野菜や豆・海藻など採食を中心にして、食べ過ぎないようにすると言われます。 ファスティング中は、水や酵素ドリンク、野菜スープなど、飲み物や軽い食べ物がススメられます。 そして、終了後もすぐに普通の食事に戻さず、食べ過ぎを避けて、消化の良いもを食べる【復食】をすると言われます。 こちらが一般的に説明されるやり方ですが、ファスティングのやり方や効果については、間違っているものが多くあります。 ファスティングはブームとなって実践している人も多い一方、 正しい情報はなかなか流れていない状況です。 2間違いだらけのファスティング ファスティングの効果については、いろいろな情報があります。 脂肪燃焼モードになる、デトックス効果がある、酵素により代謝が促進されるなど・・・ しかし、ファスティングについては、サービスや商品を売るための過剰な効果が謳われています。 間違った情報を信じてしまうと、必要のない商品を買ってしまったり、ムダにツライことを実践してしまいます。 正しい知識を身につければ、間違った情報に騙されず、もっとラクにダイエットができるようになります。 お金と努力を無駄にせず、健康的にカラダを変えられるように、本当に正しい情報を紹介します。 ファスティングダイエットの真偽 ファスティングについて、よく目にする情報の真偽をQ&Aで紹介していきます。 7問ありますので、ぜひ答えを考えてみてください。 体重が落ちやすい? ファスティングでは、数日でかなり体重が落ちるという情報がよくあります。 ファスティングは、全てのダイエット方法の中でも、トップクラスに 体重が落ちやすいダイエットです。 2~3日で、体重が3~4kg落ちることもよくあります。 脂肪燃焼のスイッチが入り、痩せやすい体になる? ファスティングでは、一定期間カロリーを抑えることで、体が脂肪燃焼モードになると言われます。 ファスティングには、 特別なダイエット効果はありません。 ファスティングのダイエット効果 ファスティングで体脂肪が減るのは、 食事で摂るカロリーが少なくなるからです。 それ以外に、特別なダイエット効果はありません。 普段2,000kcal摂っていた場合、ファスティングを2日行うと、摂取カロリーを4,000kcal減らすことができます。 一方、1,000kcalを4日間にしても、同様に摂取カロリーを4,000kcal減らせます。 この場合、ダイエット効果はほとんど同じです。 ファスティングには、摂取カロリーが減る以上の効果はありません。 多くのダイエット方法には、商品やサービスを売るために過剰な効果が謳われますので、注意しましょう。 ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーにすることです。 摂取カロリーは食事から摂るエネルギー、消費カロリーは体が使うエネルギーです。 体脂肪を減らすには、このカロリーバランスが最重要です。 参考記事: Q3. ファスティングはリバウンドしやすい? ファスティングは、 体重がリバウンドしやすいダイエットです。 しかし、 体脂肪がリバウンドするかはやり方次第です。 体重がリバウンドしやすい理由 ファスティングは、体重が落ちやすい反面、リバウンドしやすいダイエット方法です。 体重がリバウンドしやすい理由は、体重が落ちやすい理由とつながっています。 ファスティングでは2~3日で体重が3~4kg落ちることもよくあります。 体重が落ちるからと言って、その分体脂肪が落ちているわけではありません。 体重が3~4kg減っても、体脂肪は1kgも落ちていません。 体重が減る理由 体脂肪が減る以上に体重が減るのは、 体脂肪以外のものが体から減るからです。 具体的には、水分・胃腸の内容物・糖質が減ります。 ファスティングをすると、胃腸の内容物がほとんどカラになるため、その分体重が軽くなります。 また、食事量が減って塩分の摂取が少なくなるので、他の体の水分も抜けやすくなります。 さらに、ファスティングを始めてから丸1日ぐらいで、体の中の糖質を使い切ります。 肝臓や筋肉には、400~500gぐらいの糖質を貯めています。 体の中の糖質は、水分と結びついて1. 5~2kgぐらいの重さになります。 ファスティングをするとそれがほぼ全部なくなるため、体重が一気に落ちます。 体脂肪計の誤差 ファスティングでは、体脂肪の減少は、体重の減少よりもかなり小さくなります。 しかし、体脂肪計で測ると、体脂肪率も一気に減っている場合があります。 これは、 体脂肪計の誤差です。 家庭用のものもジムにある業務用のものも、体脂肪計は精度が低くて誤差が大きく、体脂肪の変化を測ることはできません。 ファスティングを2~3日行って、体重が4kg落ちても、体脂肪は1kgも落ちていません。 しかし、体脂肪計では、大きく体脂肪率が落ちることがよくあります。 Plez(プレズ)では、体脂肪計は体重計として使うように指導しています。 ファスティングで体脂肪が大きく落ちた場合、残念ながら、それは体脂肪計の誤差です。 参考記事: 体重のリバウンド ファスティングで水分などが減って体重が落ちた分は、普段の食事に戻すと、すぐに増えます。 これは、【ダイエットが成功したのにリバウンドでムダになってしまった】というものではありません。 食事を摂らず、異常な状態になったところから、 正常な状態に戻っただけです。 体重のワナ ファスティングをして一気に落ちた体重は、もともと、ほとんどが体脂肪以外の要因です。 そのため、体重が一気に戻るときも、体脂肪以外の要因が大きいのです。 長期的には、体重は体脂肪の変化と連動します。 参考記事: 体脂肪のリバウンド ファスティングをすると、水分などが減るだけでなく、体脂肪もある程度減っています。 体脂肪が減った分は、水分と違い、普通の食事をするとすぐに戻るものではありません。 【ファスティングをすると、体が脂肪をため込もうとして、栄養の吸収率が上がる】と言われることもあります。 体重がリバウンドするからと言って、 体脂肪も一緒にリバウンドするわけではありません。 リバウンドを防ぐ ファスティングをした後に、体重が一気に戻っても、それは体脂肪がリバウンドしたわけではありません。 ただし、体脂肪がまったくリバウンドしないかというと、そういうわけではありません。 ファスティングを終わった後、以前と同じ食事・生活に戻すと、体脂肪は徐々に元に戻っていきます。 体脂肪や体重が落ちると、消費カロリーは自然と低下します。 その状態で食事・生活に戻すと、体脂肪は少しずつ増えていきます。 それを防ぐには、ファスティングをする前よりも、少しだけ食事のカロリーを減らすか体を動かすことです。 体重の減少1kgにつき、15~20kcalが目安です。 以前より少し注意するだけで、体脂肪のリバウンドは防げます。 参考記事: Q4. 筋肉が落ちやすい? ファスティングは、 筋肉が落ちやすいダイエットです。 筋肉によるボディメイク 食事でタンパク質を摂っていないと、筋肉はどんどん落ちてしまいます。 普通にダイエットをすると、体脂肪と筋肉は3:1ぐらいで減っていきます。 ファスティングでは、食事をほとんど摂りません。 特に、タンパク質を多く含む肉・魚は、だいたいNG食品とされます。 そのため、タンパク質もほとんど摂れません。 その結果、体脂肪と筋肉は1:1ぐらいと、普通のダイエットよりも筋肉が落ちてしまいます。 筋肉によるボディメイク キレイな体を作るためには、男女とも、適度に筋肉が必要です。 体脂肪が少なくても、筋肉も少ないと、メリハリのない体になってしまいます。 体脂肪が減っても、一緒に筋肉が落ちてしまうと、ハリがなくたるみが残ってしまうこともあります。 ファスティング中でも、極力タンパク質を摂ることで、筋肉が落ちるのを制限できます。 効果的なファスティングダイエット】で、筋肉が落ちにくいファスティングダイエットを紹介します。 準備・復食は必要? 一般的なファスティングでは、準備・復食がススメられます。 しかし、ファスティングをするのに、 特別な準備・復食は要りません。 準備・復食は不要 ファスティングは単に食事をしないだけなので、それに対しての準備は不要です。 例えば、マラソンなどのハードな運動をするには、体力やエネルギーが必要です。 そのためには、練習や食事などの準備が必要です。 一方、ファスティングは食事をしないだけです。 胃腸をハードに使うならまだしも、胃腸を使わないための準備は不要です。 準備期間というのは、特に科学的根拠や意味があるものではありません。 また、終了後の食事も、復食というほどたいそうなものは必要ありません。 ファスティング後の最初の食事は食べ過ぎない方が良いですが、少し気を付ける程度で大丈夫です。 準備・復食のダイエット効果 準備や復食では、食べる量や食品を制限します。 そのため、準備・復食により、カロリーを減らしてダイエット効果を上げられます。 これは、特別なダイエット効果ではありません。 ファスティングと関係なく摂取カロリーを抑えた場合と、ダイエット効果は同じです。 結局、体脂肪が減るかどうかはトータルのカロリー次第です。 ファスティングは健康にいい? ファスティングにはデトックス効果があり、健康のために良いと言われます。 この手の健康情報は、明確な根拠がないまま、商品やサービスを売るための情報が流されることがよくあります。 デトックスは根拠がない ファスティングでは、有毒物質を排出するデトックス効果があると言われます。 しかし、有毒物質やデトックスというのはよく目にしますが、【有毒物質とは何か】という明確な説明と根拠は一度も見たことがありません。 少なくとも、複数の実証論文を見ても、有毒物質とは何か、断食が健康にプラスかどうかの結論は見つかりませんでした。 【現時点では、良いとも悪いともいえない】というのが結論です。 健康的にファスティング ファスティングは、行っている最中に、頭痛やめまい、倦怠感など、 体調不良になることがあります。 そのような症状が出れば、中止するようにしましょう。 特定の疾患の治療のためにファスティングを行うのであれば、医師の指導のもとに行っていただくのがベストです。 ファスティングをして体調が良くなるようであれば、ダイエット方法の1つとして実践していただくと良いですね。 途中で体調が悪くなるなら、特に取り入れる必要はありません。 ファスティングが唯一のダイエット法ではないので、柔軟に取り入れることができます。 酵素ドリンクは効果的? ファスティングでは、代謝を促す酵素を取ると良いと言われます。 酵素ドリンクには、ダイエット効果はありません。 むしろ、摂取カロリーが増えるので、ダイエットにはマイナスです。 酵素とは 酵素とは何かご存知でしょうか? 酵素とは、体の中で物質を変化させる働きをするものです。 体脂肪を分解したり、エネルギーに変換させる時も、酵素が働いています。 酵素を摂ることの効果 では、酵素を取ると体脂肪の分解や燃焼が進むかというと、残念ながらそういうわけではありません。 口から酵素を取り入れても、酵素として体内に吸収されるわけではないのです。 酵素とは、タンパク質の一種です。 摂ったタンパク質は、胃腸で1つ1つのアミノ酸に分解されて、体内に吸収されます。 分解された時点で、酵素は酵素としての働きを失います。 つまり、 酵素を摂るということは、単にタンパク質を摂るということなのです。 酵素ドリンクのタンパク質 酵素はタンパク質の一種なので、酵素ドリンクを飲むと、タンパク質を摂ることができます。 しかし、酵素ドリンクの中のタンパク質(=酵素)は、かなり微量です。 だいたいの酵素ドリンクは、100g当たりで、タンパク質は1g未満です。 一方、肉や魚には、100g当たり20gぐらいのタンパク質が含まれています。 酵素ドリンクを飲むより、普通に食事でタンパク質を取る方が、圧倒的にリーズナブルでカロリーも抑えられます。 酵素はわざわざ摂る必要はありません。 普通に食事をしていれば、酵素は体内で勝手に作られて勝手に働いてくれます。 勝手に必要な分だけ作られますので、特に酵素を取り入れる必要はありません。 ファスティングダイエットのメリット・デメリット ファスティングには、メリットもデメリットもあります。 特徴を理解して、メリットを得られるように、うまくダイエットに取り入れましょう。 1メリット 体脂肪が落ちやすい ファスティングダイエットのメリットは、何と言っても、 体脂肪が落ちやすいことです。 ファスティングでは、摂取カロリーがほとんどゼロになります。 体格や生活スタイルにもよりますが、摂取カロリーがほとんどなくなると、体脂肪を1日で200gぐらい減らすことができます。 これは、フルマラソを走るぐらいのダイエット効果です。 2デメリット 筋肉が落ちやすい ファスティングは体脂肪を落としやすい一方、 筋肉も落ちやすいダイエットです。 カロリーとタンパク質をほとんど摂らないダイエットなので、体脂肪と同じぐらい筋肉も落ちていきます。 体脂肪が減っても、筋肉が減ってしまうと、体のハリがなくなってしまいます。 そうすると、キレイなスタイルからは離れてしまうかもしれません。 ダイエット効果を勘違いしやすい ファスティングでは、ダイエットの効果を勘違いしてしまいがちです。 それは、 体重のワナによるものです。 体重は体脂肪以外の要因でも変動します。 ファスティングは2~3日で体重が3~4kg落ちるので、すごいダイエット効果があったように思ってしまいがちです。 数日続けていると、水分などが減らなって体重の減少ペースが落ちるため、停滞と思ってしまいます。 そして、ダイエットを止めると減った体重のほとんどが戻るので、リバウンドしたと思ってしまいます。 ファスティングは体重の変化が激しいダイエットなので、体重ばかりを見ると、ダイエット効果を勘違いして一喜一憂してしまいます。 参考記事: ストレスが大きい ファスティングの最大のデメリットは、なんといっても ツラいことです。 ファスティングは、単純に食べないことによって、カロリーを減らして痩せるダイエットです。 食事をガマンする必要があり、ストレスの大きいダイエットです。 【食べないこと】はカロリーを減らす方法の1つです。 しかし、唯一の方法ではありません。 次の【4. 効果的なファスティングダイエット】で、オススメのファスティングと、食事をしながらダイエットをする方法を紹介します。 効果的なファスティングダイエット 4. 1オススメのファスティング オススメのファスティングは、飲み物意外に、 プロテインも摂る方法です。 ファスティングの大きなデメリットは、筋肉が落ちやすいことと、ツラいことです。 ファスティングをする中でも、プロテインを摂るようにすると、タンパク質を補給できます。 そうすると、普通にファスティングをやるよりも、筋肉を維持できます。 また、プロテインはある程度お腹に溜まるので、空腹も和らぎ、ストレスを軽くできます。 飲み物だけでなく、プロテインを摂ることでファスティングのデメリットをカバーして、うまくメリットを取り入れることができます。 参考記事: 4. 2ダイエットの本質 ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーにすることです。 摂取カロリーは食事から摂るカロリー、消費カロリーはカラダが使うカロリーです。 体脂肪とは、体にカロリーを貯めているものです。 そのため、食事から摂るカロリーより使うカロリーの方が多ければ、体脂肪は自然と減っていきます。 本質が分かっていると、選択肢が増えて、自由にダイエットができます。 参考記事: 4. 3自由なダイエット プロテインを摂るファスティングは、オススメのダイエット方法です。 ただ、これが唯一のダイエット方法というわけではありません。 ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーにすることです。 摂取カロリー<消費カロリーにすれば、ファスティングでもそれ以外の方法でも、体脂肪を落とすことができます。 食事をガマンすることは、摂取カロリーを減らす方法の1つです。 それ以外にも、 【食事を変える】ことで、摂取カロリーを減らすことができます。 このようなカロリーカットを積み重ねれば、食事をしながらダイエットをすることができます。 参考記事: ファスティングダイエットまとめ ファスティングは効果的なダイエット方法ですが、間違った情報が多くあります。 ダイエットの本質を理解すると、デメリットをカバーしながら、上手くファスティングを取り入れることができます。 さらに、食事をしながら痩せることもでき、選択肢を増やして自由にダイエットができます。

次の