日本 語 から 英語 へ。 【言語間距離という概念】英語が日本人にとって特別難しい言語である理由

【言語間距離という概念】英語が日本人にとって特別難しい言語である理由

日本 語 から 英語 へ

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新和英中辞典 3• Weblio Email例文集 5• 浜島書店 Catch a Wave 47• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 2• 日本語WordNet 5• コンピューター用語辞典 1• EDR日英対訳辞書 5• Tanaka Corpus 6• 日本法令外国語訳データベースシステム 38• NetBeans 8• Python 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 900• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 金融庁 211• 財務省 32• 特許庁 1• 特許庁 44• 経済産業省 287• 厚生労働省 15.

次の

第二言語習得研究から考える、日本人が英語を苦手とする3つの理由

日本 語 から 英語 へ

, , , , 先日、あるコーヒーショップの店頭で 『秋の限定商品 マロンラテ』 と書かれたボードを見かけました。 それでふと思い出したのですが、そういえばこの「マロン」という言葉、元は英語じゃないんですよね。 フランス語 marronから来た「マロン」の方が浸透しているようです。 (ちなみに「ラテ」も英語ではなく、牛乳の意のイタリア語 latteです。 ) 日本語の中で使われるカタカナ言葉には、英語以外の言語に由来するものがたくさんあります。 英語だと思って会話で使ったら通じなかった…ということもあるかもしれませんね。 いくつか例を集めてみました。 アルバイト ドイツ語で「労働、仕事、研究」の意味を持つ Arbeitが語源です。 明治時代の学生たちが「内職」の隠語として使ったのが始まりと言われています。 けっこう古い起源をもつ言葉であることに驚きです。 アンケート フランス語の enqueteに由来する言葉。 (英語: questionnaire)• インフルエンザ イタリア語で元来「影響」の意味を持つ influenzaが語源。 イタリア語読みだと「インフルエンツァ」なので、「インフルエンザ」は読み方だけ英語式ですね。 influenzaは英語にもなっていますが、英語でインフルエンザを指すときは短縮形の fluを使うことが多いようです。 オルゴール オランダ語・ドイツ語でオルガンを意味する orgelが語源。 英語では music boxまたは musical boxと言います。 ゴム オランダ語の gomに由来する言葉。 (英語: rubber)• バカンス フランス語 vacancesが元となっています。 英語の vacationに相当しますが、「バケーション」というよりももっと長期間でゆったりした休暇のイメージでしょうか。 vacancesはもともと「空(から)、空白、無」といった意味の言葉。 日常を離れて仕事も忘れて、頭を「空っぽ」にできるような、フランス式の長いお休みのときには、「バカンス」と呼びたい気分ですね(日本でどれくらい実用されているかは疑問ですが・・・)。 英語でも同じ言葉が使われますが、主に 1階の外に張り出した屋根付きスペースのことを指すようです。 日本の「ベランダ」のように 2階以上に張り出した部分は、英語では balconyと呼ばれます。 以上はほんの一例ですが、調べていると、食文化や芸術、ファッションの分野はフランス語から、医療や学術、登山などの分野はドイツ語から来ている用語が多いなど、いろいろな背景が見えてきて面白いです。 また、古くから日本と関係の深いポルトガルやオランダからは、多くの言葉が私たちの日常生活に取り入れられています(ポルトガル語より「パン」、オランダ語より「ランドセル」など)。 中には漢字まであてられて日本語化しているものもあるようです(「ポン酢」はオランダ語の ponsから、「合羽」はポルトガル語の capaから)。 そしてここでは取り上げませんが、ロシア語や中国語、アラビア語など西欧以外の国の言語に由来する言葉も結構あるようです。 カタカナ言葉から、世界の国々との深いつながりを垣間見ることができますね。

次の

戦後日本の英語教育

日本 語 から 英語 へ

日本語と英語の言語間距離 日本語は、 英語から最も遠い『hard』に分類されています。 そりゃそうですよね、文字からして全く違いますから。 一方で、 ヨーロッパの言語はお互い非常に近い位置にあります。 同じラテン語から派生した言語だからでしょうね。 つまり、ヨーロッパ人が英語を習得することと、 日本人が英語を習得することは全くレベルの異なることなのです。 Hard(難しい)と分類された4つの言語 詳しく見て行きましょう。 英語ネイティブにとって、 最も習得が難しいと判定された言語は4つ。 アラビア語、日本語、 中国語、韓国語。 この記事では、あくまでも一つの指標ですが、 これらの言語を習得するには、 2200時間の学習が必要とされています。 これって、 1日2時間の勉強を毎日続けて、約3年ということです。 これで足りるかな?とも思いますが、 1日10時間で計算すると7ヶ月強。 まあ、 こう考えるとある程度のレベルまではいけるのかな? とも思います。 ただ、「ペラペラ」は絶対に無理ですね、 この勉強量では。 英語ネイティブがこれらの言語を習得するのに必要な時間は、 この記事によれば1,100時間。 Hardに分類された日本語の半分ということになります。 私はタイ語を少し話すのでこの分類には納得です。 というのも、 私はタイ語を勉強する時は英語で勉強しているからです。 タイ語を日本語に置き換えるよりも、 英語に置き換える方が圧倒的に簡単です。 また、発音においても、 例えばタイ語には日本人が苦手と言われるRとLの区別があります (RとLの区別、そんなに難しくないです。 個人的にはフィリピン留学では過剰にこの違いがフォーカスされて いるような気がします。 もっと重要な音はたくさんあります)。 さらには、 語尾の音を寸止めで言わないパターンも多くあります。 例えば、英語でGood night. と言う時、最後の「t」はほとんど発音しませんよね。 このような音がタイ語にはたくさんあるのです。 ということで、 タイ人の方が日本人よりも英語習得は簡単だと思います。 英語と言語間距離が近い言語 最後に、一番簡単なEasyに分類された言語は、 スペイン語・ ポルトガル語・フランス語・オランダ語・イラリア語・ ルーマニア語・スウェーデン語・ノルウェー語です。 一目瞭然、 全部ヨーロッパの言語ですね。 つまり、 地理的にイギリスに近い国々の言葉です。 そして、 この記事によれば、 英語ネイティブが600時間も勉強すればそれなりに習得できると されています。 日本語と比べたら、4分の1弱です。 個人的にはもっと差があるように感じますね。 だって、 例えばスペイン語と英語の文字って1文字しか違わないのです。 日本語って全部違いますよね。 もう少し具体的に見て行きます。 最後にoを付けただけですし、 発音も結構近いのです。 実際にスペイン語を母国語とする人は、 英語で話している時でも平気でファンタスティコと言ったりします。 そして、それが通じてしまうのです。 私は在英時に何度かこれを経験しています。 これまた、 最後のoを付けるだけで英語がスペイン語になり、 発音もかなり近いのです。 PerfectのRを巻き舌で発音すれば、 ほぼスペイン語ですよね。 そんな訳で、 私はヨーロッパ人が3ヶ国語も4ヶ国語も話せると聞いても、 特に驚きません。 もちろん、 習得に要したその努力は尊敬に値しますが、 日本人が英語を習得するのに必要な努力の比ではありません。 また、スペイン語とポルトガル語はかなり近いと言いますよね。 実はこれに関して私には苦い経験があります。 以前、 ポルトガルのリスボンを訪れた際、 地元の人と話す機会があったので、 少し習っていたスペイン語で話したところ、 あまり良い顔をされませんでした。 基本的に隣国って仲が良くないのです。 その後はすぐに英語に切り替えましたが(苦笑)。 考えてみれば、 どの国の人も自国の言語に誇りがあるのは当たり前ですよね。 いやいや、若気の至りでした(既に40代でしたが)。 英語学習には「開き直り」が必要? ということで、英語学習で苦闘されている皆さん、 もっと開き直りましょう! 日本人にとって、 英語は超難しいのです。 苦労して当たり前なんです。 最後に、 日本人が習得しやすい言語は何語か?間違いなく韓国語です。 特に調査していませんが、経験から分かります。 韓国語ペラペラな人の方が、 英語ペラペラの人よりも圧倒的に多いですよね。 日本語が上手が韓国人の芸能人もたくさんいます(多分)。 更には、 セブ英語倶楽部には韓国語ペラペラな方が何名か留学に来られまし たが、英語にはかなり苦労されていました( 大きく上達しましたが)。 また、フィリピン語もおそらく日本人には簡単です。 要は、 言語間距離が近いのだと思います。 フィリピン語の母音は「 あえいおう」の5音なので(フィリピン人がそう言ってました)、 日本語と同じです。 なるほど、 現地人の会話を聞いてみると意外と聞き取れるのです。 よほど早く話さない限り、おそらくカタカナで結構書き取れます。 一方で、英語はそういうわけには行きませんよね。 ゆっくり話してもらっても、 そもそも根本的に音が違うので反応できなかったりします。 と言う訳で、フィリピン在住の日本人を観察してみると、 フィリピン語ができる人の方が英語ができる人よりも圧倒的に多い のです。 この理由について、 私は言語間距離が大きく作用していると考えています。 ですから、 フィリピン永住(またはメイン拠点化)を考えている方は、 あまり無理せずにフィリピン語習得に注力した方が成果は得やすい と思います。 「言語間距離」に興味のある方は、下記の記事もお読み下さい。 以上で、「言語間距離」についての解説を終わりにします。 英語学習やフィリピン留学についてもっと詳しく知りたい人は、下記のメルマガにご登録下さい。 タイトル通り、ブログでは書けないことを配信しています。

次の