袴垂、保昌にあふこと 品詞分解。 古典について 袴垂保昌にあふこと

伊勢物語 筒井筒の解説と予想問題

袴垂、保昌にあふこと 品詞分解

あまたたび=副詞、何度も、たびたび あまた(数多)=副詞、たくさん、大勢 つゆばかり=副詞、「つゆばかり」の後に打消語(否定語)を伴って、「まったく~ない・少しも~ない」となる。 ここでは「なし」が打消語 たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 気色(けしき)=名詞、様子、状態。 ありさま、態度、そぶり。 このように、何度もあれやこれやとするが、少しもあわてる様子がない。 希有 けう の人 かなと思ひて、十余町 ばかり 具して行く。 かな=詠嘆の終助詞 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 具し=サ変動詞「具す(ぐす)」の連用形、引き連れる、一緒に行く、伴う。 持っている。 珍しい人であるなあと(袴垂は)思って、十町あまりほど後をつけて行く。 さりとて あら ん や はと思ひて、刀を抜きて走りかかり たる時に、 さりとて(然りとて)=接続詞、そうかといって、だからといって、それにしても ん=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 や=反語の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 は=強調の係助詞。 現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。 「~か!(いや、そうじゃないだろう。 なので、「~やは・~かは」とあれば反語の可能性が高い。 たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 そうかといってこのままでいられようかと思って、刀を抜いて走りかかった時に、 そのたび笛を吹きやみて、立ち返りて、「こは、何者 ぞ。 」と問ふに、心も失せて、我 にもあら で、ついゐ られ ぬ。 ぞ=強調の係助詞、あるいは終助詞 に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 で=打消の接続助詞、接続は未然形。 られ=自発の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。 「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。 自発:「~せずにはいられない、自然と~される」 ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形 その時は笛を吹くのをやめて、振り返って、「お前は何者だ。 」と問うので、(袴垂は)呆然として、正気も失って、膝をついて座ってしまった。 また、「 いかなる者 ぞ。 」と問へ ば、今は逃ぐとも よも逃がさ じと おぼえ けれ ば、 いかなる=ナリ活用の形容動詞「いかなり」の連体形。 よも=副詞、下に打消推量の助動詞「じ」を伴って、「まさか~、よもや~、いくらなんでも~」。 じ=打消推量の助動詞「じ」の終止形、接続は未然形 おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ/覚ゆ(おぼゆ)」の連用形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 また、「どういう者だ。 」と問うと、今は逃げようともよもや逃がしはするまいと思われたので、 「 引 ひ 剥 は ぎ に 候ふ。 」と言へ ば、「何者ぞ。 「追いはぎでございます。 」と言うと、「何者だ。 」と問うので、 「 字 あざな 、 袴 はかま 垂 だれ と なん言は れ 候ふ。 」と 答ふれ ば、 なん(なむ)=強調の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。 「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。 候ふ=補助動詞ハ行四段「候ふ(さうらふ)」の連体形、丁寧語。 係助詞「なん(なむ)」を受けて連体形となっている。 係り結び。 「通称は、袴垂と言われております。 」と答えると、 「 さ いふ者ありと聞くぞ。 あやふげに、 希有 けう のやつ かな。 」と言ひて、 さ=副詞、そう、その通りに、そのように。 いふ=ハ行四段動詞「言ふ」の連体形 かな=詠嘆の終助詞 「そういう者がいると聞いているぞ。 物騒で、とんでもない奴だなあ。 」と言って、 「ともに まうで来。 」と ばかり言ひかけて、また同じやうに笛吹きて行く。 まうで来(こ)=カ変動詞「参で来・詣で来(まうでく)」の命令形、「来」の謙譲語 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 「一緒について参れ。 」とだけ声をかけて、また同じように笛を吹いて行く。 この人の けしき、今は逃ぐとも よも逃がさ じと おぼえ けれ ば、 気色(けしき)=名詞、様子、状態。 ありさま、態度、そぶり。 よも=副詞、下に打消推量の助動詞「じ」を伴って、「まさか~、よもや~、いくらなんでも~」。 じ=打消推量の助動詞「じ」の終止形、接続は未然形 おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ/覚ゆ(おぼゆ)」の連用形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 この人の様子は、今は逃げようともよもや逃がしはするまいと思われたので、 鬼に神取ら れ たるやうにて、ともに行くほどに、家に行き着き ぬ。 れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。 「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。 たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形 鬼に魂を取られたようになって、一緒に行くうちに、家に行き着いた。 いづこぞと思へ ば、摂津前司保昌といふ人 なり けり。 なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 どこかと思うと、摂津の前の国司であった 藤原保昌 ふじわらのやすまさ という人であった。 家のうちに呼び入れて、綿厚き衣一つを 給はりて、「衣の用あら ん時は、 参りて 申せ。 給はり=ラ行四段動詞「給はる・賜はる(たまはる)」の連用形、「与ふ」の尊敬語、お与えになる、くださる。 「受く・貰ふ」の謙譲語、いただく、頂戴する。 ん=仮定の助動詞「む」の連体形が音便化したもの、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどちらかである。 訳: 「(もしも)着物が必要な時は、」 参り=ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語 申せ=サ行四段動詞「申す」の命令形、「言ふ」の謙譲語 家の中に呼び入れて、綿の厚い着物一着をお与えになって、「着物が必要な時は、(ここに)参って申せ。 心も知ら ざら ん人に取りかかりて、 汝、あやまち す な。 」とあり し こそ、 あさましく、 むくつけく、恐ろしかり しか。 ざら=打消の助動詞「ず」の未然形、接続は未然形 ん=婉曲の助動詞「む」の連体形が音便化したもの、接続は未然形。 この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。 直後に体言があると婉曲になりがち。 訳:「分からない (ような)人」 汝(な・なんぢ・なんじ)=名詞、おまえ す=サ変動詞「す」の終止形、する。 な=禁止の終助詞 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。 係り結び。 あさましく=シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれる、意外でびっくりすることだ。 あまりのことにあきれる。 なさけない。 むくつけく=ク活用の形容詞「むくつけし」の連用形、気味が悪い、不気味だ。 しか=過去の助動詞「き」の已然形、接続は連用形。 係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。 係り結び。 気心も分からないような人に襲いかかって、おまえ、しくじるな。 」とあったのは、驚きあきれ、気味が悪く、恐ろしかった。 「 いみじかり し人のありさま なり。 」と、 捕 と らへ られて後、語り ける。 いみじかり=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても。 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形 られ=受身の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。 「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 「とても立派な人の様子であった。 」と、捕らえられた後、(袴垂は)語ったということだ。

次の

「袴垂」に関するQ&A

袴垂、保昌にあふこと 品詞分解

一〇 (二八) 袴垂保昌に逢ふ事 現代語訳• 昔、袴垂という、たいそうな盗賊の首領がいた• 十月頃、衣が欲しくなったので、衣を少し手に入れようとめぼしい所々を物色していると、夜中時分、人々がすっかり寝静まった頃、朧月夜の下を、衣をたくさん着込んだ男が、指貫の股立ちをつかみ、絹の狩衣のようなものを着て、ただひとり、笛を吹き、行き過ぎるでもなく、おもむろに歩いているので• ああ、これこそ、おれに衣をくれようと出てきた人だな• と思い、走りかかり• 衣を剥ごう• と思ったが、なんだか妙に恐ろしく思えたため、寄り添って、二、三町ほど行ったものの、誰かがつけて来ていると感づく気配もない• いよいよ笛を吹きながら行くので• 試してみよう• と思い、高い足音を立てて駆け寄ったが、笛を吹きながら振り向いたときの様子は襲いかかれそうにもなかったので、走り退いた• このように、何度もあれこれしてみるが、少しも騒ぐ気配がない• 稀有な人だ• と思いつつ、十町余りついて行った• だがやってみるか• と思い、刀を抜き、走りかかった時、今度は、笛を吹き止め、立ち止まって振り返り• おまえは、何者だ• と訊いたとき、気力が失せ、我をも失い、立っていられなくなった• 何者だ• と訊いたときは• 今度は逃げてももう逃がすまい• という気配が感じられたので• 追いはぎに候• と言うと• 何者だ• と訊くので• またの名を、袴垂と人は呼ぶ• と答えると• そういう者がいると聞いてはいる• 危なっかしい変わり者め• と言って• 一緒に、ついて来い• とだけ言いかけ、また同じように笛を吹いて行った• この人の様子から、今は逃げても、決して逃がすまい• と感じられたので、鬼に魂を奪われたように、ついて行くと、屋敷に着いた• ここはどこだ• と思えば、摂津の前司・藤原保昌という人の屋敷であった• 家の中に呼び入れられ、厚手の綿入れを一着与えられ• 衣が欲しくなったときは、ここへ来て申せ• 気心も知れぬ者に捕まるなど、おまえ、しくじるでないぞ• と言われたときは、言葉にならず、気味が悪く、おそろしかった• 凄い雰囲気の人であった• と、捕らえられて後に語った• 公開日 平成二十四年二月十六日 更新日 平成二十四年二月十六日.

次の

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』の品詞分解 / 古文 by 走るメロス

袴垂、保昌にあふこと 品詞分解

袴垂(はかまだれ)というのは平安時代にいた盗賊の名です。 保昌というのは、藤原保昌という人物で、和泉式部を妻にした人です。 武勇に優れた人物だったそうで、当時の四天王にも数えられているとか。 そんな二人の有名なお話です。 【現代語訳】 昔、袴垂といって非常に名高い盗賊の頭領がいた。 十月頃に、衣腹が必要だったので、衣服を少し手に入れようと思って、 適当な所々で、奪い取る機会を密かに狙ってウロウロしていたところ、 夜中くらいに、人がみなすっかり寝静まった後、月がぼんやりとしている中、 衣服をたくさん着ていた人が、指貫の股立を腰に挟み込んで、絹の狩衣っぽいのを着て、 たった一人笛を吹いてゆったりと練り歩いて行くので、 「ああ、こいつこそ、おれに衣をやろうといって出てきた人であるようだ」と思って、 走りかかって衣服をはぎ取ろうと思うが、 不思議とそら恐ろしく感じられたので、ぴたりと後ろについて二三町ほど行くが、 自分の後ろに人がついていると思っている様子もない。 いよいよ笛を吹いて行くので、試そうと思って、足音を高くして走り寄ったところ、 笛を吹きながら振り返った様子が、かかっていくことができそうにも思えなかったので走って退いた。 このように、何度も何度もあれこれ色々とするが、ほんの少しも騒ぎたてる様子がない。 お話の中ではまだ名前が出て来ていませんが、この笛を吹いている男こそ、藤原保昌です。 さすが四天王ですね。 袴垂が襲いかかろうとしても、隙がまったくなく、逆に袴垂の方がたじろぐばかり。 笛を吹いている時も一流の武人は隙がないのでしょう。 しかし、袴垂も、何度もトライしてみるあたり、なかなか根性があるなと思います。 では最後に原文と語釈を載せます。 【原文】 昔、袴垂とていみじき盗人の大将軍ありけり。 十月ばかりに衣の用ありければ、衣すこしまうけんとて、 さるべき所々うかがひありきけるに、 夜中ばかりに、人みなしづまりはててのち、月の朧なるに、 衣あまた着たりける主の、指貫のそばはさみて、絹の狩衣めきたる着て、 ただひとり笛吹きて、行きもやらず、ねりゆけば、 「あはれ、これこそ、我に衣えさせんとて、出でたる人なめれ」と思ひて、 走りかかりて衣をはがんと思ふに、 あやしく物のおそろしく覚えければ、そひて二三町ばかりいけども、 我に人こそつきたれと思ひたるけしきなし。 いよいよ笛を吹きていけば、こころみんと思ひて、足を高くして走りよりたるに、 笛を吹きながら見かへりたる気色、取りかかるべくもおぼえざりければ走りのきぬ。 かやうにあまたたび、とざまかうざまするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。 「まうく」は「用意する、準備する」の意味。 「ん」はここでは意志の助動詞だから「用意しよう、準備しよう」ということだが、主語が盗賊の袴垂なので、盗み取る/奪い取る、という手段を取るはず。 「すっかり寝静まって」と訳せば良い。 「そばはさむ」は、股立(ももだち)の部分をつまみ上げて腰に挟み込むこと。 動きやすくなるらしい。 詳しくはの下の方を参照。 それを打ち消しているので、スイスイとは行かない様子。 「ん」は意志の助動詞。 「私に衣を与えよう」ということ。 断定の助動詞「なり」の連体形「なる」が撥音便無表記化したもの。 「めれ」は推定の助動詞「めり」が、係助詞「こそ」の影響で已然形となったもの。 「たび」は回数なので、「何度も何度も」ということ。 [ ].

次の