お体にはお気をつけください。 新型コロナで、体調を気遣う言葉の例。|#話術.com

「体に気をつけて」に関連した英語例文の一覧と使い方

お体にはお気をつけください

プライベートで体をいたわる場合には、普段相手に使っている表現で良いかもしれませんが、特にビジネスのシーンで、メールにて体調を気遣うようなシーンや複数人でお見舞いに行くようなシーンでは丁寧な言葉遣いが必須です。 何故なら、例えば相手との関係性が気の置けるものであっても、例えば「大丈夫?」「早く元気になってね」などというやり取りを見ると、非常にビジネス感にかけるものになるからです。 もちろんプライベートでお見舞いに行く場合はそれでもいいでしょうが、ビジネスシーンではそれに見合った丁寧さが必要になります。 例えば「お大事になさってください」という表現と「くれぐれもご自愛ください」という表現、そして「お体に気をつけてお過ごしください」という表現はそれぞれ使えるシーンが違ってきます。 どれかが使えて、どれかが使えないというシーンもあるので体調を気遣う言葉を正しく理解しておかなければ間違った言い回しで、相手の体調を気遣う言葉を伝えることとなります。 そのような状況では、相手も素直に喜べないことでしょう。 状況に合った正しい表現で、相手に体調を気遣う言葉を伝えていくことが大切です。 「お変わりないでしょうか」という表現は基本的に手紙等で久々に連絡を取る相手に使う言葉であり「新緑が清々しい季節となりましたがお変わりないでしょうか」といった形で使います。 このような言い回しを文章の書き出しで使うと、季節感と相手への気遣いが同時に伝わり、相手から好印象を持たれやすくなることでしょう。 「お元気でしょうか」という言い回しは比較的カジュアルでライトな言い回しになりますが「でしょうか」という丁寧な語尾になっているので、ビジネスでも使うことができる表現です。 「お久しぶりです。 お元気でしょうか。 本日はご相談がありご連絡いたしました」といった形でごく一般的に使われる表現です。 あまり改まった表現を使いたくないシーンでは選択肢に入れたい表現です。 この表現は体調不良の人を気遣う表現に見えるのですが「以前よりもだいぶ良くなられましたか」といった形で、以前に会った時に体調がやや悪かった人に対して、回復していることを前提に体調を気遣う表現です。 もちろん体調が回復していない可能性もあるので疑問形になっているのですが、十中八九体調が回復している状況でこういった表現を使いつつ相手に質問するのがベターであり、もしも回復していない可能性の方が高いのであればより心配している気持ちが色濃い表現を使った方が賢明です。 「お休みは取れてますでしょうか」という表現は「いつもお忙しそうですがお休みは取れてますでしょうか」といった形になります。 休めていれば体調を崩す心配がないのでそれを確認し相手に気遣いの気持ちを示す表現です。 「順調にやられてますでしょうか」という表現は「ご活躍はお伺いしてます。 相変わらず順調にやられてますでしょうか」といった形で使います。 相手が順調そうな時に相手からポジティブな言葉を引き出す気遣いの表現です。 体調不良の相手を気遣うスタンダードな表現であり「早く退院できるといいですね。 お大事になさってください」といった形で使います。 ここで注意したいのは「お大事にされてください」という表現もあるのですが、正しい表現は「お大事になさってください」です。 「する」の尊敬語は「される」なのですが、ここでは「なさる」を変形した「お大事になさってください」を使うのが一般的に正しい表現です。 間違いやすい部分になりますので認識しておきましょう。 「くれぐれも」という言葉を付け足すことで、気遣いの気持ちがより大きくなりますので、心配が大きい時に使いたい言い回しです。 「病み上がりはご無理をされず、くれぐれもお大事になさってください」といった形で相手に伝えることで、より強い気遣いの気持ちが伝わるようになります。 「養生なさってください」という表現は、長期の休みが必要な場合に使う相手の体調を気遣う言い回しです。 入院や自宅療養が比較的長期で必要な場合に使う言い回しで「仕事のことは心配せず養生なさってください」と使います。 「静養なさってください」という表現は「お体に気をつけてゆっくり静養なさってください。 万全な体調で復帰されるのを楽しみにしています」という形で使います。 静養というのは、養生よりも治療に専念して無理をせず休むニュアンスが強い表現になりますので、入院しているような状況では選択したい表現です。 「回復に専念なさってください」という表現は「今は回復に専念なさってください。 お体に気をつけてリハビリ頑張ってください」といった形で使います。 回復して欲しいという気持ちを強く伝えたい時に使う表現です。 「お体に気をつけてお過ごしください」という表現は「季節の変わり目で体調を崩しやすい時期にはなりますが、お体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 メールで体調を気遣うスタンダードな表現です。 「お身体の調子はいかがでしょうか」という表現は「冬の足音が日々強まって参りますがお身体の調子はいかがでしょうか」という形で使います。 例文のように季節感のある表現と一緒に使うとビジネス感のあるメールになります。 この表現は「いよいよ2019年も残り1ヶ月となりますが、くれぐれもご自愛ください」といった形で使います。 この表現は「お体を大切にしてください」という意味合いの表現です。 ちなみにご自愛くださいという表現は病気の人には使えないので「お大事になさってください」とは使うシーンが大きく異なる言い回しになります。 「ご無理なさらないでください」という表現は「最近いつ会社に来てもお見かけしますが、くれぐれもご無理なさらないでください」といった形で使います。 相手に無理をしないで欲しいと伝えたい時の表現です。 この表現は「秋に入ったとはいえ残暑続く厳しい季節ではございますが、体調はお変わりないでしょうか」といった形で使います。 フォーマルな色の強い表現になります。 「体調はいかがですか」という表現は「忙しい時期ですが体調はいかがですか」といった形で使います。 外部や目上の上司に使うよりもやや砕けた言い回しではあるものの、ビジネス感があり仕事場でしっくりくる表現になります。 「お身体を大切にしてくださいね」という表現は「いつも頑張ってますけど、無理せずお身体を大切にしてくださいね」といった形で使います。 「くださいね」という言い回しが丁寧語でありつつ親しみのある言い回しになります。 「無理はせずお大事にしてください」という表現は「今は無理はせずお大事にしてください。 休む時にはしっかり休んでくださいね」といった形で使います。 ビジネスで使う表現の中でも親しみの強い表現となります。 この表現は「そんな薄着でいつも大丈夫なんですか。 寒さに気をつけてくださいね」といった形で使います。 例文のように相手の状況に応じて使います。 例文は相手が薄着で風邪をひかないか心配している言い回しです。 「日々お体に気をつけてください」という表現は「忙しい日が続きますが日々お体に気をつけてください」といった形で使います。 親しい相手を心配する時に使う表現です。 「ご心配いただきありがとうございます」という表現は「ご心配いただきありがとうございます。 明日には万全の状態で復帰できそうです。 明日からまたよろしくお願いします!」といった形で使います。 他の表現も紹介していきますが「ご心配いただきありがとうございます」という表現は、回復しているニュアンスを伝える場合に使う言い回しになります。 そのため返信例のように、ポジティブなニュアンスの言葉が続いていきます。 体調が回復しきっていない時でも使えますが返信例のような使い方がベターです。 「ご心配をおかけして申し訳ありません」は相手に対して本気で心配をかけている状況で使うことの多い表現で「ご心配いただきありがとうございます」よりも病状や怪我の具合が深刻な場合に使うフレーズになります。 「体調は徐々に回復してきており、今は自分で歩けるようになっています。 ご心配をおかけして申し訳ありません。 一日も早く退院し復帰できるよう頑張ります」といった形で使います。 「ご心配いただきありがとうございます」はポジティブな場合、「ご心配をおかけして申し訳ありません」はネガティブな場合の使用となります。 この表現は相手にこちらの状況を伝えつつも、文章の締めで相手に対し体調を気遣う表現で返答する言い回しで、他の返信例と組み合わせて使うことも可能です。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。 徐々にではございますが体調は上向いてきています。 復帰日はまた改めてご報告いたします。 寒さが厳しい季節になりますが、〇〇様こそお体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 自分自身も体調を気遣ってもらったことに対し同様のニュアンスで返答するパターンです。 ビジネスでの体調を気遣う言葉のレパートリーを増やそう! ビジネスにおいて体調を気遣う場面というのは意外に少なからずあるものです。 そんな時にものの言い方が分からずにそっけない言葉をかけたり、困ったように黙り込んだりしてしまうとビジネスのシーンにおける信頼に関わってきます。 そのため、体調不良の人にしっかり気持ちを伝える言い回しは大切になります。 様々な場面において、状況に合った言い方ができるとビジネスができるイメージと人格者で信頼ができる人物であるイメージを得ることができます。 ここで紹介した体調を気遣うフレーズのレパートリーをしっかり覚えて、ビジネスで信頼の厚い人物になれるよう役立ててくださいね!.

次の

新型コロナで、体調を気遣う言葉の例。|#話術.com

お体にはお気をつけください

「お気をつけて」の意味 そもそも「お気をつけて」とは、何を意味しているのでしょうか?まず「気をつける」の意味を確認します。 「気をつける」の意味 「気をつける」とは「注意や留意、用心をすること」という意味です。 「気を付ける」と書く場合もあります。 相手に対して使う場合は、相手のことを案じて言うことばになりますが、自分に対して使う場合は「失礼のないように気をつける」というように「注意を払う」ことを意味します。 「気をつけて」の意味 「気をつけて」は「気をつける」に助詞の「て」がついた形です。 「注意、留意してことにあたる」よう、次にくる動作を形容することばです。 「お気をつけて」のビジネスでの敬語表現 「お気をつけて」の正しい敬語表現 「気をつけて」に「お」をつけることで相手への敬意を表すことができます。 しかしそれ単独だけで使用することは表現として間違いになります。 「気をつけて」の意味で説明したように、動作を形容することばであるため、「お気をつけていってらっしゃいませ」「お気をつけてお越しください」などと丁寧な動詞とともに用い、あいさつの敬語表現とします。 ビジネスシーンでも積極的に使いたいていねいな表現です。 また、「お気をつけてお越しください」には「お」が二回使われていますが、二重敬語ではありません。 「お」が続いて気になる場合は「気をつけてお越しください」「どうぞ気をつけてお越しください」としても問題ありません。 なお、「お気をつけてお越しになられてください」が二重敬語となり、誤りです。 相手のからだを気遣う言葉 「お気をつけて」はもうひとつの意味で使われることがあります。 相手の体を気遣う気持ちを表したい時に「お体にお気をつけてお過ごしください」というように用います。 「お体にご自愛ください」と同じ意味になります。 「お気をつけて」は目上の人や上司にも使える 目上の人や上司に対して「お気をつけて」を使っても問題ありません。 「お気をつけてください」ではなく「お気をつけください」 雨の日などに足元に注意してください、と伝えたい場合の敬語表現は「お足元にお気をつけください」になります。 「お足元にお気をつけてください」と言ってしまいがちですが、「お気をつけてください」は誤った言い方です。 『お~ください』と動詞一つで言い切る場合は、二つの動詞をつなげる「て」は不要なため省くことになります。 「お気をつけて」の注意点 また、相手への気遣いを表したい時に使う「お気をつけて」ですが、状況によっては嫌味ととられてしまったり、余計なお世話と思われてしまったりする場合があります。 例えば会議で険悪な状態になってしまった時に、「くれぐれもお気をつけてお帰りください」と言われたら、脅しや嫌味を言われたような気持ちになる人がいるかもしれません。 特別な状況にある場合は、ことばの選択に注意を払う必要があります。 あるいは、相手が「気をつける」ということばに敏感な場合があります。 事故に気をつける、病気に気をつける、などネガティブな状況を連想してしまうことばでもあるため、なんらかの困難な状況にある人にたいしては配慮が必要な場合もあります。 例えば自動車事故を起こした人に対して、「お気をつけてお越しください」と言うと、また事故を起こさないでくださいね、と言われたと嫌味のようにとられてしまうかもしれないということです。 「道中お気をつけて」は正しいことば? 「道中」は「旅行の途中」という意味 出張に行く上司に対して「道中お気をつけていってらっしゃいませ」と言っている先輩をみたことがあるかもしれません。 「道中」は「旅行の途中」という意味のことばなので、出張や旅行に行く人に対して使うのは正しい使い方です。 しかし「道中」はやや古めかしい表現でもあるため、違う表現に言い換えたい場合は次のような言い方もあります。 「遠方へのご出張、どうぞお気をつけていってらっしゃいませ」 ビジネスメールでの使い方 ビジネスメールで「お気をつけて」と使いたい場面はたくさんあります。 例文を紹介します。 当日はA会議室でお待ちしております。 どうぞお気をつけてお越しください。 研修会場は2階となりますので、お気をつけください。 長いご出張お疲れさまでございました。 道中はどうぞお気をつけてお帰りくださいませ。 寒い季節となりました。 くれぐれもお体にはお気をつけてお過ごしください。 「お気をつけて」を英語で言うと? 「お気をつけて」には上述したようにいろいろな意味が含まれています。 そのため、使用される英語表現は状況によって異なります。 例文で紹介します。 「be careful」を使う表現 お気をつけください。 「take care of」を使う表現 お体にはお気をつけください。 「Have a safe」を使う表現 お気をつけて日本にいらしてください。 注意して!と促す場合 足元にお気をつけください。 まとめ 「お気をつけて」は相手を思いやる気持ちを表現する素敵なことばです。 注意すべき点に留意した上で、自信を持って使ってみてください。 思いやりのことばが無くても仕事を進めることがはきますが、一言添えるだけで相手との距離をぐっと縮めることができます。 小さなことですが大切なことと覚えておきましょう。

次の

新型コロナで、体調を気遣う言葉の例。|#話術.com

お体にはお気をつけください

お体に気をつけての意味 日本語には、相手の体調や健康を気づかう表現が数多くあります。 その中でも一番シンプルで分かりやすい言葉がお体に気をつけてです。 文字通りの意味を持つフレーズではありますが、その言葉にはどのようなニュアンスを含んでいるのか、あらためてチェックしておきましょう。 相手を気づかう言葉 お体に気をつけては、相手の体調を気づかう気持ちが込められた表現です。 今の体調に気をつけてほしいという意味に加え、今後の健康を願うニュアンスも強く含んでいます。 メールや手紙などの文書で使われたり、挨拶での一言として使われたりすることが多いでしょう。 身近な人とのコミュニケーションでも用いられる言葉です。 上司・恩師・先輩など目上の人や、同級生や同僚など同じような年齢・立場の人、部下や後輩といった人まで、前後の細かい表現に気をつければ誰に対してでも使用できます。 よく使われるシーンこそあるものの、相手が実際に体調を崩しているような状況でなければ使えるタイミングも問わない、とても使い勝手のよい言葉です。 お体に気をつけての使い方 相手の体調を気づかう言葉であるお体に気をつけては、会話や文書に関係なくさまざまな場面で使用できます。 よく使われる主なケースを紹介します。 メールや手紙の締めとして お体に気をつけては、メールや手紙などで比較的まとまった内容の文章をやり取りする際、結びの挨拶でよく使われます。 前文で季節の挨拶などを記し、主文でメインとなる内容を書いた後、末文でお体に気をつけてを使った締めの言葉を差し込めば、相手に対する印象がグンと良くなるでしょう。 また、メールやFAXなどのビジネス文書は、文章全体が伝えたい用件だけになってしまいがちです。 文書の内容にもよりますが、相手を気づかう一言を最後に添えるだけで、読む人の心を和ませ、好印象を与えられます。 ただし、相手が病気や怪我で入院していたり、自宅療養中であったりする場合は、使用を控えるのが賢明です。 退職や転職する方へ お体に気をつけては、退職・転職により今の場所から離れる相手に対し、お別れの言葉としても使えます。 「健康に気を配りながらこれからも頑張って」というように、相手の体を気づかいながら、将来に向けてのエールを送るニュアンスも含められます。 目上の人にも使えるため、前後に付け加える言葉に留意し敬意を示す表現にすれば、上司や先輩が職場を離れる際にも気の利いた一言として喜ばれるでしょう。 体と身体の使い分けは? お体は『お身体』と書くことも可能です。 どちらも『おからだ』と読みますが、漢字が違うと意味も微妙に異なるため、手紙やメールでは違いを意識しましょう。 『体』とは、頭から足までの肉体全体を指す言葉です。 一方、『身体』は、精神や心を含めた心身を表し、フィジカルとメンタルの両方を指しています。 お体に気をつけての場合は、単純に肉体としての『からだ』を案じていることになり 、基本的にはこちらを使うのが無難です。 お身体に気をつけての方は、厳密には心身ともに健康であることを願う意味になるため、「気持ちの上でも強くあれ」というようなニュアンスを含みたい場合に使えます。 ただし、実際には、このような違いを意識して使い分けられることはほとんどありません。 どちらも同じように使えることを覚えておきましょう。 お体に気をつけての例文 自然な言い回しでお体に気をつけてを使える例文を、シーン別に紹介します。 実際に口頭で使う場合は、言葉に気持ちを込めることも大切です。 カジュアルな間柄の場合 親しい先輩や上司が退職・転職などで職場を離れるような場面では、後ろに「頑張ってください」という言葉をつけて、以下のようなお別れの挨拶にできます。 ・お心づかいに感謝いたします。 このように丁寧な言い回しで返せば、単なる「ありがとうございます」に比べ、より感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 後半の相手を気づかう言葉は、次に解説する類語や言い換えを覚え、いろいろな表現ができるようになるとなおよいでしょう。 お体に気をつけての類語や言い換え表現 相手の健康を願うフレーズにはさまざまな種類があります。 利用シーンや相手の状況にも注意し、適切な言い回しを選択することをおすすめします。 お体にはご留意ください 『留意する』とは「気にする・気に留める」という意味の言葉です。 類語の『注意する』『用心する』よりは、気をつける程度が弱くなります。 『お体にはご留意ください』は、健康を気にしてほしい、体調を気に留めてほしいという、相手の健康を気づかう表現です。 お体に気をつけてくださいに比べ、より丁寧な表現となり、以下のような例文にすればかなり目上の人に対しても使えます。 ・慣れない部署に異動してこられたばかりで、なにかとお忙しいとは存じますが、どうかお体にはご留意ください。 ご自愛ください 『自愛』は、「自分を愛する」、つまり「精神面を含めた自分の体調全てを大切にする」という意味の言葉です。 『ご自愛ください』という場合は、「ご自身の体調を大事にしてください」と相手の健康に気を配る敬語表現になります。 『愛』という語が柔らかなイメージを与えやすい上、男女共に用いることが可能です。 目上の人にも使えることから、手紙やメールの末文に以下のようなフレーズでよく使われます。 ・季節の変わり目ゆえ、くれぐれもご自愛ください。 ご体調を崩されぬようお気をつけください お体に気をつけてというフレーズは、体調を気づかう気持ちをあいまいに表す意味合いであるため、相手の立場や状況にかかわらず広く使えるメリットがあります。 一方で、「ご体調を崩されぬようお気をつけください」という言い回しは、気をつけてほしい対象をストレートに示していることから、より親しげな印象を与える表現です。 似たようなフレーズとしては、「お風邪をひかれぬようお気をつけください」などが挙げられます。 いずれも、目上の人などに使うと、やや馴れ馴れしい印象を与えてしまう恐れがあるため、ある程度距離感の近い相手に対して使うのがよいでしょう。 お大事になさってください 『大事(だいじ)』とは、大切にすることを意味する言葉です。 「用心する・自重する」という意味でよく使われる「大事をとる」の大事と同じ言葉になります。 「お大事になさってください」という表現は、病気や怪我で弱っている相手の体を気づかい、回復を願っていることを伝えるフレーズです。 健康を願う他の表現と異なり、使える相手がすでに病気や怪我で休んでいるような人に限られます。 病院などで言われる『お大事に』という言葉は、お大事になさってくださいを省略したものです。 以下の例文で使い方を確認しましょう。

次の