ペガサス ターボ 2 サイズ 感。 【adiZERO japan boost 5 レビュー】ある程度脚ができている人のトレーニング用シューズ

【レビュー】 ペガサスターボ (限定カラー)|サブ4目指すランナーに履きこなせるか

ペガサス ターボ 2 サイズ 感

ズームペガサスターボ2の進化したポイント ズームペガサスターボ2は、昨シーズンの私のフルマラソンの勝負シューズでした。 個性は強くないが、安定感抜群のはき心地に魅了され、フルマラソンのレースで履き続けました。 2代目となるこのシューズ、いかに進化したのか?劣化はしていないか?、期待と不安を抱えてレビューしてみました。 デザイン まず、ぱっと見のデザインで変化したのは、つま先部分のラインがなくなっていることです。 初代モデルのつま先のラインは、正直あまり格好良いものでないと感じていたので、なくなったのは良かったと思います。 ただ、デザイン的なおもしろさはなくなった感もありますね。 また、内側のスオッシュが小さくなってますね。 ここもカッコよくなったと思います! 左がペガサスターボ2、右がペガサスターボ。 つま先のラインがなくなりました。 上がペガサスターボ、下がペガサスターボ2。 内側のスオッシュが小さくなりました。 アッパー素材 通気性にすぐれた、トランスルーセントの素材が採用されています。 従来モデルの課題は、通気性が悪く暑い日に蒸れるということでしたが、新モデルは、通気性が改善されています。 つま先部分もメッシュのスペースが増えて通気しやすくなっています。 左がペガサスターボ2、右がペガサスターボ。 シュータン シュータンも進化しています。 前モデルのシュータンは長くて、厚手のクッション性のあるものでしたが、今回のモデルは、薄く短いストレッチが効いた素材になっています。 また前モデルにあったシューレース部分のワイヤーがなくなっています。 左がペガサスターボ2、右がペガサスターボ。 シューターンの形状が変更されています。 ミッドソール ミッドソールは前モデル同様、超軽量の「Nike ZoomXミッドソール」を採用。 ヴェイパーネクストと同じミッドソールですね。 ただし、カーボンプレートは搭載されていません。 しかし、ズームフライ等に採用されている、「Nike Reactフォーム」と比べると断然こっちの性能が良いです。 履いたら全然違います。 ズームペガサスの方が高価なのはここに理由があると思います。 アウトソール アウトソールは、前モデルと同じです。 前回同様つま先と踵部分に突起が付けられており、グリップ効果をもたらしてくれます。 耐久性もバッチリで、おそらく800kmは履けるのではないかと思います。 ヒール部分 履き口からヒールにかけての仕様が変更されています。 前モデルは、クッション性のある分厚い素材でしたが、新モデルは、薄い素材に変更されています。 また、よりスリムになっていますね。 前モデル同様、先細りとなったヒールの形状がアキレス腱周りを快適にしてくれます。 左がペガサスターボ2、右がペガサスターボ。 重量 進化点でもっとも注目すべきところが軽量化です!アッパー素材の仕様変更等により、かなり軽くなっています。 履いてみても、軽くなったことをすぐに実感できました。 ペガサスターボ2 27.5cm 222g ペガサスターボ 27.5cm 236g サイズ感 前モデル同様、27.5cmを購入しましたが、問題ありませんでした。 しいて言うなら、履き口周りの素材が薄くなっているので、少し紐を縛った方が、フィット感が増すかと思います。 ズームペガサスターボ2を実際に履いた感想 実際に履いてみた感想ですが、「うん、軽い!!」。 しかも、「やわらかいクッションが心地よい!」。 やはり、ペガサスターボは、抜群の安定感です。 キロ3分台で履きましたが、やわらかく、やさしく気持ちよく進みます。 ほんとに、やさしいシューズです。 フル等長い距離でも心配ないこのやさしい感触が、軽量化により、さらに強まった感じがします。 今年もこのシューズが勝負シューズで活躍してくれそうです。 まとめ 昨年から、フルマラソンは、「ズームフライ」よりも「ズームペガサスターボ」と言い続けてきましたが、新モデルも同様、フルマラソンは「ズームペガサスターボ」です!前モデルの抜群の安定性を維持したまま、軽量化を実現しており、劣化していないかという不安を即払拭してくれました!サブ3〜3.5を狙う方は是非一度試し履きされることをおすすめします!!.

次の

【ペガサス ターボ2 レビュー】走るのが楽しい軽快さ!初代から軽量化の正統進化。

ペガサス ターボ 2 サイズ 感

ペガサスターボ2の紹介 ナイキの今期のコンセプトカラーである エレクトリックグリーンを購入しました。 写真だとうまく色の具合が表現できませんでしたが、本ブログ記事中の写真の中では、この開封写真のグリーンが一番現物に近いと思います。 蛍光黄緑色で目立ちます。 夜間のランニングでも目立ちそうです。 デザイン 余計な装飾のない、とてもスッキリしたシンプルなデザインです。 シューズの外側には大きなスウォッシュ(ナイキのロゴマーク)が入っています。 ミッドソールには「NIKE ZOOM X」の文字が。 内側のスウォッシュは小さめです。 上品で小洒落ています。 ナイキはやっぱりかっこいいですね。 かかと部分です。 左右で異なるデザインとなっています。 アッパー素材 アッパー素材は 薄く通気性の良さそうな素材となりました。 初代ペガサスターボの通気性が悪いと感じる人もいたので、その点は改善されたのではないでしょうか。 この新しいアッパー素材が軽量化に一役買っていそうです。 履き口 脚を入れる足首周りは、薄くタイトな作りとなりました。 昨シーズンのペガサス35やペガサスターボは分厚くしっかりとした作りでしたが、今期はペガサス36も含めて薄い作りとなっています。 フワフワしていないので、紐をギュッと締めればその分脚にしっかりとフィットします。 また、素材が薄くペラペラになった分、かかと部分のフィット感が損なわれてしまいそうですが、そこはしっかりと対策がされています。 かかと部分に上記写真のような 盛上がりが左右についています。 この盛り上がり部分で踵を左右からしっかりと包み込んでくれます。 シュータン シュータン(ベロ)も今期は薄いペラペラ素材になりました。 ギューッと紐を締めればその分ピッタリとフィットします。 こちらに PEGASUS TURBO 2の文字が入っています。 ミッドソール ミッドソールは初代ターボと同様、ズームXとリアクトフォームが使われています。 ソールの内側の文字も初代ターボと同様でした。 ENGINEERED TO THE EXACT SPECIFICATIONS OF WORLD-CLASS RUNNERS. アウトソール アウトソールは初代ターボと全く同じデザインです。 トップ選手の練習用シューズということで、耐久性は高いと思います。 下の写真は500キロ走った初代ペガサスターボのアウトソールですが、まだまだ大丈夫です。 あまりグリップが良くないと言われているようですが、私はロードも土のトラックも競技場のトラックも走れる万能なソールだと思います。 雨の日履いて走っても滑って怖いという経験はありません。 普通のランニングであれば十分すぎるグリップ力と耐久性を兼ね備えたアウトソールだと思います。 インソール(中敷き) 中敷きはしっかりと下タイプのものが入っていました。 いくつかナイキのランニングシューズを買ってきましたが、フライニット系はペラペラの薄い中敷きが使われているようです。 サイズ感 サイズ感は今まで履いていたナイキのランニングシューズと同じで問題ありませんでした。 私は実寸が27センチなので28センチを履いています。 一度足のサイズをお店で測ってもらうと色々と便利でおすすめです。 重量 気になる重量は28センチで229グラムでした。 初代ペガサスターボが244グラムでしたので 15グラム軽量化されました。 手に持ってわかるレベル、履いて走って超実感できるレベルの差です。 参考までに私の持っている28センチのナイキのランニングシューズの重量です。 ペガサスターボ2が229グラム• エピックリアクトが240グラム• ペガサスターボが244グラム• ズームフライフライニットが256グラム• ペガサス35が280グラム ペガサスターボ2は、私の持っているランニングシューズで 最も軽量なシューズとなりました。 履いたところ 実際に履いてみました。 初代ターボは靴紐が長くって邪魔でしたが、ペガサスターボ2は適切な長さになりました。 靴紐の材質も変わり軽量化につながっていそうです。 後ろから見た写真です。 今までのナイキのシューズと比べると、踵が浅く見えます。 プロネーションが悪いですねw いつも右足ばかり痛めております。 最後に横から見た写真です。 かっこいいです。 ペガサスターボ初代と2の比較 黄緑色が今回購入したペガサスターボ2で、白に水色のラインが初代ペガサスターボです。 今回購入した色は派手ですが、装飾がなくなりシンプルなデザインとなりました。 左右で履いてみると初代の方が劣化しているはずなのに、フカフカグニュグニュと柔らかい感じでした。 改良された点 今回大きなアップデートされた点としては下記3点• シュータン、足首周りが薄くスッキリしたものに変更• アッパー素材の変更• それに伴う軽量化 履き心地は、紐を縛るとそれに応じて足首周りにギュッとフィットするようになりました。 そして、見た目もかなりスッキリしました。 上から見た比較 上から見た写真だとシュータン部分、足首周りが全然違うことがわかります。 かかと部分の比較 また、アキレス分部分も大きく変更されたデザインとなりました。 ここだけ見ても軽くなってそうですね。 今まで少しもっさりしたデザインでしたが、よりスピードが出そうなデザインへ変わったと思います。 アウトソールの比較 ちなみにアウトソールは全く同じといって良さそうです。 履いて走ってみた感想 初のペガサスターボ2は、家の近くのトラックまで往復6キロのロードとトラックで1キロインターバル4本を行いました。 履いて走った感想は とにかく軽いです。 初代ターボから15グラムの軽量化、そして私の持っているランニングシューズで一番の軽さのシューズです。 15グラムですが全然感覚違います。 軽くてポンポン足が出るので、走っていて気持ちがいいです。 足首周りと踵分は予想通り初代ターボと比べると履き心地が結構違いました。 浅くて脱げそうな気が・・・。 しかし走って50mくらいから全く気にならなかったです。 踵のフィット感もいい感じで、まさに 死角なしの最強のランニングシューズだと思います。 その他に関しては、いたって普通。 でも書きましたが、 違和感がなく普通で、走っていて非常に気持ちがいいシューズでした。 初代ターボの方が足首周りがしっかりしているので、そういったランニングシューズが好みなら初代ターボを、軽くて履き心地が快適なランニングシューズが好みならターボ2が良いでしょう。 ペガサスターボ2の耐久性 初代ペガサスターボは800キロ履ける耐久性と言われていたので、ペガサスターボ2も同じくらいの耐久性があるのではないでしょうか。 初代ペガサスターボの500キロ走った状態は下記記事に記載しております。 こちらの耐久性は随時追記してまいります。 まとめ とても気に入っていたランニングシューズ「ペガサスターボ」の新作「ペガサスターボ2」を紹介させていただきました。 値段が高いのがペガサスターボの弱点ですが、それ以外は ロング走にもスピード練習にも大会にも使える超万能なランニングシューズです。 初心者から上級者まで幅広くおすすめできたランニングシューズが、より軽くアップデートされました。 私の持っているランニングシューズの中では一番軽いのでスピード練習、そしてハーフ以下の距離ではレースでも積極的に履いていきたいと思います。 距離走でももちろん履くことができますが、もったいないからね。 サイズに不安のある人は実際に店舗で試着して購入がいいでしょう。 または、サイズ変更が可能な公式サイトがおすすめです。 公式 今までナイキのランニングシューズを履いたことがあり、サイズ感が分かる人はネットで買うのがおすすめ。 ナイキシューズは最初あまり値引きされないので、楽天のポイント還元がお得です。 私は楽天で10%オフクーポン&ポイント19. 5倍で購入することができました。 5倍で我慢できませんでした。 楽しみ。

次の

ペガサスターボとズームフライ、NIKEサブ3練習厚底シューズ比較

ペガサス ターボ 2 サイズ 感

ペガサスターボ2の紹介 ナイキの今期のコンセプトカラーである エレクトリックグリーンを購入しました。 写真だとうまく色の具合が表現できませんでしたが、本ブログ記事中の写真の中では、この開封写真のグリーンが一番現物に近いと思います。 蛍光黄緑色で目立ちます。 夜間のランニングでも目立ちそうです。 デザイン 余計な装飾のない、とてもスッキリしたシンプルなデザインです。 シューズの外側には大きなスウォッシュ(ナイキのロゴマーク)が入っています。 ミッドソールには「NIKE ZOOM X」の文字が。 内側のスウォッシュは小さめです。 上品で小洒落ています。 ナイキはやっぱりかっこいいですね。 かかと部分です。 左右で異なるデザインとなっています。 アッパー素材 アッパー素材は 薄く通気性の良さそうな素材となりました。 初代ペガサスターボの通気性が悪いと感じる人もいたので、その点は改善されたのではないでしょうか。 この新しいアッパー素材が軽量化に一役買っていそうです。 履き口 脚を入れる足首周りは、薄くタイトな作りとなりました。 昨シーズンのペガサス35やペガサスターボは分厚くしっかりとした作りでしたが、今期はペガサス36も含めて薄い作りとなっています。 フワフワしていないので、紐をギュッと締めればその分脚にしっかりとフィットします。 また、素材が薄くペラペラになった分、かかと部分のフィット感が損なわれてしまいそうですが、そこはしっかりと対策がされています。 かかと部分に上記写真のような 盛上がりが左右についています。 この盛り上がり部分で踵を左右からしっかりと包み込んでくれます。 シュータン シュータン(ベロ)も今期は薄いペラペラ素材になりました。 ギューッと紐を締めればその分ピッタリとフィットします。 こちらに PEGASUS TURBO 2の文字が入っています。 ミッドソール ミッドソールは初代ターボと同様、ズームXとリアクトフォームが使われています。 ソールの内側の文字も初代ターボと同様でした。 ENGINEERED TO THE EXACT SPECIFICATIONS OF WORLD-CLASS RUNNERS. アウトソール アウトソールは初代ターボと全く同じデザインです。 トップ選手の練習用シューズということで、耐久性は高いと思います。 下の写真は500キロ走った初代ペガサスターボのアウトソールですが、まだまだ大丈夫です。 あまりグリップが良くないと言われているようですが、私はロードも土のトラックも競技場のトラックも走れる万能なソールだと思います。 雨の日履いて走っても滑って怖いという経験はありません。 普通のランニングであれば十分すぎるグリップ力と耐久性を兼ね備えたアウトソールだと思います。 インソール(中敷き) 中敷きはしっかりと下タイプのものが入っていました。 いくつかナイキのランニングシューズを買ってきましたが、フライニット系はペラペラの薄い中敷きが使われているようです。 サイズ感 サイズ感は今まで履いていたナイキのランニングシューズと同じで問題ありませんでした。 私は実寸が27センチなので28センチを履いています。 一度足のサイズをお店で測ってもらうと色々と便利でおすすめです。 重量 気になる重量は28センチで229グラムでした。 初代ペガサスターボが244グラムでしたので 15グラム軽量化されました。 手に持ってわかるレベル、履いて走って超実感できるレベルの差です。 参考までに私の持っている28センチのナイキのランニングシューズの重量です。 ペガサスターボ2が229グラム• エピックリアクトが240グラム• ペガサスターボが244グラム• ズームフライフライニットが256グラム• ペガサス35が280グラム ペガサスターボ2は、私の持っているランニングシューズで 最も軽量なシューズとなりました。 履いたところ 実際に履いてみました。 初代ターボは靴紐が長くって邪魔でしたが、ペガサスターボ2は適切な長さになりました。 靴紐の材質も変わり軽量化につながっていそうです。 後ろから見た写真です。 今までのナイキのシューズと比べると、踵が浅く見えます。 プロネーションが悪いですねw いつも右足ばかり痛めております。 最後に横から見た写真です。 かっこいいです。 ペガサスターボ初代と2の比較 黄緑色が今回購入したペガサスターボ2で、白に水色のラインが初代ペガサスターボです。 今回購入した色は派手ですが、装飾がなくなりシンプルなデザインとなりました。 左右で履いてみると初代の方が劣化しているはずなのに、フカフカグニュグニュと柔らかい感じでした。 改良された点 今回大きなアップデートされた点としては下記3点• シュータン、足首周りが薄くスッキリしたものに変更• アッパー素材の変更• それに伴う軽量化 履き心地は、紐を縛るとそれに応じて足首周りにギュッとフィットするようになりました。 そして、見た目もかなりスッキリしました。 上から見た比較 上から見た写真だとシュータン部分、足首周りが全然違うことがわかります。 かかと部分の比較 また、アキレス分部分も大きく変更されたデザインとなりました。 ここだけ見ても軽くなってそうですね。 今まで少しもっさりしたデザインでしたが、よりスピードが出そうなデザインへ変わったと思います。 アウトソールの比較 ちなみにアウトソールは全く同じといって良さそうです。 履いて走ってみた感想 初のペガサスターボ2は、家の近くのトラックまで往復6キロのロードとトラックで1キロインターバル4本を行いました。 履いて走った感想は とにかく軽いです。 初代ターボから15グラムの軽量化、そして私の持っているランニングシューズで一番の軽さのシューズです。 15グラムですが全然感覚違います。 軽くてポンポン足が出るので、走っていて気持ちがいいです。 足首周りと踵分は予想通り初代ターボと比べると履き心地が結構違いました。 浅くて脱げそうな気が・・・。 しかし走って50mくらいから全く気にならなかったです。 踵のフィット感もいい感じで、まさに 死角なしの最強のランニングシューズだと思います。 その他に関しては、いたって普通。 でも書きましたが、 違和感がなく普通で、走っていて非常に気持ちがいいシューズでした。 初代ターボの方が足首周りがしっかりしているので、そういったランニングシューズが好みなら初代ターボを、軽くて履き心地が快適なランニングシューズが好みならターボ2が良いでしょう。 ペガサスターボ2の耐久性 初代ペガサスターボは800キロ履ける耐久性と言われていたので、ペガサスターボ2も同じくらいの耐久性があるのではないでしょうか。 初代ペガサスターボの500キロ走った状態は下記記事に記載しております。 こちらの耐久性は随時追記してまいります。 まとめ とても気に入っていたランニングシューズ「ペガサスターボ」の新作「ペガサスターボ2」を紹介させていただきました。 値段が高いのがペガサスターボの弱点ですが、それ以外は ロング走にもスピード練習にも大会にも使える超万能なランニングシューズです。 初心者から上級者まで幅広くおすすめできたランニングシューズが、より軽くアップデートされました。 私の持っているランニングシューズの中では一番軽いのでスピード練習、そしてハーフ以下の距離ではレースでも積極的に履いていきたいと思います。 距離走でももちろん履くことができますが、もったいないからね。 サイズに不安のある人は実際に店舗で試着して購入がいいでしょう。 または、サイズ変更が可能な公式サイトがおすすめです。 公式 今までナイキのランニングシューズを履いたことがあり、サイズ感が分かる人はネットで買うのがおすすめ。 ナイキシューズは最初あまり値引きされないので、楽天のポイント還元がお得です。 私は楽天で10%オフクーポン&ポイント19. 5倍で購入することができました。 5倍で我慢できませんでした。 楽しみ。

次の