公認 会計士 大学 別 2019。 公認会計士と大学 現役合格するために選ぶべき大学とは。

公認会計士合格者数大学別ランキング2019

公認 会計士 大学 別 2019

この記事の目次• 私立大学なので学生数が多い分合格率までトップであるかは定かではありませんが、慶應大学自体のブランドが強いので、仮に公認会計士を諦めたとしても、総合商社やメガバンクのような優良企業に就職することが可能です。 2位 早稲田大学商学部 偏差値…79 学費 初年度納入金 …118万円 住所…東京都新宿区西早稲田1-6-1 最寄駅…高田馬場駅 公認会計士合格者数…115名 早稲田大学商学部も慶應義塾大学と同様、私立大学トップの大学です。 また、早稲田大学商学部は英語・数学・国語で受験することができるので、数学が得意な方にもおすすめです。 3位 中央大学商学部会計学科 偏差値…67 学費 初年度納入金 …128万円 住所…東京都八王子市東中野742-1 最寄駅…中央大学・明星大学駅 公認会計士合格者数…77名 中央大学は公認会計士合格者数第3位の大学です。 早稲田慶應と比べると偏差値はだいぶ落ちますが、その分入学はしやすいということなので大学入試にそこまで労力を割きたくないという方にもおすすめです。 また、中央大学付属高校からの内部生は大学受験がないのでその分会計士試験に打ち込めるようです。 4位 明治大学商学部商学科 偏差値…71 学費 初年度納入金 …128万円 住所…東京都千代田区神田駿河台1-1 最寄駅…御茶ノ水駅 公認会計士合格者数…77名 明治大学商学部は、明治大学の中でも看板学部です。 そのため入試難易度は高いですが、その分公認会計士合格者数も多いのでおすすめです。 また、明治大学は全体的に大学側が就職支援に力を入れている印象があります。 5位 東京大学文科二類 偏差値…82 学費 初年度納入金 …81万円 住所…東京都文京区本郷7-3-1 最寄駅…本郷三丁目駅 公認会計士合格者数…43名 東京大学文科2類は、文系学部ではトップの大学です。 公認会計士になるために東京大学に入学する学生は正直少ないですが、もともとのポテンシャルが高いので在学時に会計士試験に合格してしまう学生も多いようです。 6位 京都大学経済学部 偏差値…79 学費 初年度納入金 …81万円 住所…京都府京都市左京区吉田本町 最寄駅…元田中駅 公認会計士合格者数…39名 京都大学経済学部は通称パラ経と呼ばれており、空きコマや自由に使える時間がとてつもなく多いです。 そのため、会計士試験受験のための時間を確保したい方にはとてもおすすめの大学です。 その分周りの遊んでいる雰囲気に流されない自律心は必要ですが… 7位 立命館大学経営学部経営学科 偏差値…67 学費 初年度納入金 …112万円 住所…京都府京都市北区等持院北町56-1 最寄駅…三条駅 公認会計士合格者数…39名 立命館大学は関西の私大の中では最も公認会計士合格者数が多い大学です。 難易度もMARCH程度なので、関西にお住まいで会計士を目指している方にはとてもおすすめの大学です。 8位 一橋大学大学商学部経営学科 偏差値…76 学費 初年度納入金 …81万円 住所…東京都国立市中2-1 最寄駅…国立駅 公認会計士合格者数…37名 一橋大学の公認会計士合格者数は全国8位です。 しかし、一橋大学は学生数がとても少ないということもあり、公認会計士の「合格率」は他の大学と比べても高いです。 入試難易度は京大並みですが、関東にお住まいで公認会計士を目指している方にはとても良い大学だと思います。 一般就職もかなり強いです。 9位 関西学院大学商学部経営コース 偏差値…69 学費 初年度納入金 …118万円 住所…兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155 最寄駅…甲東園駅 公認会計士合格者数…34名 関西学院大学も、関西で公認会計士を目指す方にはとてもおすすめの大学です。 入試難易度はMARCHや立命館大学と同程度です。 関西にお住まいの方は、立地に合わせて立命館大学か関西学院大学のどちらかを選ぶと良いかと思います。 10位 立教大学経営学部経営学科 偏差値…71 学費 初年度納入金 …130万円 住所…東京都豊島区西池袋3-34-1 最寄駅…池袋駅 公認会計士合格者数…32名 立教大学経営学部はMARCHということで入試難易度はそこまで高くはありませんが、公認会計士合格者数は多いです。 ただ、キャンパスが池袋にあるので大学入学後に遊んでしまうか不安な方は八王子にある中央大学がおすすめです。 公認会計士おすすめ大学ランキング作成の根拠【国試合格率を元に算定】 今回臨床検査技師おすすめ大学ランキングを作成するにあたっては ・入試難易度は高すぎないか ・4年間勉強に集中する環境が整っているか ・公認会計士試験合格者数はどうなっているか といった基準で、総合的に判断しました。 参考データは ちなみに公認会計士合格者数は以下のようになっています。 ただ、あくまで合格者数なので、学生数が多い私立大学が上位にきていることには注意が必要です。 1位 慶應義塾大学商学部商学科…144名 2位 早稲田大学商学部…115名 4位 中央大学商学部会計学科…77名 4位 明治大学商学部商学科…77名 5位 東京大学文科二類…43名 7位 京都大学経済学部…39名 7位 立命館大学経営学部経営学科…39名 8位 一橋大学大学商学部経営学科…37名 9位 関西学院大学商学部経営コース…34名 10位 立教大学経営学部経営学科…32名 今回のまとめ 公認会計士の資格が取れる大学をおすすめ順に並べると、以下のようになります。 リンクをクリックすると、大学パンフレットを請求できます 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 この記事があなたの進路選びの参考になれば良いです。

次の

公認会計士の大学ランキング(大学別合格者数)と大学・学部選び

公認 会計士 大学 別 2019

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 慶応義塾大学 251 210 161 121 120 123 139 157 144 183 早稲田大学 221 169 109 93 94 91 96 111 115 105 明治大学 98 83 63 68 69 56 72 84 77 81 中央大学 152 96 99 77 87 64 96 77 77 71 東京大学 67 44 28 33 23 36 50 43 40 京都大学 45 47 31 48 39 38 立命館大学 57 52 30 26 29 29 31 39 38 神戸大学 49 29 36 27 28 26 29 36 一橋大学 46 36 37 34 法政大学 38 27 27 34 関西学院大学 46 36 32 28 28 27 34 立教大学 32 専修大学 22 29 同志社大学 62 38 49 49 43 33 33 関西大学 29 29 青山学院大学 29 26 公認会計士稲門会(早稲田大学)との相違 のWebサイトには、8年分(2011-2018年)の情報がアップされていました。 公認会計士三田会との相違は次の2点でした。 次の項目で紹介しますが、この点を踏まえると、高校生の段階で公認会計士を目指すこを決めているのであれば、『KWMC』のいずれかに進学するのも1つでしょう。 トップ10ランク外の上位校データは自己集計するしかない 大学別の合格者数がトップ10しか把握できないのはもどかしいですよね。 トップ10にランクインしていなくても多くの合格者を輩出している大学はあるはずなので、幅広く調べたいものです。 ちょっとリサーチしたのですが、参考になりそうな情報が見つからないんですよねぇ。 各専門学校(大原、TACや東京CPA等)のパンフレットを請求して大学別の合格者1人1人を数えるという手もありますね。 遠い昔のパンフレットには大学別に合格者1人1人の写真が掲載されていたので、なんとなく集計できそうです(資料請求して時間ある時にでも挑戦してみます!)。 進学したい、又は気になる大学の合格者数を知りたいのであれば、各自で資料請求してみてください。 可能であれば、このようなイマイチな計算方法ではなく、『受験者数』と『合格者数』を基にした『合格率』を大学別に比較したいものです。 なお、明治大学や中央大学は『合格率』ではないですが、『 現役合格者数』を公表しています。 大学側としては『現役合格』の人数を公表することで、大学をアピールしたいようです。 公認会計士を目指すならランキング上位の大学・学部に進学すべきか。 大原 TAC 東京CPA 2017年 482人 (39. 2%) 352人 (28. 6%) 121人 (9. 8%) 2018年 486人 (37. 2%) 357人 (27. 4%) 223人 (17. 1%) 2019年 470人 (35. 9%) 357人 (26. つまり、進学する大学や学部はそこまで気にする必要はないのです。 実際、私自身も全然関係のない学部の出身者ですが、専門学校(予備校)の勉強だけで合格できました。 一方、逆のことを言いますが、大学ランキング上位の大学に進学するのも1つだと思います。 なぜなら、次の2つのメリットがあるからです。 朱に交われば赤くなります。 公認会計士試験は税理士試験ほど長丁場の勉強が必要なわけではありませんが、とはいっても、数年間は勉強をし続ける必要があります。 公認会計士を諦める人の多くは、高いモチベーションを保って勉強し続けることができないからです。 以前、『』という記事でも紹介しましたが、公認会計士試験の突破には『 高いモチベーションの維持』が非常に大切なのです。 となれば、大学ランキングの上位校に進学するのは一理ありますね。 この点、大学選びだけでなく、学部選びも同様です。 『法学部』や『文学部』などより『商学部』、『経営学部』や『経済学部』などの方が公認会計士や税理士を目指す学生は多いでしょう。 となれば、学部選択において『商学部』等を選ぶのも一理ありそうです。 大学の単位が取りやすく、またプロフェッショナルになりやすい 『商学部』等に進学するのであれば、『大学の授業』と『専門学校(予備校)の授業』の 親和性が高いというメリットもあるでしょう。 『大学の授業』と『専門学校(予備校)の授業』の親和性が高いと、苦なく勉強でき、 大学の単位が取りやすくなるでしょう。 また、様々な角度から会計分野の勉強をすることになるので、 専門性を高めやすいと言えるでしょう。 大学において、『簿記』が必修である場合と『フランス文学』が必修である場合を比較したら、前者の方が楽チンだし、公認会計士試験の勉強との相乗効果があることがわかるでしょう。 卒論のテーマを『イギリスEU離脱に伴うIFRS適用国の今後』にした場合と『フランス文学とカフェオレのマリアージュ』にした場合とで比較したらどうでしょう。 テキトーな卒論テーマです。 もちろん『公認会計士試験の合格』を目標にした場合、前者が好ましいですよね。 そういうことです。 幅の広い人間になりたいのであれば、関連性の低い学部に進学するのも1つですが、器用な人でないと、どっちつかずになってしまう恐れがあります。 大学進学前から、ある程度、公認会計士や税理士を目指す気持ちがあるのであれば、『商学部』などの学部を選びましょう。 関東の大学に進学するなら 私立であれば、KWMC(慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、中央大学)への進学を目指すのが良いでしょう。 国立であれば、東京大学か一橋大学ですね。 KWMCだけ簡単に内容について触れておきます。 慶応義塾大学(K) 商学部の研究機関として『』があります。 この『会計研究室』が企画・実施する公認会計士制度説明会、講演会・シンポジウム、監査法人見学会、税理士法人説明会等のイベントはいずれも、学部・学年を問わず、参加可能とのことです。 しかし、特段、公認会計士試験に合格するために特化したプログラムはありません。 そのため、慶応生は基本的には専門学校(予備校)とのWスクールです。 45年連続で合格者数1位のプライドがあり、絶対に2位に落ちたくないでしょうから、公認会計士を目指そうという大学や公認会計士三田会の啓蒙活動は盛んであると考えられます。 早稲田大学(W) 商学部が支援する『早稲田大学公認会計士講座()』があります。 Webサイトが閲覧できなくなっているので、Twitterのリンク先になっています。 WUCPAでは、簿記3・2級講座と簿記1級講座を運営しており、学部・学年を問わず、外部の専門学校(予備校)より格安で受講可能です。 公認会計士試験に特化したプログラムはなく、早稲田生も最終的にはWスクールです。 明治大学(M) 1948年に設立されたわが国初の公認会計士養成機関である『』があります。 経理研究所が簿記3〜1級の講座を運営しており、それ以降は提携校へスライドします。 どの学部・学年でもOKという文言は確認できませんでしたが、理学部や文学部の学生も『経理研究所』の合格者数としてカウントされているので、みなに開かれているのでしょう。 早稲田大学と同様、簿記1級までの講座があるものの、それ以降はWスクールということになります。 なお、2016-2019年の明治大学と経理研究所の合格者は次の通りです(明治大学の合格者数は既に紹介した通り)。 中央大学(C) があります。 経理研究所が自ら『全国最強の学内ダブルスクール』と謳っている通り、KWMCの中で、唯一、最後まで学内で完結するプログラムがあります。 もちろん学部・学年を問わず、参加可能です。 で紹介しましたが、中央大学出身の会計士から話しを聞いている限り、恵まれた環境があると感じています。 受講料が専門学校(予備校)の 半分程度に抑えられているのに、講義の時間数は 1. 5倍から2倍に達するようです。 なお、2015-2019年の中央大学と経理研究所の合格者は次の通りです(中央大学の合格者数は既に紹介した通り)。 公認会計士の大学ランキング(合格者数)の上位4校はKWMC(慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、中央大学)• KWMCで全合格者の3分の1を占める。 大学別の『合格者数ランキング』を公表されているが、『合格率ランキング』は公表されていない。 公認会計士試験は、専門学校(予備校)に通うのが一般的(中央大学以外)であるため、大学や学部を過度に気にする必要はない。 大学や学部にこだわるメリットは主に次の2つ(1. 目標が同じ仲間ができやすく、モチベーションの維持がしやすい。 大学の授業と専門学校の授業の親和性が高く、単位が取りやすいだけでなく、専門性を高めやすい)• 大学にこだわりたいのであれば、関東の私立ならKWMC、関東の国立なら東京大学か一橋大学。 関西の私立なら立命館大学、同志社大学、関西学院大学。 関西の国立なら京都大学か神戸大学。 公認会計士の大学ランキングが理解できたのではないでしょうか。 また、どの大学や学部が望ましいか判断できるようになったのではないでしょうか。 公認会計士を目指している方であれば、勉強方法に関する次の記事もご覧になってください。 専門学校(予備校)、中央大学経理研、会計専門職大学院について紹介しています。 公認会計士試験の概要を知りたい方には次の記事をがおすすめです。 そもそも公認会計士はおすすめ資格なのでしょうか。 公認会計士になるメリットを知りたい方は次の記事をご覧になってください。

次の

公認会計士と大学 現役合格するために選ぶべき大学とは。

公認 会計士 大学 別 2019

この記事の目次• 私立大学なので学生数が多い分合格率までトップであるかは定かではありませんが、慶應大学自体のブランドが強いので、仮に公認会計士を諦めたとしても、総合商社やメガバンクのような優良企業に就職することが可能です。 2位 早稲田大学商学部 偏差値…79 学費 初年度納入金 …118万円 住所…東京都新宿区西早稲田1-6-1 最寄駅…高田馬場駅 公認会計士合格者数…115名 早稲田大学商学部も慶應義塾大学と同様、私立大学トップの大学です。 また、早稲田大学商学部は英語・数学・国語で受験することができるので、数学が得意な方にもおすすめです。 3位 中央大学商学部会計学科 偏差値…67 学費 初年度納入金 …128万円 住所…東京都八王子市東中野742-1 最寄駅…中央大学・明星大学駅 公認会計士合格者数…77名 中央大学は公認会計士合格者数第3位の大学です。 早稲田慶應と比べると偏差値はだいぶ落ちますが、その分入学はしやすいということなので大学入試にそこまで労力を割きたくないという方にもおすすめです。 また、中央大学付属高校からの内部生は大学受験がないのでその分会計士試験に打ち込めるようです。 4位 明治大学商学部商学科 偏差値…71 学費 初年度納入金 …128万円 住所…東京都千代田区神田駿河台1-1 最寄駅…御茶ノ水駅 公認会計士合格者数…77名 明治大学商学部は、明治大学の中でも看板学部です。 そのため入試難易度は高いですが、その分公認会計士合格者数も多いのでおすすめです。 また、明治大学は全体的に大学側が就職支援に力を入れている印象があります。 5位 東京大学文科二類 偏差値…82 学費 初年度納入金 …81万円 住所…東京都文京区本郷7-3-1 最寄駅…本郷三丁目駅 公認会計士合格者数…43名 東京大学文科2類は、文系学部ではトップの大学です。 公認会計士になるために東京大学に入学する学生は正直少ないですが、もともとのポテンシャルが高いので在学時に会計士試験に合格してしまう学生も多いようです。 6位 京都大学経済学部 偏差値…79 学費 初年度納入金 …81万円 住所…京都府京都市左京区吉田本町 最寄駅…元田中駅 公認会計士合格者数…39名 京都大学経済学部は通称パラ経と呼ばれており、空きコマや自由に使える時間がとてつもなく多いです。 そのため、会計士試験受験のための時間を確保したい方にはとてもおすすめの大学です。 その分周りの遊んでいる雰囲気に流されない自律心は必要ですが… 7位 立命館大学経営学部経営学科 偏差値…67 学費 初年度納入金 …112万円 住所…京都府京都市北区等持院北町56-1 最寄駅…三条駅 公認会計士合格者数…39名 立命館大学は関西の私大の中では最も公認会計士合格者数が多い大学です。 難易度もMARCH程度なので、関西にお住まいで会計士を目指している方にはとてもおすすめの大学です。 8位 一橋大学大学商学部経営学科 偏差値…76 学費 初年度納入金 …81万円 住所…東京都国立市中2-1 最寄駅…国立駅 公認会計士合格者数…37名 一橋大学の公認会計士合格者数は全国8位です。 しかし、一橋大学は学生数がとても少ないということもあり、公認会計士の「合格率」は他の大学と比べても高いです。 入試難易度は京大並みですが、関東にお住まいで公認会計士を目指している方にはとても良い大学だと思います。 一般就職もかなり強いです。 9位 関西学院大学商学部経営コース 偏差値…69 学費 初年度納入金 …118万円 住所…兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155 最寄駅…甲東園駅 公認会計士合格者数…34名 関西学院大学も、関西で公認会計士を目指す方にはとてもおすすめの大学です。 入試難易度はMARCHや立命館大学と同程度です。 関西にお住まいの方は、立地に合わせて立命館大学か関西学院大学のどちらかを選ぶと良いかと思います。 10位 立教大学経営学部経営学科 偏差値…71 学費 初年度納入金 …130万円 住所…東京都豊島区西池袋3-34-1 最寄駅…池袋駅 公認会計士合格者数…32名 立教大学経営学部はMARCHということで入試難易度はそこまで高くはありませんが、公認会計士合格者数は多いです。 ただ、キャンパスが池袋にあるので大学入学後に遊んでしまうか不安な方は八王子にある中央大学がおすすめです。 公認会計士おすすめ大学ランキング作成の根拠【国試合格率を元に算定】 今回臨床検査技師おすすめ大学ランキングを作成するにあたっては ・入試難易度は高すぎないか ・4年間勉強に集中する環境が整っているか ・公認会計士試験合格者数はどうなっているか といった基準で、総合的に判断しました。 参考データは ちなみに公認会計士合格者数は以下のようになっています。 ただ、あくまで合格者数なので、学生数が多い私立大学が上位にきていることには注意が必要です。 1位 慶應義塾大学商学部商学科…144名 2位 早稲田大学商学部…115名 4位 中央大学商学部会計学科…77名 4位 明治大学商学部商学科…77名 5位 東京大学文科二類…43名 7位 京都大学経済学部…39名 7位 立命館大学経営学部経営学科…39名 8位 一橋大学大学商学部経営学科…37名 9位 関西学院大学商学部経営コース…34名 10位 立教大学経営学部経営学科…32名 今回のまとめ 公認会計士の資格が取れる大学をおすすめ順に並べると、以下のようになります。 リンクをクリックすると、大学パンフレットを請求できます 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 この記事があなたの進路選びの参考になれば良いです。

次の