ふれ な ば おちん 最後。 漫画ふれなばおちんを読んだ(ネタバレ含む)

漫画ふれなばおちんを読んだ(ネタバレ含む)

ふれ な ば おちん 最後

ふれなおばちん最終回結末ネタバレ 4人家族の母親・夏と、隣に越してきた劇団員・佐伯の密かな恋。 ついに夫・義行が疑い始める。 妻は確かにキレイになりかわった…。 結果オーライなのか?オーライなものか!…と。 怪しみつつも、何も証拠はつかめないまま。 ある日久しぶりに夏と夫で外食をする機会が。 その店は佐伯が紹介していた店ということもあり、 偶然鉢合わせします。 怪しむ夫・義行に、佐伯がその時連れていた女性を彼女だとカモフラージュに使ったため、義行は、夏と佐伯の関係を疑うのをやめる。 でもそう聞いた夏はそのことを信じ落ち込んでしまった。 家では泣く場所がない、とコンビニへ行こうとドアを開けた瞬間、佐伯に遭遇…。 自分のついた嘘で涙を流す夏を見た 佐伯は、強引に自分の家に連れて行く。 夏も、もう自分の気持ちを止められない。 みっともなく嫉妬して泣くまでに 止められなかった とめられないことを佐伯に伝えた。 夏の自分への気持ちを聞けたのがかなり嬉しかったみたいでそんな夏に佐伯はキス。 そしてこれが 二人の最後のキス…だった。 想いを再確認できた二人。 気持ちは手紙で伝えあい、なんとか二人で会う時間を作りたい…と深夜のシネコンのレイトショーへ。 この時、夏は子供たちを置いていけない 旦那は出張中 と思い悩むが、息子を置いて出て行った小牧さんに背中を押され、出かけていく。 映画館はまさかの貸し切り。 だが画館から出て佐伯と話しているところを、パート先の スーパーのマネージャーに見られてしまう。 でも、ここでもまた小牧に救われ、なんとかごまかすことができた。 夏の夫・義行は夏をかばい、同時に仕事を辞めさせることができた。 実は佐伯は元プロデューサーの信田という男に、沖縄での劇団の立ち上げに誘われて た。 その男は夏と佐伯の関係に気づき、夏を奪って連れて行けと焚きつけていた。 沖縄へ行くこと、夏との関係を終わらせることを決心した佐伯は、今の場所での最後の公演に夏を誘った。 劇中、佐伯はアドリブでしっかりと夏を見つめ『好きだ 君が 大好きだ』と伝えた。 大勢の前で、堂々と言えた自分の気持ち…。 もちろん周りはセリフだと思っているが。 その後劇場の屋上で 佐伯は夏に別れを告げる。 沖縄に行くと決めたことも。 号泣し、その場に泣き崩れる夏。 二人の恋は終わった。 佐伯は、会社も辞め、夏たちが住む社宅からも引っ越してしまった。 その後もう会うことはないだろうと思っていた二人に、最後のきっかけをプロデューサーの信田が作る。 沖縄へ行く前日、ホテルを取り、夏をそこへ呼び出す佐伯。 でも、自分の本心にしたがい心を決める。 久々に再会した二人は…感情をぶつけるように抱きしめ合った。 (体の関係にはいたっていない) 佐伯は夏が持参したお弁当を食べ始めた最後の最後に修羅場が。 夏が検索していたホテルの履歴が消えておらず、気づいた義行がホテルの部屋に乗り込んできたのだ。 夏はクローゼットの中に隠れるたが、佐伯は義行にボコボコにされる。 その時、夏と佐伯の関係を知り応援していた会社の同僚・若林夫婦が駆けつけ、うまく嘘で丸め込んだ。 夫が帰った後、クローゼットから出てくる夏。 泣きながら、またぎゅっと抱きしめ合うが、佐伯は体を離した。 家に帰った夏は旦那の帰りを待ち、何もなかったよう装う。 佐伯はそのまま沖縄で暮らす日々。 そしてまさかの、 佐伯が交通事故に遭うシーンで幕を閉じるのだった。 そのことが本当に分かる物語ですね。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。 原作漫画ふれなばおちんを無料で見る方法 原作漫画 ふれなばおちんは単行本にして 1巻〜11巻で完結となっておりフジテレビが運営する FODにて 434ポイント配信されています。 FODは 月額888円で利用できる動画・書籍配信サービスで、 FODは2週間無料で利用でき、無料期間中に 最大1300ポイント分の動画や漫画を無料で読むことができます。 ふれなばおちんは434ポイントで配信されているため、 3巻分は無料で読むことができます。 月額無料期間が終わっても毎月最大1300ポイントがもらえますので、 月額888円でまたポイントを使うことで3巻分が無料で読めます。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。 上条 夏(かみじょう なつ)役:長谷川京子 家族のためにと家事全般を完璧にこなす主婦。 自分のことはお構いなしで、女らしさは全くない。 ところが、隣の部屋に龍が引っ越してきたことにより、忘れかけていた女の部分が刺激され、次第に龍に恋心を抱いてしまう…。 佐伯 龍(さえき りゅう)役:成田 凌 劇団員であり、夏の夫・義行の会社の派遣社員。 どんな女性も声をかければすぐに落ちるような色男。 そんな中、自分に全く見向きもしない女性・夏と出会い、上司の奥さんだと知りながらも、本気で恋に落ちてしまう。 上条 義行(かみじょう よしゆき)役:鶴見辰吾 つばさ電子ソリューション営業部・課長。 夏の夫で、龍の上司。 家庭第一で飾らない夏のことを大切な存在だと思っている。 夏が自分以外の男性に好意を抱くとは全く思っていなく、夏と龍を平気で二人きりにしてしまう。 上条 優美香(かみじょう ゆみか)役:山口まゆ 上条家の長女。 母・夏のことは好きだが、もう少し女らしくなって欲しいと思っている。 幼なじみの良のことが好き。 上条 真樹夫(かみじょう まきお)役:篠田涼也 上条家の長男。 小学4年生。 家族大好き。 母・夏の作る料理も大好き。 小牧 莉絵(こまき りえ)役:戸田菜穂 良の母。 夏と同じ社宅住まいだったが、パート先の年下の店長と恋に落ち、家族を捨てて駆け落ちする。 のちに夏の秘めた恋心を知り、良き相談相手になる。 小牧 亘(こまき わたる)役:菅原大吉 良の父。 莉絵が出て行き、良とふたりで暮らしている。 莉絵が不倫しているとは思いも寄らなかった。 小牧 良(こまき りょう)役:下田翔大 莉絵の息子。 母が出て行ったことに胸を痛めている。 そんな中、龍が夏にキスするところを見てしまい…。 若林 みどり(わかばやし みどり)役:古畑星夏 義行の部下。 肉食系で、好意を抱いたらひたすら攻めるが、過去に恋愛で傷ついたことも。 派遣社員の龍に一目惚れし、猛アタック中。 恋敵は、尊敬する上司・義行の奥さん…。 シゲ役:裵ジョンミョン 龍が所属する劇団の演出家。 龍が夏に本気で恋していることを知り、応援する。 みどりを狙っているが、相手にされていない。 伊丹(いたみ)役:山本浩司 夏のパート先の店長。 仕事内容に関して夏に意見され、忌々しく思っている。 最終回あらすじ.

次の

漫画ふれなばおちんを読んだ(ネタバレ含む)

ふれ な ば おちん 最後

ざっくりとしたあらすじ 主人公の夏は夫、娘、息子を持ち昼間はパートとして働く主婦です。 毎日の家事、育児に奔走し髪はボサボサ、ファッションも部屋着のような格好に家族から不評を受けていました。 そんな妻を見かねてか冗談半分で、夫は会社の部下で女性にも人気の高い佐伯に「うちの妻を誘惑してくれよ」と依頼します。 女性の扱いに長けた佐伯も面白そうだと応じますが、夏に真剣になってしまい・・・そして、夏も異性として佐伯を意識するようになります。 佐伯のために変わっていく夏 夏は佐伯のために自分磨きに励み、ダイエットや美容に手を出していきます。 誰が見ても綺麗になっていく夏ですが、薄々夫の義行が怪しみ始めます。 自分が言い出したくせに・・・ ある日、久しぶりに義行と外食に出かけた夏。 しかし、このレストランで佐伯とバッタリ遭遇してしまいます。 それもそのはずで、このお店は義行が佐伯から聞いたお店でした。 夏の最近の変化から夏ー佐伯の関係を怪しんでいた義行は2人を観察し、さらに疑いを強めます。 しかし、ここは佐伯側がうまくごまかし佐伯がグループで来ていた女性を「この人が彼女だ」と紹介し、義行の疑いから逃れます。 しかし、これが後で2人の仲を近づかせる展開に・・・ 佐伯と夏がキスをしてしまう 今までお互いに好きだと認識し合っていても、一線を越えることはなかった2人。 しかし、先日レストランで遭遇し佐伯に彼女がいることを聞かされた夏はひどく落ち込みます。 夏はこれが佐伯が義行の疑いを晴らすためについた嘘とは気づいてなかったわけですね。 自宅で泣いてしまっては家族にバレてしまうと考えた夏は、コンビニで泣こうと決め外出をします。 しかし、偶然ばったり佐伯と遭遇し泣いているところを佐伯に見られてしまいます。 自分の嘘で夏を泣かせてしまったと気づいた佐伯は夏を自宅に連れ込みます。 夏と佐伯は同じマンションの住民 夏「みっともなく嫉妬して泣くまでに止められなかった、止められない」 改めて自分は佐伯のことが好きだと白状する夏。 そして、夏の気持ちを聞いた佐伯も喜び2人はキスをします。 お互いに手紙を書いて気持ちを確認し合う2人。 そして、家族に隠れて佐伯と会うように時間を作ります。 この時に佐伯が用意したのは映画館のレイトショー。 夫が出張で留守の時を狙って束の間の逢瀬を楽しみます。 しかし、この映画館デートが後々大変なことに・・・ 上司からのタレコミ 実はこの映画館デートを偶然目撃した人物が。 夏がパートで働くスーパーのマネージャーです。 このマネージャーは夏のことを嫌っており、さっそく職場で夏が若い男を作って遊んでいるという噂が流れます。 ここでは友人の小牧さんのナイスアシストでことなきを得ますが、依然マネージャーからの陰湿ないじめは続きます。 佐伯はそのいじめの現場を目撃しますが、関係のない自分が出て行ってはせっかくごまかせた若い男との不倫説が再燃し、出ていけず。 様子を見ていると夏の夫の義行が現れ毅然とした態度で、夏を守ります。 義行はマネージャーの夏への言動を動画に収め、パワハラで訴えると脅します。 これには面食らったマネージャーもそれ以降は強く出ることができませんでした。 そして、その場面を遠くから見ていた佐伯は自分では夏を守れないことを悟ります。 佐伯の沖縄行きが決定する こうしたこともあってか、佐伯は自分の身の振り方を考えるようになります。 ちょうど新しい劇団を沖縄で立ち上げる話しもあり、佐伯は沖縄に行くことになります。 最後に自分の正直な気持ちを夏に伝える佐伯。 佐伯『好きだ。 君が大好きだ』 『オレは君を幸せにはできないけど、でも君はオレを幸せにする。 すごいね、ありがとう』 うーん、切ない・・・ 佐伯は現在の関係を清算し、夏と離れることを決意します。 佐伯「忘れるよ、頑張って」 その後、佐伯は会社を辞め沖縄に渡ります。 夏は佐伯を失った悲しみにくれながら、毎日を過ごす日々が続きます。 沖縄で再会することになる2人 別れることを決心したそれぞれですが、信田という人が2人の再会のキッカケ作りをします。 夏の携帯には「会いたい」というメールが届き、夏はそのまま佐伯に会いに沖縄行きの飛行機に乗り込みます。 夏「人を好きになれたこと この気持ちは否定しないと決めたんだから こんなに会いたいんだもの 会う 会っても私は大丈夫ー」 佐伯と久しぶりに会っても大丈夫、もう私は大丈夫だからと沖縄まで行きますが、一度燃え上がった恋はなかなか収まらないんですね。 佐伯は夏のためにホテルを用意しており、落ち合った2人は今までの隙間を埋めるように強く抱き合います。 しかし、身体の関係を結ぶか否かは夏が拒否。 しっかり線引きをしました。 ホテルに義行が乗り込んでくる 夏が持参した弁当を一緒に食べて束の間の2人の時間を過ごす2人。 しかし、このホテルに乗り込んでくる人物がいます。 そうです、 夫の義行です。 実は夏が自宅のパソコンで検索していたホテル情報がそのまま残っており、義行はそのまま夏を追いかけて来ていたわけですね。 どんな気持ちで東京ー沖縄間の飛行機の時間を過ごしたのか・・・ 咄嗟に夏をクローゼットに隠し、義行に事情を説明する佐伯。 この時、佐伯は義行に弁当だけ置いて帰ったと説明します。 こんな説明じゃ納得できないですよね。 当然、義行は激怒。 感情のままに佐伯を殴りつけます。 この後は夏と佐伯の関係を知っていて応援してくれる若林夫婦がなんとかその場を収めます。 義行が帰った後にクローゼットから出てくる夏。 佐伯の顔は義行に殴られひどく腫れています。 佐伯『帰れ。 早く帰れ。 帰ってそこで、なっちゃんも一世一代の嘘をつけ』 今度こそ本当に夏と佐伯の関係が終わった瞬間です。 帰宅した夏は何事もなかったのように振る舞います。 長いようで短かった夏の不倫劇が終わりを迎えた瞬間でした。 しかし、この一連の事件が落ち着いた後に佐伯は交通事故で亡くなってしまいます・・・ まとめ いかがでしたでしょうか?今回、不倫を描いた漫画「ふれなばおちん」のネタバレを紹介しました。 最後は佐伯が死亡してしまうという驚きの展開でしたが、最終的には夏は不倫より家族を選んだということでしょうか。 全部で11巻に渡り掲載された不倫劇。 なんだか最近、不倫ネタが多いような気もしますが展開がさすがといったところで一度読み始めると続きが気になります。 まだ読んだことがない人はおすすめの漫画なので、ぜひ読んでみてください。

次の

「ふれなばおちん」の意味と使い方・由来|nhkドラマ

ふれ な ば おちん 最後

登場人物紹介• 上条 夏(かみじょう なつ) 結婚後、家族のためにと家事全般をカンペキにこなす。 ただ、自分のことにはお構いなしで、娘から「もっとキレイにして」と度々言われる。 『スーパー波平』で、パートとして働く。 佐伯 龍(さえき りゅう) 劇団員をやりつつ、夏の夫の会社で派遣社員として勤務。 「妻を軽く誘惑してほしい」と上条に頼まれ、夏と関わることに。 上条家の隣の部屋で暮らす。 左目の近くに傷がある。 上条 義行(かみじょう よしゆき) 夏の夫で、佐伯の上司。 妻・夏が、少しでも女らしくなればと、佐伯に「妻を誘惑してほしい」と依頼。 上条 優美香(かみじょう ゆみか) 上条家の長女。 母のことは好きだが、あまりの構わなさに日々イラついている。 同じ社宅に住む小牧 良とは同級生。 上条 真樹夫(かみじょう まきお) 上条家の長男。 小学生。 母・夏の作る料理が大好き。 小牧さん(こまきさん) 小牧 良の母。 夏と同じ社宅住まいだったが、パート先の店長と駆け落ちし、行方知れず。 小牧 良(こまき りょう) 優美香と同級生。 母親が出て行ったことに胸を痛めている。 父親とふたり、社宅で暮らす。 若林 みどり(わかばやし みどり) 上条の部下。 肉食系で、好意を抱いたらひたすら攻める。 派遣社員の佐伯にひと目ぼれし、猛アタック中。

次の