人権 作文 高齢 者。 認知症患者の人権を尊重する

【佳作】 高齢者の生活と現在の工夫

人権 作文 高齢 者

書きやすい人権作文のテーマ いじめ 近年の人権作文において、いちばん多く題材としてとりあげられているのが「いじめ」に関する問題。 身近な問題であり、受賞作品では最も多いジャンルです。 人に悪口を言うことで誹謗中傷させる「言葉の暴力」はもちろん、人間関係や仲間内で差別をすることをテーマにしたものがほとんどですね。 いじめといってもいろんなテーマがあるので、一部を紹介します。 LINEによるいじめ被害から考えてみる 最近では、インターネットを使ったいじめ問題が増えています。 特に多いのが、 LINEを使ったグループでの孤立や暴言。 スマホを使ったグループや長電話など、プライベートでも人と繋がることが多くなったことによる影響です。 友達と合わせないと、関係を壊してしまう• 素早く反応しないと、次の日にイヤミを言われてしまう 「一人でいる時間」が少なくなったことを、ストレスに感じる人も多いのではないでしょうか? インターネットの無い昔との比較を含め、情報化した社会と人権のあり方について注目するといいかもしれません。 東日本大震災によるいじめも 2011年のときに起きた「東日本大震災」。 原発事故があった地域から引っ越してきた人を差別し、孤立させるいじめが問題となった時期がありました。 テレビや新聞などのメディアが原発事故による風評被害を広げたことで、なんとなく悪いイメージを擦り込まれてしまったんですよね。 野菜や果物などの農産物だけではなく、人間の作り出した機械で「人権まで」脅かされてしまう…… すでに年月は経っていますが、これからくると言われている• 首都直下型地震• 南海トラフ地震 に置き換えて書いていくと、オリジナリティが出るのでオススメです。 障害者 人権とは切っても切れない関係、障害者問題。 盲導犬や車椅子といった身近なテーマから、パラリンピックで活躍する人まで、幅広い視点からチェックできるネタです。 個人的に狙いやすいと思うものを、2つ紹介します。 オリンピックと国際問題を合わせてみる 2020年の東京オリンピック開催が近づくにつれて、人権作文でもメガスポーツの話題を取りあげる人が増えています。 オリンピックは時代を映す鏡。 現代でこそ差別禁止の風潮が強くなっていますが、つい100年ほど前までは黒人アスリート・植民地に対する不公平な扱いなど、問題は山積みでした。 現代ではどれだけ改善されており、それでも残っている問題があるのかを迫ってみましょう。 また、個人的にオススメなネタは 「サプライチェーン問題」。 日本語では「供給連鎖」といい、 ・原材料の調達 ・商品の製造 ・各地への配送 ・店での販売 ・私たちの消費 といった一連の流れを表した言葉です。 オリンピックが開催されると、海外からは貿易や国交などの状況注目が集まります。 資源のない日本がいかに安く仕入れるか、海外と不正な取引をしていないかチェックされる立場となるんですよね。 例えば、グローバル・ウィットネス(GW)という大手の国際NGOが、特にマレーシアのサラワク州で違法伐採された材木を日本企業が多く購買している実態を指摘しています。 世界第4位の木材輸入国であるにも関わらず、G7で違法伐採されたものの輸入を明確に禁止していないのは日本だけで、企業による自主的な試みも効果的ではないとGWが分析しています。 経済力を盾に、人権問題にも発展する可能性だってあります。 時期的なネタとして、取り入れてみるのもいいかもしれません。 ユニバーサルデザインをスマホと合わせてみる オリンピックと関連して、すべての人に使えるよう設計されたユニバーサルデザインのネタもオススメ。 例えば、現代なら誰でも使っているスマホ。 連絡を取ったりするのに便利なツールですが、 目が見えない人にとっては全く使い物にならない機械ですよね。 ツルツルした画面を目で確認しなければ、ほぼ全ての操作をすることができなくなります。 どんな機能をつければ、目の不自由な人でも使えるか考えてみましょう。 それだけでも、オリジナルな題材となります。 戦争 国際問題から発展する「戦争」も、人権とからめやすいテーマの一つ。 世界の貧困や難民、拉致被害などのネタを中心に狙っていきましょう。 「戦争と平和」はセットで書くべき もし戦争を書くのであれば、必ず平和をからめた内容で作文していきましょう。 その理由は、 実際に体験したことを書いたほうが説得力のある文章となるため。 あまりいい例ではないかもしれませんが、近年問題になっているブラック企業、長時間労働は、貧困・治安の悪い国で問題視されることがありません。 明日の暮らしや食べることなど「生きるため」に全力なので、そのようなことを気にかけている場合ではないんです。 「戦争の裏には平和がある」というイメージを持ちながら、いまの暮らしがどれだけ恵まれているのかを書いていくと、締まりのいい作品ができます。 スポンサーリンク 差別 人権のイメージとしてまず浮かんでくるのは、男女や外国人などに対する差別問題。 みんな平等に接することができればいいんでしょうけど、未だに偏見が根強く残っているのはなぜでしょうか? 「暗黙のルール」として世の中にただよっている風潮に切り込んでいくと、独自の意見として展開しやすいと思います。 海外の人種の違いについて 個人的には、海外の人種と合わせて作文していくのは オススメしません。 体験談として書けることが少ないので、知識をしっかり落とし込んでないと、薄っぺらい内容となって終わるためです。 それでも海外の人種について書く場合、 「なぜ格差が広まったのか」という視点から迫ってみるといいですね。 価値観の多様化している現代と、それについていけてない憲法。 少しキレのある意見も述べてみるのもいいですね。 犯罪被害者のプライバシー 差別という点では、ニュースにおける犯罪被害者の扱いについて作文してみるのもいいかもしれません。 未成年者の犯罪では名前が公表されず、被害者の名前や住まいなどが取り上げられることがほとんど。 これでは「加害者が守られて、被害者ばかり追撃を受けている」状況ととらえられても仕方ありません。 最近は世間の批判が大きくなっているので、メディアも控えるようにはなってきましたが、それでもネットを通して拡散される二次被害が増えています。 どのようにすれば被害を最小限に抑えられるのか、自分なりの考えをまとめてみるとオリジナリティが出ます。 環境問題 人権とは少し離れた話題ですが、環境問題と合わせたテーマは扱いやすいです。 公害による病気は「国から受けた人権侵害」であり、学校でも習うことから書いてくる人が多いですね。 今でも水俣病で苦しむ人がいる 4大公害病の一つに数えられている「新潟水俣病」は、国の病気と認められて50数年が経過しています。 すでに国と被害者との和解は成立しているものの、体の異常に悩んだり、身体的な理由から会社をクビになったりする差別が消えてないのが実情です。 地元ではどのような公害があったのか、もし存在したのなら今でも人権被害に遭っている人はいないのかを調べてみると、見えてくるものがあるかもしれません。 高齢者問題 今後、少子化と並んで深刻な問題となるのが高齢化。 もし人権とからめて狙っていくなら、 孤独死の問題に注目してみましょう。 孤独死にまつわる支援の話題 例えば、東京都足立区では 「孤立ゼロプロジェクト推進活動」を行なっています。 これは、高齢者から自発的にサービスを求めるのではなく、自治会やボランティアが家に訪問し、世帯の調査をするものです。 必要に応じて介護などのケアにつなげることもできますから、孤独死を避け、人権を守ることとなります。 高齢者向けの独自なサービスがあれば、サラッと調べてみましょう。 書きやすそうなネタから情報を集めてみよう! 人権作文ではなにを書けばいいのか、テーマ例を紹介していきました。 ここで挙げたジャンルは、どれも過去に入賞したことのあるものばかり。 「この経験は自分にしかない」というものと一緒に、積極的に狙っていきましょう!.

次の

【佳作】 高齢者の生活と現在の工夫

人権 作文 高齢 者

ある日、私が電車を待っていると、真横に駅員さんがきました。 何かあったのかなと思いよく見ると、隣には車いすのお兄さんと板のようなものを持った駅員さん。 それと、多分お兄さんの知り合いの人。 電車が来ると、駅員さんは板を電車に橋渡しにして、車いすの人を電車に乗せていました。 このように、 自分の身の回りで起きた、また起きそうなことから書き始めると、それをきっかけに障害者の人権について興味を持った、と続けやすいです。 また、書き出しの後について、参考になるサイトをご紹介します。 ただ、上記の文章もそうですが、ご紹介するサイトの文章も、 パクリは絶対にしないで下さいね。 調べたらすぐに ばれてしまいます。 うまく言葉や表現を変え、自分の本当の感想をいれたりして下さい。 【優秀賞】 障害者と人権について 人権作文の中学生向け例文!4枚のまとめ方・構成は? 人権作文を 4枚も書かなくてはならなくなった。 そんな時、 どんな構成で書いて、どうまとめたらいいのか、ご紹介していきます。 まず、 おすすめの構成としては• 体験(障害者について考えることになったきっかけ)• その体験で気づいた、調べたこと(自分の感想と、インターネットなどで調べた、人権の意味など)• 今の世の中のありかた(今、その人権は障害者の人にとってうまく機能しているのか。 機能していない例としては、障害者の人が困っているところを見た、など)• 世の中はこうなったらいい(障害者の人が差別されないためにはどうしたらいいか)• まとめ(自分の主張。 自分は障害者の人についてこれからこうしていきたい、変わらずこうする) これらを書いていけば、 作文はしっかり埋まります。 最後に 自分の主張を書いて、世の中の人みんなが同じ意識を持ってくれたらいい、とまとめましょう。 人権作文の中学生向け例文!3枚のまとめ方・構成は? では 3枚書かないといけない場合はどうするか。 構成としては、• 体験(障害者について考えることになったきっかけ)• その体験で気づいたこと(自分の感想)• 世の中はこうなったらいい(障害者の人が差別されないためにはどうしたらいいか)• まとめ(自分の主張。 自分は障害者の人についてこれからこうしていきたい、変わらずこうする) 4枚のときより構成が少し減りました。 また、4枚の時の2. の部分には、人権について調べたことを書きますが、 3枚の場合は、文字数がかなり足りない時以外は書かなくて大丈夫です。 まとめは4枚の時と同じで、これからどう障害者の人に接したいとか、障害者の人が困っていたら助けたいなど、 自分の主張でまとめて下さい。 起:障害者について、考えることになったきっかけ 承:人権とはどういうものか 転:障害者の人権は、どのようにして踏みにじられているか、差別されているか 結:踏みにじられない、差別されないために、自分たちはどうしたらいいのか というように書いていくとわかりやすいです。 上記の、4枚の時の書き方、3枚の時の書き方も、これらをもとに順番を変えたりしてご紹介しました。 では 作文を書くときはどうでしょうか? 人権作文を書くときは、何が起きて人権について考えたかを書き、しっかりと 最後に自分の考えをまとめたほうがいいのですが、 作文のテーマによっては違う書き方もできます。 実は、起承転結に 一工夫すると面白いことが起きます。 普通の起承転結の文章が、.

次の

人権作文の書き方 全国中学生人権作文の例文/書き方/テーマを紹介

人権 作文 高齢 者

それは、人間が人間らしく生きていく権利ということが分かりました。 ぼくには、三年前に九十四歳で亡くなった母方の曾祖母がいました。 九十歳をこえても自分で歩き、デイサービスへ行き、自分の洗たく物をして、みんなでリビングで食事をとり、お風呂に入り、トイレに行くという生活をしていました。 ある日、自分の部屋で着替えをしていて、転倒し、大腿骨を骨折してしまいました。 救急車で運ばれて手術をし、足にボルトを入れました。 曾祖母は、痛みとショックで精神的にも弱ってしまい、その時は家族みんなが寝たきりの状態になってしまうのではないかと思っていました。 でも曾祖母は奇跡の大復活をしました。 また、元気にデイサービスに行き、もとどおりの生活を送れるようになりました。 それをきっかけに、転倒防止のために手すりをつけようということになりました。 ぼくはその時、危ないから歩かせないのではなくて、安全に歩けるように手すりをつけてあげるという事がとても良いことだと思いました。 曾祖母の事を思い、尊重し、自立した生活が送れるように、家族で協力していました。 でも、年々体が弱っていき、リビングに来るのが大変になり、部屋で食事をとるようになりました。 ぼくと妹で曾祖母の所へ行き、色々な話をしたり、ご飯を持って行って一緒に食べたりもしました。 曾祖母が一番こだわっていたことは、トイレは自分の力で行きたいということだと思います。 歩くのが困難になっても、床をはってでもトイレに行っていました。 ポータブルトイレとおむつをいやがる曾祖母のために、家族も、失敗してもそれを見守り、がんばっていました。 亡くなる一ヶ月前ぐらいに、また、部屋で転倒し、ついには寝たきりになってしまいました。 あんなに元気だった曾祖母が、急に自力での食事もできなくなり、トイレにも行けず、おむつの生活になってしまいました。 祖父母も高齢で、お互いが七十歳をこえているため、介護も重労働で、とても大変そうでした。 老人施設という選択肢もあった中、祖父母は最後まで家で曾祖母を見てあげるということに決めました。 診りょう所の先生の往診、看護師さん、ヘルパーさん、親せきの人、色んな方に協力してもらいました。 最後の夜はみんなで部屋に寝泊まりをして、曾祖母が亡くなるのを見届けました。 その姿を見るのは悲しくて、辛かったけれど、住み慣れた家で最後をむかえることができて幸せだったと思います。 高齢者になると、危険が多いなどの理由であまり、自由なことがさせてもらえないという事が多いと思います。 しかし、ぼくの曾祖母は、最後までやりたいことをやり、人間らしい生活を送りました。 これは、高齢者への人権が守れたといえると思います。 今、日本は長寿国の、超高齢社会です。 高齢者というのは、六十五歳以上の人たちのことです。 日本の人口は一億二千七百万人です。 そのうち、二十五パーセントが高齢者で、四人に一人が高齢者ということが分かります。 高齢者が生活をしていくためには介護が必要です。 介護をする方も大変な事があると思いますが、高齢者も体が不自由になり、思う事が出来なくなり、大変になります。 そのつらい気持ちを理解してあげられるようになりたいです。 少しでも楽しく生活ができるように手助けをしたいです。 人間として、人権を守り、生活していく事が大切だと思います。 ぼくも祖父母や、両親を最後まで人間らしく生きさせてあげるように努力します。 高齢者は、今まで長い間を生きてこられた大先輩です。 その人達が今の日本を創って来てくれたと思います。 このような気持ちを持っていると、敬意や感謝の気持ちで、高齢者に対する接し方も変わってくると思います。 しかし、現実は、高齢者への虐待が問題となっています。 高齢化が進むと、介護を必要とする人が増えてきます。 家族に介護の負担が積み重なって、ストレスとなり、その結果、虐待をしてしまいます。 暴力的な行いや、暴言や、無視、世話をしないなどの行いがあります。 それを無くすためにも介護施設などのサービスを利用していくことも必要だと思います。 高齢者が安心して生きていける社会は、すべての人たちにとっても幸せな社会だと思います。

次の