グラブル ルシファー hl ソロ。 【グラブル】ルシファーHL ソロ 火PT (リロある)

ルシファーHLにおける土オバチェ間に合わない問題について

グラブル ルシファー hl ソロ

こんにちは!Nozinekoです。 前回は終末4凸でルシファーHL(ルシファーHARD)ソロクリアでの風属性編成のポイントをまとめました。 編成のまとめについてはこちら。 今回は各フェーズ毎の立ち回り、意識することをブラッシュアップしましたのでまとめたいと思います。 また、私がクリアする際に使った行動表も併せて置いておきますので参考になれば幸いです。 各フェーズ毎でやる事が把握できている人向けに行動表は先頭に置いておきます。 注:あくまでも風属性での ソロクリアに特化しており、マルチでの立ち回りとしては全く参考になりませんのであしからず。 行動表 簡易版 ルシファーの行動が把握出来ていて本当に必要な部分のみ抜粋したものです。 ピンポイントで忘れたくない部分のみ置いておきたい!という方向け。 詳細版 100%~50% 50%~25% 25%~0% 大まかに区切った各フェーズ毎の詳細版行動表です。 各フェーズ毎にルシファーの特殊行動および対応策、立ち回り方を細かく記載しています。 各フェーズ毎で練習ポイントが異なるため、各フェーズ毎に分けました。 各フェーズ毎の立ち回り方解説 全体を通して フェーズ毎の行動を理解した上でリロード殴りは必須です。 なので行動パターンおよび立ち回りを完全に理解することはソロクリアするうえでは必須となります。 25%以下のルシファーの攻撃は苛烈であり、10%切ってからは攻撃力が倍増するため1ミスが命取りになります。 対して50%の試練通過後から25%までは比較的楽な部類です。 100%~50%は黒翼の対応と特殊の受け、の通過などがあります。 100%~50%まで 戦闘開始から50%までが第一フェーズです。 ここでは特殊の受け方や黒翼解除の対応が求められます。 ルシファー本体のCTは1であるため、グラビティとスロウを有効活用していきましょう。 スロウはダメージが入るタ、グリームニルを優先して使います。 HPによって発動するCTマックスの調整でユリウスを使うようにしましょう。 また、特殊行動によって発生するバフの消去も出来るだけゼピュロスを使うことでダメージを稼ぎます。 ルシファーがOD状態になったら黒翼解除後、CTを合わせてパラロスを打たせます。 パラロスを打たせることで黒翼がつかなくなるため、ダメージ上限設定を気にせず削っていけるようになります。 逆に、黒翼がついた状態でパラロスを打たせても黒翼は解除されないため、 優先度は黒翼解除>CT一致パラロスです。 75% 最初の関門、です。 発動時にルシファーに付与されるバフ 75%通過後の最初のターン進行後に 「特定の属性以外のダメージを50%軽減」「特定の属性以外の弱体耐性大幅アップ」がルシファーにつきます。 この状態だとデバフが入らずスロウも入らないためルシファーを止めることが出来ません。 ダメージ50%軽減はどうしようもありませんが、弱体耐性の解除は必須です。 弱体耐性の解除方法は「ターン終了時にルシファーにデバフが6個以上ついていること」です。 解除方法 ターン進行時にデバフ付くのにどうやるんだ?となりますが、ここは先人の知恵をお借りします。 これが出来ればの弱体耐性アップは解除することが出来ます。 ハルマルとアンチラ4アビで永続のデバフ枠が5個ありますので、 75%到達時にユリウスで累積攻防ダウンが2枠入れる事で安全に通過可能です。 Tips ルシファーのHPは1%で500万です。 タ1、アンチラ4、グリーム3で380万以上は削れると思いますので残りをゼピュロス、で補って通過します。 終末4凸の第2スキルをアビダメ上限UPにすればもっと容易に通過できるでしょう。 77%くらいからリロードせずにダメージ計算も行えばさらに安定するでしょう。 微妙に削りが足りない場合、アビダメでプッシュする前に羽をターゲットして奥義を打ちチェインで本体の削りを調整しましょう。 50%まではCT一致のパラロスで耐えれましたが50%以降はすべて打たせていくと耐えきることが難しくなっていきます。 そこで、今度はCT一致パラロスを打たせず・アポカリプスを完全回避することで耐久を容易にします。 アポカリプス後はディスペルで必ずバフのレベルを落としましょう。 HP管理 ここから火属性攻撃になるため、HPが減りやすい状況になります。 適宜アブソーブ、ローズクイーンを使って軽減をすること。 羽が付与するリンゴでの回復も有効です。 HPが瀕死状態(赤文字)とならないように気を付けます。 また、アンチラの防御ダウンが入っている状態でまともに攻撃を受けてはいけません。 特殊に合わせて使用することで安全に回復できたり、ローズクイーンを使うことで軽減した状態で回復するようにしましょう。 25%~0%まで 基本方針 ・4つの行動パターンを駆使して猛攻をかわす ・CT一致パラロスは最終手段で打たせることもあるが、基本打たせない ・アポカリプスのバフレベル上昇を抑える ターン加速ゾーン ここからはにもあるターン加速ゾーンです。 毎ターン必ず2 or 3ターン経過扱いになり、アビリティのCT短縮が早まりますが奥義バフなどの時間も短縮されてしまいます。 メリットとしては ・アンチラの1アビ、2アビが頻繁にあがるため比較的耐久しやすい。 ・カッツェの奥義バフが頻繁に使える ・その他短CTアビリティを頻繁に使える状況になる デメリットとしては ・ルシファーが2ターンに1回の割合で特殊を打ってくる ・アンチラ3アビ、カッツェ奥義バフが切れやすい となります。 また、ルシファーの通常攻撃がより苛烈になるゾーンです。 立ち回り方 ここからは以下4つの行動パターンを駆使して猛攻を耐えることになります。 Tips ・カッツェの奥義バフ効果は4ターンあるため、 カッツェが奥義を打ったターンを含め必ず2ターンは土属性変換で軽減する事が出来る。 ・アブソーブの 被ダメ吸収判定は「ダメージを受けた直後」であり、 ルシファーの ランダム無属性追撃は「ターン終了時」 に発動する。 ・スロウとディスペルは短CTであるタを優先して使いましょう。 ターン加速により安定して回すことが出来ます。 25%以降にやってしまいがちなこと 挑戦中もっとも多かったのが25%以降のミスです。 特にデバフ更新は忘れると致命的です。 ルシファーは10%時に攻撃力が倍増するため、10%以降のデバフ忘れは一瞬で壊滅する破壊力となります。 こればっかりは練習して練度を上げていくことで落ち着いて対応できるようになると思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 かなり長文となってしまい覚えることもハチャメチャに多いルシファーHL(ルシファーHARD)ソロですが、終末4凸でもやれる事は実証済みです。 後はやる気次第と練習回数を重ねることで達成する事が出来ます。 この記事を読んだ皆様の少しでもお役に立ってくれれば幸いです。 Nozineko.

次の

【グラブル】ルシファーHLソロ入門は風属性からがオススメ! 安定ムーブを完全解説【VOICEROID実況(結月ゆかり&ついなちゃん)】

グラブル ルシファー hl ソロ

対ルシファーHソロ編成 キャラ クリア時はこの5人編成で行きました。 ヴィーラは最初にマージを貼って確定TAとフルチェを撃った後落ちてもらってガイゼンの正位置を発動する流れ。 ノアを取る前は ガイゼン・フュンフにヴィーラorゾーイを入れる形でやってましたがこの形だと火力が足りずに制限時間内に倒すことができませんでした(強い人ならこの形でも倒せると思います) しかしノアを入れたことで一気に全体の火力が大幅アップ。 2アビでパラロスも楽に受けられるので、ガイゼンボーガ同様攻守両面での救世主となりました。 ちなみに今は野良でやる時も ノア・フュンフ・ガイゼンボーガでやっています。 前半の削りが早すぎると間に合わないが、ノア3アビでオバチェもできるので土がオバチェ失敗した時のフォローができるのも素晴らしい。 装備 最初は堅守(オーディン琴)1本でやってましたが、1本だと危なっかしい場面があったりして強気にターンを回しにくかったので2本に増やしてみたところ一気に安定。 1本でもそれなりに硬くなるけど、 堅守2本あれば物凄く硬さを体感することができます。 強気にガンガン動くというのが制限時間内(30分)に削り切る上で非常に重要。 英雄武器も含めて攻刃無し武器3本も入れてるので火力面は大丈夫なのか?って不安に思われるかもしれませんが、ガイゼンボーガはこれでも通常60~70万台のダメージを叩き出してくれるので(琴の背水の効果もあるか)火力的には十分足ります。 終末5凸はさすがに必須級ですけど、リミ武器はそんなにガン積みする必要はないので(枠もない)装備面のハードルはそこまで高くはないと思います。 召喚石 最初はルシHに挑戦(6人)し始めた頃と同様に 黒麒麟を2枚入れてましたが、火力不足を感じたので(ノアがまだいない頃)1枚減らして代わりに 5凸バハムートを入れて、さらに対羽火力を上げるために アーカルム石(スター)を入れたことで 最終的に黒麒麟は0枚になりました。 慣れていない内は黒麒麟をゼロにするのは少し怖かったが、慣れてくれば黒麒麟は特に必要ないと感じました。 光属性カット(試練開始後は敵の攻撃が光属性に固定)はなくても耐えられますけど、ガイゼンボーガの不死身レベル維持の為に入れたほうが安定します。 グラビはCTが1の序盤に主に使い、スロウパウダーはパラロス受けの調整の為に使用。 ディスペルは巧い人ならなくてもいけそうだが、あったほうが安心感があるので入れています。 素材が結構重いので外せるなら外したいところ。 試練11のパラロスは優先度が高いのでなるべく早く解除。 試練9はガイゼンの1アビ等を使って解除することになりますけど、羽が生きていると攻撃がバラけてしまうので羽討伐後に解除予定。 1000万試練は羽を倒して本体殴りを始めたらそのうち自然に消えます。 ノアがいれば3アビで試練8のオバチェも解除できるが、この編成だと8解除の優先度はかなり低いので8に関してはほとんど気にしていません(クリア時はいつの間にか解除されてた感じw) スポンサーリンク ルシファー戦 クリア動画: 動画も上げていますがリロだらけで非常に分かりにくいので(現状光でリロ無しクリアは不可能)、補足説明を書いていきます。 この間はヴィーラのマージのおかげで他の3人には一切攻撃がいかないのでポースポロス対策も不要。 ヴィーラは最初のポースポロスかその次のルシの攻撃で落ちてもらいます。 ガイゼンボーガ登場 無事?ヴィーラが落ちてガイゼンボーガさんが登場(正位置発動)。 1アビも使って試練開始までに鉄腕レベルをMAXまで上げておく(動画だと1アビ使うのが少し遅いが忘れていただけですw) フュンフ3・4で一度は立て直し可能 フュンフ3アビをフュンフ自身にかけておけば、ガイゼンボーガ以外のフロントが死んでもフュンフ4アビで一度だけ立て直すことが可能(サブにメンバーが残っていない時) パラロスや本体25%以下で死んだときは蘇生不可能。 通常全体攻撃のダメージ 堅守2本入りでHPが40~50%程度の時のダメージ(モラールショットのみ使用) 50カットやメタトロンは無し。 ここでノアの2アビやガイゼンにかばわせるのはもったいない。 イブリースはガイゼンボーガに受けてもらう 不死身維持も兼ねてイブリースは主人公のディヴォーションをガイゼンにかけて受けてもらってます。 ノアの2アビは多段攻撃のイブリースに対してはほぼ無意味。 ガイゼン2アビはパラロス受けのほうで使いたいのでここでは温存。 パラダイスロストはノア2アビorガイゼン2アビ どちらでもパラロスを受けることはできるが、ガイゼン2アビのほうがクールが短いので先に使います。 試練開始~羽撃破まで 戦闘開始から5~6分ぐらいで試練開始までは辿り着きたいところ。 ここまでで時間がかかりすぎているようだと、本体を含めたソロ討伐はほぼ不可能になります。 上のSSだと本体と羽のCTがどちらもMAXになっていますけど、OD状態でないと同時MAXでもパラダイスロストは発動しないので試練11を解除する為にはまずは羽を攻撃して本体をODさせる必要あり。 パラロス試練解除は簡単 6人スパルタでやる時はシールドワイア1枚でCT調整をやるので上手く行かない時があるが(場合によっては黒麒麟を切ることも)、ソロトーメンターなら毎ターンスロウを撃てるし誰かにいきなりグラビを入れられてズレたりすることもないのでCT調整は非常に簡単。 動画見返すと変な使い方もしてたけどそれでもまったく無問題(笑) スロウパウダーも必中に近いレベルで命中してくれます。 試練11が解除されれば厄介な強化効果消去(毎ターン2個)もなくなるので一気に楽になります。 本体100%~26%まで 羽50%の 黙示録の喇叭を受けていると25%までトリガーが一切飛んでこないので非常に楽に立ち回れる区間となります。 特殊技も 通常時の「ポースポロス」は羽討伐後はHPが一番低いキャラ(今回の場合はガイゼンボーガ)に確定で行くので無対策で通過でき、OD時の「オービタルブラック」もそれほど痛くない上にディヴォーションや全体かばうでガイゼンに全部受けさせることができるので死ぬ要素が皆無。 属性試練解除後の通常ダメージ 属性試練が終わるとルシファーの通常攻撃はさらにぬるくなります。 本体25%~撃破まで 残り6分台で25%まで到達。 トリガーの「ゴフェル・アーク」(同種族殺し)はこの編成だと無問題。 ターン加速でガイゼンの不死身が切れやすい 22%時点でガイゼンボーガの不死身は残り17ターン。 普通のマルチであれば当分は大丈夫だが、25%以下になるとアーカーシャ同様ターン加速のフィールド効果が発動するのでアビを使わずに殴っているとあっという間にガイゼンの不死身が切れて死んでしまいます。 そして25%以下になるとフュンフの4アビでも蘇生ができなくなるので、ガイゼンが死んだ時点で詰み。 ただ残り時間の関係上ガイゼンの残りターンを頻繁に確認する余裕もないので、ここからは使える回復強化アビをとにかく使いまくりながら 不死身ターンの確認はなるべくせずに殴っていきました。 ここに来るまでに不死身の残りターンに余裕があれば、アビ使用をサボらない限りガイゼンが死ぬことはまずありません。 10%・3%トリガー「パラダイスロスト」 ここまで来たらあとはトリガーの「パラダイスロスト」を無敵or全体かばうでしっかり受けるのみ。 今回はパラロス受けの手札が2枚(ノア2アビとガイゼンの全体かばう)あるのでここまでしなくてもいいとは思いますが、1枚しかない場合はパラロス受けをミスると詰みになるので、少し前で奥義封印をしてトリガーの2%ぐらい前からフルチェでしっかり踏みにいくのが確実だと思います。 ルシファーの体力が10%以下になると特殊技だけでなく通常攻撃でも壊滅的なダメージを与えてきます。 その為に討伐時のSSは無しw 純光ルシファーHソロを終えて 制限時間の問題があるのでソロのほうが簡単とまでは言いませんが、トーメンターソロだと自分でできることが格段に増える上に危険なトリガーまでいきなり飛んだり、カウントがどんどん減っていってジ・エンド発動といったことがないので、かえってやりやすいとも感じました(特定キャラや堅守等があるのが前提) やを達成した時もかなりの達成感がありましたが、ルシHソロはそれらと比較してもランクがひとつ上というかそれらを遥かに上回る達成感がありました。

次の

【グラブル】メドゥーサHLソロにチャレンジ

グラブル ルシファー hl ソロ

ダークラプチャーHARDソロ攻略。 後編では実戦での立ち回りを取り上げる。 とにかく攻略時間が足りないので、プレーヤーにもある程度の反応速度が求められる。 悠長に攻略サイトを見て考えている暇は無い。 羽と本体のトリガーを暗記し、操作をパターン化出来るまでは反復練習が必須。 この手の上達要素を楽しめる人にとっては、非常に歯ごたえのあるボスである。 理不尽な運要素は少ない 無神論を除く ので、失敗してもめげずに練習を重ねることが重要。 初めは難しいが、慣れれば必ず攻略出来る。 惜しむらくは1日1回しか自発出来ない点か。 トリガーを捧げて攻略開始。 境界の世界のBGMは、対ルシ前だと異様な緊張感を伴うのは何故だろう。 慣れることが無い・・・。 ルシファーソロでは最初の10ターンの立ち回りが非常に重要。 ここでパラダイス・ロストを発動させ、フィークスをキャンセル出来るか否かが死命を分ける。 スロウとグラビティを駆使して9ターン目にパラダイス・ロストが発動するように調整する。 これだけだと良くわからんと思うので、序盤だけはもうちょっと詳しく解説する。 パラロスの演出を見ている暇は無い。 バフとデバフを付与したら攻撃&リロード。 黒翼中に奥義を撃っても30万ダメ固定なので、奥義は温存しておく。 羽の特殊 マルス発動。 まずはハールート・マールートを召喚して永遠の責め苦効果付与 永続・消去不可。 ルシファーの特殊 ポースポロス発動。 アンチラ2アビで回避。 このターンか次に95トリガーのポースポロスが飛んでくる。 主人公が羽にスロウ。 アブソーブでポースポロスを顔面受けする。 ゼピュロスを召喚。 バフが全消去されるので、サテュロス召喚はポースポロス後の方が良い。 ユリウスがルシファーに2アビ スロウ。 連撃具合にもよるが、大抵の場合フルチェか3チェ可能。 一気にODまで持って行くことが出来る。 パラダイス・ロスト発動。 フィークスキャンセル。 ああ何て面倒くさい、と思われたかもしれないが、ここまで細かいのは序盤だけである。 ルシファーで一番恐ろしい攻撃はフィークス&イヴリースなので、この攻撃を撃たせないことが討伐成功に直結する。 OD直後のパラダイス・ロストを受けた後はルシファーに1回スロウを入れるだけで羽とCTを合わせることが出来るので、格段に安定する。 実力不足の足切りと他属性の出張キャラ潰しを兼ねる。 他属性にとっては脅威そのものでしかないが、アンチラがいる風属性に限り1アビのベホマズンで振り出しに戻すことが出来る。 3万ダメージは堅守の発動を兼ねるのものの、このあとすぐに95トリガーが飛んでくるので素直に回復してしまった方が良い。 編成上で最も攻撃力の高いキャラが優先されるらしく、ほぼ主人公がターゲットとなる。 回復量に上限が無い反則アビリティなので、ポースポロスの発動に合わせれば実質被ダメを3分の2に抑えることが可能。 威力もさることながら、裂傷+恐怖+衰弱というデバフの内容が脅威。 特に裂傷は付与率が高い上、1ターン1割ダメージと非常に痛い。 4番手にニオ採用している場合は回復手段が無いので、いかにこの特殊技を撃たせないかが重要となる。 OD特殊:パラダイス・ロスト 全体にランダム属性特大ダメージ(全属性ダメージカット貫通) ル「見ているか、ルシフェル…パラダイス・ロスト!」 発動条件が特殊で、ODかつルシファーと羽のCTが最大値の場合に発動する。 デバフが付与されることもなく、ダメージも大して痛くないサービス行動。 OD時は羽と本体のCTを合わせて最優先で撃たせたい。 ルシファーは通常時よりもOD時の方が立ち回りは安定する。 禁断の果実は味方の奥義性能が大幅UPする代わり奥義発動時に無属性1万ダメージが発生するというバフ。 2Tで消去されるので出来ればその間奥義は控えたいが、そうも言ってはいられない場合もある。 福音の黒翼はルシファーの被ダメージを30万まで制限する消去不可バフ。 このバフはマルスによってのみ解除されるため、羽に対してグラビティは撃たない方が良い。 生命の果実はアビリティ使用時に敵味方のHPが回復するというバフ 味方4000、敵100万。 100万回復が痛いので基本スルーだが、緊急回復手段としては有用。 グリム槍の恩寵効果でアンデッド付与は大抵弾ける。 バフアイコンのリンゴが禁断の果実と見分けにくいが、ルシファーに黒翼バフが付いた状態なら生命の果実である。 インドラリム染めなら顔面受け可能だが、それでもかなり痛い。 ポーションでのリカバリーもやむなし。 奥義+アンチラ2アビで完封可能。 永遠拒絶はランダムに指定された属性以外からの弱体耐性大幅アップ。 解除手段はターン終了時に6個以上の弱体状態が付与されていること。 絶対否定に関しては風属性以外で来てしまった場合は解除手段が無いが、永遠拒絶は解除可能。 アンチラの永続デバフと合わせてデバフを6つ確保することが出来る。 体力調整には羽を殴れば良い。 実はグラビティさえ入ってしまえばスロウを一切使わなくても自然とパラロスまでCTを揃えることが可能。 アンチラ2アビでかばう回避することは出来ない。 こんな所でイヴリースを喰らうわけにはいかないので、事前にスロウは温存しておくこと。 ここから50%試練に向けた準備をする。 とはいえニオの3アビとユリウスの奥義ゲージを温存しておくだけである。 霊体のような姿になり、12の試練が付与される。 ここまで来てまだ半分。 集中力の持続もルシファーソロでは重要な要素である。 12の試練の内訳はに書いてあるのでそちらに譲る。 まずは試練10を解除。 アンチラの個別バフ 3 ニオの調律 1 ハールート・マールートの永遠の責め苦 1 ユリウスの累積デバフ 2。 ここまででデバフは7。 最後の1つが足りない場合はグラビティでも可。 こんな感じで2行目2列目までデバフが届くのを目印にする。 細かいことだが、「ターン終了時にデバフが10個以上付与されていること」が解除条件なので、ターンをしっかり進める必要がある。 試練10解除。 次は試練9。 ルシファーのCTがMAXではない&味方に連撃デバフが付与されていないことを確認して、解除に移る。 試練9解除。 ODに突入したらパラダイス・ロストを受ける。 試練開始以降は黒翼バフを気にする必要が無くなるので格段に楽である。 試練11解除。 いつの間にかに 試練4解除。 適当にバハムートを召喚して3チェ程度でも解除出来る。 特に意識する必要は無い。 インドラリム染めのおかげで異様にしぶとくなっているので、早めに準備した方が良い。 アンチラ2アビでアキシオン・アポカリプスを集中させても生き残ったりする。 しかもレベルが上がった状態で発動するとデバフ消去やバフ消去まで追加される。 これがあるのでルシファーソロはスロウ&ディスペル持ちが2人以上いないと辛い。 シエテやモニカを編成しているとユリウスとの被りで勝手に落ちてくれるので、交代手段として有用だったりする。 天の水門はアーカーシャと同じターン加速フィールド。 演出もかっこいいのだが、ソロでも6人討伐でも忙しくて見る暇が無いのが惜しい。 フィールド効果でCTがすぐに回復するので、アンチラ1アビは惜しみなく使っていく。 反面、カッツェの属性変換は効果切れを起こしがちなので注意。 基本的に特殊技はアンチラ奥義&カッツェ3アビで全体かばう回避させる。 危険な場合はカッツエ1アビで凌ぐ。 赫刃レベルは放置できないので即ディスペル。 パラダイス・ロスト!」 全体かばう回避必須。 奥義ゲージが足りない場合は羽を殴って調整する。 ルシファーソロのハイライトだが、時間が足りないので即リロード。 初討伐時は焦燥&緊張で本当に手が震える。 これをうっかり忘れて攻撃ボタンを押すと壊滅する。 ここからはルシファーの特殊が本気で痛いので、かばう回避出来ない場合は必ずカッツェ1アビを使う。 パラダイス・ロスト!」 全体かばう回避必須。 削り切れませんでした 割と良くある。 属性変換が無ければ即死だった。 ル「俺を超えたというのか…!」 というわけで、何とかクリア。 疲れた! ルシファーソロはやりがいのあるコンテンツなのは間違いないのだが、30分ぶっ続けの集中力が必要なので疲れる。 もうこれでグラブルクリアでいいよね・・・と思いきや、まさかの属性討伐称号が追加。 風ルシは6属性の中で最弱・・・これから他5属性攻略の旅が待っている・・・。

次の