ポリエチレン グリコール 400。 ポリエチレングリコール(PEG)選択ガイド

PEG♯400販売(ポリエチレングリコール)

ポリエチレン グリコール 400

レビュー: 153 【特長】自動車エンジン冷却液です。 冬期は凍結防止、夏期はオーバーヒート予防として、一年中ご使用いただけます。 強力な防錆効果、消泡効果を発揮します。 通常使用の場合、車検時毎の液の交換をお勧めします。 希釈割合によっては北海道から沖縄まで全国で使用できます。 日本工業規格JIS K2234・2種に適合する商品です。 高濃度の有機酸系防錆剤により、キャビテーション腐食を防止します。 高純度の精製水にて調製していますので、薄めずにそのまま使用でき、長寿命クーラントへの補充液としても使用できます。 ラジエーターやエンジンの材質を問わないため、最近の長寿命クーラント使用車はもとより従来車にも使用できます。 消泡剤配合により、気泡の発生を抑制しオーバーヒートを予防します。 身体に対する洗浄効果の高いカリ石ケンを配合しております。 ソフトな触感で、厚く強度のあるコットン不織布を使用しているため、しっかりとした拭き心地です。 ほとんどニオイがありません。 【用途】目の手術後に発生する目ヤニなどの除去に。 お風呂に入れない方への身体の清拭に。 血液や体液などの除去に。 浸透性の高いマイナスイオン水が、油脂・グリースなど汚れを洗浄対象の表面からはがし取ります。 生分解99. 天然高分子による保護効果で手荒れしにくく、素材を傷めにくいです。 除菌・防カビ、光沢の向上、消臭、静電気発生抑制効果があります! 汚れがしつこい場合は、何度か繰り返すと効果的です。 【用途】本革製品、合成革製品の汚れ落としに! バイオフィルムに浸透・殺菌するIPMP イソプロピルメチルフェノール を配合したペーストタイプの歯周病予防ハミガキ。 IPMPの浸透を促進するPEG ポリエチレングリコール 4000、口臭を予防するLSS ラウロイルサルコシンナトリウム も配合。 フレッシュペパーミントの爽やかな香味です。 静電気のパチパチ対策スプレー。 静電気が帯電しにくく花粉やホコリも付着しにくい! スカートのまとわりつきや、セーターやニット、車のシートにも効果的です。 無香料。 入れ歯をミントの香りですっきりさわやかにします。 毎日の使用がさらに効果を増します。

次の

【通販モノタロウ】

ポリエチレン グリコール 400

化粧品成分表示名称 医薬部外品表示名称 PEG-4 ポリエチレングリコール200 PEG-6 ポリエチレングリコール300 PEG-8 ポリエチレングリコール400 PEG-12 ポリエチレングリコール600 PEG-20 ポリエチレングリコール1000 PEG-6,PEG-32 ポリエチレングリコール1500 PEG-32 ポリエチレングリコール1540 PEG-40 ポリエチレングリコール2000 PEG-75 ポリエチレングリコール4000 PEG-150 ポリエチレングリコール6000 PEG-240 ポリエチレングリコール11000 PEG-400 ポリエチレングリコール20000 PEG-45M PEG-90M 酸化エチレン(エチレンオキサイド:ethylene oxide:EO)を付加重合して得られる多価アルコール・水溶性高分子です。 0- 6. 2 6. 0- 8. 水によく溶ける性質をもっており、水分蒸散を防ぎ、品質を保持する効果やとろみをつける効果などを目的に化粧品に配合されます。 化粧品に配合される場合は、• 水に不溶の物質を分散させる乳化補助剤・分散剤• 増粘剤• 吸湿性による保湿作用 これらの目的で、スキンケア化粧品、洗浄製品、ボディ ハンドケア製品、ヘアケア製品などに使用されます (文献2:2016)。 PEG-12(ポリエチレングリコール600)以下は吸湿性が高く、保湿性がありますが、同時に低分子であることから皮膚刺激性も懸念されるため、近年はほとんど使用されておらず、多くの場合はPEG-75(ポリエチレングリコール4000)以上の乳化補助・分散および増粘を目的とした使用であるため、保湿性という点では実際にはほとんどないともいえます。 実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2008-2009年および2014年の調査結果ですが、以下のように報告されています。 PEG類の現時点での安全性は、• 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載• 10年以上の使用実績• 皮膚刺激性:ほとんどなし• 眼刺激性:ほとんどなし• 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし (データなし) これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。 ただし、PEG-12以下に関しては、分子量が低く刺激性の報告が少なくないため、注意が必要であり、またポリエチレングリコール1500は、PEG-6を含むことで皮膚刺激が起こる可能性があるため、同様に注意が必要です(配合製品数は減少傾向にあります)。 以下は、この結論にいたった根拠です。 皮膚刺激性について Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:1993)によると、• 3mLを23時間にわたり閉塞パッチ下で適用し、部位を24時間で採点するという手順を3週間毎日実施したところ、PEG-8は軽度の累積皮膚刺激の可能性を示した (Hill Top Research, Inc. ,1979)• 1mL適用したところ、誘導期間において17人に少なくとも1回は軽度の紅斑を有し、1人の被検者は24時間チャレンジパッチでほとんど知覚できない紅斑を有していたが、48時間で反応は観察されなくなった (Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1982a)• 1mL適用したところ、誘導期間において4人の被検者にほとんど知覚できない紅斑が観察されたが、感作反応は観察されなかった (Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1982d)• ,1975)• すべての反応は軽度であった (Smyth et al. ,1942)• [ヒト試験] 23人の被検者の背中にPEG-6およびPEG-8を適用したところ、それぞれ2人および1人に紅斑が生じた (Smyth et al. ,1945)• [ヒト試験] 200人(男性100人、女性100人)の被検者にPEG-8およびPEG-75を適用したところ、反応は起こらなかった (Smyth et al. ,1950)• また、12人の感作された患者のうち5人がPEG-8に反応し、1人がPEG-6-32およびPEG-150に反応したため、PEG類の感作反応は同様の分子量のポリマーのみで起こったと結論づけた (Braun,1969)• [動物試験] 6匹のウサギの剃毛した腹部に希釈されていないPEG-6およびPEG-8を4時間適用したところ、24時間で刺激は観察されなかった (Smyth et al. ,1945)• [動物試験] ウサギに2つの異なるメーカーのPEG-8を閉塞パッチで試験したところ、刺激スコアは0. 04および0だったため、PEG-8は皮膚刺激剤ではなかった。 また6週間にわたってウサギを用いた皮膚研究を行っている間も刺激スコアは両方とも0. 67で非刺激性であった (Guillot et al. ,1982)• [動物試験] ウサギの皮膚に希釈していないPEG-6-32を20g週5日にわたって繰り返し適用したところ、刺激はあるがワセリンよりも少ない刺激レベルであった• [動物試験] 6匹のウサギにPEG-32を0. 5mL閉塞パッチ下で4時間適用し、7日間観察したところ、観察中に刺激は認められなかった (Bushy Run Research Center,1987)• [動物試験] 20匹のモルモット0. 05mLのチャレンジパッチ適用したところ、いずれも感作は示さなかった (Carpenter et al. ,1971) と記載されています。 試験データをみるかぎり、低分子であることからPEG-8のものが多く、 PEG-8以下のPEG類では、ごくまれにわずか-軽度の皮膚刺激が起こる可能性があり、またPEG-32はPEG-6を含む構造であるため、同様にわずか-軽度の皮膚刺激が起こる可能性があると考えられます。 一方で、PEG-75以上のPEG類の試験の結果が少ないですが、これらは分子量が非常に大きく、また皮膚刺激性の報告もないため、 PEG-75以上のPEG類において、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。 眼刺激性について Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:1993)によると、• [動物試験] 6匹のウサギの結膜嚢にPEG-32水溶液0. 1mLを点眼したところ、すべての眼で軽度の結膜刺激が観察され、3匹のウサギで虹彩炎が観察されたが、刺激能兆候は48時間ですべて消失した (Bushy Run Research Center,1987)• [動物試験] 希釈していない0. 5mLのPEG-6,PEG-8,PEG-32,およびPEG-75はウサギの眼に角膜損傷を引き起こさなかった (Carpenter and Smyth,1946)• 1mLを適用し、2,4,7,26および50時間に観察したところ、PEG-8は眼への刺激をほとんど引き起こさなかった (Laillier et al. ,1975)• [動物試験] ウサギに2つの異なるメーカーのPEG-8を点眼し、1および24時間後、および2,3,4,および7日後に評価したところ、刺激スコアは8. 50および9. 83であり、角膜の不透明度は観察されなかった。 PEG-8は眼刺激剤ではなかった (Guillot et al. ,1982) と記載されています。 試験データをみるかぎり、共通して眼刺激性がほぼなしと報告されているため、 PEG類は共通して眼刺激性はほとんどないと考えられます。 皮膚感作性(アレルギー性)について 化粧品配合量および通常使用下において、10年以上の使用実績があり、PEG-75以上に関しては、一般的に皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、 データ不足のため詳細は不明です。 成分一覧は以下からお読みください。 Cosmetic Ingredient Review(1993)「Final Report on the Safety Assessmentof Polyethylene Glycols PEGS -6, -8,-32, -75, -150, -14M, -20M」Journal of the American College of Toxicology 12 5 ,429-457. 第一工業製薬株式会社(-)技術資料. スポンサーリンク.

次の

タバコのヤニやステインを除去するならマクロゴール入りの歯磨き粉がおすすめ!

ポリエチレン グリコール 400

ポリエチレングリコールとは? ポリエチレングリコール(PEG:Polyethylene glycol)は、ポリエチレンオキシド(PEO:polyethylene oxide)とも呼ばれる、エチレンオキシドと水の縮合重合によって得られるポリマーで、生物学、化学、医薬用途で有用な性質を示します。 ポリエチレングリコールは、エチレンオキシドのアニオン開環重合で容易に合成することが可能です。 分子量の範囲が広く、多種多様な末端基の付与が可能なため、多くの研究用途でPEGが使用されています。 架橋によるネットワーク構築により、PEGは多量の水を含有可能なヒドロゲル(ハイドロゲル)を形成します。 ヒドロゲルの形成は、電離放射線の照射や、PEGの反応性鎖末端を用いたPEGマクロモノマーの共有結合性架橋で開始できます。 ポリエチレングリコールは、免疫応答を誘発しないため生物学的用途に適した材料であり、タンパク質の沈殿や、活性化してポリペプチドとタンパク質を結合するために多用されています 1,2。 ポリエチレングリコールは空気中において酸化による劣化を受けます。 高温や酸素への暴露を最小限に抑えたり、酸化防止剤を添加することで、PEGの劣化を制限することができます。 ポリエチレングリコールは保管中に加水分解や劣化を起こさず、カビも発生しません。 ポリエチレングリコールはフェノールと適合せず、他の防腐剤の抗菌作用を阻害する場合があります。 ポリエチレングリコールはペニシリンやバシトラシンを短時間で不活性化し、ソルビトール、タンニン酸、サリチル酸とは適合しません 3。 ポリエチレングリコールの用途 シグマ アルドリッチでは、さまざまな研究に適したPEG製品を提供しており、分子生物学、ハイブリドーマ、昆虫細胞培養、ガスクロマトグラフィー固定相、GPC分析用標準物質、ペプチド合成、X線結晶構造解析、洗剤およびdesigner surfactantなどに使用されています。 我々のPEG製品の多くは、不動化や、タンパク質、ペプチド、その他高分子へのコンジュゲーションを行うために、機能性・反応性末端基で修飾されています。 非PEG系の架橋剤や修飾用試薬と比較して、これらPEG試薬ではコンジュゲートの溶解度が向上し、毒性および免疫学的な影響を最小限に抑えることができます。 ホモ二官能性(両端に同じ反応基を持つ)およびヘテロ二官能性(両端に異なる反応基を持つ)PEG架橋剤を使用することで、多様な長さと構造のポリマーが得られます。 さらに、特定の異なる長さを持つPEG架橋剤が入手可能です。 用途に合ったPEGの選択 PEGは親水性と生体適合性を示すため、ポリマーを用いた薬物送達やその他の生物医学用途に適した材料です。 ペプチドやタンパク質の毒性と免疫原性を抑え、溶解度と安定性を向上するために、直鎖状および分岐したPEG誘導体によるPEG化や修飾が行われています。 薬物送達や生物医学研究に用いるPEGを選択するには、一般的に4つの性質が考慮されます。 官能性 ポリマー構造• 単官能性PEGは、化学的反応性を持つ末端基を1つ含んでいます。 用途の例として、PEG化や表面およびナノ粒子の被覆などがあります。 二官能性PEGは2つの反応性末端基を含んでおり、その種類が同じ場合(ホモ二官能性PEG)と異なる場合(ヘテロ二官能性PEG)があります。 用途の例として、コンジュゲーションや架橋などがあります。 薬物送達システムのPEG化、架橋、コンジュゲーションには、一般に直鎖状のPEGが使用されています。 (4本、6本、8本のアーム)は、薬物送達や生体組織工学の用途で、架橋を行ってヒドロゲルや足場を作製に使用することができます。 は、分岐構造により生体内での安定性が向上することからPEG化に使用されています。 反応性 分子量• 共有結合性のコンジュゲーション: N-ヒドロキシスクシンイミドエステル基、チオール基、カルボキシ基のような反応性を示す末端基を持つPEGは、対応する官能基と共有結合性のコンジュゲーションを行うことができます。 選択したコンジュゲーションの化学的方法に応じて、PEGの結合する位置や分子1個あたりのPEGの数が決まります。 は、コンジュゲーションやネットワーク構造を形成するための高速かつ選択性が高い生体直交型の方法です。 PEG末端をアクリラートで修飾すると、反応条件が温和で反応時間が短い光重合法を用いて重合することが可能になります。 ヒドロゲル形成:PEG分子量が、ヒドロゲルのメッシュサイズや機械的性質に影響を与えます。 PEGとの共有結合的な修飾には、化合物が少なくとも一方の末端に反応基または標的化可能な官能基を含んでいることが必要です。 官能基とは、化合物の他の部分と関係なく特徴的な化学反応を起こすことが可能な分子内の原子団を指します。 一般的な官能基と、対応する反応基を下の表に記載します。 Ingham, K. , Precipitation of Proteins with Polyethylene Glycol. Meth. Enzymol. , 1990, 182, 301-306. Veronese, F. , et al. , Surface modification of proteins. Activation of monomethoxy-polyethylene glycols by phenylchloroformates and modification of ribonuclease and superoxide dismutase. Appl. Biochem. Biotechnol. , 1985, 11, 141-152. Martindale, W. The Extra Pharmacopoeia, 30th ed. , Reynolds, J. , ed. , The Pharmaceutical Press London, England: 1993 , p. 1384. Natarajan, Arutselvan; Xiong, Cheng-Yi; Albrecht, Huguette; DeNardo, Gerald L. ; DeNardo, Sally J. Bioconjugate Chemistry 2005, 16 1 , 113-121. Yang, Chun; Mariner, Peter D. ; Nahreini, Jhenya N. ; Anseth, Kristi S. Controlled Release 2012, 162 3 , 612-618. Kyburz, Kyle A. ; Anseth, Kristi S. Acta Biomaterialia 2013, 9 5 , 6381-6392. Lewis, Katherine J. ; Anseth, Kristi S. MRS Bulletin 2013, 38 3 , 260-268. Campos, Luis M. ; Killops, Kato L. ; Sakai, Ryosuke; Paulusse, Jos M. ; Damiron, Denis; Drockenmuller, Eric; Messmore, Benjamin W. ; Hawker, Craig J. Macromolecules 2008, 41 19 , 7063-7070. Iha, Rhiannon K. ; Wooley, Karen L. ; Nystrom, Andreas M. ; Burke, Daniel J. ; Kade, Matthew J. ; Hawker, Craig J. Chem. Rev. 2009, 109 11 , 5620-5686. General Reference• Hermanson, G. , Bioconjugate Techniques 3rd Edition, Academic Press 2013.

次の