水着 描き方。 【水の表現】デジタルイラストの背景の描き方

海の描き方 浜辺の海を着彩する

水着 描き方

女の子キャラのタイプ別に合う水着を紹介、描き方を教えます! 水着の仕組みから、描き方、塗り、仕上げまで。 100点以上の魅力的な水着を取り上げレクチャーする技法書です。 すべてCLIP STUDIO PAINT描かれているので、よく使う機能の使い勝手から丁寧に教えていきます。 まずは体の基本構造から。 素敵な体を描けてこそ、その上に着る水着が輝きます。 水着は「キュート」「クール」「パッション」とタイプ別に紹介。 カラー画は部分部分に分けて描き方と塗のノウハウを詳細に伝えます。 またバリエーションを見せるページではそれぞれの特徴や他アイテムとの組み合わせまでを伝えます。 【Contents】 第一章/体の描き方 基礎編 第二章/水着の描き方 基礎編 第三章/水着の描き方 応用編 第四章/アレンジ水着の描き方 第五章/女の子に合ったアイテム• 中表紙• はじめに• 本書の使い方• 第一章 体の描き方 基礎編• 第二章 水着の描き方 基礎編• 第三章 水着の描き方 応用編• 第四章 アレンジ水着の描き方• 第五章 女の子に合ったアイテム• カバーイラストができるまで• イラストレーター紹介• 本書を読んだ方におすすめの技法書• 裏表紙• 中表紙• はじめに• 本書の使い方• 第一章 体の描き方 基礎編• 第二章 水着の描き方 基礎編• 第三章 水着の描き方 応用編• 第四章 アレンジ水着の描き方• 第五章 女の子に合ったアイテム• カバーイラストができるまで• イラストレーター紹介• 本書を読んだ方におすすめの技法書• 裏表紙.

次の

夏イラストの定番! 女の子の水着の描き方講座|お絵かき講座パルミー

水着 描き方

絵師の性別による水着の描き方の違い 男って大きな乳とおしりが好きだよね… あなたは一枚のイラストを見ただけで、それを描いた人の性別が見分けられますか? 同人絵師のささしま唯さんが「水着による絵師の性別の見分け方」を発表して話題になりました。 この見分け方で明らかになったのは、男性が女性の水着姿を描くときは胸とお尻が大きくて、ウェストが過度に細くなる傾向があるということ。 男性の描く女性キャラは現実的ではありません。 この表は多くの賛同者を得ましたが、実際エロマンガ家の絵を例にそれが偏見かそうでないかを検証してみましょう。 女の子は巨乳ぎみですが、バランスがおかしいというほどではありません。 お尻も普通でウェストも細すぎるということはなく、現実の人間から大きく離れてはいません。 やはり女性だからこそ分かる部分なのでしょうね。 ツイッター民が指摘するところによると、男性絵師の場合は特徴を極端に出すことが多く、巨乳はひたすら大きく、貧乳はひたすらぺったんに、ロリはよりロリロリに、痩せている子はガリガリ、デブは超肥満になるそうです。 ただ、それによって絵師が強調したい部分が分かりやすく、絵師の性癖もはっきりするので欠点とは言い切れません。 なんで女が描く男のおかしさはスルーなんだよ• ほとんどの少女漫画の男キャラは奇形だよね…• お互い異性を理想化するんだな• このコメントが正解www• 一番納得できる• 絵師によって描き方は違うし。 俺は男だけどこんなに誇張した描き方しないし。 人によるんじゃないかな。 それぞれ男女の身体をどう思っているかが分かるね。 実用性が優先される• 現実通りに描くオタクなんていないだろ!• 自分の好きな絵師さんの絵をいくつか見てきたけど、あの比較は正しいと思う。 萌系の女性絵師の場合、質量と細かさは100〜150点。 男性の場合は『ONE PIECE』みたいなちょっと古めの絵の人が多いけど、それ以外の萌系だと質量と細かさは150〜200点。 あと、pixivでは画風以外に和風とかそいういうタグも参考にするんだけど、 男性の場合は巨乳とか爆乳とか巨乳ロリとか、身体的特徴をタグにしてる人が多くて、服のタイプのタグは少ないし、タグはローライズなのに絵は間違ってるというのも多い。 女性の場合は、ニーハイとか縞パンとか服のタイプをタグにしてる人が多くて、身体的特徴のタグは、男性のように巨乳・爆乳みたいに分けずにただ「おっぱい」とか適当なのが多い。 大きすぎとか誇張してるっていうのは感覚的な表現に過ぎないよ。 別にリアリティは求められてないんだから、こういう比較は無意味。 楽しく描くのが大切。 朝凪はいいな• 私は女だけど、男が描くみたいな女体を描くよ、男は細くなるけどね。 だからこういうのって個人的な趣味で変わるでしょ。 私の場合は女の子は肉付きがよくて、男の子は細マッチョになるっていう描き方なだけ。 だってそっちのほうが見た目いいでしょ?• 鴨川たぬきの絵が好きなんだけど 男? 女?.

次の

Collecting hot gazes ♡ Girls Wearing A Bikini

水着 描き方

はじめに イラストなどで水の表現としてパッと思い浮かぶのが、この作例の網状の模様ではないかと思います。 しかし、水を描くときにいつでもこの模様を描いておけばよいというわけではありません。 この模様の描き方と、そもそもこの模様はいったい何なのかを解説します。 正確な楕円である必要はなく、ウネウネした線で適当にブロック分けされていればOKです。 02 水の模様の細部を描き込む 01 ではおおまかな流れを解説しましたので、ここでは細部について解説していきます。 曲線部分の分割 塗りつぶした白い部分があまり大きくなりすぎると変に目立ってしまいますので、穴を開けて分割するとよいでしょう。 03 水の模様の線を調整する 線は均一の太さで描く必要はなく、むしろ細くなったり消えたりしているところがあったほうが見栄えがよくなります。 [ 消しゴムツール]で削って形を整えます。 04 集光模様(コースティクス)とは ここからは 03 までで解説した水模様が、いったい何を描いているのかを考えていきます。 光がガラスや水の曲面で、鋭く反射、屈折してレンズのように集められると、光の模様ができます。 これを 集光模様(コースティクス)と呼びます。 グラスやガラス玉の集光模様の写真 光がガラスの曲面で、鋭く反射、屈折してレンズのように集められて光の模様ができる 海の集光模様の写真 水でもガラス同様に光の模様ができる 05 集光模様は水面ではなく水底にできる 04 のグラスの写真からもわかるように集光模様はグラスの表面ではなく、グラスを透けた光がテーブルに当たったところにできている模様です。 すなわち水で考えると、水面ではなく 水を通った光が水底に作った模様ということになります。 しかし、イラストでは水面の表現として? のように描かれるのを見たことがあるのではないでしょうか?? の場合、箱と水の境界のハイライトと模様が繋がっていて、あきらかに水面として描かれています。 このような絵を見かけていたため、筆者も以前 は? のように波で高くなり細くなったところでの光の反射によるハイライトが描かれているものかと漠然と考えていました。 しかし、水の模様を集光模様と考えるのであれば話は変わります。 集光模様は曲面による屈折や反射によって光が集められてできる模様です。 のように反射の集光模様は壁などの面にできる模様となり、屈折の集光模様は水底にできる模様ということになります。 集光模様は水面にはできないのです。 06 集光模様の見える視線の角度 集光模様が水面ではなく水底の模様だということは、集光模様が見えるためには 「 底が見える水深で俯瞰など水底の見える視線の角度」である必要がでてきます。 すなわち、水深が浅くて俯瞰の絵では集光模様が見えやすく、水深が深くて横から見たような絵では見えにくいのです。 07 離れた位置にできる集光模様は繋がらない 集光模様は水底の模様であるということは、例えば人物が水に浸かっている状態を描く場合では、腕などにできる集光模様と水底にできる集光模様は距離が違うためつながらないということです。 模様がつながっているので、水面の表現として描かれている 模様がつながっていないので水底と側面の表現として描かれている 解説の都合でこの図では消していませんが、本来ならこの立方体の影になる部分は光がさえぎられるので、立方体の落影の部分にある水底の集光模様は描かないほうがよいでしょう。 08 水の模様と波紋を描くときの注意点 水底なのか水面なのかといったことを考えずにただ水の模様をテクスチャのように貼り付けておきさえすればよいと考えて描くと、違和感のある絵になってしまいます。 ここでは矛盾のある例を紹介します。 下図のNG例では模様が箱の側面と水底で分かれてないので、水の模様を水面にあるものとして描いていることがわかります。 しかし、波紋という水面の表現は水面の模様に影響を与えずに描いてあります。 水の模様と波紋を同時に使いたいのであれば、模様は水底として描く必要があるのです。 水底の集光模様として描かれていれば水面の凹凸との矛盾はありません。 しかし、それでは? のような水面にある模様として描いてある絵が説明できません。 これは集光模様と同じ描き方ですが、光の模様ではなく水面に浮かぶ泡を描いていると考えるとつじつまが合います。 水の模様と同じ形の落影ができるのも納得です。 11 泡の影で水深を表現する 水面の泡とその落影を入れることで水底までの深さを表現できます。 やり方は水面の泡レイヤーを複製して色を暗く変えてズラすだけです。 水面の泡から落影をずらす距離によって水深が表現できます。 近いほど浅く、離れるほど深くなります。 何から描き始めればよいのか。 見たまま描くことが難しい。 そんな悩みを解決するために、背景要素の一つひとつの描き方を事典形式で丁寧に解説します。 背景を描くために知っておきたい知識・ノウハウと、背景を描くときに使いこなしたいPhotoshopの実践テクニックがわかります。 【自然編】 青空と雲、入道雲、夕空、夜空、曇り空、雨、宇宙、草地、地面、岩、樹木、低木、葉、桜、花、山、ヤシ、海辺、湖、水の模様、水面、水際 【室内編】 ラグ、テレビ、ローボード、ローテーブル、ダウンライト、シーリングライト、鏡、オフィスチェア、ペットボトル、ソファ、クッション、時計、額縁と絵画、窓、カーテン、学校の椅子、学校の机、黒板、教卓と教壇、学校の教室、石畳、竹垣、畳、ふすま、障子、和室.

次の