本好きの下剋上 ヴェローニカ。 シキコーザ

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員V」の電子書籍

本好きの下剋上 ヴェローニカ

そのためには、民の協力が欠かせない。 貴族との壁を壊すため、彼女は自ら活発に動き回る。 直轄地の印刷工房の視察や、染め物コンペの開催による職人の発掘、図書館建設計画の妄想(?)などなど。 複雑な領地問題が絡む兄の結婚式では、不穏な旧ヴェローニカ派への警戒も必要に。 領地内の派閥争いは激しさを増していく。 季節が冬の到来を告げる頃、貴族院では二年生が始まるのだった。 「このライトノベルがすごい!」(宝島社刊)2年連続で第1位です。 投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。 投稿者: Henkeip - 読書欲と前世の知識で驀進する(ローゼ)マインは、兵士の娘から青色巫女、領主の養女と身分が上がり、話が進めば進むほどおもしろくなっています。 第4部の貴族院入学後のローゼマインは今まで以上に活躍して領地外まで影響を及ぼします。 前巻からエーレンフェスト領に戻っての話が続きましたが、本巻の最後で2年生に進級して貴族院に戻ったので、次巻が今から待ち遠しくてたまりません。 本作品には大勢の登場人物がいて、各々のエピソードも興味深いのですが、主人公のローゼマイン以外の最重要人物は、やはり後見人のフェルディナンド様でしょう。 この巻での見所の一つは、イタリアンレストランでのフェルディナンド様の反応でしょう。 今までもフェルディナンド様が美食に興味を持っていることは書かれていましたが、本格的なグルメ舌を持っていることが明らかになりました。 そのことが、天才フェルディナンド様のひょうきんさ、じゃなくて、万能さを示すエピソードになっています。 投稿者: なつゆき - 他領地に向けてエーレンフェスト領内で一致団結して当たるべきなのに、アーレンスバッハからの嫁入りでまた旧ヴェローニカ派の動きが活発になったようで先行き不安、だが子どもたちの機転で間一髪襲撃は避けられる 染色コンペではマインの母親の染色をローゼマインは見分けられず涙目、しかし街は新たな染色産業で活気づく ローゼマインの側近たちでさえ貴族の平民に対する態度 評価・価値観 は酷く偏っていて、ローゼマインには許容できない状況にぶつかる 頑張ってグーテンベルクおよび平民を守って欲しいものだ、頑張れローゼマイン いよいよ貴族院の二年目が始まる、さて何をしでかすのやら.

次の

「本好きの下剋上」

本好きの下剋上 ヴェローニカ

・この商品は電子書籍です。 (紙の書籍ではありません)• ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。 ・もご確認ください。 ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。 配信日時等を確認の際はお気をつけください。 ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。 ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。 騒乱を好む「混沌の女神」のようなゲオルギーネに関する密告があったことで粛清が早められた。 一方、貴族院の三年生になったローゼマインは喪失感を振り払うように、忙しく動き回る。 寮内では旧ヴェローニカ派の子供達が連座を回避できるように説得し、院内では領主候補生の講義初日が開始。 文官コースの試験に、新しい上級司書との出会い、専門コースの専攻など、一年前とは立場も環境も激変した日々へ突入していく。

次の

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第五部「女神の化身I」

本好きの下剋上 ヴェローニカ

下記クリックで好きな項目に移動• 本好きの下剋上のフェルディナントの過去 本好きの下剋上の フェルディナンドは自分にも他人にも厳しい性格です。 その隙のない性格は幼少期のつらい 過去にありました。 フェルディナンドはアダルジーザの離宮で生まれ、先代アウブ・エーレンフェストに引き取られます。 しかし、義母になるはずのヴェローニカは母になることを拒み、 フェルディナンドに対して虐待を行います。 そんな環境で育った フェルディナンドは 家族というものに対して憧れのようなものを持っていました。 フェルディナンドはアダルジーザの実で魔石になるところだった フェルディナンドは アダルジーザの離宮というところで生まれました。 離宮で生まれたものは アダルジーザの実とよばれ、 最も優秀なものがランツェナーベの次期王に選ばれます。 アダルジーザの実の 次期王に 選ばれなかったものは処分され魔石として輸出されるという過酷な環境でした。 魔力が低いにもかかわらず全属性を持っていた フェルディナンド 幼名:クインタ は 魔石に適しており処分筆頭でした。 しかし、父親である先代アウブ・エーレンフェストが引き取ることになったため魔石となる運命を回避。 その後はエーレンフェストで ジルヴェスターの補佐役として フェルディナンドは過ごすことになります。 アウブ・エーレンフェストに引き取られるが義母から虐待を受ける フェルディナンドはエーレンフェストに引き取られてからは 異母兄のジルヴェスターの補佐役として一緒に過ごします。 父である 先代アウブ・エーレンフェストは フェルディナンドを 「エーレンバッハの誇り」と褒めていました。 しかし、義母になる予定だった ヴェローニカは次期領主のジルヴェスターの地位を脅かすとして 母となることを拒み、虐待をするようになります。 フェルディナンドのことを 徹底的に嫌い、役立たずは必要ないと精神的に追い詰めます。 父が不在の時には 毒の入った料理を出すなど命を狙うような仕打ちまでするようになりました。 この結果が逆に フェルディナンドの能力を引き上げ、更に優秀な人物になっていきます。 父親からの言葉は フェルディナンドにとって救いでもありましたが、領主という立場から存分な愛を受けることは少なかったようです。 このような 過去から フェルディナンドは 家族に対する情というものが薄いと後にマインに語っていました。 貴族院を優秀な成績で卒業。 その後神官長になる。 貴族院に入った フェルディナンドはその優秀さから 「神官長伝説」と マインに 呼ばれるほどの成績を収めていました。 領主候補生、騎士見習い、分館見習い全てで最優秀となります。 更には研究バカのヒルシュールの弟子となり フェルディナンド自身も研究に没頭するようになっていきます。 ただ、幼少期のヴェローニカの仕打ちから、研究結果や貴族院で得た「メスティオーラの書」などを 秘匿するようになっていきます。 この中には王族も知らない知識もあったとされていました。 貴族院を卒業した フェルディナンドは騎士団に所属しますが、直後に父である先代アウブ・エーレンフェストが亡くなってしまいます。 これにより ヴェローニカの フェルディナンドへの嫌がらせは本格的なものに変わったため、 ジルヴェスターの勧めで神殿に属することになりました。 当初は暇を持て余していたため本や魔術具を ジルヴェスターに送ってもらっていました。 そして、本は神殿の図書室に収めていたために、 マインが神殿に食いつき身食いの件も含めて フェルディナンドは今後付き合っていくことになります。 フェルディナンドがマインと結婚した理由は? 最終話付近で フェルディナンドと マインは 結婚することを決めます。 フェルディナンドが マインとの結婚を決めた理由は政略という面の裏側に マインの家族でありたいという強い思いがありました。 過去の出来事から 家族に対して情が薄かったフェルディナンドは マインとその家族に出会い親愛というものを理解しました。 フェルディナンドの結婚の理由はマインと家族であり続けたかった 本好きの下剋上の「671話 記憶3」では フェルディナンドが 家族という存在に対しての強い思いが描かれています。 それと同時に マインの家族となることを望み、そのために今まで計画的に動き、王すらも脅していました。 「貴族と平民として離れても細い繋がりを大事にする君と、君が伸ばした手を取ろうとしている家族とのやり取りを私はずっと見てきた。 そんな君が私を家族同然だと言ったのだ。 そして、言葉通り、アーレンスバッハへ離れても、繋がりを途切れさせることなく手を伸ばしてくれていた。 私の家族観を作ったのは君だ。 同調して嫌でも知ったであろう? 私がどれほど君の家族のような繋がりを渇望していたか」 フェルディナンドは 過去のヴェローニカによる仕打ちや、自身が先代アウブ・エーレンフェストやジルヴェスターに対して 家族の情が薄かったと自覚していました。 それは、 マインとその家族を見ていたから気づけたことです。 そして マインが家族と言ってくれたことをフェルディナンドは失いたくなかった。 めったに望みを言わない フェルディナンドの気持ちはマインに伝わり、 マインもまたフェルディナンドを大事に思っていたので2人は結婚をきめたのです。 まとめ ・本好きの下剋上のフェルディナンドにはつらい過去があった。 ・幼少期は虐待を受けて家族の愛を感じにくく、家族というものを望んでいた。 ・フェルディナンドの結婚の理由はマインと家族であり続けたかったから。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の