ワールズエッジ キャラ。 【Apex Legends】マップ情報まとめ(シーズン5)【エーペックスレジェンズ】|ゲームエイト

【Apex】マップ「ワールズエッジ」のハイティア、ミドルティアまとめ

ワールズエッジ キャラ

どうもこんにちは、シュテ です! Apex Legends エーペックスレジェンズ でシーズン3が始まると同時に 新マップ「ワールズエッジ World's Edge 」も配信されました。 新マップということで最初は 場所の名称やアイテムのレア度 ティア を覚えるのが大変ですよね。 ということで今回は 新マップの名称とティアを画像にしてまとめました。 宝部屋 保管庫 の場所も書いてあります。 新マップ「World's Edge」 名称とレア度まとめ 上の画像が名称とティア、宝部屋の場所をまとめたものです。 紫色の円がハイティアアイテム、 水色の円がミドルティアアイテムの範囲になっています。 もしかしたら間違ってる所や抜けてる所があるかもしれませんのでご了承ください。 詳細は下の記事で書いています。 逆に中心側はハイティアは無くミドルティアが多くなっています。 初動はスカイフックか下側のハイティアの場所に降りて強い装備を整えるのが良いかもしれません。 注意点として今回のマップは 山と山の間の通路がいくつかあるのですが、エリアに追われる状態で 敵に通路先に待ち構えられると相当辛い戦闘になってしまうので、装備を漁ったら 早めにエリアに向かうように意識すると良さそうです。 また、 マップが全体的に開けてるので通路以外でもエリア内で待ち構えられると辛いので 早めのエリア移動が大事です。

次の

【Apex】ワールズエッジに調査キャンプが登場!武器ラックとは?

ワールズエッジ キャラ

どうもこんにちは、シュテ です! Apex Legends エーペックスレジェンズ がシーズン4になり、マップ「ワールズエッジ」が変化しました。 その変化の内の1つ、 「調査キャンプ」という場所が追加され 武器ラックが設置されました。 今回はその 調査キャンプと武器ラックについて書いていきます!• 調査キャンプがマップに追加 エピセンターの北西に「調査キャンプ」という場所が追加されました。 元々何も無い場所で 最終エリアがここら辺になることもあったので嬉しいですね! この調査キャンプには 「武器ラック」というものが存在しています。 武器ラックとは 武器ラックとは、必ず武器が置いてあるものです。 射撃訓練場にもあるやつですね。 この武器ラックは 調査キャンプの建物内に設置されていて、ランダムな武器が必ず置いてあります。 ここに降りれば初動で武器が無くて死ぬということがなくなります。 他の物資もそこそこあったので ランクマッチでの初動のおすすめスポットになりそうです。 武器ラックがある場所 調査キャンプには 建物が4つあり、 それぞれに武器ラックが設置されています。 なので 合計4つの武器ラックが存在しています。 ちなみに自分が1回行った時の武器内訳は R-99、オルタネーター、RE-45、ウィングマン、EVA-8、フラットラインでした。

次の

【Apex】ワールズエッジに調査キャンプが登場!武器ラックとは?

ワールズエッジ キャラ

クリック or タップして飛べるページコンテンツ• The Clamber(よじ登り) 動画時間 @ 0:48~ タイタンフォールのような壁走りはないのかと、続編を期待してAPEX LEGENDSをプレイした人達の中にはがっかりした人も居るかも知れませんが、このゲームは最初に皆が思うよりも実は壁で垂直走りが可能との事。 やり方はシンプルで、よじ登りたい壁に向かってジャンプし、前移動ボタンをホールドするだけ。 それだけで、 MAPに存在するほぼ全ての面に対して登る事が可能だそうです。 よじ登っている最中にジャンプを押して更に最後に一押しのブーストをかけ、どこかに手をかけてよじ登るといったアクションが基本形。 ジャンプボタンを押さずに壁に向かって走ると、このゲーム独自の壁の途中まで登るモーションが発動します。 この溜めるような動き、もしかしたら少しテンポをずらして移動したりして敵のエイムをずらしたり、敵をやり過ごすのに役立つかも知れませんね。 気になった人はフレンドとプレイして、モーションを見せてもらいましょう。 あー!と納得するはずです。 こうした敵が予測しない動きや居場所がキーとなってきそうです。 THE BOOST JUMP(ブーストジャンプ) 動画時間 @ 1:32~ 通常、1番速度が速く飛距離のあるジャンプは武器をしまった状態のスプリントからのジャンプですが、ブーストジャンプはそのスプリントジャンプのポテンシャルを最大限に引き出す方法です。 ブーストジャンプのやり方は、ジャンプする際にスライディングを入力し、その後すぐにジャンプボタンを押すというもの。 スライドからのジャンプをして成功するとブーストがかかります。 スライドからのジャンプボタンが早すぎても遅すぎても失敗するので、タイミングを掴む必要がありますが慣れている人は全てのジャンプ移動の際に使用しているスキルです。 また、縁ギリギリから飛ぶ事で段差が高ければ高い程飛距離に差が出ます。 これ・・・僕は何も分からないゲーム開始時から使ってました・・・!(笑) が、体感的に伸びているもんだとばかり思ってました。 ちゃんと測ると20%程飛距離が伸びるとの事です。 体感は嘘じゃなかった。 これで建物が密集したエリアでは、建物から建物への移動が非常に楽になります。 これだけで、味方に指示を出すのにポイントを置きたい場所が見えなくなったり、アイテムを見ながら周囲の敵を確認しやすくなります。 アイテムステータスウィンドウが半透明になり、アイテム越しでもフィールドが確認でき、最低限の情報表示となります。 ある程度プレイに慣れたりやり込んできたら、既に知っている情報なので隠した方が操作しやすいでしょう。 画面は英語版ですが、オプション設定の項目の位置は同じなので参考にどうぞ。 これが情報表示形式オプションがデフォルトの状態。 画面上に武器ステータスがポップアップされます。 画像ではR-99 SMGのステータスを表示している状態。 これを変更すると・・・ こんな感じでスッキリします。 ポップアップも半透明になり、ある程度は向こう側の背景や地形も確認しやすくなります。 何よりポップアップウィンドウがこれだけ小さくなるので、この設定はおすすめ。 THE PEEK(覗き見) 動画時間 @ 2:46~ 遮蔽物からのリーンはこのゲームにはありませんが、覗き見なら存在します。 キャラクターを覆い隠す ほぼ全ての遮蔽物のエッジには、掴まりぶら下がる事が可能。 そのぶら下がった状態を維持すると、 遮蔽物の上から覗き込む事が出来ます。 覗き見のやり方は、壁をよじ登り中にキャラクターがエッジに手をかけて這い上がるモーションの直前に前移動ボタンを離します。 これで、全身をさらけ出さなくても最低限の視界を確保しつつ、敵を探索、移動といった行動が可能です。 これ、実は既に多くの人がやってる小技なんですが、自分がやる分はまだしも、敵にやられると頭を含めた少しの上半身しか見えないので厄介。 当然隙が多くなりぶら下がっている間は無防備なので、長時間の使用は禁物。 THE SCAVENGER(アイテム回収) 動画時間 @ 3:18~ どの武器にどもアモ(英語で弾の意味)が必要なのか分からずに、インベントリーが本来不必要なアモで埋まってしまう場合は、アモに武器のインディケーターが表示されているか確認しましょう。 プライマリー、セカンダリーいずれかの武器にマッチする弾薬であれば、アモのステータスポップアップにその銃のシルエットが表示されます。 つまり、武器のシルエットが表示されているアモだけを拾えば、余分なインベントリのスペースを使わずに済むという事。 THE EXTENDED SLIDE(スライド距離伸ばし) 動画時間 @ 3:40~ 敵からの銃弾の雨の中、あともう少し距離が伸びれば安全な場所スライドが出来る・・・!といったシチュエーションに、通常のスライドよりも若干距離を伸ばす小技がこちら。 動画では、銃弾でスライドをスタートする位置のマークを付けています。 やり方は、スライドの終わりにメレーコマンド(近接パンチコマンド)を正しいタイミングで入力。 すると、スライド距離に最後の一押しを加える事が可能です。 コツとしては、 スライドの終わる音を聞きながら、スライドのモーションが終わる直前に近接コマンドを入力するとの事。

次の