薄力粉 小麦粉 違い。 薄力粉と小麦粉と片栗粉の違いは?同じで代用できる?唐揚げへの使い方も!

料理上手への第一歩!「小麦粉」と「薄力粉」の違いを知ろう

薄力粉 小麦粉 違い

米粉とは? お米は日本人にとってはなじみ深いものです。 そんなお米を粉末状にしたのが米粉ですが、米粉にはどのような特徴があるのでしょうか。 原料 米粉とひとくちに言っても実は様々な種類があります。 まず大きなものは原料の違い。 お米には、通常のご飯に使われる「うるち米」と、おもちの原料になる「もち米」がありますが、米粉にもこのふたつの種類があります。 また、「米粉」というと、非常に新しい素材のように思われがちですが、実は米粉は私たちの食文化に根差した存在です。 「うるち米」が原料の米粉は「上新粉」、「もち米」が原料の米粉は「白玉粉」と呼ばれ、これまでも和菓子の分野でも使われてきた素材です。 小麦粉よりも片栗粉に近い性質 米粉のパンに使われる米粉は、上新粉や白玉粉とは実は少しだけ異なった製法が用いられています。 というのも上新粉や白玉粉をそのままパンなどに使った場合、生地がべたついたりふくらみが足りないなどの問題があり、パンには不向きとされていました。 それを解決したのが製粉技術の向上です。 従来の米粉よりも、さらに細かくお米を粉砕することで、パンのようにふっくらと焼き上げることが可能になりました。 そのため、米粉は小麦粉よりも片栗粉に近い性質を持っているといわれることもあります。 小麦アレルギーでも食べられる 米粉の大きなメリットは、「小麦アレルギーの人でも食べられる」という点です。 小麦アレルギーは、小麦に対するアレルギーで、小麦を食べると湿疹や呼吸困難などを発症、最悪の場合、命にもかかわることがあります。 この小麦アレルギーは乳幼児の三大アレルギー要因と言われ、非常に注意することが必要ですが、米粉を使ったパンの場合であれば、小麦アレルギーの症状があってもパンを口にすることができます。 小麦粉とは? パンの材料である小麦粉には、実は様々な種類があります。 強力粉・中力粉・薄力粉 小麦粉は小麦を挽いて粉にしたものですが、その種類には強力粉、中力粉、薄力粉などがあります。 ではこれらはどのように異なるのでしょうか。 この粉の種類の違いは、グルテンの量にあります。 グルテンは水を加えて練ったときに生まれる弾力性や粘りのもととなるたんぱく質で、このグルテンが豊富に含まれているものが強力粉、少ないものが薄力粉と、その中間のものが中力粉と呼ばれます。 なお、グルテンが多い強力粉のほうが粘りや弾力が生まれるため、パン作りには向いています。 米粉より安価 小麦をパンに使用するときのメリットは様々ですが、もっとも大きいのは価格や安いということ。 一般的な米粉の場合、小麦粉と比べると約五倍以上の価格だと言われています。 これは小麦のほうが大量生産に向いていることや、加工が簡単なことが理由とされています。 また、小麦粉は米粉に比べると一般的なスーパーなどでも手に入りやすいというメリットもあります。 米粉と小麦粉の違い 米粉と小麦粉の最大の違いは原料ですが、実はそれ以外にもこのふたつには大きな違いがあります。 グルテンの違い 米粉と小麦粉の大きな違いは「グルテン」です。 グルテンとは、すでに説明したように、パン生地の弾力や粘りのもととなるもの。 小麦粉の中には、グルテニンとグリアジンと呼ばれるたんぱく質が含まれていますが、これらに水が加わることで立体的な構造に変化します。 さらにパン生地の中ではイースト菌などの酵母が発酵した際に生まれる炭酸ガスが発生します。 この炭酸ガスをグルテンの膜がパン生地の中に閉じ込めます。 これがパンを焼き上げたとき、ふっくらふくらむ理由。 一方、米粉の場合、グルテニンもグリアジンも含まれていません。 そのため、水を加えてこねてもグルテンは発生せず、もし酵母を加えて発酵させても、炭酸ガスはすぐに外に出ていってしまいます。 それを解決したのが「増粘多糖類」というもの。 増粘多糖類はパン生地の粘りをアップさせるため、生地の中で発生した炭酸ガスを閉じ込めて、ふっくらとしたパンを焼き上げることにつながります。 発酵時間 米粉と小麦粉の大きな違いはグルテン。 それは発酵の時間にも関わります。 一般的な米粉パンの場合、小麦粉のパンと比べると発酵時間は短め。 というのも、米粉にはグルテンの膜が生成されないため、長時間の発行を行うとガスが外に逃げてしまいます。 それに対して、小麦粉はグルテンを豊富に含んでいます。 そのため、一次発酵を行い、ガスを抜いて酵母を空気に触れさせてさらに二次発酵を促進させるといった製法が可能になります。 ダイエット 体型に気を付けている人の場合、米粉と小麦粉のダイエットへの影響も気になるところ。 では、米粉と小麦粉では、どのようにダイエット効果が異なるのでしょうか。 米粉の特徴として挙げられるのが腹持ちの良さ。 特に米粉の場合には、日本人の体質と合っていることや、小麦粉に比べると、ビタミンなどの様々な栄養素が含まれているというメリットがあります。 一方、小麦粉の場合、食べ過ぎると食欲を刺激するともいわれていますが、米粉に比べるとたんぱく質を豊富に含んでいるというメリットがあります。 また、米粉の場合、小麦粉に比べて油の吸収率が低いというのも逃せない点です。 米粉の使い方 パン以外にも様々な使い方ができる米粉。 では米粉を上手に使うポイントとはどのようなものなのでしょうか。 米粉を使う時の心得 米粉は水などに溶いても小麦粉のようにダマになりにくいという特徴があります。 また、水にとろみをつける作用もあるため、片栗粉のようにあんやスープにとろみをつける場合にも役立ちます。 また、米粉は乾燥しているときでも固まりにくいため、お菓子作りのような場合でも粉を振るう必要がありません。 味にもクセもないため、まずはこれまで小麦粉を使っていたものを少しずつ米粉に変えてみるという使い方がおすすめです。 米粉を使う時の注意点 米粉を使うときには、小麦粉に比べると少し少な目に使用するというのがポイントです。 米粉は小麦粉よりも水を吸いやすいといった特徴があるため、揚げ物の衣に使う場合、小麦粉と同じように使用すると衣が固くなってしまいます。 また、米粉はメーカーによって性質や特徴が若干異なることがあります。 品質のばらつきなどもあるため、レシピ通りに作るだけでなく、自分で量や時間などを微調整することも必要です。 米粉を使ったレシピ 米粉を料理に加えるときには、まずホワイトソースがおすすめです。 米粉のホワイトソースは小麦粉よりもさっぱりとした味わいで、色も白く仕上がります。 また、小麦粉よりもダマができにくいため、作業も簡単。 米粉のホワイトソースを作るときは、通常の小麦粉を米粉に置き換えるだけ。 まず米粉を毎日の食事に加えてみたいときにはおすすめです。 また、天ぷらの衣などに米粉を使用する方法もよいでしょう。 米粉は小麦粉に比べて油の吸収が少ないため、からっとした食感の天ぷらになります。 ただし、衣は薄めにすることを心がけましょう。 まとめ 米粉はパンだけでなく毎日の食事に取り入れやすい食材です。 グルテンが含まれていないなど、身体への効果が高いことも大きなメリット。 ダイエットや健康に気を付けているという方は、ぜひ生活に米粉を取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

薄力粉と小麦粉の違いは?これって代用しても大丈夫なの?

薄力粉 小麦粉 違い

薄力粉(はくりきこ)• 中力粉(ちゅうりきこ)• 強力粉(きょうりきこ) つまり、小麦粉と薄力粉は同じものであり、「薄力粉と中力粉、強力粉はそれぞれグルテンの量が違う小麦粉の種類」といえますね。 小麦粉を水でこねると、含まれている タンパク質が結合してグルテンが生成されます。 ちなみに、小麦粉の別名として「 メリケン粉」と呼ぶ人もいますが、元々はアメリカから輸入された小麦粉のことを「アメリカン=メリケン」と聞こえたのが由来だといわれています。 かつては、アメリカ産小麦粉を「メリケン粉」と呼んでいたのに対し、国産小麦粉を「 うどん粉」と呼んで区別していたそうです。 また小麦粉には 等級があり、胚乳に含まれる 灰分が少なくて白くたんぱく質が少ないほど 上級、逆に灰分が多くて 茶褐色でたんぱく質が多いほど 下級になります。 コストコや通販でも人気のある 尾張製粉の強力粉は 1等級を使用しています。 薄力粉・中力粉・強力粉の比較と適する料理の見分け方 小麦粉はグルテンが多いと 弾力が強くなります。 強力粉に水を加えて練ると粘りがありますが、薄力粉だとさほど感じません。 また 手で触っても分かるほど 粉粒の大きさが違います。 強力粉は硬い小麦粉からつくるので粒が粗く、サラサラしてるのに対し、薄力粉は粒が細かく、しっとりしたような、なめらかな手触りです。 このような特性から、料理をする時には用途に合わせて小麦粉は使い分けられています。 ちなみにパスタの多くはイタリアやオーストラリア産などの デュラムセモリナ粉というパスタ用の小麦を粗挽きしたものが原料ですが、中力粉や強力粉を好みの配分で 混ぜて作ることもできます。 その他にも、同じ料理なのに強力粉だけで作ったり、強力粉と中力粉を混ぜて作ったりとレシピによって配合が異なることも多いです。 例えばパンは強力粉だけで作ることもあれば、薄力粉を混ぜてフワフワのやわらかいパンに仕上げる作り方もありますよ。 また「 レシピに小麦粉って書いてあるけど、薄力粉でもいいの?」という時、ケーキやクッキーといったお菓子ならばセーフ。 パンを焼く時は強力粉がベースなのでNGです。 そこの判断を自分でするのは少し難しいですね。 ただ 料理に使われることが圧倒的に多いのは薄力粉です。 ハンバーグを作る時にはパン粉を混ぜますが、パン粉の代用としてお肉を成形後に薄力粉を全体にまぶす方法もおすすめです。 薄力粉は粒が細かく粘りも少ないので簡単に扱いやすく、フライを作る時に食材をコーティングしたり、お好み焼きのように弾力はさほど必要ない料理に使ったりと 使い方の幅が広いんですね。 一般的にレシピの中で「小麦粉」と呼ばれるものは薄力粉を指していることが多く、 レシピに「中力粉」や「強力粉」と書いていなければ、大抵の場合は「 小麦粉=薄力粉」と思っていても問題ないでしょう。 小麦粉の栄養価が気になる!薄力粉・中力粉・強力粉の違いは? 栄養価の中でも特に気になる小麦粉のエネルギーは、• 薄力粉:100gあたり368kcal• 中力粉:100gあたり368kcal• 強力粉:100gあたり366kcal と、実はどの種類もほぼ変わらないんです。 なので材料の小麦粉の種類によって摂取エネルギーに差が出るわけではないですが、小麦の殻つきのまま粉末にして食物繊維が豊富な全粒粉を使ったパンや麺類はダイエット向きのイメージですね。 他にも 小麦粉には セレン、 モリブデンといった栄養素があります。 セレンは人間にとって必要不可欠な五大栄養素・ミネラルのひとつで、体内のサビつきの原因となる「活性酸素」から体を守り、体の内側から 若々しさを保つ効果が期待できます。 ビタミンEと一緒に摂ることで効果が高まるので、ビタミンEの豊富なアーモンドを一緒に食べるのがオススメ。 またモリブデンは代謝に関わる必須ミネラルのひとつで、人間の体内では酵素の構成成分となり、 糖質や脂質の代謝を助ける働きがあります。 よく「パンとご飯のカロリーはさほど変わらないけれど、ダイエット中には腹持ちの良さからご飯が良い食品」と聞きますが、パンを食べていたら痩せないというわけではありません。 パンや麺類を食べながらキレイに痩せることを目指すことだってできますよ! 薄力粉しかないときに、代用しても大丈夫? レシピを確認してみたら、強力粉や中力粉を使わなければいけないところを、ストックしていたのは薄力粉だけだったので他の使い道がないかと考える方も多いですよね。 でも、結論から言えば、 料理初心者の方や 小麦粉を使った料理を作り慣れていない方はあまりおすすめできません。 例えばパンを作りたいと思った時に、強力粉が100gほど足りないので代わりに薄力粉を使っても失敗する可能性が高いです。 あまり作り慣れていない人が勝手に材料を入れ替えるよりも、 きちんと料理を学んだ人のレシピに従う方が無難です。 ですが、絶対にやってはいけないというわけではないんです。 実際のところ、天ぷらやケーキには薄力粉、うどんには中力粉、パンや生パスタには強力粉…といった感じで使い分けるところを、それとは違う種類の小麦粉で代用しても大きな問題はないでしょう。 元は同じ素材ですしね。 もしかしたら、代用レシピの方が好みの食感ということもあるかもしれませんし、一度チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。 薄力粉で代用レシピを成功させるコツ 一般家庭でも多く作られる「餃子・うどん・パン」を薄力粉で作る時のコツをご紹介します。 パンの場合• 薄力粉に熱湯入れてよく練り、「湯だね」にする• 薄力粉と塩と1の湯だねを入れ、菜箸で混ぜ、まとまったら台に移す• 台に押し付けるようにして揉んだり、叩きつけるようにしたりして滑らかになるまでこねる 残りの作業は普通のパン作りと変わらないですが、薄力粉を使うとどうしても 高さのあるパンは焼けないので、 ベーキングパウダーを使用すると良いでしょう。 ちなみにこれとは逆の、薄力粉を使ったレシピを作る時に強力粉で代用する場合は 「こねすぎないこと」がコツになります。 強力粉は一番粘り気が強く、こねてから焼くと固くなりやすいのでスポンジケーキなどフワフワした食感のお菓子には向いていない食材です。 そのため粘り気などの特徴が出ないよう馴染ませるようにして混ぜたり、ベーキングパウダーやコーンスターチを混ぜるなどの工夫が必要なんですが、さじ加減が難しいと思います。 次章では使いかけの薄力粉を正しく保存する方法について紹介します。 開封後の薄力粉を保存する方法 薄力粉を開封後は一度で使い切れないことが多いと思いますが、 保存方法を間違えると体調を崩す原因になる可能性があるので注意が必要です。 特に小さなお子さんがいるご家庭では知っておいて欲しい、薄力粉の正しい保存方法を紹介します。 ダニは加熱調理した後の死骸もアレルゲンとなるため、お好み焼きやパンケーキを食べてアレルギー症状で搬送された例が多くあります。 そして粉ダニは非常に小さく、小麦粉のパッケージについているジッパーの隙間からも侵入できてしまいます。 これを避けるため、開封した小麦粉は保存袋を二重にするなど、しっかりと 密封して保存しましょう。 また 臭いや湿気が吸着しやすいという性質があるので、 臭いの強いものの近くには置かず、涼しい、乾燥した場所を選ぶこともポイントです。 パッケージを密封できるタイプのクリップ( エニーロックなど)でしっかり留め、さらに密封タイプの保存袋やタッパーに入れるという二重構造にしておくと良いでしょう。 薄力粉と小麦粉は何が違うの? 薄力粉は小麦粉の一種です。 薄力粉以外に中力粉、強力粉に分けられます。 ライ麦についてはで詳しく紹介しています。 炭水化物の含有量についてはを参考にしてください。 料理ではどうやって使い分けたらいい? 薄力粉は小麦粉料理の基本として幅広く使えます。 中力粉は適度なコシが求められるうどん、強力粉はパンなどに使われます。 中力粉や強力粉がないけど薄力粉で代用できる? 不可能ではありませんが 料理初心者はレシピで指示された小麦粉を使いましょう。 代用する一例としては、本来強力粉を使う餃子の皮は熱湯を使いますが、薄力粉で代用する場合は水からこねると良いでしょう。 開封後の小麦粉はいつまで使える? 開封後は1年以内に使い切りましょう。 ただし、ダニが発生するおそれがあるので、しっかり密閉して保存してください。 小麦粉を使う料理は、 途中で味見ができないものが多いですよね。 パンは生地をこねたり発酵させたりしている間、 ただただ美味しく出来上がることを祈りつつ、 レシピ通りに進めるしかありません。 ケーキやクッキーも、オーブンで焼き上げて初めて味や食感がわかります。 作り慣れて「生地がこんな感じの状態なら、美味しくできるぞ!」という感覚が身についてくるまでは、完成するまでずっと、とにかくレシピ頼りです。 そんな状態で作っている人が「 レシピ通りの材料を揃えない」というのは、かなりのチャレンジなのでは?と思います。 私自身もパンやお菓子を時々作っていますが、いろんな方のレシピを試して自分の好みと合うかを探る日々ですよ。 代用をしたいな~とお考えの方は、ぜひぜひプロのレシピを探してみてください。 ネットでしつこく検索するもよし、図書館のレシピ本で探すもよし、思い切ってポチっ!と購入するもよしです。 好みのレシピを探すのは少し大変かもしれませんが、その最初の苦労がこの先ず~っと成功し続ける秘訣だと思います。 何度も作るうちに、少しずつ美味しくできる時の感覚が身についてきますから。 そうやって美味しいレシピを覚えていけば、毎日の食卓も豊かになります。 美味しい料理をたくさん作ってくださいね! 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

違いに注意!米粉と小麦粉の違いと使い方について

薄力粉 小麦粉 違い

市販されている4種類の小麦粉 日本国内では、4種類に分類されます。 薄力粉:約6. 5~8. 中力粉:約8. 0~10. 準強力粉:約10. 5~12. 強力粉:約11. 5~14. 5% しかし、4分類がすべてではありません。 たとえば、パン、菓子、麺では異なる小麦粉が用いられますし、パン専用の小麦粉の中にも「食パン用」「フランスパン用」などのように分けられます。 また、同じ食パン用であっても「ボリュームがでやすいタイプ」「クラスト(外皮)がパリパリになりやすいタイプ」など、ニーズに合わせた様々な小麦粉が存在します。 基本的に、小麦粉のタンパク質含有量は品種による違いです。 しかし、同じ品種であっても産地や栽培方法による違いが生じます。 小麦粉には、1品種のみが原料とされることもあれば、複数の品種をブレンドされることもあります。 分類だけでは、分からないことが多いのです。 小麦粉4種類の使い分け方法 小麦粉は、種類によって使い分けられます。 薄力粉は「菓子や料理など」、中力粉は「麺や菓子など」、準強力粉は「パンや麺など」、強力粉は「パンなど」のように用途の違いで分けられるのです。 薄力粉:菓子や料理など• 中力粉:麺や菓子など• 準強力粉:パンや麺など• 強力粉:パンなど しかし、上記はあくまでも簡易的な分類です。 薄力粉の中には複数の異なる特徴を持つ薄力粉がありますし、中力粉、準強力粉、強力粉であっても複雑に細分化されています。 4種類の小麦粉は、大まかな分類であるということになります。 分類の不確実性と等級 小麦粉の4分類は、タンパク質含有量によるものです。 小麦粉にはタンパク質含有量のほか、「灰分(リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄など)による分類」があります。 等級と呼ばれる分類法です。 灰分含有量が低い(外皮や胚芽の混入の少ない)ものから、特等粉、1等粉、2等粉、3等粉、末粉のように分類されています。 特等粉(0. 3~0. 1等粉(0. 35~0. 2等粉(0. 45~0. 3等粉(0. 7~1. 0%):グルテン(もしくは澱粉)など• 末粉(1. 2~2. 市販品の多くは2等粉までであり、3等粉以下は加工原料や飼料として用いられています。 また、日本ではタンパク質含有量による分類(薄力粉、中力粉、準強力粉、強力粉)が用いられていますが、フランスでは灰分含有量による分類が用いられています。 まとめ 小麦粉の違いは、タンパク質含有量の違いです。 しかし、基本の4分類(薄力粉、中力粉、準強力粉、強力粉)以外にも複雑に分類されていますので、一概に「薄力粉なら同じ」とは言えません。 家庭向けに、簡易的な「4分類にされている」ということになります。

次の