伊之助最後。 【鬼滅の刃】狂気に満ちた童磨の最期!鬼殺隊との決着は?しのぶを通して知った感情とは?

伊之助の言い間違いがひどいw炭治郎の呼び方が多すぎ!?

伊之助最後

スポンサーリンク 満開の桜と人間の禰豆子 炭治郎のベッドに禰豆子、善逸、伊之助が集まっています。 善逸と伊之助は眠ってしまっていて、炭治郎と禰豆子は二人で満開の桜を眺めていました。 「綺麗だねえ」と、桜の美しさをしみじみと感じている様子の禰豆子。 悪い鬼がいない世界になりました。 しかし、それと引き換えにあまりにもたくさんのものを失ったのです。 大切な人たちが大勢亡くなりました。 それでも生き残った者たちは生きていかなければならない。 この体に明日が来る限り。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 禰豆子は炭治郎の左手を取り、お爺ちゃんみたいにしわしわになっちゃったねと言いました。 腕の上げ下げはできるものの、肘から下の感覚がないそうです。 右目も、形が整っているだけで見えてはいないそうです・・ 鬼になったときに一度は回復した左腕と右目ですが、人間に戻った時点で機能しなくなってしまったのですね。 しかし自分のことよりも、禰豆子や他の人たちを傷つけてしまったことを申し訳なく思っている炭治郎。 みんなにも申し訳ないよ、と三か月たっても気にしていました。 そんな炭治郎を、 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そんなこと気にする人いると思う? もう謝るのは なし 次謝ったら、おでこはじくからね と、たしなめる禰豆子。 そして、お兄ちゃんが人間に戻れて良かった、と言いました。 スポンサーリンク 愈史郎の言葉 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 愈史郎によると、炭治郎が人間に戻れたのは、しのぶの薬と禰豆子の二つが要因だったのだそうです。 ある夜、愈史郎は炭治郎の見舞いに蝶屋敷を訪れていました。 炭治郎が一番最初に噛んだのが鬼の抗体を持っている禰豆子だったため、しのぶの薬とうまく反応してすぐに人間に戻ることができたのだろうということです。 さらに、一瞬で太陽を克服した炭治郎は、禰豆子よりも鬼の素質があったのだと言いました。 しかし人間に戻ることを選んだ炭治郎。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 愈史郎は、これまで見せたことのない優しい表情で、本当によく頑張ったな、と炭治郎をたたえたのでした。 炭治郎が涙を浮かべて謙遜していると、冗談で言ってるんだ真に受けるな、とすぐいつもの冷淡な表情に! そのまま帰ろうとする背中に向かって炭治郎は 愈史郎さん死なないでくださいね と呼びかけました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 珠世のことをずっと覚えていられるのは愈史郎だけだから、と。 炭治郎は、愈史郎の様子から何かを感じ取ったのでしょう。 しかし愈史郎とはそれっきりになり、その後の消息はわからないままのようでした。 スポンサーリンク 最後の柱合会議 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして場面は変わり産屋敷邸。 輝利哉、くいな、かなたの三名と、風柱の実弥、水柱の義勇で最後の柱合会議が行われていました。 輝利哉は、鬼殺隊は今日で解散することを伝えました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、長きに渡り世のため人のために戦ってくれたことに対して産屋敷家一族一同、心より感謝しますと、手をついて二人に感謝の意を表しました。 実弥と義勇は、産屋敷家があったからこそ鬼殺隊が存続できたこと、輝利哉が立派に努めを果たしたことを先祖は皆誇りに思っているであろうことを伝えます。 二人の言葉を聞いて涙を流す輝利哉と妹たち・・ まだ十歳にも満たない年齢の彼らが鬼殺隊の最後の戦いを率いたことは、並々ならないことでした。 そして、お互いに笑顔をかわす実弥と義勇。 性格が違いすぎてお互いなかなか分かり合えなかった二人ですが、最後に心を通わすことができたようで良かったですね!! スポンサーリンク 伊之助とアオイ 蝶屋敷には毎日色々な人がお見舞いに来ています。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 元音柱の宇随天元とその三人の嫁、炎柱の煉獄杏寿郎の父槇寿郎と弟千寿郎、そして刀鍛冶の里の人たちや、隠たち。 槇寿郎は、杏寿郎の鍔を付けて戦ってくれた炭治郎に対して感謝の言葉を述べました。 そんな中、伊之助は台所へ・・ 食事の用意をするアオイの目を盗んでつまみ食いをしますが、すぐにアオイに気づかれてしまいます。 また盗み食いして!!と怒られる伊之助。 背中を向けているのに何故すぐ気づかれるのか、もしかして強いのか?と焦る伊之助が可愛いです。 アオイは、お腹空いたならこっち食べて、と、伊之助用に用意しておいたおむすびと卵焼きのお盆を渡しました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 自分用に用意してくれていたアオイのおむすびを嬉しそうに食べる伊之助。 人からの優しさを素直に受け取り、それを喜ぶことができるようになった伊之助も成長しましたね。 スポンサーリンク 鏑丸を託されたカナヲ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 庭には満開の桜の木の下、カナヲが立っていました。 桜を見上げながら、初代の剣士に、鬼を倒すことができたことを教えてあげたい、と話すカナヲを、やさしいと思いながら見つめる炭治郎。 カナヲの目と傷を心配する炭治郎ですが、全然見えないわけじゃないんだよ、傷もいたくないよと笑うカナヲでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そしてカナヲの首元から鏑丸がにょろりと現れます。 風柱様がくれたんだ、とカナヲ。 主人がいなくなってしまった鏑丸を預かっていて、カナヲに託したようでした。 昔は表情も乏しく、自分で何も決められなかったカナヲ。 辛いこともありましたが、色々な経験を経て、自分の想いを口にしたり笑顔になれるようになって本当に良かったと思います。 カナエとしのぶは亡くなってしまいましたが、アオイ達や、蛇の鏑丸もいるのでさみしくはないと思います! スポンサーリンク 禰豆子に謝る実弥、そして・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして鏑丸をあずけるために訪れていたらしい、風柱の実弥。 廊下でばったりと禰豆子と出会います。 こんにちは!怪我は大丈夫ですか? と朗らかに話しかける禰豆子に対して、実弥は少し気まずそうな雰囲気・・ そして、悪かったな色々・・と謝りました。 無惨を倒した後もひと悶着あったようだが、その間自分は寝ていたし、と。 色々、というのは、かつての柱会議のとき禰豆子を殺そうとしたことなども含まれているのでしょうか? そういう実弥に、禰豆子は 私なんて二年くらい寝てたことありますよ! お兄ちゃんも戦いの後一か月くらいほとんど寝てたし。 と明るく応えるのでした。 私寝るの好きです、という、ニコニコ笑いながら話すその様子が弟の玄弥と重なり、 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 実弥はそっと禰豆子の頭をなでるのでした。 実弥の優しい笑顔とそのしぐさにドキドキしている禰豆子! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、それを陰で目撃している善逸・・・!! 嫉妬心に燃えている善逸も、すっかり元気なようですね。 そして、師匠である鱗滝さんと義勇も炭治郎たちに会いにきてくれました。 義勇は髪を切って短髪になっています。 右腕がなくなってしまって束ねることができないからでしょうか? ここでも義勇は微笑んでいて、あたたかい時間が流れています。 スポンサーリンク 新たな出発 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして翌日。 炭治郎と禰豆子、善逸、伊之助の四人は、炭治郎たちが住んでいた家に向かいました。 途中、亡くなった隊士や仲間の墓をお参りしながら家の近くまで来ると、傘を持った人物が。 三郎爺さんです!! 物語序盤で、夜道は危険だからと家に泊めてくれたおかげで炭治郎は無惨の攻撃を受けることなく一命をとりとめたのですよね。 竈門家があんなことになり、ずっと心配していたのではないでしょうか? 炭治郎たちと再会して、抱き合って涙を流す三人。 ここだけ見ると、なんだか修学旅行のようで楽しそうです! そして時は流れて、なんと時代は現代へ!! 次号に続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ204-205話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 最後の一コマが意外でした! その後、大きな事件もなく大正~昭和~平成、そして令和へと時代は移ったということでしょうか!? 舞台が現代だとすると、生き残っている可能性があるのは愈史郎くらいでしょう。 一番若かった産屋敷家の子供たちも、元気だとしても百歳以上ですし・・ 次回、何が語られるのか? 非常に楽しみです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、今回人間の禰豆子をたっぷり見ることができました。 物語が始まってからずっと鬼だったので、禰豆子ってこんな子だったんだ、と、新鮮な感じでした。 朗らかで優しく、誰にでも好かれる性格ですね。 女性版炭治郎という感じでしょうか!? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 産屋敷家の全て終わった、という安堵感と、実弥と義勇の間に流れる穏やかな雰囲気も良かったです。 善逸と伊之助は、あのまま竈門家に居候するのでしょうか? それとも、一通り片付けを手伝ったらそれぞれの家に帰るのでしょうか。 といっても二人とも帰るあてはないはず・・ どちらにしてもしばらくは一緒に暮らすことになるのでしょうね! 今回は登場人物が勢揃いで、とても盛り沢山な内容でした。 全員が笑顔で、その笑顔が心に沁みる回でした。 次回、どんな未来が語られるのか・・楽しみですね。

次の

嘴平伊之助は神崎アオイとなぜカップリング?最終的に結ばれる?【鬼滅の刃最終回】|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

伊之助最後

スポンサードリンク 蝶屋敷でアオイと再会!? 治療のために伊之助も蝶屋敷に寝かされることになると思います。 そこで、 アオイたちとも無事再会を果たすことになるでしょう。 アオイといえば、伊之助との組み合わせが人気のキャラクターです。 その二人が何故そこまで人気なのかというと、それはおそらく 遊郭編の後のやりとりでしょう。 遊郭編では、みんなが何日間も意識を失った状態だったようです。 中でも伊之助は、 毒が回ったせいで呼吸による止血ができずかなり酷い状態だったとアオイは泣きながら話していました。 当の本人は、それを天井に張り付いた状態で聞いていましたが。 その後、アオイは伊之助に小言を言い、それに対して伊之助はうるさいと怒ります。 周りから見ればそれはまるで痴話喧嘩ですね。 こういったやり取りから、二人が仲良くなっていくのではないか、と考える人も多かったのでしょう。 ちなみにその場面は、 『鬼滅の刃』12巻に収録されている100話にあります。 ぜひチェックしてみてくださいね! スポンサードリンク 最終的に伊之助とアオイは結ばれるのか!? では、気になる二人の今後について考えてみたいと思います。 伊之助とアオイの二人ですが、 今回の再会でまた少し距離が近づくのではないかと思います! 実際にで伊之助がお腹が空いてつまみ食いしようとしたところ、アオイにすぐ見つかって、なんでこいつすぐ俺に気づくんだ…と動揺していましたね。 さらにアオイは伊之助の行動を見抜き、これがあなたのお盆、と伊之助専用のおにぎりを用意していたのです! これは明らかに伊之助のことを他の人とは別に、アオイが考えていると思って間違いないでしょう。 ただ、一気に恋人へというところまでは進まないと思います。 なんせ相手があの伊之助です。 普通の恋愛として進展していくのはなかなか難しいのではないでしょうか。 しかし 伊之助のことなので、突然ドキッとさせるセリフや行動に出る可能性も十分あります! 伊之助よりアオイの方が、自分の恋心に気づくかもしれませんね。 そして なんだかんだで名物カップルのようなものになっていくのかもしれません。 しょっちゅう喧嘩しては、またやってるー!といったような感じに微笑ましく見られていそうですね! スポンサードリンク その他の可能性 では、他に伊之助がやりそうなことといえば何が考えられるでしょうか。 まずは 自分の山に帰ることですね。 山の様子が気になり、ちょっとだけ帰省することもあるかもしれません。 また、 母のいた場所を訪ねてみるというパターンもあると思います。 ちょっと旅に出る、と言ってふらりと出ていきそうですね。 また、炭治郎たちの家にも遊びに行きそうです。 その時はぜひ善逸やアオイも一緒に! ここに玄弥がいないのが辛いですが… 同期たちでお疲れ様会、的なものをやってくれたら楽しそうですね。 後もしアオイと一緒になるのなら、そのまま蝶屋敷に入る可能性もあり得ます。 アオイの献身性にも思える想いやりが嬉しそうでしたから、戦わなくても良くなった今、新しい生き方として目覚めるかも?? 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【鬼滅の刃】伊之助の初登場シーンがやばいw何巻の何話?

伊之助最後

漫画研究所です。 今回の記事は「鬼滅の刃・163話」についてです。 今回は「5人の勝利!」といったところでしょうか。 カナエ・しのぶ・カナヲ、そして伊之助。 最後の1人は伊之助の母です。 伊之助の母である琴葉も、伊之助を崖から落とすことで生かし、最終的にその伊之助が仇討ちに大きく貢献しました。 童磨討伐に伊之助はなくてはならない存在でしたので、琴葉も童磨討伐に貢献したと言えるでしょう。 今回は、私的に非常に後味のいい終わり方となりました。 本当に何も感じていないようですね。 そして童磨には、変異のような現象は現れませんでした。 負けたことが悔しいという気持ちもないようです。 童磨の過去も少し出てきました。 色狂いの父を殺した母も服毒自殺。 壮絶な過去ですね。 しかし、それが原因で感情を失ったというわけではなく、童磨は生まれつき感情が無かったようです。 両親が死んだ時も、部屋を汚さないでほしいとか、血の匂いを早く換気しなきゃと、すごく合理的な判断をしています。 でも、こういう人ってたまにいませんか?笑 人間の中にもいたような気がします。 しのぶさん しのぶさんは童磨に、最期の挨拶をしにきたようです。 これで安心して成仏できるということは、しのぶさんは成仏できていなかったのですね…。 気色悪いので名前を呼ぶなというしのぶさん。 気色悪いのに首は持てるようです笑 今回のしのぶさんの毒は、珠世さんの協力もあり、一気に発動し、最速で殺せるように仕組まれていたのでしょう。 途中で毒に気付かれていた場合、解毒されていたかもしれません。 そして、最期の最期で童磨の恋が芽生えました。 これは驚きの展開でした。 最期のシーンは少し可愛くも思えました。 しのぶさんは一瞬驚きながらも 「とっととくたばれ糞野郎」 と、最大限の悪態をつきました。 このときのしのぶさんの笑顔は、何だか嬉しそうなようにも見えます。 仇討ちも終わり、童磨が本当にしょうもない奴だと改めて知り、気持ちが晴れたのかもしれません。 伊之助 伊之助は、母の愛を思い出したようですね。 赤ん坊の頃のことなので、思い出したというよりは「理解した」と言う方が正しいかもしれません。 炭治郎の 「そんなふうに言わないであげてくれよ」 という言葉も良かったですね。 炭治郎は、母親がどれだけ子供を愛しているのか知っています。 そうでない親がいたとしても、そうは言ってほしくない。 そして炭治郎は 「伊之助のお母さんはきっと、伊之助のことが大好きだったと思うよ」 と続けました。 炭治郎は、伊之助の母である琴葉が、伊之助を大好きだったことを知っているわけではありませんが、この言葉によって伊之助は救われました。 伊之助は感受性の豊かな人物です。 しのぶさんが童磨に殺されたと知ったときも、激怒していました。 煉獄さんが亡くなったときも号泣していましたね。 伊之助はとても優しく魅力的なキャラクターです。 カナヲ カナヲの過去も少し出てきました。 カナエさんが亡くなったとき、カナヲだけは泣くことができなかったようです。 それは、過去の虐待により、感情を失っていたからでした。 カナヲはごめんなさいと言っていますが、カナヲに責任はありません。 過去に虐待を受けていたカナヲは、泣くと蹴飛ばされ、引きずり回されて水に浸けられていたそうです。 虐待をしているのは、鬼のような形相の人間。 人間でありながら、鬼にも勝る非道さ。 童磨のほうがまだ可愛い気すらします。 兄弟が殺されることもあったそうです。 そんなカナヲも、カナエとしのぶによってここまで持ち直してきました。 そして、2人の助言通り仲間を大切にし、結果として伊之助の参戦、童磨を討つことに成功しました。 問題はカナヲの右目です。 ほとんど見えていないということから、まだ完全に失明したわけではなさそうです。 短時間しか技を使わなかったため、この程度で済んだようです。 しかし、これからどうなるか。 回復して前線に復帰してくれるといいのですが。 このままフェードアウトというのは悲しいものです。 そして最後に、髪飾りを見つけたカナヲは今まで無意識に抑えられていた感情があふれ出し、涙を流しました。 感情を取り戻してくれて、本当に良かった。 まとめ的なもの 次号では、泣いてるカナヲに伊之助が気を遣おうとするものの、うまくできずにあたふたするといったシーンがありそうです。 そして、黒死牟さんや無惨さんもお怒りになるかと思われます。 このまま上弦が倒されていくと、そのうち無惨さんだけになってしまいますよね。 そこで一つ考えたのは、上弦以上の何か違う存在が生まれることはないのかということです。 上弦、下弦というのは半月のことなので、満月にちなんだ存在とか…。 しかし、今までにそんな話は一切なかったので、期待は薄いところです。 鬼滅の刃も約ネバも、今のジャンプを支える看板作品だと思うので、まだまだ続いてほしいところです。 今後の新展開に期待しましょう。

次の