イナバ 物置 組み立て。 【イナバ物置#2】基礎施工の失敗 〜コスト削減のためにDIYで組立てしてみた〜 すすむ|susumu

100人乗っても大丈夫なイナバ物置は一体何分で組み立てられる?勉強会で組み立て競争に参加してみた! 2016

イナバ 物置 組み立て

物置小屋の価格はいくら?格安販売しているヨド・イナバ・タクボの値段とは 実はホームセンターでの物置の販売価格は、「 定価の3割引で安く販売」されていたりします。 また売れ筋の国内メーカーである「ヨドコウ・イナバ・タクボ・サンキン物置」の 35%OFF以上の販売状況を紹介しますので、どの位の目安で売っているのかを参考にして下さい。 【 ヨドコウ、イナバ物置、タクボ物置の販売状況一例】30%引き~35%引き 【 タクボ物置の販売状況一例】35%引き~40%引き 【 サンキン物置の販売状況一例】40%引き~45%引き ネット通販の安さとあまり大差はない様な状況でもあります。 個人的にはホームセンター購入でも、これからメリットも紹介しますが、充分良いものと考えます。 また物置小屋の販売価格が「定価の1割・2割引程度」だった場合、お買い得感は感じられません。 「新製品でこの商品が今直ぐに欲しい・必要など」の事情がなければ、急いで購入しない方が良いと思います。 定期的に安売りをしている割引セールで、「35%引き以上で購入」することが出来れば、お得感があると言えるでしょう。 スポンサーリンク 物置が激安!アウトレット価格で買えるホームセンターの物置小屋は安い ホームセンターでは、定期的に「モデルチェンジ、展示品特価販売、在庫処分、商品入れ替え」など、格安販売されている事があります。 そこで時期が合えば「 激安アウトレット価格」で物置を購入することが可能です。 問題なのが、展示品なので中古物置として扱われ、処分価格の「 半額5割引!」になるのです。 これ以上安値で売っているのは、あまり見たことがないので安く購入したい方にとってはお買い得価格でしょう。 展示品の販売事例1 イナバ物置(NXN-25S(MB))が激安のアウトレット価格! 145,800円が 半額の50%OFF 72,800円(税込) 諸費用28,080円(標準組立工事17,280円(税込)、転倒防止工事費用10,800円(税込)) 展示品の販売事例2 ヨドコウ物置(エスモESE-1807A)がなんとびっくり価格の 半額セール!展示品特別価格で提供 97,200円が 半額の5割引! 48,600円(税込) 諸費用22,600円(標準組立工事11,880円(税込)、アンカー工事(転倒防止)費用10,800円(税込) 展示品の販売事例3 サンキン収納庫「SK7-35」が驚異の 最安値6割引き! 51,192円が半額以上の約60%OFF 21,384円(税込) 諸費用22,680円(標準組立工事11,880円(税込)、転倒防止工事費用10,800円(税込)) 旧モデルの物置がどうなるかと言えば、家電製品と同じで、大幅な値引きが見込めます。 エアコンが在庫限りで割安に販売されている事を見たことはありませんか?メーカーは、新モデルの商品が出るので既存の在庫を処分する事もあります。 割安でも、倉庫代・保管代・場所も取る事から、利益を確定させるために処分し売り切らなければならないのです。 それが物置でも言えますので、近場のホームセンターで 50%OFFで販売している場合があります。 ネックは、屋外物置・展示品であること、ほぼ新品同様ですが中古ということです。 中古物置というマイナスポイントを気にしないのであれば、割安に購入できることでしょう。 ホームセンターなどの大型量販店へ行けば、「 3割引以上で無難に購入できる」「 激安アウトレット価格」もあるということです。 激安に購入することも重要ですが、失敗や後悔しないためにも「 」も気を付けるべき大切なポイントです。 物置が安い時期はいつ? 安く購入するためには、ホームセンターで「 謝恩セール・協賛セール・年末セール・決算セール・展示入替セール」等の時期的なもの、期間限定のお買い得な割引セールをしていることがあります。 そのチャンス時期に買えればラッキーです。 こういった特別セールは、安く購入するための重要なポイントなので、「購入時期のタイミング」「新商品との入れ替え時期」「運的要素」が合えば、お買得な買い物が出来る事でしょう。 スポンサーリンク ネットショップVSホームセンター!物置の値段と購入はどっちがオススメ? 結論から言わせて頂ければ、物置の値段はほとんど変わらない様な状況でもあります。 ネットショップとホームセンターどちらも、定期的に「30~50%引きの割引セール」をしていたり、「期間限定の割引やアウトレットセール」等もしていたりします。 ネット専門の販売業者さんは、物置を安く提供していますが組み立ての施工はしません。 実際の施工は、施主の近隣に所在する協力会社さん(下請け業者)へ、基礎工事と組立を委託しているのです。 首都圏であれば、設置工事は可能でしょう。 そして、一つだけ注意して頂きたい点があります。 本体価格の値引き金額だけに目を奪われない事 「 標準工事費と転倒防止費用(アンカー工事)がいくらなのか?」を確認して下さい。 標準組立工事は 約1万円から 小さなコンパクトサイズから大型サイズの物まであり、組立費用も様々。 大型物置であれば、組み立て時間と労力が掛かるので、施工費用の値段が加算されていきます。 土アンカー工事も 約1万円程度。 転倒防止工事は、台風や災害も多い事から絶対にやっておくべき必要不可欠な工事です。 大型物置であれば、本格的な基礎工事(布基礎・ベタ基礎)の必要性も検討しなければなりませんので注意が必要です。 物置設置完了まで依頼をすれば、最低でも「組立・転倒防止工事」として、 別途2万円程度掛かります。 ネットで本体価格は安かったけど、上記の費用(別途工事費用約2万円)を合計したら、ホームセンター購入価格(3割引、標準工事費と転倒防止費用込)と同じことになる事もあるでしょう。 ネットとホームセンターどちらも、安いセール時期はありますので、甲乙つけがたとしか言いようがありません。 トータル料金で比較する事、タイミングよく4割引き前後など、大幅値下げをしているタイミングで物置を購入することが出来れば、割安でお買い得と言えるでしょう。 おしゃれでかっこいい物置小屋を購入するには現物確認が重要 ホームセンターには国産メーカーを始め、コストコに至ってはアメリカンの木目調の物置など、多数の展示品が置いてありますので、必ず現物を確認してから購入することをオススメ致します。 物置は「百聞は一見にしかず。 」小型から中型や大型サイズのものまで、シャッター・倉庫・駐車場まで様々あるのです。 実際に現物を見なければ、物置のサイズや圧迫感「高さや奥行・間口等の寸法、密閉性・容量」等が、具体的にどんなものか判断できません。 中には自転車を物置に収納したい方もいますので、現物確認は重要です。 参考「」 「これが欲しい!」と納得しなければ、「実際の見た目・おしゃれな物置・サイズ・ガルバリウムの材質・塗装の質感、便利性、サビの耐久性」など実感できず後悔するばかり。 荷物の収納力や容量、収納棚はほとんど似たようだけど、ペコペコした材質や底板、レールの溝にホコリやゴミが溜るなど、ちょっとした細かな点が目に付くのです。 また物置小屋の設置場所を、自宅の屋外に位置決めをする際はレイアウトも大切、隣地とのトラブル防止のため「陽が当たらない・屋根の排水が流れてくる・雪下ろし」等、隣の家に迷惑が掛からない様にもしなければなりません。 そしてコンクリートを打ち込むのか基礎ブロックを配置してアンカー工事・ワイヤー固定等をするのか決めます。 大型物置などは、容易に移転して引っ越しも出来ませんから、慎重に場所の選定をしなければなりません。 自宅にマッチングして溶け込むのか合うのか、物置の雰囲気と現物確認もまた必要不可欠です。 物置メーカーも多数あるのをご存じですか?「イナバ・ヨドコウ・タクボ・ダイケン・サンキン・グリーンライフ・メタルシェッド・ビニトップ・ダイマツ・マツモト・カインズホームのオリジナル自社製品」など、どれが良いのか選定に迷うことでしょう。 各物置メーカーともに、「 デザイン・サビの耐久性・性能」などの特徴が様々、価格も数万円のものから10万円以上のものまで幅があります。 販売価格も大きさのサイズで値段は違いますが、いくらぐらいを目安にすれば良いのか迷うところもあります。 まずは、後で失敗や後悔しないためにも展示品を見て気になった「 物置メーカー同士を比較検討すること」です。 他社メーカーを比較しなければ、何の特徴があって・使いやすく便利なのか、コストパフォーマンスに優れているのか分かりません。 物置購入に迷ったら「 」を参考にして下さい。 スポンサーリンク 物置設置の問題点!物置小屋の基礎工事と組立て・保証はどうする? ホームセンターやネットショップで物置を購入するにしろ、大体の方は組み立て工事費用を払って、後は職人さんに任せるパターンが多いものです。 業者さんへ物置の設置を依頼すれば、その分人件費の費用が掛かりますので、本体代プラス施工費がかさみます。 本体以外に掛かる費用は、最低でも「 標準工事費用と 転倒防止費用の 約2万円」掛かります。 1 標準工事費用「 組立代10,800円」(内訳:組立1万、消費税8%) 2 転倒防止費用「コンクリートアンカー工事代 10,000円」(1ヶ所2500円、4個所) そして「物置設置工事と保証」の2つについて紹介します。 物置専門工事業者の「組立て代行工事」が楽で安心 実際の物置の施工は、販売店が施工する訳ではありません。 ホームセンターやネットショップと提携している、協力会社である下請け業者さんに業務委託をされるのです。 結論か言うと「予算があって手間なしであれば代行業者」、「節約志向の方で時間があればDIY」の2パターンになります。 おすすめは、専門工事業者へ委託する事です。 予算との兼ね合いもありますが、長年専門に施工しているベテランの職人さんにあたり、「 良質な施工」をして頂ければ安心です。 問題点は、施工する職人さんが「 本業の専門業者なのかどうか」です。 各物置メーカーの組み立て手順や特徴を把握しているのは専門業者になります。 多能工の大工さんと物置専門の職人さを比較すれば、経験と知識・熟練の差が出る事でしょう。 物置だけでなく基礎工事やアンカー工事の知識も豊富なはずなので、施工前に「納得できる回答が得られるのか・相談や提案ができるのか」を考慮した上で決定しましょう。 物置専門業者さんは、物置設置工事の実績が多く経験豊富です。 延床面積に対する設置場所のスペース配置の確認から「方角・寸法・水平の出し方・足場ブロック・高低差の調整・ワイヤー固定」等を考慮していきます。 また自宅の基礎と同じコンクリートを用いた布基礎やベタ基礎をする場合もあります。 各メーカーさんの組立手順も把握しており、何度も同じパターンの工事を経験していますので、短時間にテキパキと施工できるのです。 我が家の物置を設置してくれた職人さんの時には、「 組立に約40分、基礎足場、 転倒防止に約30分」、約1時間程度で作業が完了しましたので参考にして下さい。 ネジと穴の配置から、壁面や底板、支柱や棚などの部材の配置も把握しています。 後ろから邪魔にならないように、「じぃっ~と見て」またリフォームしようかと思いましたが、DIYとなると説明書を見ながら補助も欲しいし時間も掛かるので、職人さんの様にはいかないかもしれません。 職人さんは、メーカーの組立方法や手順が頭に入っています。 担当して頂いた「 職人さんに当たり外れもある可能性は否めません」が、無難に対応して頂き満足のいく施工をしてもらえました。 組立なので、特異な技術は必要ない様な感じです。 また転倒防止アンカー工事もあるので、素人がやるのは時間も掛かるし・道具を揃える必要も出てきてしまいます。 一点心配した点が、施工している時にひっかきキズを付けないか、ちょっとハラハラしたことも。 鋼板に傷や塗装が剥げてサビが出たら、気持ち的にも嫌ですよね。 後は職人さんの「丁寧さか・雑なやっつけ仕事なのか」も不安な点です。 結局は職人さんの腕次第、性格の良い・真面目で細かいまめな方であれば安心です。 心配性な方は、自分でDIYするかメーカーに相談し「傷だけは付けられたくない」「仮に付けた場合どうするのか」念押しした方が良いと感じます。 スポンサーリンク 物置メーカーと販売店の保証はどう?激安価格だけでは意味がない メーカー自体の保証として「 ヨド物置メーカーの5年保証」があります。 更にホームセンターで依頼すれば、サービスセンターの「商品購入と設置工事に対してのトラブル問題」の対応が可能です。 ネットショップも勿論同様ですが、結局は販売店の対応が鍵になる事でしょう。 ホームセンターで購入すれば、きほん消費者の味方となって対応して頂けます。 これまで、ホームセンターで商品やサービスに不具合や欠陥、問題などがあれば、むげな対応をされたことはありません。 ホームセンター経由で物置工事を依頼した際、工事業者の不手際でキズやへこみ・汚損や破損など、何かしらのトラブルもない事もありません。 もし何かしら嫌な問題が生起してしまった場合、ホームセンターのサービスカウンターが間に入り解決してくれるものです。 ネットショップが全て悪い訳ではありません。 不安があるのです。 一見さん(いちげんさん)であれば、うやむやな対応をされてしまうのではないか?最後まで責任を持って対応して頂けるのか?頭をよぎる事もあるでしょう。 施工実績もあって評判の良い責任感のあるネットショップであれば問題はないはずですが、一個人を相手にしていることから不安な面は拭えないこともあります。 一対一はの対応は、優しい人や遠慮したりする方にとって、非常にストレスになるものです。 反対にホームセンターであれば、大衆向けに多岐にわたる商品の販売や「 一個人だけではなく多くのお客様に商品やサービスを提供」していますので、購入したら終わりではなく、お客様目線の対応をしてくれる身近にあるホームセンターが安心と感じるのです。 また第三者・お目付け役(ホームセンター)がいれば、施工業者も継続的に仕事がほしい立場なので、しっかりとした施工と対応をしなければ、仕事がもらえなくなる訳ですから一生懸命にやることでしょう。 気持ち的にも、悩みや問題が生起した場合、しっかりと対応してくれるホームセンターは心強いはずです。 物置小屋をとにかく一番安く抑えたい!節約志向の方には、こちらの記事がオススメです。 「」 解体する際、解体業者へ依頼するのかDIYでするのか2パターンあります。 節約したいのであれば、大人2人で安全にやった方が良いでしょう。 注意点は「解体手順、工具の準備、ネジが錆びていたらサンダーも必要、処分も手間暇掛かる」かも知れません。 サビサビだと解体時に屋根の鉄粉が目に入るかもしれませんので、メガネやゴーグルも準備した方が良さそうです。 怪我をしないためにも、厚手の手袋と少しづつ慎重に解体してくださいね。 注意点 分解手順は、基本組立の逆順です。 説明書はないと思われますので、 1 扉ドア 2 屋根(屋根につぶされない様に気を付けて!) 3 側面壁 4 支柱 5 定番 業者へ依頼すればもちろん解体費が最低でも15000円前後(人工大)。 大きさによって料金が高くなります。 解体費はいくらだったけど、処分料金で取られてしまったら高くなってしまったという事もあるので、総額いくらなのかよく確認して依頼しましょう。 本体の解体・処分費込みの料金 そのた処分費(中の残置物、ブロック、ベタ基礎) ワンポイントとして、解体に伴うステンレスや鉄くずは、鉄くず屋さん・スクラップ工場で売れますよ。 だから処分費を無料にしているのでしょう。 業者さんは2度おいしい思いをしているんです。 解体は組立と違って、雑に扱っても捨てるだけのなので気にしなくていいですね。 横浜大家より 横浜大家のプロフィールはこちら 普通のサラリーマンでも不動産投資で資産を形成する事が出来ました。 しかし不動産投資は「魑魅魍魎な世界」、賃貸経営は危険で怖い世界・決して甘くはありません。 甘い誘惑に目を奪われず、知識と努力が必要です。 サラリーマンでも出来る「ゼロから不動産投資で資産を築いた方法」をお伝えします。 カテゴリー• 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に 横浜大家 より• に さいとう まさひと より• に 佐藤淳 より• に 横浜大家 より.

次の

イナバ物置・ガレージご購入にあたって「設置にかかる費用について」【情報・知識0066】

イナバ 物置 組み立て

イナバ物置の組み立て方法の紹介です。 土台の設置から完成までを解説します。 今回は イナバ物置ネクスタ NXN-30Sを組み立てました。 組み立て方はそれほど難しくないので、DIYでも組み立てられると思います。 1人でも組み立てられますが、なるべく2人以上で作業した方が安全です。 ひとまず、組立に必要な工具は以下の通り。 今回の設置場所は地面が砂利だったので、それに使った工具類です。 それでは、設置方法を解説していきます。 土台の設置 一番最初に土台を設置します。 この作業が一番大事なので、できるだけ丁寧に作業します。 ブロックは別売りなので、自分で用意する必要がある。 4隅の土台の設置 物置の設置場所の4隅にブロックを置き、 土台左右と土台前後をばらして、仮組みしましょう。 この時、土台の対角をメジャーで測って、なるべく正確に合わせておきましょう。 ボルトを緩めに締めておきます。 土台の水平を合わせます。 地面が砂利、または土の場合は基準とする高さは、 一番低い所を基準とします。 一番低いブロックを基準にして、その高さに他のブロックを合わせていきます。 水平を測ってみたところ左奥が低かったので、 このブロックの高さをを基準にします。 ブロックの水平を合わせます。 このように棒などを使って土台を持ち上げながら調整します。 ハンマーで砂利を叩いたり、ブロックを叩いたりして、 ブロックの水平を合わせましょう。 低い場合は砂利を叩く 高い場合はブロックを叩く ハンマーの柄で叩く 基準とするブロックの調整完了。 その他の3つのブロックも同じように調整していきます。 4隅のブロックの高さを合わせたら、対角を再確認。 対角が合っていれば土台のボルトを本締めしましょう。 4隅以外のブロックの設置 周りのブロックを置いて調整していきます。 周りのブロックを置いたら 根田を取り付け、 その下にブロックを置けば、土台の設置は完了です。 本体の組み立て 土台の設置が終われば本体の組立に入ります。 取付説明書では土台が終わったら床の取り付けですが、 私は床の取り付けは最後の方でやっています。 その理由は いちいち靴を脱がなくて済む、ということと、 床を傷つける可能性をなるべく少なくしたいからです。 柱~妻板の取り付け 土台の設置が終わったら、柱を取り付けます。 インパクトドライバーが入らないような狭い場所は、 ラチェットレンチがあると便利。 柱を取り付けたら鴨居、桁後を取り付けます。 鴨居、桁後を取り付けたら妻板左右を取り付けます。 これで、骨組みは終了。 屋根を取り付ける 屋根を置いていきます。 屋根の順序は 左から右の順で置いていきましょう。 屋根を全部置いたら、屋根を仮止めします。 ここから先は 扉を取り付けるまで、全て仮止めです。 後で本締めしないと柱の水平、扉の建て付けが狂う場合があります。 イナバ物置のボルトを止める金具には、 パッキン付きのネジ板とパッキン無しのネジ板があるので、 屋根には パッキン無しのネジ板を使います。 この穴に、 ネジ板を差し込んで、 ボルトで仮止めにします。 屋根を仮止めしたら、 母屋中を取り付けます。 これで、屋根の取り付けは完了です。 次は壁を取り付けていきます。 次のページへ続きます.

次の

NEXTA(ネクスタ)

イナバ 物置 組み立て

型番: MJN-137E(全面棚タイプ) MJN-137EP(長もの収納タイプ) 幅:1,320mm 奥行:750mm 高さ:1,920mm カラー:• アンティークローズ• フレンドリーホワイト• プレミアムグレー• オリーブブラウン• メープルブラウン• イナバ物置はすべて日本国内で生産しています。 施工性の優れたシンプルな構造「イナバ物置 シンプリー」の組み立て方を製品の特長を交えながらご紹介いたします。 組立部品箱 H1-1041• 土台梱包 H1-4013・H1-2016• 床パネル梱包 H1-4223• 柱梱包 H1-4025• 枠梱包 H1-4049・H1-4031・H1-2036• 屋根パネル梱包 H1-2445• 扉梱包 H1-4081〜6• 棚板梱包 H1-0174 イナバ物置 シンプリー MJN-137EP型 は写真のように部材ごとに梱包が分れています。 物置の商品お届け日から組立当日までは、雨濡れや傷が生じる恐れがあるのであまり日にちを開けないようにして下さい。 また、梱包資材を設置場所まで搬入する段階で組立に使用する順番に並べておくと工事がしやすくなります。 設置場所を確認します。 4 1.. 基礎].

次の