アマチュア 無線 コール サイン 検索。 アマチュア無線

アマチュア無線の運用に必要不可欠なコールサイン「呼出符号」とは?

アマチュア 無線 コール サイン 検索

指定されていたコールサインが空いていれば、指定されていた本人に限り旧コールサインを復活することができます。 ここでは、旧コールサイン復活の手順をお知らせします。 旧コールサイン復活の申請 [ アマチュア局を開設している方は、変更手続きで申請 ]• 現時点でアマチュア局を開設している方は、変更手続きで旧コールサイン復活の申請手続きをすることになります。 「復活」の変更手続きをするときは、設備変更(トランシーバーの取り替え、増設)がある場合でも、まず始めに指定事項(呼出符号)の変更手続きを済ませたうえで、改めて設備変更の手続きを取るようにしてください。 指定事項(呼出符号)の変更だけの場合、申請手数料はかかりません。 申請した旧コールサインが他のアマチュア局に指定されているときは、現在指定されているコールサインが継続することになり、提出した申請書類は返送されてきます。 [ 免許が失効している方は、開局手続きで申請 ]• 無線局免許が失効している場合で、改めて旧コールサインを希望する方は開局手続きをしてください。 開局手続きは、申請しようとするトランシーバーによって申請書類のあて先が変わってきますので、詳しいことはを参照してください。 申請した旧コールサインが他のアマチュア局に指定されているときは、原則として、新しいコールサインが指定されることになります。 旧コールサイン復活に必要な申請書類 変更手続きで申請する場合• アマチュア局の無線設備等の変更申請 届 書• 無線局事項書及び工事設計書 —• 旧コールサインを証明する書類• 返信用封筒 1通、免許状送付用 開局手続きで申請する場合• 無線局免許申請書 収入印紙• 無線局事項書及び工事設計書 —• 返信用封筒 1通、免許状送付用• 旧コールサインを証明する書類は以下のとおりで、1. ~ 3. の中から用意できる書類を一つ選んでください。 旧コールサインが記載された、無線局免許状のコピー• 旧コールサインが記載された「無線局事項書及び工事設計書」の写しで、電気通信監理局(沖縄郵政管理事務所を含む)の証明印が押してある書類• 旧コールサインが掲載された局名録のコピー 上記の中に一つでも用意できる書類がある方は、その書類が「証明する書類」になります。 [ 旧コールサインを証明する書類がない場合 ]• 「復活」の手続きをしたいが、前記(1. ~ 3. )の書類を用意できないという方は、JARL(社団法人 日本アマチュア無線連盟 へ「旧コールサイン確認書」の発行を依頼してください。 「旧コールサイン確認書」の発行を依頼する方で、以前と同一エリア内で住所が変わっている方は、旧コールサインを保有していた当時の住所を、に記入して提出してください。 郵便番号と部署名だけで届きます。

次の

アマチュア無線の運用に必要不可欠なコールサイン「呼出符号」とは?

アマチュア 無線 コール サイン 検索

take3さん 初めまして! 希望エリアに郵便物が届かなくても、住所地以外のエリアのコールサインを指定してもらえます。 方法は2つ 1)現在のコールサインを変更する(常置場所の変更) 2)希望エリアで新規開局する 何れの場合も常置場所欄に希望エリアの所・番地、住所欄に現住所を書けば、今のお住まいに免許状 が送られて来ます。 JA1に限らず、コールサイン、従免番号等は電算機管理されており、ダブルブッキングはありません。 しかし、電算機導入直後は指定の順番を飛ばす事象は多々ありました。 中には飛ばしたコールサイン群に遡って、移管局に対してコールサインを指定された例があります。 私に指定された『JF6xxx』は2年くらい遡って指定されました。 移動局は2局持てないと云う噂を訊いたことがありますがガセネタでした。 3局でも4局でも、電波利用税を納入すれば持てます。 アマチュア局の免許管理に電算機を導入したのは1980年頃から始まり1985年頃に各電監に配備が終わり ました。 之により、電監の『名寄せ』能力は飛躍的に上昇し、それまで可能であった従免ごとに別のコール サインを取る裏技が難しくなりました。 それは移動局を2局以上持てないというタテマエを破る裏技でした。 又、その後の『電波利用税』徴収により、複数局持っている免許人からは、より多くの利用税を徴収できる ことになり役所側の態度も変ったと思慮されます。 以上のことから、一免許人が複数エリアの移動局を持つことに対して、推奨こそしないものの黙認する ようになったと思われます。 それにしても現在の中国総通の方は親切に対応して頂き感謝しております。 尤も関東エリアで指定する呼出符号が逼迫した時、再割当はいいとして、7で始まるシリーズを使ったかと 思えば中途半端な所で突然『JA』を再指定するなど脈絡のない対応を見て来た我々は、アマチュア局の 扱いって、所詮その程度のものかと感じた次第。 又,東海エリアでは『JR2』を再割当する処を『JS2』シリーズを指定してしまい、すったもんだの末、『JR2』 を再割当し直す醜態をさらけ出していました。 最初から『JA』『JH』『JR』の再指定は100年後からとでもしておけば、こんなことにならなかったのでしょう そういえば『JA1』が再指定されていたころ、関東に移管してみようかなと、ふと考えたこともありましたが、 私ごときには、恐れ多いと思い見送りました。 思い出しました。 個人局は、一人に付き一局と総務省より言われました。 社団局は、無線機と人間が3人以上確保できれば何局でも取得できると総務省より言われたことがありました。 ルールは、そのところで従えば良いことです。 長文になる為ここでは、コメントしません。 以上 参考になったか?趣旨が逸脱したか?知りませんが? ご報告まで。 JARLからお手紙が来たものですから、思い出して久々にこのコミュにやってきました。 なんだか面白いトピができてたようで。 複数のコールサインが欲しければ、固定局で申請すればよいのではないのでしょうか? 10Wで固定局申請すると、移動局にしろと指導されるんですかね。 その後、札幌に転居し、 JK6 も有効期間満了となったので、 JH8 の移動局ひとつに戻りました。 一応、再免許は切らしておらず、次回は来年の6月なのですが、1年前から申請できるならやってみようかな、と電子申請システムを使ってもう次の5年分の免許状をもらってます。 何度もすみません。 どうやら私の記憶に欠落があったようで、失礼しました。 ご指摘ありがとうございました。 少し思い出してきました。 そう、再割り当てをするようにしたから失効したらもうそのコールは自分のものではなくなる、という理屈だったですね。 最初に1エリアに転居したのが1980年。 このときは失効とか復活なんてことは考えてもなかったと思います。 4エリアに転居したのが1985年。 ちょうど再割り当てに伴い復活できなくなった頃で、それで腹を立てて、「じゃぁ、引っ越すたびにコールとってやれ」 と思った、ということを思い出しました。 ただ、その頃は引越し人生になるなんて思ってもなかったんですけど。 1980年から現在までの約30年で、現在地が11箇所目。 3年後には、たぶん日本国内ではあると思うけど、どこに住んでるかわからない状況が続いてます。 社団JQ1YDX「アイボールQSO社団局」は、Y横浜市内でDXを楽しもうということで、神奈川県横浜市中区で新開局をしました。 ゆくゆくですが、私の諸事情で他の方へ移譲、移管計画が実施される為 ミ゚o゚ミ 無線トラえもんが管理を外れます。 従って今年より活動計画を少なくしております。 PS サンドイッチコール、トリプルコール、タブルコール 例AAB,ABB 、イニシャル等のFBなコールサインなら尚更ほしくなります。 実は、FBなコールサインを目的とするコミュニティー・会員制を立ち上げておりましたが、私局の都合で閉鎖をしました。 注意 私局個人局コールサインの公開は、匿名掲示板による荒らしの被害を受けることが当然である為架空と伏せ字のコールサインで説明させていただいておりますので悪しからずご了承下さい。 事実上、私局はダブルコールです。

次の

コールサイン検索

アマチュア 無線 コール サイン 検索

take3さん 初めまして! 希望エリアに郵便物が届かなくても、住所地以外のエリアのコールサインを指定してもらえます。 方法は2つ 1)現在のコールサインを変更する(常置場所の変更) 2)希望エリアで新規開局する 何れの場合も常置場所欄に希望エリアの所・番地、住所欄に現住所を書けば、今のお住まいに免許状 が送られて来ます。 JA1に限らず、コールサイン、従免番号等は電算機管理されており、ダブルブッキングはありません。 しかし、電算機導入直後は指定の順番を飛ばす事象は多々ありました。 中には飛ばしたコールサイン群に遡って、移管局に対してコールサインを指定された例があります。 私に指定された『JF6xxx』は2年くらい遡って指定されました。 移動局は2局持てないと云う噂を訊いたことがありますがガセネタでした。 3局でも4局でも、電波利用税を納入すれば持てます。 アマチュア局の免許管理に電算機を導入したのは1980年頃から始まり1985年頃に各電監に配備が終わり ました。 之により、電監の『名寄せ』能力は飛躍的に上昇し、それまで可能であった従免ごとに別のコール サインを取る裏技が難しくなりました。 それは移動局を2局以上持てないというタテマエを破る裏技でした。 又、その後の『電波利用税』徴収により、複数局持っている免許人からは、より多くの利用税を徴収できる ことになり役所側の態度も変ったと思慮されます。 以上のことから、一免許人が複数エリアの移動局を持つことに対して、推奨こそしないものの黙認する ようになったと思われます。 それにしても現在の中国総通の方は親切に対応して頂き感謝しております。 尤も関東エリアで指定する呼出符号が逼迫した時、再割当はいいとして、7で始まるシリーズを使ったかと 思えば中途半端な所で突然『JA』を再指定するなど脈絡のない対応を見て来た我々は、アマチュア局の 扱いって、所詮その程度のものかと感じた次第。 又,東海エリアでは『JR2』を再割当する処を『JS2』シリーズを指定してしまい、すったもんだの末、『JR2』 を再割当し直す醜態をさらけ出していました。 最初から『JA』『JH』『JR』の再指定は100年後からとでもしておけば、こんなことにならなかったのでしょう そういえば『JA1』が再指定されていたころ、関東に移管してみようかなと、ふと考えたこともありましたが、 私ごときには、恐れ多いと思い見送りました。 思い出しました。 個人局は、一人に付き一局と総務省より言われました。 社団局は、無線機と人間が3人以上確保できれば何局でも取得できると総務省より言われたことがありました。 ルールは、そのところで従えば良いことです。 長文になる為ここでは、コメントしません。 以上 参考になったか?趣旨が逸脱したか?知りませんが? ご報告まで。 JARLからお手紙が来たものですから、思い出して久々にこのコミュにやってきました。 なんだか面白いトピができてたようで。 複数のコールサインが欲しければ、固定局で申請すればよいのではないのでしょうか? 10Wで固定局申請すると、移動局にしろと指導されるんですかね。 その後、札幌に転居し、 JK6 も有効期間満了となったので、 JH8 の移動局ひとつに戻りました。 一応、再免許は切らしておらず、次回は来年の6月なのですが、1年前から申請できるならやってみようかな、と電子申請システムを使ってもう次の5年分の免許状をもらってます。 何度もすみません。 どうやら私の記憶に欠落があったようで、失礼しました。 ご指摘ありがとうございました。 少し思い出してきました。 そう、再割り当てをするようにしたから失効したらもうそのコールは自分のものではなくなる、という理屈だったですね。 最初に1エリアに転居したのが1980年。 このときは失効とか復活なんてことは考えてもなかったと思います。 4エリアに転居したのが1985年。 ちょうど再割り当てに伴い復活できなくなった頃で、それで腹を立てて、「じゃぁ、引っ越すたびにコールとってやれ」 と思った、ということを思い出しました。 ただ、その頃は引越し人生になるなんて思ってもなかったんですけど。 1980年から現在までの約30年で、現在地が11箇所目。 3年後には、たぶん日本国内ではあると思うけど、どこに住んでるかわからない状況が続いてます。 社団JQ1YDX「アイボールQSO社団局」は、Y横浜市内でDXを楽しもうということで、神奈川県横浜市中区で新開局をしました。 ゆくゆくですが、私の諸事情で他の方へ移譲、移管計画が実施される為 ミ゚o゚ミ 無線トラえもんが管理を外れます。 従って今年より活動計画を少なくしております。 PS サンドイッチコール、トリプルコール、タブルコール 例AAB,ABB 、イニシャル等のFBなコールサインなら尚更ほしくなります。 実は、FBなコールサインを目的とするコミュニティー・会員制を立ち上げておりましたが、私局の都合で閉鎖をしました。 注意 私局個人局コールサインの公開は、匿名掲示板による荒らしの被害を受けることが当然である為架空と伏せ字のコールサインで説明させていただいておりますので悪しからずご了承下さい。 事実上、私局はダブルコールです。

次の