永遠 の 桃花 続編。 中国ドラマ「永遠の桃花~三生三世~」

「永遠の桃花」の人気女優ヤン・ミー、ハウィック・ラウと離婚発表、結婚4年ですれ違い続き―中国|レコードチャイナ

永遠 の 桃花 続編

昨日から読み始めてさっき読み終わりました! 本当は昨日のうちに読み終わりたかったのですが。 《三生三世十里桃花》の続編です。 《三生三世十里桃花》にチョイ役で出ていた 青丘之国の帝姫、鳳九(9月生まれだから)と九重天の尊神、東華の物語です。 なんか知らんけど、やっぱり面白かった 笑! リビングで読んでいましたが、ラスト数ページはテレビの音も娘たちのかしましい 話し声も全く耳に入ってこず、もう夢中で物語の中に入りこんじゃってました。 青丘之国の帝君の孫娘、鳳九は九尾の白狐の化身の父と赤毛の狐の化身の母を 持つお姫様。 狐の姿の時は全身赤毛で耳と四本の脚の爪の部分だけ白い可愛い狐ちゃんです。 2000年前に子狐だった鳳九は虎の妖怪に殺されそうになっている所を 偶然通りがかった東華に助けられます。 それ以来、彼に恩返しをするために、召使として彼の宮殿にもぐりこんで 東華の表妹にひどいいじめを受けたり。 東華が仇敵、燕池悟と戦って悪蓮華鏡に閉じ込められた時は、彼を助けるために 九本の尻尾を魔族に渡して、それと引き換えに悪蓮華鏡に東華を助けにに入ったり。 東華のためならなんだってやるし、どこだって行くわよ!! っていう鳳九の東華に対する一途な想いが、もう読んでいてドキドキするぅ~ 笑! なのに、一方の東華ときたら。 終始「ツンデレ」の「ツン」の部分のみ。 東華36万歳、鳳九3万歳。 まあ、東華から見たら、鳳九なんて取るに足らない小娘なんでしょうけどね。 私は、読んでいる間じゅうずーっと「東華は鳳九のことほんとはどう思っているんだろう?」 という疑問が頭から離れず。 昨日から読んでいて、全く東華の気持ちが見えてこず、おまけに姬蘅公主という ライバルが出てきて、姬蘅公主に対する東華の気持ちもよく分からない状態。 東華は姬蘅公主なんか眼中にないような気もするし、それにしては彼女に気を使って いるような気もするし。。。 やはり分かりません。 今のところ鳳九は「東華の好きな人は姬蘅公主なんだ。 」と理解しています。 哀しくてじわっと泣いちゃったりしたけど、さすがに青丘之国の帝君の孫娘です。 結構しっかりとこの事実を受け入れている模様。 ここらへん白浅と似ていますね。 なのに、東華ときたら ・ハンカチに変身した鳳九を肌身離さず持ち歩いたり ・亭主気取りで鳳九に料理をさせたり ・高熱を出した鳳九に付き添ったり ・比翼族の競技会(?)に出場する鳳九に勝つための特訓をしてあげたり ・特訓で傷ついた鳳九を夜中にそっと手当してあげたり これって、鳳九のこと好きだからなんじゃね?と思うのですがね。 で、上記の比翼族の競技会の優勝賞品は頻婆果という果実で、鳳九はこの 果実を獲得するために厳しい東華の特訓に耐えて、晴れて優勝するのですが、 東華はこの果実を姬蘅公主にねだられて姬蘅公主にあげちゃいますよ。 東華は権力者なので、比翼族の女王に話して賞品を差し替えることもできるんですね。 でも、鳳九がのどから手が出るほど頻婆果を欲しがっているのを知っているのになぜ。。。 ここらへんの東華の行動が謎です。 東華の気持ちがわからない。。。 とりあえず、ラストで、東華は300年前に可愛がっていた狐が実は鳳九だったと 知って、また、ちょうど彼女が自分で頻婆果を取りに行って命の危機にさらされているのを 知って、大慌てで彼女を助けに行っているところですよ~。 というわけで、《三生三世枕上書 終篇》に続く。 どうしてくれる?! 最後に、以下、心に残った場面 ・狐の姿になった鳳九が東華のペットとして幸せに暮らしている場面。 可愛い女の子女の子した性格。 この姬蘅公主がラスト 近くで「東華さまが好きなのはこの私なの。 私と東華さまの邪魔をしないでくれない?」 と笑いながら鳳九に言う場面は、私も胸が苦しくなっちゃった。 今までのところ《三生三世十里桃花》の素錦のようなザ・悪役はいませんが、 この姬蘅公主が無邪気な笑顔で、意外といや~な女でした! というわけで、今日の夜から《三生三世枕上書 終篇》を読みますよ。

次の

中国(華流)ドラマ【永遠の桃花~三生三世】相関図とキャスト情報

永遠 の 桃花 続編

こんにちは。 中国ドラマにハマっている黒猫です。 中国時代劇の衣装が好きな黒猫は『三生三世十里桃花』の配信を首を長くして待っていました(笑) それにしても「u-next」さんには感謝です。 なんと視聴回数は490億回を超え歴代1位を記録したドラマです。 ファンタジーの世界観をとても綺麗に映像化されています。 衣装も綺麗、かわいい、かっこいい、渋い!と各キャラクターにとてもマッチしていますので、是非チェックしてください。 桃の花が綺麗咲き誇る『十里桃林』の世界はとても幻想的で癒やされます! 主演のお二人、ヤン・ミーさんの可愛さ、マーク・チャオさん凜々しさもドラマの魅力を引き立てています。 1986年9月12日生まれ。 中華人民共和国 北京市出身。 1986年9月12日生まれ。 台湾台北市出身。 1992年6月3日生まれ。 1990年12月6日生まれ。 ご紹介した中国ドラマは、定額動画配信サービスで快適に観る事ができます。 レンタルビデオ屋さんへ行ったり、うっかり返却するの忘れてしまったりなど手間や余計なお金が掛からないのも魅力的です。 また、テレビ、パソコン、スマートフォンで観ることも可能な為、お好きな場所で楽しむことが出来るのも嬉しいですね。 今回は「 」で鑑賞しました。 中国ドラマの配信数や見放題対象の作品数も現在は一番多いと思います。 また、「 」や、「 」も、定額動画配信サービスではおすすめです。 本ページの情報は2019年2月時点のものです。 最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認をお願いします。 とても楽しめる作品になっているので、是非ご覧になってください。 今後も面白かった作品をご紹介していきたいと思います。 ここまでお読みいただき本当にありがとう御座いました。 運営者:BlackCat67 連絡先:.

次の

「永遠の桃花」の人気女優ヤン・ミー、ハウィック・ラウと離婚発表、結婚4年ですれ違い続き―中国|レコードチャイナ

永遠 の 桃花 続編

昨日から読み始めてさっき読み終わりました! 本当は昨日のうちに読み終わりたかったのですが。 《三生三世十里桃花》の続編です。 《三生三世十里桃花》にチョイ役で出ていた 青丘之国の帝姫、鳳九(9月生まれだから)と九重天の尊神、東華の物語です。 なんか知らんけど、やっぱり面白かった 笑! リビングで読んでいましたが、ラスト数ページはテレビの音も娘たちのかしましい 話し声も全く耳に入ってこず、もう夢中で物語の中に入りこんじゃってました。 青丘之国の帝君の孫娘、鳳九は九尾の白狐の化身の父と赤毛の狐の化身の母を 持つお姫様。 狐の姿の時は全身赤毛で耳と四本の脚の爪の部分だけ白い可愛い狐ちゃんです。 2000年前に子狐だった鳳九は虎の妖怪に殺されそうになっている所を 偶然通りがかった東華に助けられます。 それ以来、彼に恩返しをするために、召使として彼の宮殿にもぐりこんで 東華の表妹にひどいいじめを受けたり。 東華が仇敵、燕池悟と戦って悪蓮華鏡に閉じ込められた時は、彼を助けるために 九本の尻尾を魔族に渡して、それと引き換えに悪蓮華鏡に東華を助けにに入ったり。 東華のためならなんだってやるし、どこだって行くわよ!! っていう鳳九の東華に対する一途な想いが、もう読んでいてドキドキするぅ~ 笑! なのに、一方の東華ときたら。 終始「ツンデレ」の「ツン」の部分のみ。 東華36万歳、鳳九3万歳。 まあ、東華から見たら、鳳九なんて取るに足らない小娘なんでしょうけどね。 私は、読んでいる間じゅうずーっと「東華は鳳九のことほんとはどう思っているんだろう?」 という疑問が頭から離れず。 昨日から読んでいて、全く東華の気持ちが見えてこず、おまけに姬蘅公主という ライバルが出てきて、姬蘅公主に対する東華の気持ちもよく分からない状態。 東華は姬蘅公主なんか眼中にないような気もするし、それにしては彼女に気を使って いるような気もするし。。。 やはり分かりません。 今のところ鳳九は「東華の好きな人は姬蘅公主なんだ。 」と理解しています。 哀しくてじわっと泣いちゃったりしたけど、さすがに青丘之国の帝君の孫娘です。 結構しっかりとこの事実を受け入れている模様。 ここらへん白浅と似ていますね。 なのに、東華ときたら ・ハンカチに変身した鳳九を肌身離さず持ち歩いたり ・亭主気取りで鳳九に料理をさせたり ・高熱を出した鳳九に付き添ったり ・比翼族の競技会(?)に出場する鳳九に勝つための特訓をしてあげたり ・特訓で傷ついた鳳九を夜中にそっと手当してあげたり これって、鳳九のこと好きだからなんじゃね?と思うのですがね。 で、上記の比翼族の競技会の優勝賞品は頻婆果という果実で、鳳九はこの 果実を獲得するために厳しい東華の特訓に耐えて、晴れて優勝するのですが、 東華はこの果実を姬蘅公主にねだられて姬蘅公主にあげちゃいますよ。 東華は権力者なので、比翼族の女王に話して賞品を差し替えることもできるんですね。 でも、鳳九がのどから手が出るほど頻婆果を欲しがっているのを知っているのになぜ。。。 ここらへんの東華の行動が謎です。 東華の気持ちがわからない。。。 とりあえず、ラストで、東華は300年前に可愛がっていた狐が実は鳳九だったと 知って、また、ちょうど彼女が自分で頻婆果を取りに行って命の危機にさらされているのを 知って、大慌てで彼女を助けに行っているところですよ~。 というわけで、《三生三世枕上書 終篇》に続く。 どうしてくれる?! 最後に、以下、心に残った場面 ・狐の姿になった鳳九が東華のペットとして幸せに暮らしている場面。 可愛い女の子女の子した性格。 この姬蘅公主がラスト 近くで「東華さまが好きなのはこの私なの。 私と東華さまの邪魔をしないでくれない?」 と笑いながら鳳九に言う場面は、私も胸が苦しくなっちゃった。 今までのところ《三生三世十里桃花》の素錦のようなザ・悪役はいませんが、 この姬蘅公主が無邪気な笑顔で、意外といや~な女でした! というわけで、今日の夜から《三生三世枕上書 終篇》を読みますよ。

次の