コロナ ウイルス くすり。 「新型コロナウイルス 3つの『治療薬候補』」(ここに注目!)

コロナウイルスの発生源は中国研究所で漏れたウイルス?新型肺炎の初期症状や予防法とは

コロナ ウイルス くすり

Q)治療薬の候補に3つの薬があがっていますね。 A)新型コロナウイルスには直接有効な治療薬はまだありません。 そこで厚生労働省は研究班を立ち上げ、3つの薬が治療に使えるかどうか効果を確かめることになりました。 このうちの2つは別の病気の治療薬として承認されているもので、患者の同意を得た上で投与されます。 ひとつはエイズの治療薬で、すでに各地の病院で投与されています。 これまで5人に投与した国立国際医療研究センターによりますと、症状が改善し退院している人もいれば、症状が重く今も病気と闘っている人もいるということです。 まだ効果を評価できる段階ではなく研究を通じてさらに情報を集める必要があるとしています。 そしてもうひとつの薬は新型インフルエンザの治療薬で、200万人分が備蓄されています。 ウイルスの増殖を防ぐため、新型コロナウイルスでもその効果が期待されるのではないかと考えられています。 Q)3つ目の薬はどのようなものなのでしょうか。 A)エボラ出血熱の治療薬として開発された薬です。 これはどこの国でもまだ承認されていない薬ですが、同じコロナウイルスのSARSやMERSに対する動物実験では効果がみられたという報告があります。 研究班はアメリカなどほかの国と共同で薬の効果や安全性について調べることにしています。 Q)3つの治療薬候補の投与はどのような患者が対象になるのでしょうか。 A)いずれも医師の判断で行われるので、一概には言えません。 ただこれまで投与されたエイズの薬は肺炎になるなど比較的重い症状の患者に投与されているようです。 新型コロナウイルス、感染した人の8割は軽症だというデータがありますが、高齢者や持病がある人は重症化しやすく、中には亡くなってしまう人がいるのも事実です。 リスクの高い人を守るために効果のある薬を探す、そして、どのような人にどのようなタイミングで投与すればいいのか、研究を通じて明らかになるのか注目したいと思います。 (堀家 春野 解説委員) キーワード• 関連記事.

次の

【コロナ】新型コロナウイルスには危険な風邪薬がある!?薬剤師厳選の市販薬をご紹介!【薬剤師】

コロナ ウイルス くすり

【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談してください。 これは注意です! フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、新型コロナウイルス感染症に関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。 イブプロフェンとは、非ステロイド性の抗炎症薬(NSAID)に属する。 これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。 しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。 (筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている) 厚生大臣は、自身のツイッターで、「!新型コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があります。 熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。 複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。 同じことは、パラセタモール(アセトアミノフェン)を含む医薬品にも当てはまる。 パラセタモール(アセトアミノフェン)はあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねない。 上記の情報は、したものである。 でも、フランスの厚生大臣がツイッターで直接発信しているし、記事はAFP通信発でル・モンドに掲載されていて、信用できる媒体であると判断した。 日本では病気の対処に関して、具体的に何も指示や情報が出ないので(何をやっているのだろうか???)、少しでも役に立てばと思い紹介することにした。 誰だって、熱や咳が続いたら「ただの風邪? 普通のインフルエンザ? (ひどい花粉症?) それともコロナ?」と心配になるが、まずは手近な市販の薬を飲むと思うからだ。 でも、筆者もそうなのだが、「風邪薬」「解熱剤」と普通に売られているそれぞれの薬が、実は成分や種類が違うとは、詳しくは知らないものだ。 フランス厚生大臣の発言や記事は、市販薬にも警鐘を鳴らしているのではないかと思う。 確かに、一般的には、医者の処方箋がなくても買える薬には、強いものはないと言われる。 それに、ただの風邪なら、通常どおりイブプロフェンを服用して問題がない。 でも、やはり心配である。 コロナウイルスの検査は、そう簡単に受けられそうにない。 「他にあるのだから、わざわざ飲まなくても・・・」と思うのは、自然な用心ではないだろうか。 「イブプロフェン」「アセトアミノフェン、またはパラセタモール」+「市販薬」などで検索することもできるが、詳細は、薬の箱や説明書で確認したほうがよいと思う。 ちなみに、原文フランス語の記事には、イブプロフェンやアセトアミノフェン(パラセタモール)を使っている、具体的な市販薬の名前が掲載されていた。 フランスでなら誰もが知っていて、家に一つや二つはある市販薬だった。 日本とは違うので省略した。 あまり一般には知られていないが、フランスは製薬大国である。 それでも国が、リスクの可能性がある薬の服用を警告し、入手を制御している。 そしてメディアは、堂々とそういった市販薬の名前を書いているのだから、すごいと思った。 日本で同じことは可能だろうか。 最終的に服用する薬の判断は、読者の信頼する医師にゆだねることにする。 【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談して下さい。 これは注意です! 【3月16日午前の追記】 記事を発表してから、24時間が過ぎました。 アクセス数は100万を超え、ツイッターでは秒を上回る速さで記事が拡散されていき、反響のあまりの大きさに驚いています。 私もそうですが、いかに人々が具体的な情報を必要としているか、痛感しました。 また、煽るようなリツイートは思ったよりも見られず、とても冷静な印象を受けました。 ツイッターを通じて、沢山の方から意見が出されました。 その中で、複数の方が発言している気になったものがありました。 真偽と理由が知りたいです。 1,この記事に書いてあることは、コロナに限らずインフルエンザ全般に言えることである。 2,イブプロフェンは、子供や妊婦には投与されないのが一般的である。 アセトアミノフェン(パラセタモール)が使われる。 (3,発熱とは、体が体温を上げることで免疫力をあげて、病気に対抗しようとしている現象である。 むやみに薬で解熱させるのが良いとは限らない。 ) 特に1と2は、日本の医療団体や関係者、厚労省、政治家に、真偽と、その理由をはっきりと説明して頂きたいです。 この2点が正しいならば、人々の重要な判断材料になると思います。 コロナウイルスが他の感染症とどう違うか、どう同じかは、目下世界で調査中ですが、それでも大きく参考になると思います。 既に最低でも100万人の人が、この情報を見ています。 季節の変わり目ですし、体調を崩しながらも、できるだけ不要な外出を控えて不安な思いでいる国民に聞こえるように、大きな声で説明してください。 それは政治家、厚労省、医療団体(関係者)、そしてメデイアの義務ではないでしょうか。 何卒よろしくお願い致します。 ツイッターのコメントで、筆者が一番「むむむむむ」と思ったのは、「セカンドオピニオンが必要」というものでした。 フランスの厚生大臣の発表に対するセカンドオピニオン・・・どの国の厚生大臣に聞くのがいいでしょうか。 ほとんど国の信頼度の踏み絵になるなと、感じました(国の信頼度=情報公開度=民主主義度なのかもしれません)。 また「先進国にコロナが広がって、やっとまともな議論ができるようになった」というコメントにも、うなずかせるものがありました。 激しい議論があってもいいから、情報公開をして、人間の知恵を結集して事態改善に向かうことを願っています。 EU機関「欧州医薬品庁」(EMA)の結論(同年5月):.

次の

新型コロナに効く薬、スパコンで目星 すでに100候補 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス くすり

新型コロナウイルスに効く薬アビガン 日本では新型コロナウイルスに効く薬が開発済みだったのです。 それは、富山大学医学部の白木教授が開発したアビガンです。 すべてのRNAウィルスに効くので 新型コロナウイルスはアビガンで治るとの発言が、2020年2月4日 放送の情報ライブ ミヤネ屋 で次のようにありました。 「もし僕が重症な肺炎になったら僕が開発したアビガンを使いたいと思っています。 アビガンは全てのRNAウイルスに効きますので・・・・・」 ファビピラビル Favipiravir は、富山大学医学部教授の白木公康と富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業(現:富士フイルム富山化学)が共同研究で開発したRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤である。 開発コードの T-705、あるいは商品名である アビガン錠 Avigan Tablet の名前でも呼ばれる。 ・・・・・・ 2020年2月現在、2019新型コロナウイルス 2019-nCoV 感染症への効果が期待されている。 ・・・・・ 既に中国で臨床試験が行われており、最初の段階で良好な結果を示している。 浙江海正薬業股份有限公司は国家食品薬品監督管理局 国家薬監局 の承認を得てファビピラビルを正式に販売できる状態となった。 ウキペディア 日本では、製造も終わって、200万人分が備蓄されているとのことです。 新型インフルエンザ用に備蓄しているようです。 このアビガンは新型コロナウイルスにも有効です。 RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤で、ウイルスが細胞の中で増える時に、メッセンジャーRNAを伸ばしてどんどんつくっていくわけです。 メッセンジャーRNAを複製してつくっていく時にRNAポリメラーゼが必要になります。 そこで、それを阻害するのです。 ウイルスは自分の複製をつくれなくなってしまいます。 メッセンジャーRNAに全部共通ですから、アビガンの薬は大変有効なのです。 ( RNAポリメラーゼ RNA polymerase とは、リボヌクレオチドを重合させて RNAを合成する酵素。 DNAの鋳型鎖(一本鎖)の塩基配列を読み取って相補的な RNAを合成する反応 転写 を触媒する中心となる酵素をDNA依存性 RNAポリメラーゼという(単に「 RNAポリメラーゼ」とも呼ぶ) ウキペディア 副作用の危険 副作用の危険があるということで一般の病院では使用されていません。 新型肺炎は死亡する危険がありますので、日本で大流行が起きて死ぬかもしれない場合は、当然のことながらこのアビガンを使った方がいいのです。 副作用の危険があっても生命の危険ある場合には、危険性の高い薬であっても使うことになります。 随意契約に関する公示 アビガンを使用する場合は、厚生労働省に申請しなければなりません。 厚生労働省からは次の通り、平成30年3月22日に通知が出ています。 随意契約に関する公示(アビガン錠200mg 約191万人分の購入) 次のとおり随意契約について公示します。 (エアロゾル感染:空気感染に近いものです。 唾液などが乾いて水分が抜けて残ったウイルスの粒が空気中を漂い鼻や口から吸い込み体内に入ってしまうもの) 飛沫感染とは、くしゃみをした時に1メートル飛んで落ちるものですので、1メートル離れれば、感染は防ぐことができます。 エアロゾル感染するということは、空気中を漂って遠くまで行くということなのです。 そのため1メートル離れただけでは、防ぐことができません。 糞口感染もします。 (糞便が手指を介して経口摂取される場合を特に糞口感染といいます) 潜伏期間が予想以上に長い 潜伏期間が以前は2週間だと言われていましたが、最新の情報では、それよりも10日間長い24日間になりました。 2週間経ったから大丈夫たというわけにいきません。 潜伏期24日間ということは、ウイルスが細胞の中に入り増殖します。 その日から数えて24日間目に、咳や熱の症状が出るのです。 ということは、24日の間症状がないのです。 なんともないと思って24日間過ごすのです。 恐ろしいことに新型コロナウイルスは、特徴として症状として潜伏期間に人に移すのです。 だから24日間症状がないと普通に生活し、映画館に行ったり、バスに乗ったり、電車を利用したり密閉された新幹線や飛行機に乗ったりして、観光地や旅行先などのどこへでも遊びに行きます。 本人はなんの症状もありませんので、全く気が付きません。 本人の細胞の中にウイルスがいるのが分かりません。 熱や咳の症状もありません。 それなのに周りの人にウイルスを撒き散らして、感染させているのです。 このウイルスは、24日間症状がなく周囲の人に感染を起こす、とても怖い病気です。 潜伏期間の感染は飛沫感染ではありません。 飛沫感染とは、症状が出た場合を言うのです。 これは飛沫感染径路ではないのです。 潜伏期に症状がない感染経路は何なのでしょうか。 糞口感染も考えられます。 便の中にウイルスが含まれていて、それが他の人の口に入って感染していく、そのような経路です。 多くの感染症は宿主の糞便から他の感受性宿主へと口腔を介して伝播し得る。 この経路を 糞口経路 英: fecal-oral route と呼ぶ。 一般に中間段階があり(時として複数の中間段階が存在する)、糞便に接触しかつ飲水前の処理が不十分である場合や糞便に触れた食物、不十分な汚水処理、糞便接触後の不十分な洗浄などにより糞口経路は成立する。 アニリングスや糞尿愛好症などの性行為では糞口経路による疾病を拡大し得る。 ウキペディア 症状は、風邪程度で肺炎になる人はごく一部です。 喉の痛みだけの時もあります。 初期症状は熱と喉の痛みだけでした。 胃腸炎症状のこともあるので、咳ではなく、吐き気や下痢、そのような症状のときもあるようなのです。 東京も武漢市のように封鎖されるのか 日本ではまだ感染者が少ないですが、実態は相当多くの人へ広がっているはずです。 症状が出た人を検査することになって、カウントすることになりますが、これは、本当の感染者数ではないです。 感染しても症状が全く出ない人がいます。 免疫力があり元気な人です。 または、潜伏期間が24日に達していないのかもしれません。 その人々は保菌状態で、周りの人々にウイルスを撒き散らして移動しています。 ウイルスを受け取って症状がない人たちも絶対感染しているのです。 症状があって新型ウイルスを疑って検査した人のカウント数以外に、全く症状がない人がいっぱいいるのです。 その内、何百人、何千人、何万人と感染者が増えていき大騒ぎになると思います。 既に、このことを察している企業は、在宅ワークに切り替えています。 日本の東京が中国の武漢市みたいになる可能性があるのです。 交通機関が止まり、電車が止まり、スーパーやコンビニから食べ物がなくなるでしょう。 病院での治療も十分に行き届かなくなるかもしれません。 都市機能は停止します。 武漢市で起きていることは、今度は東京で起きることが予測されています。 参考文献:YouTube:「新型コロナウイルスで新型肺炎になったら治療薬はアビガン錠 :多摩境内科クリニック、『新型コロナウイルス感染症の感染経路、症状、治療方法について』 福富院長の話を、2020年2月13日に多摩境内科クリニックにて収録」から 写真引用:nikkei. comより まとめ 富山大学医学部の白木教授が開発したアビガンが新型コロナには効果がある 感染経路:飛沫感染、エアロゾル感染、糞口感染 24日間症状がないので症状がない感染者が菌を撒き散らし感染者を増やす 東京が武漢市のようになる可能性がある Amazonへの紹介欄(商品リンク)•

次の