英語字幕 ニュース アプリ。 【英会話アプリ7選】おすすめ無料アプリで手軽に英語力アップ!

英語リスニングアプリのおすすめ人気ランキング13選

英語字幕 ニュース アプリ

英会話の無料アプリがおすすめな理由5つ 英会話の勉強は無料アプリでも十分できます。 なぜおすすめなのか詳しく解説をしていきます。 理由1:無料でもクオリティが高い 「無料の英語アプリって内容が薄いんでしょ」 こう思う人もいるかと思いますが、最近の英語学習アプリは 無料でも内容が濃く、クオリティが高いものが多いです。 私も無料アプリで英語学習をしていますが、「英語の基礎はすべてアプリでまかなえる」と感じています。 がっつりやり込めるものから、ゲーム感覚でできるものまであるので、試してみる価値ありです。 理由2:スキマ時間で学習できる スマホアプリは、ワンクリックで起動でき、すぐに学習を始めることができます。 通勤の電車や、お昼休み、待ち時間など スキマ時間を活用できるのは大きなメリットです。 参考書ではカバンから出さないといけないため、電車が混んでいたら取り出すことができません。 学習時間を最大限に生かしたいなら、スマホアプリが最適だと思います。 理由3:挫折しにくい 英語アプリはゲーム感覚で学習できるので、 挫折しにくく継続がしやすいです。 最近は、RPGやシューティング系の英語アプリもあるので、楽しみながら英語学習をすることができます。 参考書で勉強して挫折するよりも、ゲームで継続して勉強できた方が明らかに良いです。 挫折しやすいという人は、スマホアプリで学習をしてみてください。 理由4:お金がかからない 無料アプリの魅力は、何と言っても お金がかからないことです。 参考書を購入するお金がない人でも、気軽に学習を進めることができます。 注意点として無料では「やらなくてもいっか」という感情が芽生えやすいので注意が必要です。 理由5:荷物にならない スマホアプリは、スマホの端末にダウンロードするだけなので、 荷物が増えることがありません。 参考書だとカバンが重くなったり、荷物がパンパンになったりするので非常に不便です。 スマホならサッとポケットから出して起動できるのがいいですよね。 無料アプリ1:duoLingo photo by: duoLingoは世界1億2000万人が利用する、英語学習アプリです。 リーディングから、リスニング、スピーキングまで、幅広い学習コンテンツがあり、目的別に学習を進めることができます。 無料でここまでしていいのかと言いたくなるほど充実した内容なので、ダウンロードして損はないと思います。 英語レベル 初級〜中級 おすすめ活用法 photo by: 英文法の基礎から学べるので、英語初心者はまずここからはじめてみてください。 その他の人は、目的別に学習ができるので、自分が苦手な部分に特化して学習を進めていきましょう。 URL 無料アプリ2:ゲームで英語を学習!英語物語 photo by: 英語物語はRPGのストーリーを進めながら英語を学んでいくアプリです。 アプリ内では、敵と戦う時に問題が出てきて、適切な回答を選べば攻撃をすることができます。 ゲーム感覚で英語学習ができるので、挫折しにくく、継続しやすいです。 私もこのゲームを使用していますが、時間を忘れて遊んでしまっていることがあります。 英語に苦手意識がある人は、ぜひ試してみてください。 英語レベル 初級〜中級。 主に高校・大学受験の勉強に活用できるので、英語学習をしたいがモチベーションが上がらない学生に特におすすめのアプリです。 おすすめ活用法 photo by: ゲーム感覚で楽しめるので、スキマ時間を利用してプレイしてみてください。 物語性もあり、話を先に進めたいというモチベーションで勉強に取り組めます。 URL 無料アプリ3:英単語アプリ mikan photo by: 英単語アプリ mikanは、TOEICやTOEFL、英検、日常会話など幅広いジャンルの英単語が学べるアプリです。 遊び方は簡単で、単語が分かれば右へスワイプ、分からなければ左へスワイプしていきます。 知らない単語は繰り返し学習できるので、単語が頭に定着しやすいです。 さらに、単語は音声で発音してくれるのでリスニングにも最適です。 ゲーム終了後は、確認テストもあるので、しっかりと単語を学習することができます。 ここまでできる無料アプリは珍しいので、ぜひダウンロードしてみてください。 英語レベル 初級〜上級 おすすめ活用法 photo by: スワイプでサクサク進めることができるので、スキマ時間を利用して学習を進めてみてください。 片手でできるのも嬉しいポイントですね。 URL 無料アプリ4:早打ち英文法 photo by: 早打ち英文法は、中学から高校までの英文法を学べるシューティングゲームです。 出現した単語やフレーズを正しい文法で並べ、目の前の風船を撃ち抜いていきます。 英文法に苦手意識がある人も多いですが、このゲームであれば楽しみながら学習を進めることができます。 英文法も中学1年生レベルから学べるので、復習も兼ねてやってみてください。 英語レベル 初級〜中級 おすすめ活用法 photo by: ゲーム感覚で楽しめるので、スキマ時間のプレイがおすすめです。 英語に触れ合うきっかけを作りにもなるゲームでしょう。 URL 無料アプリ5:TED photo by: さまざまな業界の専門家たちが、英語でプレゼンをする動画をアプリで視聴することができます。 テーマも多く、政治、経済、ビジネス、テクノロジー、化学、など幅広い分野の知識を英語で学べます。 モチベーションを高める動画も多いので、挫折しやすい人や、継続するのが苦手な人にはおすすめです。 英語レベル 中級〜上級 おすすめ活用法 photo by: まずは、興味のある分野の動画を繰り返し視聴してみてください。 同じ単語やフレーズが記憶に残るようになり、頭に定着します。 最初は1つの動画から始め、徐々に動画を増やしていくと良いでしょう。 URL 無料アプリ6:究極英単語 photo by: 究極英単語は、TOEICなどの試験対策から日常単語まで幅広く学べるアプリです。 対応しているカテゴリーは日常英会話をはじめ、TOEIC、ビジネス英語など幅広く取り揃えられているので、自分の目的に合った英語学習に取り組めます。 英語レベル 初級〜上級 おすすめ活用法 photo by: 自分が目標としているカテゴリを徹底的にやり込んでください。 スキマ時間でサクッとできるので、通勤時間や昼休みに学習を進めていきましょう。 URL 無料アプリ7: NHK WORLD TV photo by: NHK WORLD TVは、NHKが海外に向け配信しているニュースアプリです。 日本の文化から政治、経済、変わったニュースなど、さまざまな話題を英語ニュースで学ぶことができます。 動画でニュースを学べるので、視覚からも理解をすることが可能。 英語がある程度聞き取れるようになった人や、英語上級者におすすすめです。 英語レベル 中級〜上級 おすすめ活用法 photo by: 音声だけでも学ぶことができるので、時間が空いた時は常に聴くようにしてみてください。 車の運転中でも聴けますので、スキマ時間を有効活用できるでしょう。 URL 番外編:有料版ならスタディサプリENGLISHもおすすめ Photo by : ここまで無料アプリを紹介してきましたが、有料版なら「スタディサプリENGLISH」の日常英会話コースもおすすめですね。 大手企業のリクルートが運営する英語学習サービスで、AppStore教育カテゴリランキング1位を獲得しています。 日常英会話コースでは最短2分から英会話で役立つ表現を学べ、空いた時間で手軽に気軽に始められます。 また今の英語力を診断できる機能もあります。 英語レベル 初級〜上級 自分のレベルに合わせて、英語を話す、聴く力を伸ばしたい方 おすすめ活用法 人気ゲーム制作会社が考えた、ドラマ形式で気軽にレッスンを学ぶことができます。 また講師陣が5分以内の動画で分かりやすく解説してくれるので、移動時間やちょっとしたスキマ時間を有効活用して自分のペースで学べます。 価格 価格はいまならキャンペーンで月あたり775円〜。 また7日間無料でお試し版ですべての機能を利用できます。 URL 英会話を無料アプリで学ぶときのポイント 英語の無料アプリは魅力的ですが、使い方一つで英語学習に差が出ます。 そこで、英語アプリを最大限に活用するポイントをいくつか紹介していきます。 スキマ時間を活用する アプリのメリットとして、 どこでも学習できる点が挙げられます。 通勤時間や昼休み、ちょっとした待ち時間などで、さっと学習できるのはアプリの強みです。 参考書ではカバンから取り出したりする手間があったり、持ち運ぶのが億劫に感じてしまったりする時もあるかもしれません。 1日のスキマ時間だけでも1時間程度は学習時間として確保できると思うので、ぜひ活用をしてみてください。 アプリは絞って使う 無料アプリだからといって、あれもこれもダウンロードするのは良い学習法とは言えません。 結局どれも中途半端に使ってしまい、学習ができなかったという人が数多くいます。 まずはどのアプリを使うかじっくりと吟味して、選んだものを徹底的にやり込んでいきましょう。 あくまで参考書の補助として考える 英語アプリはサクッと学習できるのがポイントですが、あくまでも補助的なものと考えてください。 アプリは単語を予測変換したり、回答に選択肢があるものが多いので、実践向きとは言えません。 家では参考書やオンライン英会話を利用し、外出先ではアプリを使うようにするのがいいでしょう。 自分のレベルを理解しておく 英語学習で大切なのは、 まず自分のレベルを理解することです。 細かく自分のレベルを分析することで、どのアプリを使っていくか変わってきます。 まずは、自分がどの位置にいるのか確認をしておきましょう。 まとめ 無料の英会話アプリは気軽にできて便利ですが、使い方には注意が必要です。 今回の記事を参考に、自分のレベルに合わせたアプリを選んでみてください。 また、英語学習もモチベーションが上がらない、短期的に英語力を伸ばしたいという方には、 留学という選択肢もあります。 モチベーションを上げるためなら1週間の留学でも十分効果があり、帰国後より意欲的に学習に取り組めます。 特におすすめの学校や、自分の目的に合った学校を探したい方は、ぜひご相談ください。

次の

英語ニュースを字幕付きでリスニング学習できるアプリをプロが厳選

英語字幕 ニュース アプリ

英語字幕・日本語訳付きの動画で英語を学べる アプリや サービスを紹介します。 一部有料のものもありますが、基本、 無料のサービスを紹介します。 動画での学習というと、最近は YouTubeや Hulu、Netflixなどの動画サービスを利用して映画やドラマでリスニング能力を鍛えようとする方が多いです。 ある程度実力のある方ならHuluなどで映画やドラマをどんどん楽しむのもいいでしょう。 しかし、上級者以外は、いきなり動画を利用して英語を学ぶのは、かなりハードルが高いと思います。 そこで、近年では、学習用の動画アプリがかなり充実してきています。 英語が苦手なユーザーでも快適に視聴できるように 英語字幕と日本語訳を同時に表示できるサービスが登場し、 学習をサポートする充実した機能を備えているサービスが増えています。 1.速読調整や字幕(英文/日本文)などの学習機能 YouTubeや Huluなどの動画サービスと英語学習アプリとの一番の違いは、 学習機能の有無です。 ぶっちゃけ学習機能がなければ、一般的な動画サービスだけで十分なはずです。 私もHuluでドラマ「フレンズ」を何度も見て楽しみました。 しかし、一般的に日本人は、リーディング能力に比べて、リスニング能力が劣る人がほとんどです。 特に英検3級〜2級ぐらいの学習者層は、仮に日本語や英語の字幕があったとしても、映画やドラマを聞き流して、理解できる人は皆無だと思います。 とは言え、日本人学習者用に加工された学習教材用のリスニング教材を学ぶも退屈だと思うでしょう。 生きた英語を聴くために「補助輪」が必要な人には、英語アプリの速度調整や対訳やルビ付きの字幕などの機能が大いに役立ちます。 以下に紹介するEEVideoは、無料でも学習機能が手厚く英検2級前後の学力の方にオススメです。 2.自分のレベルに合った教材を選べる これは学習機能に近いかもしれませんが、最近の英語学習アプリは、 レベル別に選択できるサービスがかなりあります。 YouTubeやHuluで学習素材を探そうにも、どれが自分のレベルに合っているのか判別するのは困難です。 その点もリスンニングがリーディングと違って学習が難しい理由でもあります。 (リーディング素材なら、ざっと目を通せば自分のレベルに合うか判別できるでしょう。 ) 地味に思われるかもしれませんが、自分のレベルに合った教材を選べる機能は、すごく助かるはずです。 3.自分の関心に合ったジャンルを選ぶ 自分の関心に合った素材は、 純粋に楽しめるので飽きにくいはずです。 また、前提知識がある話題なら、理解をしやすいはずです。 例えば、野球のテーマの素材をリスニングするのに、同じ英語力の人でも、20代の野球に関心が全くない女性と、野球に興味が高い40代の男性では、まったく聞き取りよる理解が異なるはずです。 ですから、幅広いジャンルの素材を扱ったアプリを選ぶか、もしくは、映画が三度の飯より好きな方は、映画やドラマに特化した超字幕を選択するのもいいでしょう。 ちなみに、私は、人のスピーチを聴くのが好きなので、TEDを楽しめるDigitalcastを重宝しています。 学習機能は他のサービスの劣りますが、そこは気になりません。 さて、次にオススメの英語学習アプリとサービスを6つご紹介します。 超字幕以外は、基本無料(一部有料コンテンツあり)ですので、どんどん試してみて、自分の学習目的に合うアプリやサービスを見つけてみてください。 オススメの英語学習アプリ&サービス6選 1.EEvideo 公式サイト ・学習レベル:初級〜上級 映画やニュース,アニメなど様々なコンテンツで学習できます。 ていねいな学習サポートが特長で,英文中の難しい語彙にはルビ訳が表示され、さらに文構造が添えられます。 訳も文節ごとに表示されるので、分かりにくい部分の訳だけをスムーズに参照できます。 すべてのコンテントを視聴するためには、30日1,000円の課金が必要ですが、無料でも十分な量のコンテンツを楽しめます。 サンプル動画 トランプ大統領就任演説 冒頭 【注意】YouTube用のサンプルのため,EEvideoの機能は利用できません。 サンプルの続きは,EEvideoで無料で視聴できます。 2.超字幕 公式サイト 学習レベル:上級 映画やドラマが1本まるごとダウンロード購入する英語学習ソフトです。 1分ほどの短い動画アプリと違って、好きなコンテンツをじっくりとが学習できます。 今回、超字幕を無料でないにも関わらず紹介したのは、英語好きの学習者からの根強い人気と支持が多くあるからです。 その代わり、1本の価格は 3490円となり、そう何本も購入するのは難しいと思いますので、1本の動画を何度も見ることを苦痛に感じるタイプには向きません。 ただし、速度調整機能やリピート機能など、便利な機能の充実はさすがです。 sourcenext. レビュー記事 3.EnglishCentral 学習レベル:初級〜上級 1万本の動画の中から、自分の興味のある分野を選べます。 また、文法、発音、会話表現といった「スキル別」で動画を選べるのも英語学習者にありがたいです。 動画は1分程度なので、集中力を切らさない長さである反面、じっくり学習したい人にはデメリットとなります。 リスニング力だけなく、読解力と発音力を鍛えることができます。 紹介動画 EnglishCentral概要説明 4.VoiceTube 公式サイト 学習レベル:初級〜上級 台湾発で 1 数万本ものYouTube動画で英語を学べるVoiceTubeは、台湾発の英語学習サービスでです。 多種多様な楽しい動画を選べるのがメリットですが、英語字幕がないものや、日本語訳がついてない動画があるのが少し残念です。 紹介動画動画で英語リスニングを鍛えるサービスVoiceTube  5. TED AudioBooks TED AudioBooks公式サイト 学習レベル:中級〜上級 英語学習者にとって、もはや説明不要のTEDです。 ( TEDをよく知らない方は、以下の参考記事をご参照ください) 知的かつユーモラスなスピーチで英語を学べます。 TEDに興味はあったけど、ちょっと難しいのでと敬遠していた学習者にも、英語字幕と日本語訳を同時に表示できるので理解しやすくなるはずです。 自分の興味のテーマを中心に視聴するといいでしょう。 6.Digitalcast 学習レベル:中級〜上級 同じくTEDを素材にしたサービスです。 個人的には、一番使い込んだサービスです。 リスニングの向上はもちろん、グローバルな問題意識を知ることができますので、日本のテレビの画一的な情報に慣れ切っててしまった方には、刺激的な動画になると思います。 時事的な用語もカバーできますので、TOIEC対策にもなります。 英語学習サービス6つのサービスの比較 紹介した6つのサービスを表にまとめました。 サービスを選択する際の参考にしてください。 「じゃあ、EEvideoがマストなの?」とか言えば、必ずしもそうではありません。 現に私はTEDが好きなので、Digitalcast択一です。 自分の興味や関心に合わせて、相性が良さそうなものを選ぶべきです。 自身の興味や関心は、英語力の不足を補って余る続ける原動力となるはずです。 ただ、ジャンルに対するこだわりがなくリスニングの学習に不安がある方は、EEvideo、EnglishCentral、VoiceTubeのうちから選ぶのが間違いないはずです。 EEvideoの学習機能に対するこだわりは目を見張るものがあります。 どのサービスを選ぶにしろ、スマホが出現する前の時代を考えれば、学習環境が格段と良好になったのは言うまでもありません。 これほどのサービスを自前で揃えようとすれば、10年以上前であれば、何十万円もかかったはずです。 この時代のアドバンテージを生かして、英会話上達、TOEIC高得点、英検取得を目指してみてください。

次の

【おすすめ英語リスニングアプリ13選】定番から無料アプリまでを厳選してご紹介します

英語字幕 ニュース アプリ

スポンサーリンク 想定はリスニング中級者くらいです。 リスニング入門したての方にはちょっと辛いかもしれないし、上級者には物足りないかと思います。 よく英語リスニングのトレーニングで紹介される、 などで挫折した方にぜひ NHK WORLD RADIO JAPAN を試してほしいと思います。 個人的には、あれは上級者向けだと思う。 話題もスピーカーも千差万別なので、初心者〜中級者には難しいです。 自分のスペックは語彙力10000ちょいほど、英語学習歴3年ほどです。 How I met your mother や Breaking Bad など海外ドラマを英語音声のみで大体ストーリーを追える程度。 3年前の英語学習開始時のリスニング・トレーニングとしては、まず最初に定番中の定番である DUO から開始しました。 DUO の文章・フレーズを丸暗記して全て聞き取れるようになった後に、 や などでリスニング練習を行っていました。 ESL や VOA Special に飽きたので、現在は NHK WORLD RADIO JAPAN を毎日聴いているというところです。 なので、DUO や ESL、VOA Special が聴き取れなければ、NHK WORLD RADIO JAPAN の English News はちょっと難しく感じるかもしれません。 私の英語力・英語での表現力等を確認したければ、Twitterの英語アカウント を見てください。 英語を学習されている方は、ぜひフォローもお願いします! では以降、私が NHK WORLD RADIO JAPAN をおすすめする理由7つです。 日本のニュース中心なので背景知識がある 話題に関する背景知識があると、単語・フレーズの意味を予測しやすいです。 これは学習が捗ります。 Ted が難しい理由の1つは、世界中の多ジャンルなトピックを扱い、背景知識がない場合が多いためだと思う。 さらにTEDの場合は、番組構成上1つのテーマを深く掘り下げるし、スピーカーの出身地域も千差万別。 めちゃむずい。 NHK WORLD RADIO JAPAN は日本を中心としたニュースの話題が多いですので、聞こえた単語・フレーズを知らなかったとしても、その意味を予想しやすいです。 ただし、自分に馴染みのない国際的なニュースに触れることもありますが、そういったトピックに突入すると難易度が上がります。 冒頭で今日の主要トピック3つの要約を紹介してくれる 冒頭の in our top stories で、本日のニュース内容の主要トピック3つを要約で紹介してくれます。 いきなりニュース本文が始まるよりも、この要約のおかげで十分な心構えができる。 冒頭で要約を話してくれる英語ニュースは、なかなか少ないと思います。 一番集中力の高い冒頭部分で要約を3つ紹介してくれるので、ニュースのおおまかな全体図を把握できて準備運動になる。 この冒頭でガッと集中力を高めて、全体内容を把握します。 now the news in detail 以降に、各々トピックのニュース詳細が始まります。 同じトピックのニュースが数日間続く NHK WORLD RADIO JAPAN の大きな特徴として、同じトピックについてのニュースが数日間続くことが多いです。 なので、同じ単語・フレーズが数日間続けて使われることが多く、1日目より2日目、2日目より3日目と聞き取れる単語・フレーズの音が増えていきます。 ここ数週間は、毎日のように集団的自衛権についてのニュースが続いているのですが、the right of collective self-defense(集団的自衛権の意味)という語彙が度々出てきます。 最初聞いた時は何のこっちゃ?と全然聞き取れなかったのですが、3日目くらいでパッと聞き取れて、特に辞書を引かずとも意味が分かるようになりました。 1日1回15分程度とちょうどよい時間枠 この位の時間枠であれば、ちゃんと英語リスニングのトレーニングをしようと考える人であれば確実に毎日こなせます。 私は、最低でも毎日1回は聞くようにしてます。 余裕のある日は、同じのを2〜3回聞いたり。 発音が綺麗、話すスピードも速すぎない NHK WORLD RADIO JAPAN の話すスピードは、 や よりは速いです。 ですが、CNN や BBC よりは遅いと思う。 皆さん発音が綺麗なので、非常に聞き取りやすい。 私の英語学習の最終的な目標の1つとして、アメリカやイギリス発の技術系のニュースやポッドキャストを聞けるようになることを掲げているのですが、彼らネイティブ・スピーカーの英語は爆速で喋るの超速いです。 聞き取るのは相当難しい。 あれに比べると、ニュースやドラマの英語なんて遥かにかわいいもんだと感じる。 スクリプトで確認しなくても大体意味が取れる NHK WORLD RADIO JAPAN の唯一の弱点なのですが、実はスクリプト(文字原稿)がありません(多分、以前探したけど見つけられなかった)。 これは欠点かもしれないが、それを逆手にとり利点と考えるようにしています。 とにかく、音だけで意味を取れるように全力集中する。 そして5までの理由があるため、それができやすい。 実際私の場合、今ではほとんど8割がた以上は意味が取れるようになってきてます。 もちろん細かい部分で、分からない単語や聞き取れないフレーズが出てきて意味が取れない時もありますが、そこで頭の回転を止めずに聞き進めるトレーニングをする。 完璧を目指さず、おおかたの意味を取る練習を意識してます。 リスニングにおいては、こっちの聞き方のほうが実践向きです。 英単語・フレーズの定着度が良い 主に3の理由による部分が大きいですが、同じトピックが数日続き、同じ単語・フレーズを数日連続して聞くケースが多くなるので、それらの単語・フレーズの定着度が高くなります。 音を元に覚えるのも定着度が良い理由かもしれません。 1回覚えた単語・フレーズはほとんど忘れることがなく、さらに音を元にして覚えているので、再び同じ単語・フレーズが出てきた時にほぼ確実に聞き取ることができます。 聞いたものが確実に身になっていく感覚をつかめるので、モチベーションを保ちやすいです。 最後にまとめ NHK WORLD RADIO JAPAN のおすすめ理由7つを紹介しましたけど、最後に私が心がけていることなど。 一通り聴き終わった後、分からなくて気になった単語・フレーズは、聞こえた音を頼りに iPhone に入れてる英語辞書(ウィズダム英和辞典)か、自分が作ったサービスで手前味噌ですが iPhone の Safari を使って で確認するようにしてます。 予測で意味が取れるのも多いですが、自信がない時は確認のためにも。 途中で再生を止めて調べる、というのはやらないようにしてます。 これやっちゃうとリズムが悪くなるし、分からない箇所で頭の回転が止まるという悪い癖をなかなか直せませんので。 iPhoneアプリの英語辞書は、ウィズダム英和辞典(ウィズダム英和・和英辞典2)の大ファンで超愛用しています。 ウィズダム英和辞典は、有料でちょっと高いと感じるかもしれませんが、圧倒的なクオリティで最高に素晴らしいです。 割とかっちりした勉強というスタイルになりますし、毎日継続して行うには相当な気合が必要に感じまして。 試してみた時期もありましたが、重い腰を上げられない日が多くて英語学習自体に挫折しかけました。 なので、私の場合はリスニングはとにかく音中心にトレーニングという方向に切り替えました。 それでも3年もやれば結構聞き取れるようになります。 あと3年くらいやれば、ネイティブスピーカーの人々が爆速で話すのも聞き取れるようになるかな〜という感触です。 とは言えリスニング上達のためには、基本的には単語やフレーズをスペルだけでなく発音も正確に覚えていき、リスニングの文章中で聞き取れる単語やフレーズを増やしていく、そして聞き取れなかった箇所を調べて新たに覚える、という作業の繰り返しになるかと思います。 ただ音を聞き流すだけじゃなくて、知らない単語やフレーズを新しく暗記していくのも超大事だと思います。 この時必ず発音も覚えるようにしておくと、リスニング上達がはやい印象です。 ぶっちゃけ実践の英語では、スペルより発音を正確に暗記するほうが大事と思います。 リーディング時にはスペルは曖昧な暗記でも読めますけど、リスニング時には発音を正確に覚えていないと聞き取れませんので。 以上ですが、私が NHK WORLD RADIO JAPAN をおすすめする理由7つでした!.

次の