ヨセミテ ストラップ。 Extended Photographic Material

YOSEMITE STRAP(ヨセミテストラップ)

ヨセミテ ストラップ

「カメラストラップ」と聞いてまず思い浮かぶのがネックストラップです。 肩がけ、首かけ、斜めがけと、長さの調節によって様々な使い方ができるのがこのストラップのメリットです。 汎用性が高くカラーバリエーションも豊富なので、機能性とファッション性をどちらも重視したい方におすすめです。 ハンドストラップ 落下防止を重視する方や撮影時の安定感を求める方に好まれるのが、ハンドストラップです。 手に固定して撮影ができるため、プロカメラマンのようにカメラがまわせます。 常にカメラが手元にあるため速写性にも優れていますが、落下防止で締めつけたまま撮影をするとダイヤルやボタン操作がしにくくなるため、持ち運びの際のフィット感と撮影時のフィット感を事前に把握しておくことが大切です。 カメラストラップを選ぶ前に取付形状をチェック! ストラップの両端の形状は、金具タイプとテープタイプがあります。 カメラによっては金具タイプのみ、もしくはテープタイプのみしか取りつけることができないものもあるので注意してください。 カメラに付属しているストラップの形状と同一のものを選べば間違いありません。 ヨセミテカメラストラップは装着部に丸カンを使用している金具タイプです。 そのため、ストラップ穴がテープタイプ対応のカメラや細い紐しか通らないタイプのカメラに利用するのは難しくなります。 Extended Photographic Materialでは金具タイプのストラップに対応していないカメラへ取りつけるためのコネクターも販売しています。 カメラの機種、用途に合わせてご利用ください。 一眼レフやミラーレスなど、以前は高価でプロカメラマンしか持てなかったカメラが比較的安価で手に入るようになり、カメラストラップの種類も豊富になりました。 素材にこだわったものやデザイン性の高いものなど、目を引くものがたくさんあります。 しかし、大切なカメラを守るためのストラップを、見た目だけで選ぶのはあまりおすすめできません。 例えば、望遠レンズをつけた一眼レフに細いストラップをつけると、強度だけでなく体への負荷も心配です。 小さなミラーレスにショルダーパッドが入ったストラップをつけると、扱いづらくなってしまいます。 また、オリジナリティーにこだわったハンドメイドストラップも人気ですが、縫製や金具に十分な強度があることが絶対条件です。 ストラップによっては重量制限を設けているものもあるため、カメラの重量をしっかりと把握しておくことが大切です。 まずは、カメラのサイズに合っているか・装着可能かどうかを確認して、この2点をクリアしたストラップの中から縫製が雑ではないか・用途に合っているかを必ず確認してからお選びください。 これでプロカメラマン!一眼レフカメラのストラップの使い方 一眼レフカメラで、標準レンズやそれ以下の長さのレンズを装着している場合は、首かけのストラップ(ネックストラップ)がおすすめです。 真下に向けたレンズの先端部がおへそあたりの位置にあると、カメラが大きく揺れることなくすぐに撮影体勢に入ることができます。 望遠レンズを装着している場合はレンズをぶつけてしまう可能性があるため、斜めがけのストラップを選びましょう。 カメラを腰骨に乗せるような位置に置き、レンズに軽く手が添えられるぐらいの長さが適切です。 肩かけにすることで負荷も分散されて、体への負担を減らすことができます。 Extended Photographic Materialで販売するヨセミテカメラストラップは、一眼レフカメラのストラップにもぴったりな商品です。 ネックストラップはもちろん、ハンドストラップもご用意しているので、カメラの種類や撮影シーンで使い分けることができます。

次の

Extended Photographic Material

ヨセミテ ストラップ

こんにちは。 カメラストラップを新調したお話です。 みなさんはカメラストラップ、どのようなものを使われていますか?僕はずっと、カメラ購入時に付属品でついてくるCanonの純正ストラップを使っていたのですが、デカデカとCanonて書いてあるし、形はベタベタだし、洗練されていなくてイヤだな〜っと感じていました(なんだか申し訳ないのですがw)カメラを持ち歩くことが多い人にとっては、カメラストラップって意外と大切なんですよね〜。 Yosemite Camera Strapがオシャレ…だが そんな折、知り合いに教えていただいたオシャレカメラストラップ「 Yosemite Camera Strap(ヨセミテカメラストラップ)」。 直径9mmの登山用ロープを使ったカメラストラップで、耐久性はもちろん水濡れや折れにも強い!もともと過酷な状況での使用を想定しているクライミングロープに着目した点は素晴らしいですよね〜。 とにもかくにも「ロープそのまま」なので、余計なデザインがされておらず、スマートさは抜群です(笑)カッコいい! ただ、ストラップの割に 一万円前後というコスパの悪さがネックになっており、なかなか手が出せずにいました。 cam-in カメラストラップ DCS-005シリーズ と、そんなことを思いながら偶然カメラ屋さんを物色していた時に見つけたのがこちらのストラップ。 サイズは30cm(ハンドストラップ)、75cm、95cm、125cmとバリエーションも豊富に揃っています。 この価格なら全然納得してお金を払えますよね〜!むしろ、コスパ良すぎとも思えてしまうレベルです。。。 というわけで、早速購入(笑) サイズは相当悩みましたが、首から下げたり、肩から斜めにかけて持ち歩きたいので95cmをチョイスしました。 実際にカメラにつけるとこんな感じになります。 おぉ、色味も統一感があって スタイリッシュ!スマートに見えますね〜。 結び目を作ることで長さを調整することができますので、使用する状況に合わせて調整しましょう。 たとえば、 結び目をひとつ作って短くしておけば 手首にぶら下げて持ち歩くことができます。

次の

YOSEMITE

ヨセミテ ストラップ

伊﨑 真一 : 1975年12月2日生まれ 静岡県出身 写真家・ビデオグラファー・アートディレクター・DJ 20代はグラフィックデザイナー、ファッションデザイナーとしてのキャリアを積み、NIKE、NEW BALANCE、G-SHOCK、HONDAのプロダクトデザインや、BEAMS、UNITED ARROWS、NANO・UNIVERSE等の有名セレクトショップのファッションデザインを数多く手がける。 2014年6月イタリアの LEICA STORE Firenze にてアジア人として初めて写真展「CRAVATTA」を開催。 2015年からは自身が代表を務めるEPMがライカカメラジャパンとクリエイティブエージェンシー契約を結び、ドイツのシューズメーカーBIRKEN SHTOCKとライカのコラボレーション写真展「ライカで撮るビルケンシュトック」を代官山T-SITEで開催、2016年は蔦屋家電にて「ライカで撮る美しい日本人」を開催、ライカファンから多くの賛同を得る。 まず『YOSEMITE CAMERA STRAP』が世界での累計販売数が1万本を超えたという事でお祝い申し上げます。 カメラストラップとしては異例の大ヒットだと思うのですが、その魅力についてお話をいただいてもよろしいでしょうか? ありがとうございます。 YOSEMITE CAMERA STRAPは本物のアウトドアギアを使用したカメラストラップです。 全長は 126cmと、通常のカメラストラップよりやや長めに作られており、長さはロープを結ぶ事によって自在に調節が可能で、大きく結べばハンドストラップとしても使用できます。 ドライ加工されたストラップの素材は濡れても乾燥しやすく、通常の平たいナイロンや革製のストラップと違い表裏に困らないだけでなく、調節時に縛っても折り目が残りません。 カメラ専用に設計された日本製高品質真鍮リングと組み合わせ、職人が一本一本丁寧に縫製し仕上げているので、厳しい環境下でも大切なカメラを落下させる事無く安心してお使い頂けます。 『YOSEMITE CAMERA STRAP』という名称についてですが、ヨセミテというとアメリカ・カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園を連想すると思います。 このカメラストラップと何か関わりや繋がりがあるのでしょうか? YOSEMITE CAMERA STRAPはヨセミテ国立公園に撮影に行った際に岩山を下山してきたクライマーと話をしたんです。 その時、彼の古いちぎれそうなカメラストラップの話になり「ザイルのように頑丈で、煩わしくないカメラストラップがあれば良いんだけど」という事を言っていました。 その時の彼の願いを聞いて発案したのがこのYOSEMITE CAMERA STRAPなんです。 素材にクライミングロープを使用し、日本人だけでなく欧米人の体格やシーンに合わせて長さの調節がしやすいザイルの特性を活かすため、126cmという最適な全長を確保して結び易くしました。 さらにこの度、短めに使用される方や女性にも利用しやすい105cmと110cmの2タイプも追加したので、より皆様にフィットした一本をお選びいただけます。 なるほど、当初はクライマーのために作ったストラップだったのですね。 ヨセミテといえばエル・キャピタンという巨大な一枚岩があるクライマーの聖地ですから、ストラップにクライミングロープを使用しているのにも納得がいきます。 その他に敢えてカメラストラップとして使われてこなかった素材を選んだ理由がありましたら教えてください。 頑丈であることはもちろんのこと、アウトドアブームにより、クライミングロープのイメージが一般の方々にも浸透してきていたのも理由の一つです。 昨今のアウトドアブームの潮流は、一過性の流行だけにとどまらず、クライミングや野外フェス、登山など大自然のパワーを感じ、生き方そのものを変えるアクティビティに成長していると感じます。 アウトドアのシーンで必ず必要なカメラをどうすればより素敵に、安心して持ち運ぶことが出来るか、アウトドアユースの観点から再定義してこのプロダクトを生み出したところ、ファッション・シティユースにも映える仕上がりになりました。 実際にYOSEMITE CAMERA STRAPを手にとってみると、クライミングロープという事もあって見た目以上に頑丈でしっかりとした作りをしていますね。 加工も難しそうな素材ですが、製造上で何か工夫された点やこだわりなどありましたら教えてください。 細すぎるザイル(クライミングロープ)では長時間カメラを肩から掛けていると食い込みで痛みを感じてしまう一方、太すぎると長さの調節をする為の結び目を作りづらく、また重量も増してしまうため、9mmのザイルを使用しています。 本革製のリング取り付け部はヒートカットしたロープの先端を挟み込み、耐久性を持たせる為にロープ自体を貫通させて縫い付けてあります。 おっしゃる通り、命綱のために作れた丈夫なロープなので、レザーのパーツを縫合するのに太いステッチを皮の両面とナイロンリボン、ロープ自体を貫通して縫い付けているのですが、熟練の職人さんでもロープ径が11mmを超えるとかなり難しいということで何とか9mmのものを少し無理を言ってお願いしております。 これくらいしっかりしたストラップだと大事なカメラをつけても安心ですね。 少し意地悪な質問になってしまうのですが、ストラップが丈夫すぎる故に危ないという事はないのでしょうか?例えば電車にカメラが挟まれたとか、何かに引っかかってしまったなど事故が起きた際に。 その点もしっかりと考えて作られています。 YOSEMITE CAMERA STRAPの特長はカメラを安全に持ち運べるのに充分な強度を保つことと、それとは逆に急な力がかかった時にユーザーに怪我をさせないように「うまく外れる」という部分です。 もちろんクライミングロープ自体は人が吊り下がっても大丈夫な強度を持っていますし、レザーの縫合部もステッチがロープ自体を貫通してさらにナイロンのリボンで内側から補強もしているため、全然切れません。 そのため私たちが望む性能を実現させるために、過度の力がかかった際に安全に外れてくれる「丁度良い強度のリング」採用しています。 それによりYOSEMITE CAMERA STRAPは強度と安全性の両立させています。 YOSEMITE CAMERA STRAPを初めて見た時、その鮮やかなカラーバリエーションにとても惹かれてしまいました。 いままでのカメラストラップには無い格好良さがありますよね。 この色のロープは特別に作ったものなのでしょうか?? 実は最初のシリーズのストラップには市販のロープをそのまま使って作っているんです。 クライミングロープと言っても様々な種類や色がありますから、そこは厳選して選びましたね。 このロープは海外メーカーのものを輸入しているのですが、それゆえの問題が起きた事がありました。 ある一色のロープを追加で100m発注した時、届いてみると色が全然違うんです。 間違えなく商品名もコード番号も同じだったのですが、明らかに違う。 おそらくクライミングロープという物自体、機能や性能がメインで色に関してはメーカーもそこまで重要視していないんでしょうね、何も言わずに色を変更してしまったようです。 それはカラー展開してストラップを作っているコチラとしては困りますよね。 しかし海外メーカーらしいといえば、らしい話だなと思います。 その失敗を踏まえて、新色のストラップに使うクライミングロープは国内メーカーにオリジナルで作ってもらうことにしました。 そうすれば色や柄も細かく決められますし、品質に関しても安心ですからね。 ですので今のYOSEMITE CAMERA STRAPは素材も製作も全てが『MADE IN JAPAN』なんです。 そうだったんですね!かっこいいカラーバリエーションだなと思っていたのですが、ロープからオリジナルで作っていたとは知りませんでした。 ストラップの色や柄によってカメラの印象が変わりますから、使用する方のスタイルで選べるのは嬉しいですよね。 リングタイプのストラップですから、他にも様々なカメラと相性がいいと思いますよ。 最後にこのYOSEMITE CAMERA STRAPをご購入されるお客様へ向けて何か一言お願いします。 このYOSEMITE CAMERA STRAPのコンセプトは『アウトドア』なのですが、それにはもっと外に出て、もっと美しい場所に行って、もっと美しいものを見て、写真を撮って欲しいというメッセージも込められています。 ぜひYOSEMITE CAMERA STRAPと共に『いい写真が撮れる場所』へどんどん出かけて欲しいですね。 また、この度おかげさまでYOSEMITE CAMERA STRAPは2016年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。 見た目の美しさだけでなく、機能性や使いやすさを客観的に評価して頂けた事で、さらにカメラファンの皆様に知っていただけるきっかけになればと思います。 ありがとうございました。 写真撮影やクライミングのルート選定に絶対的な正解がないことと同じように、 YOSEMITE CAMERA STRAPもまた、様々な用途と大いなる可能性を秘めた商品であると感じました。 あなたならどのようなシチュエーションで、どんなカメラと共に使いますか?.

次の