望月める。 望月

望月一

望月める

しかし、彼女の轟沈時のセリフでは、これらの面倒事も楽しかったという旨の本心が垣間見える。 ただし 本心を打ち明けてからの轟沈となる為、轟沈させてしまった提督に対して強烈なを植え付けてしまう。 公式の4コマ漫画においてはと何か通ずるものがあったらしく、固い握手を交わしている。 アニメではと並んでいる事が多かった。 娘だらけの作品で「体が軽い」とか言ったり轟沈の際に本心を言うなど何となくあのを思い浮かべる提督もいるだろうが、 くれぐれも慢心しないように。 容姿、って…うあぁー。 ちょっと面倒… ロングヘアの明るめのに明るめの茶色の瞳を持ち、赤のをかけている。 服装は以降の睦月型共通の赤のラインの入ったと白の。 三日月形の飾りはと同じく左前襟についている。 睦月型の中では唯一無地ので、靴は茶色の。 艤装も皐月以降の睦月型と同じで、ベルトで左腰に爆雷を固定し、足首の上に三連装魚雷発射管を装備、右腕に盾を、左手には単装砲を拳銃のように握っている。 やより一回り小さい。 はいはい。 史実出ますよー。 浦賀船渠で 「第三十三号駆逐艦」として1926年3月23日に起工、1927(昭和2)年4月28日進水。 1928年8月1日に 「望月」の艦名を与えられた。 最初はに所属してで活躍。 開戦時ににと入れ替わるかたちで編入され、の初戦であると並行された「ウェーク島攻略作戦」に参加した。 だがこの作戦でが沈められてしまい、さらに解散した二十三駆逐隊から卯月が編入されてくる。 これ以降、卯月とは長い付き合いになる。 その後もラバウルやモレスビー港攻略に従事し、ガナルカナル島(ガ島)の設営作戦に参加した後に佐世保に一時帰投する。 そこからガ島への輸送・上陸作戦に参加するが、ここで睦月と弥生を喪い、とともに乗員の救助に当たっている。 そこから一時的に三十駆逐隊が解隊され暫くは輸送作戦に従事するが、およそ半年後に二十三駆逐隊の同期だった三日月を加え、卯月と三隻で三十駆逐隊を再結成する。 ところが1943年7月に三日月が沈み、その後を追うように10月に彼女自身もにニューブリテン島沖で米軍から空襲を受けて戦没した。 とにかく 日本と南方を何往復もさせられており、破損するたびに佐世保に返され、修復後すぐにまた南方に派遣され…を繰り返している。 『艦これ』でゆるダルなキャラなのは、上述のように往復任務で忙しく働かされていた反動なのかもしれない。 海自の「もちづき」 望月の名称は後にの対空護衛艦、「たかつき」型3番艦のDD-166「もちづき」として受け継がれた。 2代目「もちづき」は1968年3月15日進水、翌1969年3月25日の就役で、建造は石川島播磨重工業東京工場。 就役当初は初代望月と縁が深い佐世保基地を定係港としたが、1971年には呉に、1983年には舞鶴に転属。 1995年4月1日に特務艦に種別変更されたが、このとき定係港が24年ぶりに佐世保に戻った。 眼鏡艦娘つながりになるが、本艦と同じ石播東京で建造されたイージス艦「」が、本艦の終の棲家でもあった佐世保基地を定係港としている。 んじゃぁあー、そろそろ関連イラストだぁーっす!!.

次の

鼓響

望月める

暖かな拍手が降り注ぐ「ナンバー1コート」のスタンドの三方向に向け、深々と頭を下げる。 表彰式のフォトセッションでは、フォトグラファーたちから「トロフィーにキスして!」とリクエストされ、溶けそうに照れながら、ぎこちなく優勝の証(あかし)に口を近づけた。 全英ジュニア男子シングルスを制した望月慎太郎 「スタンドに手を振るとかは、恥ずかしくってできないです。 お辞儀だって恥ずかしいのに……」 目尻を下げ、首をすくめるようにしながら打ち明ける姿は、本人いわく「シャイ」そのもの。 だが、先月16歳を迎えたばかりのそのシャイな少年が、ひとたびラケットを手にコートに立つと、凛とした闘志をまとうアスリートに豹変する。 少し背を丸め、ボールに飛びつき鋭くラケットを振り抜くと、山猫のようにしなやかな身のこなしでネットへと走り、時に柔らかなボレーを沈め、時に豪快なスマッシュを叩き込む。 多彩で攻撃的なプレースタイルを支えるのは、いかなる危機にも動じぬ強心臓だ。 1回戦では、最終セットで終始リードされながら剣ヶ峰で追いつき、逆転勝利を掴み取った。 準決勝では、3本のマッチポイントをしのがれ逆転を許しながらも、今度は相手のマッチポイントを強気のプレーで切り抜け、土壇場で試合をひっくり返した。 勝利の瞬間には、オフコートでの温和な笑顔からは想像もつかない、雄々しい咆哮(ほうこう)をあげる。 ウインブルドンJr. で、日本人男子として初めて頂点に立った望月慎太郎は、175cmのまだ細身な身体に、カラフルなプレースタイルとパーソナリティを備えたテニスプレーヤーだ。 「しんちゃん、すごくいいですよ」 IMGアカデミーで腕を振るう中村豊トレーナーから、「しんちゃん」こと望月慎太郎の名を聞いたのは、今年1月の全豪オープンの時だった。 IMGでらを少年時代から指導した中村氏は、(ロシア)のパーソナルトレーナーを経て、昨年から再びIMGで、フィジカル&コンディショニングのヘッドトレーナーとしてジュニアからトッププレーヤーまでを指導する。 その彼が、望月の、竹のような身体のしなりや、周囲の情報を感知し瞬時に判断していく能力の高さに、太鼓判を押した。 中村トレーナー(左)の指導でフィジカルを鍛える当時15歳の望月 この全豪オープンの時点での望月は、まだランキングが低く、ジュニア部門に出場していなかった。 だが、5カ月後の全仏オープンジュニアでは、初出場にしてベスト4へと勝ち上がる。 全仏ではその活躍に加え、錦織圭の練習相手を務めたことでも、テニスファンや関係者たちの注目を集めた。 現在の望月が歩む道は、錦織がかつて切り開いた道でもある。 盛田正明テニスファンドのサポートを受け、13歳の時に米国フロリダのIMGテニスアカデミーに留学。 行くことを決めたのは自分の意志だが、当然ながら最初は多くの戸惑いが伴った。 「行ったばかりの頃は、『How old are you? (何歳?)』すら、わからなかった」というほどに、コミュニケーションにも苦労したと言う。 渡米し、直面した困難やカルチャーギャップは、テニスにしても同様だ。 「みんな僕より身体が大きいし、試合でも、普通にやったら負けてばっかりだった。 パワーでは、確実に勝てないと思いました」 ならば、どうすれば勝てるのか? コーチとともに考え、試合で試行錯誤を繰り返しながら、さまざまな球種を用いてコートを広く使い、最後はネットに出てボレーで決める独自のスタイルを築いていく。 好きな選手は(スイス)だが、プレースタイルをマネしようと思ったことはない。 大切にするのは、あくまで「自分の感覚」であり、「目先ではなく、将来を見据えて今に取り組む」こと。 とはいえ、「内容のいい敗戦より、内容が悪くても、勝つほうがうれしい」という彼は、貪欲に結果も追い求めている。 「世界の一番になりたくて来ている。 こんなところで負けていられない」 朴訥(ぼくとつ)な口調で語るその言葉には、ドキリとさせられるほどの強い意志と渇望が宿る。 今回のウインブルドンJr. 優勝を、周囲は「快挙」と讃えるが、当の本人は「快挙って言われても……」と、困ったように首を傾げる。 「ウインブルドン」という大会の名や、「日本人初」という惹句よりも、彼にとって重要なのは、「大会をまず優勝できたことが、自分にとっては成長だと思う」という、確かな歩みの実感だ。 地に足をつけ、今回の優勝もあくまで、未来へのプロセスと捉える。 その聡明さこそが、今大会で望月慎太郎が示した、最も優れたアスリートの資質かもしれない。

次の

望月一

望月める

ようこそ望月音楽教室へ 望月音楽教室に興味を持っていただき、ありがとうございます。 当教室は、自然豊かな長野県の松本市と伊那市にある小さなピアノ教室です。 40年以上、0歳の幼児から80歳代のシニアの方まで音楽を通じて関わってまいりました。 県内各地から、音楽が大好きな子どもたちが私たちの元へ元気に通ってきてくださっています。 主宰の望月玲子をはじめとする複数の指導者陣が、音楽を愛する皆さまにピアノ、ソルフェージュ、リトミック、そしてサックス、マリンバ、うたのレッスン、ピアノ de脳活を提供しています。 日々のレッスンのほかにも、コンクール前の特別レッスン、音大・教育大・保育士進学コース、そして、大人の方のためのクラス、ピアノ・リトミック指導者を対象にした『講師養成講座』『講師対象指導者レッスン』『レッスン見学会』『出張レッスン』等のクラスもおこなっております。 近年では、『 SNSを用いたビデオ通話オンラインレッスン(全国及び海外)』『動画でのアドバイスレッスン(全国及び海外)』を開始し、ご好評を頂いております。 ようこそ望月音楽教室へ 望月音楽教室に興味を持っていただき、ありがとうございます。 当教室は、自然豊かな長野県の松本市と伊那にある小さな音楽教室です。 35年以上、子どもたちにピアノを通じて関わってまいりました。 県内各地から、音楽が大好きな子どもたちが私たちの元へ元気に通ってきてくださっています。 主宰の望月玲子をはじめとする複数の指導者陣が、音楽を愛する皆さまにピアノ、ソルフェージュ、リトミック、そしてサックス、うたのレッスンを提供しています。 日々のレッスンのほかにも、コンクール前の特別レッスン、音大・教育大・保育士進学コース、そして、大人の方のためのクラス、ピアノ・リトミック指導者を対象にした『講師養成講座』や『レッスン見学会』『出張レッスン』等のクラスもおこなっております。

次の