キャロウェイ スーパー ハイブリッド。 キャロウェイ ローグスター ユーティリティの試打&評価│楽しい GOLF LIFE

【楽天市場】キャロウェイ 2020 SUPER HYBRID ユーティリティ US仕様 MITSUBISHI TENSEI CK PRO ORANGE 80 HYB カーボンシャフト [Callaway スーパーハイブリッド UT ゴルフ]:Number7 ナンバーセブン ゴルフ

キャロウェイ スーパー ハイブリッド

キャロウェイでは初となるチタンヘッド スーパーハイブリッドのヘッドはキャロウェイ史上初となるチタン素材が採用されています。 ヘッドの軽量化にはチタンは最適で、強度が増すことからヘッド体積を大きくし安心感のあるヘッドを作ることが可能になります。 またカーボンクラウンも採用されており、軽量化、高初速化のヘッドに仕上がっています。 大型化しているユーティリティとのことですが、イメージとしては7番ウッドぐらいの大きさといったところでしょうか。 フェアウェイウッドが苦手な方にはお助けクラブとなりそうですね。 最新テクノロジーが満載 フェースにはエピックフラッシュシリーズのフラッシュフェースが、そのフェースの裏には「2本の柱」のジェイルブレイクテクノロジーが搭載。 人気クラブに搭載されていた初速アップ、飛距離アップにつながるキャロウェイのテクノロジーが満載です。 またホーゼルにはカチャカチャがついているのですが、「小さめ」のショート・アジャスタブルホーゼルを導入し、ヘッドの軽量化に一役買っています。 タングステン・インナーウエイトが装着 エピックフラッシュスターのユーティリティにも採用されていたタングステン・インナーウエイトもヘッド内部に装着され、より精密に作られているとのこと。 このタングステン・インナーウエイトの比重を多くすることで慣性モーメント値を高め、重心位置も最適となり、ハイブリッドだけどフェアウェイウッドのようなヘッドのやさしさと飛距離性能をもたらしてくれます。 シャフトは軽量で長めに設定 スーパーハイブリッドには純正シャフトとして40グラム台のシャフトを装着。 ヘッドスピードが速くない人にも対応できるようにされています。 また軽量で大型化されたヘッドにより、長さも少し長めの設定となっています。 当然、軽量化し長くすることでヘッドスピードは上がるのですが、やはり肝心なのはミート率なので長くしたことにはやや疑問も感じます。 総重量 322グラム 長さ 41. 0インチ シャフト重量 49グラム バランス D0 上記の表はロフト17度のスペックですが、シャフトはユニフレックスとなるので選ぶことができません。 ちなみにロフトバリエーションは17度と20度の2パターンです。 総重量は17度のクラブで322グラムですから、かなり軽めです。 やはり純正シャフトではヘッドスピードがあまり速くない層向けのクラブという印象ですので、ヘッドスピードが平均以上の方はカスタムでシャフトを変える必要はあるでしょう。 スポンサーリンク スーパーハイブリッドの見た目 エピックフラッシュシリーズのイメージカラーはグリーンですが、スーパーハイブリッドはオレンジがカラーリングされています。 ソールのデザインはややエピックフラッシュスターユーティリティに似ている?ような感じもしなくもないですが、明らかに違うのが先ほども述べたヘッドの大きさです。 この画像でもわかりますがユーティリティにしてはかなり大きく、見た目からもやさしさを感じることができます。 ティーショットやセカンドなど、あらゆる場面で活躍してくれそうなクラブです。 スーパーハイブリッドの対象ゴルファー icon-caret-rightユーティリティが苦手でヘッドにやさしさを求める方 icon-caret-right ヘッドが軽量のユーティリティを使いたい方 純正シャフトでのセッティングだとかなり軽いクラブになるので、ヘッドスピードがドライバーで40以上ある方は他のシャフトでカスタムする必要があるでしょう。 スーパーハイブリッドまとめ icon-checkキャロウェイでは初となるチタンヘッド導入で軽量化 icon-checkキャロウェイの最新テクノロジーが満載なクラブ icon-checkタングステン・インナーウエイトが装着され寛容性もアップ icon-check純正シャフトは軽量で長めに設定 以上、キャロウェイ・スーパーハイブリッドの特徴を紹介【やさしく飛ばせるユーティリティ】という話題でした。 ユーティリティが苦手な方は一度試してみてもおもしろいと思いますよ。

次の

【楽天市場】キャロウェイ スーパー ハイブリッド ユーティリティ 2020年モデル 日本仕様

キャロウェイ スーパー ハイブリッド

ユーザーとは、ワガママな連中だ。 目立つ製品が欲しいのに、そこまで過度なものは求めていない。 ドン引きしない限りは、意味のある差別化は問題ないと思っている。 やり過ぎても失敗するだろうし、全く何もしないのもよろしくないということか…。 キャロウェイの「Super Hybrid」は、「全く新しく、フェアウェイウッドのパワーを持ち合わせているハイブリッド」ということで、この名前に相応しいようだ。 「Super Hybrid」は、ハイブリッド特有のメリットを持ち合わせつつ、フェアウェイウッドに必須の特徴を保持したフェアウェイウッドの代わりになるクラブらしい。 当然ながら、キャロウェイは「Super Hybrid」が大きな飛距離を実現するために誕生したとアピールしたいようだ。 長さは大きな要素とならないようだが、41. 5インチ(17度/3H)の「Super Hybrid」は、18度のAPEXや18度のエピックハイブリッド(40. 5インチ)よりも飛ぶ。 とはいえ、より説得力を持つには、テクノロジーの話が必要だろう。 キャロウェイの「Super Hybrid」は、高強度チタンフェースインサートと軽量(5 gr)T2Cトライアクシャルカーボンクラウンを採用。 キャロウェイのウッドシリーズで定番になりつつある、ヘッド内部にあるボディのたわみを抑える2本の柱を備えたジェイルブレイクテクノロジーが、これらをサポートすることで、フェース上のインパクトの力がより大きくなり、ボールスピードがアップする。 チタンは、スチールよりも軽くて強く、カーボンコンポジットはチタンとスチールよりも非常に軽量だ。 そのため、このクラブは軽量チタンフェースとカーボンボディ構造になっており、68グラムもの余剰重量を生み出している。 ヒール・トゥ・ウェイトにした主なメリットは、オフセンターヒット時のMOIと寛容性がアップすることにある。 さらに、軽量ホーゼルアダプターによりヒールの重量が軽くなり、重心位置がよりニュートラルになり方向性も改善。 ターゲットゴルファーに話を移すと、「Super Hybrid」は幅広い層向けではあるが、ハイブリッドが苦手なものの従来のハイロフトのフェアウェイウッドよりも小さめのクラブを使うことが気にならないゴルファーに合っていると感じる。 また、「Super Hybrid」はドローバイアスのクラブを使うことでメリットが得られる方にもおすすめで、ヘッドスピードの速いゴルファーはある程度、対象外となるだろう。 飛ばし屋以外の人はさらなる飛距離を求めており、飛べば良いというわけではないが、キャロウェイは飛距離という点で「Super Hybrid」が単に楽しくてとても良いだけではないクラブであると確信している。 また、キャロウェイ以外にも、市場にはチタンフェース・ハイブリッドをリリースしているメーカーは存在する。 トミーアーマーのアトミックは、DAT-55チタンフェースとカーボンボディをコンボブレージング溶接。 ここで重要なことは、パフォーマンスは多くの不確定要素によって作用するものであり、セットにある他のクラブのパフォーマンスにどのような影響を与えるかを考慮せずに、一本のクラブを組み込むことは短絡的ということ。 とは言え、多くのプレーヤーは、番手が一番大きいアイアンと一番ロフトのあるフェアウェイウッドとの距離のギャップに対応するための解決策を見つけるのに苦労しているようだが、キャロウェイは、この「Super Hybrid」がその名前に値する自信があると考えている。 スペック、価格、発売時期 プレオーダーは2019年10月22日。 店頭販売開始は2019年11月1日。 メーカー希望小売価格319. 99ドル。 ロフトは17度、20度、23度で左右ともにラインナップしている。 標準装着シャフトは、ツアーで人気の三菱レイヨン テンセイ CK Pro オレンジのハイトルクバージョンであるテンセイCK オレンジ 85。

次の

キャロウェイ 2020 SUPER HYBRID (Diamana h45 UNIFLEX カーボンシャフト) CALLAWAY スーパーハイブリッド 日本正規品 JYPERS(ジーパーズ)

キャロウェイ スーパー ハイブリッド

ユーザーとは、ワガママな連中だ。 目立つ製品が欲しいのに、そこまで過度なものは求めていない。 ドン引きしない限りは、意味のある差別化は問題ないと思っている。 やり過ぎても失敗するだろうし、全く何もしないのもよろしくないということか…。 キャロウェイの「Super Hybrid」は、「全く新しく、フェアウェイウッドのパワーを持ち合わせているハイブリッド」ということで、この名前に相応しいようだ。 「Super Hybrid」は、ハイブリッド特有のメリットを持ち合わせつつ、フェアウェイウッドに必須の特徴を保持したフェアウェイウッドの代わりになるクラブらしい。 当然ながら、キャロウェイは「Super Hybrid」が大きな飛距離を実現するために誕生したとアピールしたいようだ。 長さは大きな要素とならないようだが、41. 5インチ(17度/3H)の「Super Hybrid」は、18度のAPEXや18度のエピックハイブリッド(40. 5インチ)よりも飛ぶ。 とはいえ、より説得力を持つには、テクノロジーの話が必要だろう。 キャロウェイの「Super Hybrid」は、高強度チタンフェースインサートと軽量(5 gr)T2Cトライアクシャルカーボンクラウンを採用。 キャロウェイのウッドシリーズで定番になりつつある、ヘッド内部にあるボディのたわみを抑える2本の柱を備えたジェイルブレイクテクノロジーが、これらをサポートすることで、フェース上のインパクトの力がより大きくなり、ボールスピードがアップする。 チタンは、スチールよりも軽くて強く、カーボンコンポジットはチタンとスチールよりも非常に軽量だ。 そのため、このクラブは軽量チタンフェースとカーボンボディ構造になっており、68グラムもの余剰重量を生み出している。 ヒール・トゥ・ウェイトにした主なメリットは、オフセンターヒット時のMOIと寛容性がアップすることにある。 さらに、軽量ホーゼルアダプターによりヒールの重量が軽くなり、重心位置がよりニュートラルになり方向性も改善。 ターゲットゴルファーに話を移すと、「Super Hybrid」は幅広い層向けではあるが、ハイブリッドが苦手なものの従来のハイロフトのフェアウェイウッドよりも小さめのクラブを使うことが気にならないゴルファーに合っていると感じる。 また、「Super Hybrid」はドローバイアスのクラブを使うことでメリットが得られる方にもおすすめで、ヘッドスピードの速いゴルファーはある程度、対象外となるだろう。 飛ばし屋以外の人はさらなる飛距離を求めており、飛べば良いというわけではないが、キャロウェイは飛距離という点で「Super Hybrid」が単に楽しくてとても良いだけではないクラブであると確信している。 また、キャロウェイ以外にも、市場にはチタンフェース・ハイブリッドをリリースしているメーカーは存在する。 トミーアーマーのアトミックは、DAT-55チタンフェースとカーボンボディをコンボブレージング溶接。 ここで重要なことは、パフォーマンスは多くの不確定要素によって作用するものであり、セットにある他のクラブのパフォーマンスにどのような影響を与えるかを考慮せずに、一本のクラブを組み込むことは短絡的ということ。 とは言え、多くのプレーヤーは、番手が一番大きいアイアンと一番ロフトのあるフェアウェイウッドとの距離のギャップに対応するための解決策を見つけるのに苦労しているようだが、キャロウェイは、この「Super Hybrid」がその名前に値する自信があると考えている。 スペック、価格、発売時期 プレオーダーは2019年10月22日。 店頭販売開始は2019年11月1日。 メーカー希望小売価格319. 99ドル。 ロフトは17度、20度、23度で左右ともにラインナップしている。 標準装着シャフトは、ツアーで人気の三菱レイヨン テンセイ CK Pro オレンジのハイトルクバージョンであるテンセイCK オレンジ 85。

次の