こたつ布団 洗濯。 こたつ布団はコインランドリーでの洗濯がおすすめ!料金や時間も解説!

こたつ布団を洗濯するときに抑えておきたい7つの知識

こたつ布団 洗濯

こたつ布団をいざ洗うときに、4つの方法で綺麗にすることができます。 クリーニング店でクリーニングを依頼したり、コインランドリーや、自宅でも大きさが入れば洗濯機やお風呂場でも洗うことができます。 方法1:クリーニング店に持ち込む こたつ布団は大きいので持ち込むのは大変ですが、取りに来てもらうよりかかる金額を抑えることができます。 クリーニング店にお願いするとふっくら仕上がり、オプションによっては防ダニ加工をお願いすることができます。 クリーニング代の相場 こたつ布団はそれぞれ性質や大きさや洗濯方法などが違うのですべて同じ値段にはならず追加料金もかかってしまうことがありますが、基本的なこたつ布団のクリーニング料金は1枚あたり2000~3000円前後の料金になっています。 そこに洗濯方法や性質などによって追加料金がプラスにかかってきます。 方法2:宅配クリーニングを依頼する 最近ではネットで宅配クリーニングをお願いすることができるので、ネットで注文をして集荷キットが送られてくるので集荷パックに詰めて集荷を依頼してクリーニングをしてもらい、自宅まで届けてもらえます。 簡単に注文ができて、クリーニングから宅配までしてもらえるのでおすすめです。 宅配クリーニングの相場 自分でクリーニング店に持ち込んでクリーニングをしてもらうのに比べて宅配クリーニングでのクリーニング料金は高くなってしまいます。 宅配クリーニングでこたつ布団をクリーニング依頼すると1枚あたり4000~6000円になり敷き布団とセットになるとさらに8000~10000円ほどになるでしょう。 方法3:コインランドリーで洗う コインランドリーでもこたつ布団を洗うことは可能ですが、気をつけなければならないのが素材です。 こたつ布団がよれないように加工をされているキルティング加工のものや真綿ではないものであればコインランドリーでもクリーニング可能なのでコインランドリーを活用しても良いでしょう。 洗濯だけでなく乾燥もすぐに終えることができるのでおすすめです。 コインランドリーの相場 コインランドリーでこたつ布団を洗濯から乾燥まで行った場合の料金の相場は1300円程度でクリーニングすることができます。 このとき乾燥はしっかり時間をかけて行うことがポイントです。 しっかり乾燥させると、ダニも死滅し生乾き臭の防止になります。 方法4:自宅で洗う こたつ布団を自宅で洗う場合、羊毛や、真綿素材の布団は洗濯ができないので、洗濯表示の確認をしっかり行いましょう。 洗剤はおしゃれ着用の洗剤を使うと、こたつ布団へ与えるダメージが少なく、ヨレなどの原因を防ぐことができます。 完全に乾燥するまで1~2日掛かるのでお天気のいい日が続く日に洗濯することをおすすめします。 クリーニングにかかる日数 こたつ布団をクリーニングに出すと仕上がるまでの日数は1週間ほどかかります。 宅配クリーニングでも同じぐらいの日数がかかってきます。 布団クリーニング専門店なら1~2日で仕上げてくれるところもあるので早めに仕上げたい方なら専門店にお願いしてみるのが良いでしょう。 クリーニングする時期 こたつ布団のクリーニング頻度は一年に1~2度ほどが良いでしょう。 クリーニングをするタイミングは、こたつ布団を出すときやこたつ布団を保管する前に行うのが良いでしょう。 一番良いタイミングは汚れが多くついているこたつ布団を保管するときが良いでしょう。 こたつ布団はクリーニングに出すと戻ってくるまでに時間もかかってしまうので頻繁にクリーニングをするのも難しいのでこたつ布団は年に1、2度洗うようにして布団カバーを頻繁に洗うようにしましょう。 クリーニング後は圧縮して保管する こたつ布団は半年以上押入れで保管することもあるので湿気が出てくるとカビやダニの発生原因にもなってしまう可能性があるのでしっかりとごみや埃を取って乾燥をして圧縮袋を使うようにしましょう。 可能であれば、カビやダニ防止のために何回か圧縮袋から取り出して天日干しを行うと予防にもなります。 そして、再度掃除機を使ってごみなどを取り圧縮袋に入れましょう。 Amazon こたつ布団をクリーニングする場合にお金をあまりかけずにクリーニングを行いたい方もいらっしゃるでしょう。 そんなとき、大きなこたつ布団でも洗うことができるコインランドリーを活用してみてはいかがでしょうか。 コインランドリーを使用する時の注意点を詳しくみていきます。 乾燥に時間がかかる こたつ布団は大きく厚みもあるため、乾燥に45分~85分ほど時間がかかります。 洗濯の時間も入れるとかなりの時間を要するので、時間に余裕をもってコインランドリーに持ち込むことをおすすめします。 洗濯の質がクリーニングより劣る コインランドリーで洗濯から乾燥まですると、素材によって型崩れが起こる場合があります。 真綿やキルティング加工のものは、綿が偏ったり千切れてしまう可能性があるため注意が必要です。 自宅で洗う場合の注意点 こたつ布団をクリーニングするのにクリーニング店やコインランドリーを活用せずに自宅で洗うには、洗濯表示を見て手洗いや洗濯機マークがついているかどうか確認しておきます。 洗濯機を使う場合はネットに入れる ごみや埃をきちんと落として畳んでネットに入れて洗います。 汚れが目立つ部分には酸素系の漂白剤や部分洗いをしておきます。 そして、洗濯機の大物洗いコースを選択して洗えば簡単に洗うことができます。 浴槽では足踏み洗いする こたつ布団の大きさが洗濯機に入らない場合もあるので、そういう場合は、お風呂で足踏み洗いすることも可能です。 汚れた部分を外側にして折りたたみ布団が浸かるほどの水を入れて洗剤を入れてこたつ布団の全体を均等に脚踏み洗いをしてからすすぎを行います。 すすぎを行う際も足踏みをして汚れがなくなるまですすぎをします。 最後に絞らずに浴槽にかけて水を切るようにして、水が切れたら干しましょう。 こたつ布団はクリーニングしてきれいに保とう.

次の

ニトリこたつ布団洗濯!コインランドリーでネットなし乾燥まで!

こたつ布団 洗濯

日本の冬の代名詞とも言えるこたつ。 昔に比べると使わなくなった家庭も増えたかもしれませんが、やっぱりあると嬉しい暖房器具です。 一方で少し面倒なのが、こたつ布団の洗濯。 衣類のように簡単に洗えるものではないので、ちょっと手間ですよね。 そこで今回は、こたつ布団の洗濯に便利なコインランドリーについてご紹介。 料金や時間の目安などもお伝えします。 こたつ布団は洗濯しよう!洗ったほうが良い理由も解説 寒さが本格的になり、こたつ布団を使おうと思うと、独特のニオイが気になったり、汚れが目立ったりすることがあると思います。 汚れの原因は、毛や食べ物、汗、皮脂などによるもの。 これらが残っている状態で、こたつを利用するのは衛生的とはいえません。 こたつ布団を衛生的に利用するために、定期的に洗濯して気持ちよく使っていきましょう。 自宅で洗濯する方法 ここでは、自宅の洗濯機でこたつ布団を洗濯するときの方法をご紹介します。 1. 洗濯絵表示を確認する まずは、洗濯絵表示で自宅での洗濯の可否を確認しましょう。 ドライマークが付いているこたつ布団や水洗い表示部分にバツがついているものは、自宅での洗濯は避けます。 2. 落とせる汚れやホコリを取る こたつ布団を洗濯機に入れる前に、布団に付いているゴミなどは手で叩いて落とします。 なお、シミがある場合は前処理をしておくのがおすすめです。 3. 洗濯ネットに入れ洗濯開始 こたつ布団は3つ折りにしてから、ロール状に丸めて洗濯ネットに入れます。 その後、洗剤と一緒に洗濯槽に入れ、毛布コースなどで洗濯します。 こたつは自宅で洗濯する方法を解説してきましたが、効率的に洗濯するならコインランドリーを利用するのもおすすめ。 こたつ布団を干す 家庭用洗濯乾燥機は、布団は洗濯できますが、乾燥ができません。 そこで、こたつ布団は干して、乾かしましょう。 こたつ布団の乾かす手順は以下の通り。 【こたつ布団を干す手順】 1. 天気がいい日に洗濯する 洗濯後のこたつ布団は、たくさんの水を含んでいるので、乾くまで時間がかかります。 干すときは、日差しがでていて、風のある日がおすすめ。 2日ほどで布団の中の湿気も乾いきます。 M字型に干す こたつ布団のような乾きにくい大物は、物干しを2本利用して、M字型に干しましょう。 風が通りやすくなり、乾きやすくなります。 形を整える 物干しでこたつ布団をかけたら、中の綿が寄りすぎることがないように形を整えます。 乾くまで、数回たたきながら、乾かしていきます。 こたつ布団はコインランドリーがおすすめ! こたつ布団は、コインランドリーで洗うことができます。 大きさだけでなく、厚さもあるこたつ布団。 そもそも自宅の洗濯機に入らないことも多いかと思いますが、ギリギリ入ったとしても汚れをしっかり落とし切るのは難しいもの。 そこでおすすめなのが、コインランドリーの大きな洗濯機。 こたつ布団を洗濯するのはもちろん、大きなドラム式乾燥機があるので、乾かすところまでラクにできます。 布団を洗うとなると時間やお金が気になりますが、コインランドリーな時間もかけずに手頃な価格でこたつ布団を洗うことができます。 こたつ布団をコインランドリーで洗う際のポイント こたつ布団は、コインランドリーで洗濯可能であることを説明してきました。 ここからは、コインランドリーでこたつ布団を洗う際のポイントに付いて解説していきます。 ポイント1. 洗う前に確認 今使っている、こたつ布団が洗濯できるかどうかは洗濯絵表示を確認しましょう。 以下2つの条件が揃っていれば洗濯できます。 洗濯機で洗える 2. 乾燥機が使える ポイント2. こうすることで、布団の型崩れを防ぐことができます。 ヒモは、綿素材のヒモがおすすめ。 洗濯している際に簡単にほどけず、切れてしまわないものを選びましょう。 ポイント3. こたつ布団などの大物を乾燥させるときは途中で裏返す コインランドリーの乾燥機でこたつ布団を乾かす際は、途中で布団の裏表を入れ替えるのがコツ。 布団の中身を均一に乾かせます。 例えば、乾燥完了の目安料金が500円かかる場合もまずは300円を投入。 乾燥が終わったら、次に200円を入れて再度乾燥をはじめます。 最後に湿り気などがないか確認し、まだ濡れているようであれば追加で乾燥させるとムダなお金をかけずに済みます。 ポイント4. 大型乾燥機を使う コインランドリーに設置されている乾燥機のなかでも、特に大型乾燥機を使うのがおすすめ。 大型乾燥機はドラムが大きい分、他の乾燥機よりも乾くのが速くふっくらとした仕上がりになるのも魅力です。 ポイント5. 乾燥機は余熱が残っている乾燥機を選ぶ 余熱が残っている乾燥機を選ぶのもポイント。 温かさが残っていると、機械が温まるのが速いため、乾燥自体の時間も多少は削減できます。 コインランドリーでこたつ布団を洗うときの料金はどれくらい? 大きな洗濯物を洗濯するとなると時間や料金がかかるのではないか? という方も多いと思います。 そこで、こたつ布団を洗濯するときにかかる時間の目安や料金の相場について解説していきます。 乾いていない場合は、大型の乾燥機で追加乾燥願います。 まとめ 洗い方について解説してきました。 洗う際には、コインランドリーをうまく活用して効率的に洗濯を行いましょう。 冬場は気温も低く天候に恵まれる日が少なくなります。 寒さが気になり始めた時期から使っていると相当汚れが溜まっています。 「まだ洗っていなかった」という方は衛生面などを考慮してすぐにコインランドリーで洗うのがおすすめです。 MOST POPULAR 人気の記事•

次の

こたつ布団を自宅・コインランドリーで洗濯する方法

こたつ布団 洗濯

スポンサーリンク 洗濯表示を確認しよう 水洗いができる場合 クリーニング店で洗うことが出来ます。 布団を洗うことができるクリーニング店に持ち込みましょう。 自宅でも洗うことができます。 ただし、注意することがありますので、洗い方は後ほど説明しますね。 水洗い不可でドライ可能な場合 布団を洗うことができるクリーニング店に持ち込むのがいいでしょう。 料金は、私の勤めていたクリーニング店では、2,700円でした。 お近くのクリーニング店で確認してくださいね。 でも、布団を洗うことができるクリーニング店に相談すると、洗ってもらえるんですよ。 そんなときは、お店を変えて聞いてみてくださいね。 我が家のこたつ布団はポリエステルとアクリルで、 水洗い・ドライどちらも不可の表示でした。 ただ、一つのことに気を付ければ洗えると判断して、自宅で洗ってみました。 その方法をご紹介しますね。 こたつ布団を洗う方法 こたつ布団を洗う時に注意してほしいことは、 中綿の片寄りです。 中の詰め物がダウン(羽毛)であれば、濡れているときは片寄っていても乾くと元通りになります。 しかし、 そのほかの詰め物は洗うと団子状になり、乾いても元には戻らないのです。 片寄りを防ぐためにキルティング(ミシンのステッチでおさえること)してあるものもありますが、これも絶対大丈夫というものではありません。 洗う前の準備 そこで、片寄りを最小限に抑えるために、洗う前にしてほしい手順は、 こたつ布団を半分に折ります。 次に、一辺の短い方からクルクルと布団を巻いていきます。 3ヶ所くらいひもで縛ります。 準備ができたら洗っていきます。 洗濯機の場合 毛布洗いのコースで洗います。 洗剤は、おしゃれ着洗いのものか、すすぎ1回で済む液体洗剤を使っています。 布団の中まで水が浸透するのに時間がかかるので、 30分位水につけてから洗濯機を作動させてください。

次の