人間関係 ホロスコープ。 11ハウスのカスプ星座からみる人間関係の中の自分|naturianne|note

人間関係ホロスコープ~心地のいいコミュニケーションスタイル~

人間関係 ホロスコープ

みんなでどんな人か意見を交わしました。 上の表のご家族はママが潔癖症で不衛生なところが大嫌い。 そのためパパと娘さんだけでフィリピンへキャンプに行ったそうです。 射手座は海外大好きな火星座。 もう表のまんまですね! みんな大爆笑です。 パパは『ママの言葉のキツさ(乙女座)と頑固さ(獅子座)を 受け入れられているのは俺の蟹座の月だ!』と納得されていました(笑) 私も家族の表を作って改めて気づいたことがありました。 エレメントがわかると自分のことがわかり 相手のこともわかるようになりますよ。 人間関係を客観的に観ることが出来ます。 エレメントごとの特性はまた今度詳しく書きますね。 こちらのサイトでホロスコープを作ってから 表を作ってください。

次の

藤波辰爾の性格診断・ホロスコープ|めちゃんこ占い&アストロデータベース

人間関係 ホロスコープ

2018年も残すところ、僅かとなりましたね。 みなさんにはいかがお過ごしですか。 今日発売の本誌で9ページに渡り、「Sayaの読む星占い」スペシャルをお送りしています。 テーマは、「2019年、人間関係はこんなに変わる」と、みんなが気になる人間関係のパターンや相性について、詳細に書き込みましたので、よかったら見てくださいね! また、今回は「星がたり」でも、「人間関係と相性」について書いてみたいと思います。 ホロスコープ・リーディングの個人セッションをしていると、「(結婚相手として)私はどんな人と相性がいいですか?」とシングルの方に聞かれることも多いのですが、この質問に答えるのはなかなか難しいのです。 ホロスコープは、生まれたときの太陽系の惑星の配置図。 ひとりひとり、おもな惑星だけでも10個もっていて、それぞれに星座があるため、太陽星座の相性はいいけれど、月星座の相性はイマイチというように、相性には一長一短あるからです。 でも、結婚したカップルのホロスコープをつき合わせると、「これは結婚するなあ」と納得するほど、相性の強烈さが浮かび上がってくるものです(決して、「相性がよい」とばかりは言えないような、お互いの欠点を浮かび上がらせたり、補強したりという相性も多いです。 まさに結婚は修行!)。 ホロスコープは人によって千差万別。 出会う前から、「こんなホロスコープの人がよい」と提示するのは難しいですが、出会った人同士をつきあわせてみると、説明できるわけです。 今回の本誌のスペシャルでも、1つは、「何座と何座が出会ったら、こうなる」という相性をびっしり書き込みました。 もう1つは、人間関係のパターンです。 自分の心にある思い込みが一種の「色眼鏡」となって、人間関係で起こしてしまう問題も書いています。 これらの相性やパターンは、私の長年の観察から判明したもの。 たとえば、やぎ座の女性というのは、旦那さんの悪口をすごく言うことがあります。 でも、普段は、まったく人の悪口を言わないし、誰にでも優しい彼女たちが旦那さんにだけ厳しくなり、不平不満を垂れ流すのがこちらとしては不思議….

次の

彼氏、彼女、友人との悩みをホロスコープで解決しませんか

人間関係 ホロスコープ

2018年も残すところ、僅かとなりましたね。 みなさんにはいかがお過ごしですか。 今日発売の本誌で9ページに渡り、「Sayaの読む星占い」スペシャルをお送りしています。 テーマは、「2019年、人間関係はこんなに変わる」と、みんなが気になる人間関係のパターンや相性について、詳細に書き込みましたので、よかったら見てくださいね! また、今回は「星がたり」でも、「人間関係と相性」について書いてみたいと思います。 ホロスコープ・リーディングの個人セッションをしていると、「(結婚相手として)私はどんな人と相性がいいですか?」とシングルの方に聞かれることも多いのですが、この質問に答えるのはなかなか難しいのです。 ホロスコープは、生まれたときの太陽系の惑星の配置図。 ひとりひとり、おもな惑星だけでも10個もっていて、それぞれに星座があるため、太陽星座の相性はいいけれど、月星座の相性はイマイチというように、相性には一長一短あるからです。 でも、結婚したカップルのホロスコープをつき合わせると、「これは結婚するなあ」と納得するほど、相性の強烈さが浮かび上がってくるものです(決して、「相性がよい」とばかりは言えないような、お互いの欠点を浮かび上がらせたり、補強したりという相性も多いです。 まさに結婚は修行!)。 ホロスコープは人によって千差万別。 出会う前から、「こんなホロスコープの人がよい」と提示するのは難しいですが、出会った人同士をつきあわせてみると、説明できるわけです。 今回の本誌のスペシャルでも、1つは、「何座と何座が出会ったら、こうなる」という相性をびっしり書き込みました。 もう1つは、人間関係のパターンです。 自分の心にある思い込みが一種の「色眼鏡」となって、人間関係で起こしてしまう問題も書いています。 これらの相性やパターンは、私の長年の観察から判明したもの。 たとえば、やぎ座の女性というのは、旦那さんの悪口をすごく言うことがあります。 でも、普段は、まったく人の悪口を言わないし、誰にでも優しい彼女たちが旦那さんにだけ厳しくなり、不平不満を垂れ流すのがこちらとしては不思議….

次の