匿名質問箱 boxfresh 特定。 質問箱サービス『BoxFresh』とは?その使い方・Botの自動質問への対応・ログインできない場合など徹底解説!

Instagram(インスタ)の質問箱とは?ストーリーの質問機能や使い方を解説

匿名質問箱 boxfresh 特定

質問箱(Peing)は Twitterなどの様々なSNSと連携でき、使用方法も簡単で、手軽に匿名でメッセージを送れる魅力があります。 また質問箱(Peing)はサービスの一つなので「アプリのダウンロードなども不要」で、「日本製のサービスなので言語の違いがなく安心して利用」でき、「質問内容への回答をシェア・共有しやすい」などのメリットもあります。 しかし残念なことに、匿名だからと相手を傷つけるようなメッセージを送ったりする方も存在します。 そんな相手を特定する方法はないか、匿名でメッセージを送ったものの、 本当に自分だとバレないか不安だ、という思いを抱いている方もいるかもしれません。 そんな質問箱(Peing)の匿名性がどこまで確実なのか、 送り主の特定方法などに関して解説していきます。 質問箱内で、迷惑なメッセージばかり送ってくる相手をブロックし続けていると、送り主のIPアドレスが開示されるようになっています。 何度かブロックを繰り返し、質問箱の運営事務局に連絡すれば、送り主のIPアドレスを教えてもらえる、といった流れのようです。 ただし、必ず送り主のIPアドレスを教えてもらえるわけではありません。 質問箱の運営事務局からの言葉で、 "IPの開示についてはプロバイダ責任制限法に則り対応していますのでご確認ください"とあるため、IPアドレスについて色々な制限もかかっているようです。 IPアドレスだけでは、送り主が住んでいる県や国までの情報しか集められないのですが、それでもなんの情報がないよりもメリットは大きいでしょう。 もしも、迷惑なメッセージを何度かブロックしているのであれば、試しに質問箱の運営事務局に連絡し、IPアドレスを調べてみても良いかもしれません。 文体や絵文字の使い方で送り主を分析する特定の仕方は、非常に手軽ですし案外特定できるものです。 "バレるとしたら質問内容から特定される"でも言ったように、 文章の癖は人それぞれにありますし、中々直せるものではありません。 一人称や二人称の使い方、話し方、句読点の打ち方や、文の構成の仕方など、分析できる点は多々あります。 絵文字や顔文字もその一つです。 使わない人は全く使いませんし、使う人は必ず文章の中に絵文字を入れたりします。 そして、 人によっては良く使うお気に入りの絵文字や顔文字が存在します。 その一点ずつを確認し、分析して送り主を特定することは、夢物語ではありません。 質問箱で困った内容が送られているのなら、試しに文体などを確認してみましょう。 送り主の特定ができるかもしれません。

次の

Twitter質問箱|Peing

匿名質問箱 boxfresh 特定

株式会社ジラフ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:麻生輝明)は、「Peing-質問箱-」のweb版に匿名ダイレクトメッセージ機能を実装いたしました。 本機能は、通常の匿名質問とは異なり、質問箱を開設しているユーザーに対して、匿名のダイレクトメッセージ(DM)を送ることができます。 匿名のため、誰から送られてきたメッセージなのか開示されることはありませんが、話しているうちに相手が分かる可能性もあり、質問箱の匿名性を根底から覆しうる新機能となっております。 本機能の利用には月額利用料500円(リリースキャンペーン期間中は115円)が発生いたします。 ただし、匿名DMの受信者と匿名DMの初回送信に限り、無料で利用することができます。 課金は匿名DMの送信者が初回メッセージに対する返信内容を閲覧する場合や、チャットの継続を希望する場合に必要となります。 課金後は利用期間内に、誰とでも制限なくDMの送受信を行うことができます。 なお、本機能は18歳未満の方は使用できません。 キャンペーン終了後は月額利用料500円(税込)が発生いたします。 その特性上、個人利用だけでなく、芸能人や政治家のオフィシャルアカウントや企業アカウントまで幅広く利用されています。 2017年11月に日本でサービスをリリースして間もなく、国内最大級の巨大サービスへと急成長を遂げ、2019年6月時点でMAU2,000万人を超えました。 海外展開においては、サイトの多言語化、Weiboとの連携、Instagramログイン、カカオトークログインの実装などを行いました。 海外での利用者数増加は、全体の月間利用者数の成長にも大きく貢献しています。

次の

‎「BoxFresh 匿名質問アプリ

匿名質問箱 boxfresh 特定

Twitterで緑の枠に囲まれた質問画像とその回答ツイート、見かけたことないでしょうか。 これは Peing(ペイング)というサービスの質問箱を使ってやり取りをしています。 この Peingに登録し、 Twitterで自分のアカウントのPeing「質問箱」を設置します(リンクをシェアする)。 すると匿名で質問を募集でき、その回答をツイートできるのです。 このサービス、今や 1日に 100万人が利用するほどの人気となっています。 まだまだ盛り上がりを見せている「質問箱」をあなたも始めてみたいと思いませんか。 「質問箱」にきた質問に答えることで、フォロワーに自分のことをもっと知ってもらえますし、思いもよらない質問で自分でも新しい発見があるかもしれませんよ。 質問に答えるなんて、インタビューみたいでちょっと有名人気分にもなれますよね。 今回の記事では、この Peingの「質問箱」のやり方と不快な質問についての対応策についても詳しく解説していきます。 今からでも遅くありませんよ。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 Peing「質問箱」は Twitterで匿名の質問ができるサービス まず、簡単におさらいです。 Peing「質問箱」はTwitterで人気の匿名で質問ができるサービスです。 はじめは個人の Webサービス開発者せせりさんが 6時間で作った Peingをリリース、それからわずか 1ヶ月で Webサービス企業ジラフが買い取ったことで話題になりました。 匿名で気軽に質問できるのが人気となり、 2018年 9月時点では月間の利用者数はなんと 3,500万人!今後は海外展開にも力を入れていくそうです。 現在では Twitterだけでなく Instagram・Facebookにも連携ができるようになっています。 「質問箱」の作り方(登録) Peingが「まずは質問箱を 5秒で作ってみましょう」といっているように、登録はとても簡単です。 2-1. Webサービス版・アプリ版がある Peingに登録し利用するには、 Webサービスからと、スマホアプリから両方可能です。 どちらも登録方法は同じですが、 スマホにアプリを入れておくと自分にきた質問・自分がした質問を管理できたり、通知が確認できるので利用するのがおススメです。 登録に際しまず、 Peingの Webサービスのトップ画面に行くか、アプリをダウンロードして開きましょう。 Twitterアカウントで登録する場合 登録方法も2通りあり、 Twitterアカウントで登録する方法とPeingIDを作成して登録する方法です。 まずは、Twitterアカウントで登録する方法からご紹介します。 Twitterアカウントのユーザー名、もしくはメールアドレスとパスワードを入力し、ログインで登録完了です この時次の画面でメールアドレスを設定すると、質問を受け取った時に通知がメールに飛びます。 質問メールで通知を受け取りたい場合には入力しておきましょう。 メールを登録しても後で設定画面からメール通知のオン・オフは変更できます。 自動質問募集機能(質問募集ツイートを自動化する機能)を使いたい場合は、こちらのチェックボックスも「レ」にしておきましょう。 (詳しくは4章でご紹介します。 ) 2-3. PeingIDで登録する場合• ログインの際に使う任意の PeingIDを入力( 4~ 15文字)• 表示名を入力• パスワードを設定して登録完了 3. 「質問箱」の使い方 登録が終わったら「質問箱」を使ってみましょう。 3-1. 「質問箱」で質問を募集する 「質問箱」で質問を募集するには、ツイートして「質問箱」をシェアする必要があります。 自動で Twitterのツイート画面になり、 Peing「質問箱」の URLとハッシュタグ(#質問箱 peing)がついたツイート文が入力されています• このままで「ツイート」しても、編集して「ツイート」しても OKです さあ Twitterであなたの質問箱がシェアされました。 あなたに質問が来るのを待ちましょう。 3-2. 「質問箱」に質問を送る あなたがフォローしているアーティストや有名人、スポーツ選手などファンになっている人が「質問箱」をシェアして、匿名で質問することができたら・・・ちょっと嬉しいですよね。 質問方法も簡単です。 シェアされたリンクから「質問箱」にいけるので質問したい内容を記入して「送信を送る」でOKです。 質問する側は、 Peingに登録していなくても質問できますし、Twitterで「質問箱」のアカウントをフォローしていなくても大丈夫です。 気軽に質問できますね。 3-3. 【 質問への回答方法 】• 回答すると自動的に連携しているTwitterアカウントにツイートされます。 動画や音声でも回答できますが、この機能が使えるのは10問回答したユーザーからとなります。 動画・音声回答の機能につきまして、10問回答を行ったユーザ様からご利用できるように仕様変更をさせていただきました。 利用し始めのユーザ様には、なるべくシンプルな状態でご利用いただければと考えております。 「質問箱」で質問を集める2つのワザ 「質問箱」を作ってシェアしたら、質問を受けるのをドキドキしながら待っているもの。 でもこの「質問箱」のユーザーの悩みに多いのが「質問がこない・・・」だそう。 この章では質問を集める方法をご紹介していきます。 4-1. 「自動質問募集機能」を使う 1回ツイートで「質問箱」をシェアするだけでは、フォロワーに質問箱の存在に気付いてもらえないかもしれません。 質問を集めたいなら、登録の解説でも出てきた Peingの「自動質問募集機能」を使うと便利です。 設定方法は、設定画面から「自動質問募集」の項目をオンにします。 この機能をオンにしておくと、 週に2回Twitterや連携しているSNSに質問募集の投稿を自動してくれるので、何度も自分でお知らせの投稿をしなくて済むので便利です。 4-2. 「固定ツイート」に「質問箱」を置いておく 自分のタイムラインのトップに「固定ツイート(ピンツイート)」として質問箱を置いておくのもいいでしょう。 プルダウンメニューから「プロフィールに固定表示する」を選択• 「質問箱」を止めるなら退会をする はじめは楽しんでいた「質問箱」も、質問がくるのがウザくなった、変な質問が多くて嫌になった、など止めたくなることもあるでしょう。 ここでは「質問箱」のやめ方について解説していきます。 Peing側での退会と Twitter側からの Peingとの連携解除が必要です。 4 -1. 退会方法• まず「質問箱」の画面下にある歯車マークをタップします。 Webサービス版では をクリックして右サイドバーの歯車マークをクリックします。 Twitter との連携を解除する方法 の設定画面に行き、「 Twitterアカウントと連携されているアプリ」から、 Peingの「許可を取り消す」をクリックします。 「質問箱」で不快な質問がきた時の対応策 5-1. 質問してきた相手を特定はできないがブロックできる 匿名で質問ができる気軽さがこの「質問箱」の人気の理由ではありますが、それゆえにいたずらや悪口なの不快な内容の質問がくることもあります。 何度も同じ相手から誹謗中傷や不快に感じる質問をうけた場合には、「ブロック」の機能を使って相手からの質問が自分に届かなくなるように設定しましょう。 ただし、 一度ブロックすると解除することはできませんので慎重にしましょう。 【ブロックの方法】• ブロックしたい質問者の質問を表示します• 質問の右下にある「通報する」を押すと Peingに通報することができます• 「同じ質問者からの質問を今後ブロックしますか?」に「はい」を選択します これで、ブロックした質問者からの質問は自分に届かなくなります。 つまり質問者は質問を送れなくなります。 このブロックは、送信したユーザーの IP(ざっくりいうとネット上の住所のようなもの)からの送信を受け付けなくなるというものです。 複数の人からブロックされた IPアドレスは、 IPアドレスを表示されることがあります。 悪質な質問者はだれなのか、突き止めたくなりますがこのIPアドレスだけではどこの誰だかは突き止めることはできません。 よっぽど悪質な場合には、警察に通報し、プロバイダー経由で情報開示を求めることもできます。 そんな質問者はきっぱりブロックして関わらず、「質問箱」を楽しみましょう。 5 -2. 不快な質問を防ぐにはフィルター設定をしよう Peingの設定画面から投稿フィルターをオンにすると、不適切な言葉が含まれる質問が少なくなります。 設定画面からオンにしておきましょう。 まとめ 今回は、 Twitterで人気の Peing「質問箱」のサービスについてご紹介してきました。 とても簡単に始められる面白いサービスだということがお分かりいただけたでしょうか。 この記事では、以下を解説してきました。 「質問箱」やり方 -登録・募集・質問・回答・やめ方を解説• 不快な質問に対する対処法 「質問箱」で質問すると、その回答によって相手のことを良く知ることができますよね。 何気ない質問でも思わず人柄が出ていて「くすっ」と笑ってしまうような内容だったり。 またあなたが回答する立場でも、その回答によって自分のことをフォロワーによく知ってもらえるというメリットもあります。 ぜひ「質問箱」を使って Twitterを今まで以上に楽しんでみてくださいね!.

次の