コード ヴェイン npc。 NPC強すぎ?『死なない死にゲー』CODEVEIN(コードヴェイン)プレイレビュー

コードヴェイン→アウターワールド

コード ヴェイン npc

コードヴェインの良いところ キャラメイクの種類が豊富 ゴットイーターシリーズに比べるとかなり豊富な気がします。 洋ゲーにあるような、各部位を自分で細かく調整するのではなく、数ある部位パーツから選択するタイプです。 結構種類はありました。 世界観に合ったBGM 耳に残るBGMは回想シーン等で流れるBGMぐらいしかありませんでしたが、タイトル画面やボス戦で流れるBGMは世界観に合ったBGMで良かったです。 (教会の様な場所で歌っているファーファー系が好きな人は気にいると思う) 寂しくない道中 今作は基本的にNPCとツーマンセルで攻略していきます。 (オンライン環境があればフレンドや野良と一緒に攻略する事ができます。 )攻略中にはNPCが程よく話しかけてくれるので、寂しくありません! コードヴェインの駄目なところ ダンジョンMAPの作り込みが浅い・・・ 終始似たようなダンジョンばかり。 外観が違うだけでただひたすらに細い道を進むだけです。 もちろん少し開けたエリアや、別れ道があったりしますが、結局そこにあるのは少し多めに敵が配置されているだけ。 ギミックになんのヒネリもない。 少しだけあるギミックも終始同じ様な物ばかりで、中盤以降探索が飽きてしまいます。 (ラストダンジョンと沼地っぽいダンジョンぐらいが、少しだけ凝ってるなと思ったぐらいです。 ) 敵のバリエーションが少ない 初見はまぁ楽しめるが、雑魚敵が少ないため中盤以降、見た事ある雑魚敵だらけになります。 MAPのテンプレ要素も相まって、早くこのゲーム終わらないかなという気持ちになるほどでした。 敵に攻撃を当てた感触が軽く爽快感が薄い。 私は両手剣とハンマーの重量武器を装備して攻略していましたが、攻撃を当てた際のインパクトが薄いため、爽快感がありません。 ボス戦は及第点 流石にボス戦だけは作り込まれています。 HPが半分以下になると攻撃パターンが変わったりと割と歯ごたえある戦闘を楽しめます。 まとめ ・ダンジョンMAPの作り込みが浅い ・敵の種類が少ないため、道中はマンネリ ・攻撃を敵にヒットさせた時の重量感がほとんどない ・ソフト料金が高い 劣化版ソウルシリーズではあるが 決してつまらないゲームではないです。 ただフルプライスで購入する価値があるかと問われると、その価値はありません。 半額でも悩んでしまうレベルです。 ソウルシリーズは難しそうで距離を置いていた人やソウルシリーズをやったことない人であれば、難易度も低く敷居も高くないので楽しめるかと思います。

次の

今コードヴェインをやってるんですが途中までソロでやってたんですが、面倒くな...

コード ヴェイン npc

【ゲーム概要】 『コードヴェイン』とは、2019年9月26日に発売されたドラマティック探索アクションRPG。 本作の舞台は人類の大半が死滅し崩壊した世界とされており、プレイヤーは崩壊後の世界を生きる吸血鬼 レヴナント として、血と真実を求めて旅に出る。 今作の特徴として、一撃でプレイヤーを死に追いやる程の攻撃を放つ強力な堕鬼の存在が挙げられる。 雑魚敵ですらかなり強く、囲まれると全滅することもあるなど、『ダークソウル』などの高難度アクションRPGに類似する点が見受けられる。 しかし今作には好きなNPCの仲間を一人連れて探索に挑める「バディシステム」が存在し、一緒に戦ってくれたり、もし死んでしまっても幾度かは仲間に蘇生してもらえたりという点が『ダークソウル』とは異なる。 【オンライン二人協力プレイ動画】 【協力プレイ手順】 初めてゲームをプレイするときに注意すること オンラインでゲームを開始しようとすると「オンラインで遊ぶためにはゲーム本編のインストールの完了をお待ちください」(下画像)が表示されることがあります。 マルチプレイが解放されるのはチュートリアルステージをクリアした後からなので、この画像が表示された場合はまずオフラインモードでゲームを開始します。 マルチプレイが解放されたら、一度ゲームを終了し、オンラインモードで再度ゲームを開始してみてください。 optionボタンを押してメニュー画面を開き、マルチプレイのカテゴリを選択します。 他の吸血鬼に救難信号を送るを選択し、一緒に遊びたいプレイヤーにネットワーク設定で決めた合言葉(今回は「test」としています)を教えてあげてください。 招待される側 手伝う側 1. optionボタンを押してメニューを開き、マルチプレイのカテゴリを選択します。 他の吸血鬼の救難信号を受信するを選択します。 マッチングに成功すると下のような画像が表示されます。 ・ゲーム全体の世界観• 命を失う代わりに記憶を無くすレヴナントにとって、常に自我を失う恐怖との戦いは避けられません。 その暗闇で藻掻くような焦燥感は、奥行きのあるストーリーと魅力的なキャラクターたちによってより一層色濃く描かれています。 グラフィックはどのシーンも美麗イラストのようで味わい深いですし、ムービーや回想シーン演出なども非常に魅せ方が上手く、知らないうちに物語に惹き込まれてしまいます。 また、覚えた錬血をマスターするまで使いこなすと、別のブラッドコードに変更しても使うことができたりと多様なプレイスタイルに対応できる戦闘システムになっています。 そしてこのゲームの大きな特徴として挙げられる「バディシステム」ですが、一人だと勝てない敵相手でもNPCが手伝ってくれることで活路を見出せたりと少なからず希望が持てます。 励ましてくれる台詞を聞いているとボロ負けした敵にも「もう一回挑むか!」という気持ちになれますのでかなり良いシステムだと個人的に思ってます。

次の

コードヴェイン攻略記事一覧 5ページ目

コード ヴェイン npc

・・のマルチプラットフォーム。 崩壊した世界を生き延びる吸血鬼たちを描いた探索型アクションRPG。 プレイヤーはバディと呼ばれるキャラクターとともに、ダンジョンの探索に出かける形となる。 本作は、一撃でプレイヤーの体力の大半を奪う敵の存在などといった点において『』との類似性を指摘する声がある一方、バディと呼ばれるNPCを探索に同行させるなど、『DARK SOULS』とは異なる要素も含まれている。 ストーリー [ ] 「審判の棘」によって世界が崩壊し、人類の大半が死滅した。 人の記憶の大半を代償にして、「レヴナント」という吸血鬼が人為的に作られた。 彼らは「ヴェイン」という閉鎖社会を築くことで生き延びたが、血を吸わないと人間性が崩壊し、「堕鬼」(ロスト)という化け物になるというリスクも背負っていた。 レヴナントの一人である主人公は、自分たちの出生とヴェインの謎を調べるべく旅に出たのであった。 システム [ ] バディ [ ] 本作ではバディと呼ばれるキャラクターを連れ歩きながら冒険をする方式をとる。 バディは戦闘時の援護を行ってくれるほか、力尽きたプレイヤーに血を分け与えることもする。 戦闘 [ ] 本作では、片手剣や銃剣といった通常の武器のほかにも、敵の血を奪うための武装・吸血牙装(ブラッドヴェイル)が用いられる。 普段は防具の機能を持つ衣服の形をしているが、吸血時は使用者の口元を覆うマスクと、敵の血を奪うための吸血機構が展開し、敵の血はパイプを通じて使用者の口元へと運ばれる。 吸血牙装は以下の4種類があり、それぞれ利点と欠点がある。 オウガ 籠手状の吸血牙装で、爪のような吸血機構を展開する。 近距離でスピーディーな立ち回りからの吸血を得意する。 敵の攻撃からの受け流しも素早く対応できる。 スティンガー ロングコート状の吸血牙装で、サソリの尾のような吸血機構を展開する。 ロングレンジからの吸血攻撃を可能とする。 ハウンド ジャケット状の吸血牙装で、両袖の部分が狼の頭部のような吸血機構を展開する。 近距離で広範囲を攻撃することが可能で接近戦に向いている。 アイヴィ マフラー状の吸血牙装で、無数の棘の吸血機構を展開する。 離れた位置への攻撃が可能で、陰に隠れている敵にも攻撃が可能。 ただし受け流しには棘の展開にラグがあるため若干難がある。 吸血に成功すると、多数の冥血が得られるほか、冥血の最大ストック数も増える。 また、敵の背後から攻撃するといった特定のアクションを成功させると発動する特殊吸血もある。 得られた血は錬血という特殊効果を発動させることで消費される。 また、バディがプレイヤーのそばにいるときに限り、互いの血を混ぜ合わせて発動させる共錬血があり、威力が大きいものの、冥血の最大ストック数が減るなどの欠点もある。 これとは別に、敵の攻撃を受けたりかわしたりすると、集中ゲージが貯まり、満タンになるとスタミナが全快するといった特殊効果が発動する「集中状態」がある。 男女選択可能。 ヴェインに残されたレヴナント。 ブラッドコードは不明だが、他の吸血鬼が持つブラッドコードを受け取り、使うことができる能力を持つ。 他にも自分の血で「血涙の泉」や「ヤドリギ」を復活させる能力や、吸血鬼や堕鬼の「血英」から失われた記憶を読み取る能力も持つ。 目覚める前の記憶がない。 ある日イオに寄り添う形で目覚め、彼女の案内でその場にあった血涙の泉を自分の血で復活させる。 しかし、不良の吸血鬼達にイオと共に捕まってしまい、同じく捕まっていたオリバーと共に血涙集めを強行させられた。 その途中でオリバーが負傷し、一人で行動する中、ルイと接触する。 探索を終えた矢先、堕鬼化したオリバーに襲われるが、ルイの援護によってオリバーを倒すことに成功する。 その後、オリバーが落とした血英を拾ったことで、彼の記憶の残滓を読み取ることになった。 同じく記憶の残滓を見たルイに主人公の能力を見出されたことでルイ達と共に血涙の泉の「源流」を探すため行動することとなった。 ミア・カルンシュタイン 声 - 唯一の肉親である幼い弟ニコラと共にヴェインにいる女吸血鬼。 ブラッドコードは「」。 巨大地下空洞で目の前でニコラがジャックに殺され、その後自我喪失し始めるも、ルイ達の助けにより一命を取り止められる。 その後とある雪原でニコラとジャックが歩いている姿の夢を見たことと、拠点にあった雪原の写真が夢に出てきたものと同じであった事がきっかけで、それを確かめる為、ルイ達に協力することとなった。 装備している武器は銃剣、吸血牙装はスティンガー型。 ヤクモ・シノノメ 声 - 元傭兵という経歴を持つ吸血鬼。 ブラッドコードは「」。 面倒見の良さから、他の吸血鬼によく慕われる。 堕鬼の遺体を悲しそうな目で見ることが多い。 吸血鬼として蘇った時には、既に傭兵時代の仲間の姿が消えていたため、ルイ達と行動しながら、いなくなった仲間を探している。 装備している武器は両手剣、吸血牙装はハウンド型。 ルイ 声 - 吸血鬼のコミュニティのリーダー。 右目を前髪で隠した髪型の青年。 ブラッドコードは「」。 冷淡に振る舞いながらも面倒見が良い。 人間の生き血の代替「血涙」を多くの同胞の手にいきわたらせるため、古びた教会を拠点に、「血涙」の源流があるとされるヴェインの奥地を目指している。 装備している武器は片手剣、吸血牙装はオウガ型。 彼が持つ剣の刃が赤いことから、周りからは「赤剣」という異名を持っていることで有名になっている。 ジャック・ラザフォード 声 - 元軍人という経歴を持つ吸血鬼で、エヴァと二人で同族狩りをしている。 ブラッドコードは「」。 主人公とは対立関係にあるものの、条件を満たせばバディとして同行させることができる。 どうやら主人公の過去を知っているらしい。 装備している武器は片手剣、吸血牙装はハウンド型。 エヴァ・ルゥ 声 - ジャックの相棒である女吸血鬼。 ブラッドコードは「」。 ジャックに命を救われた恩から彼に同行している。 ジャック同様主人公とは対立関係にあるものの、条件を満たせばバディとして同行させることができる。 装備している武器は銃剣、吸血牙装はアイヴィ型。 イオ 声 - 主人公と同行する女吸血鬼。 自身に関する記憶を失っているが、吸血鬼やヴェインについて詳しい。 オリバーの一件後、ルイに主人公と共に保護され、拠点で生活する。 その間は主人公が拾った血英から吸血鬼が失った記憶と欠損していたブラッドコードの錬血を復元させている。 リン・ムラサメ 声 - 拠点にいる女吸血鬼。 ブラッドコードは「」。 かつては「夜叉」の異名で、ある部隊のリーダーを務めていたが、過去の事件により戦闘に参加できなくなった。 主人公が使う記憶を覗く能力に興味を持つ。 瘴気のない拠点で活動しているにも関わらず常にガスマスクを着けている。 武器の調達や強化を担当しており、武器の属性の変更や軽量化も可能としている。 ココ 声 - 物資を取引するギルドから拠点に出向している吸血鬼。 ブラッドコードは「」。 困っている人に手を進んで手を差し伸べる性格をしており、対価を払えば希少な品でも売ってくれる。 記憶の欠落は少ないが、ある過去の記憶を取り戻したいと考えている。 デイビス 声 - 治安維持部隊サーベラスから拠点に出向している吸血鬼。 ブラッドコードは「」。 もともとは血涙の徴税官だったが、赤い霧が発生した後は、血涙や資源探索を目的として、深層の調査にあたっている。 戦闘により死と蘇生を繰り返す中で生前の記憶の大半を欠落しており、一枚の写真を手掛かりに、名前すら忘れてしまったある女性を探している。 堕鬼 [ ] オリバー・コリンズ(Oliver Collins) 堕鬼化したことで狂暴化したオリバー。 彼が持つ戦槌で攻撃を仕掛ける。 戦闘開始はオリバーの姿のままだが、一定のダメージを受けると身体が肥大化したかのような巨体へと姿を変える。 狂い咲く毒蝶(Butterfly of Delerium) 花弁のような六枚の羽と獣の頭部のような尻尾を持つ女型の堕鬼。 空を舞うような素早い動きで翻弄し、ポイズン属性の攻撃を仕掛ける。 渇求の暴君(Insatiable Despot) 頭部が仮面のような甲殻で覆われ両腕が長く変形した巨大な堕鬼。 双刀で攻撃を仕掛ける他、錬血で取り巻きを作るなどもできる。 浸潤の処刑者(Invading Executioner) 美しい女性の姿をした女型堕鬼。 鎌の柄を軸とした動きと水を用いたトリッキーな動きで相手を翻弄する。 スロウ属性の錬血攻撃を得意とする。 白狼の狂戦士(Argent Wolf Berserker) サーベラス兵が巨大な異形の姿へ変えた堕鬼。 特殊な形状の斧槍で強力な攻撃を仕掛けてくる。 女王の騎士(Queen's Knight) 剣と盾を持った騎士のような姿をした堕鬼。 背中には片翼のような2枚の刃が着いている。 剣と盾による隙の少ない連撃や背中の刃を用いた連携攻撃などで相手を圧倒する。 ブラッドコードは「フィン」。 巨大地下空洞で主人公達と初対面した時は既に渇きが進んでおり、いくら血涙を飲んでも渇きが修まらない状態になっていた。 その後、ジャックに接触して殺害されてしまう。 カレン 声 - ルイの姉。 計画」の研究者の一人。 クイーン暴走時に死亡した後吸血鬼として蘇っている。 ブラッドコードは「」。 アウロラ・ヴァレンティーノ 声 - カレンの友人で「Q. 計画」の研究者の一人。 ブラッドコードは「」。 エミリー・スー 声 - ヤクモとともにに所属していた傭兵の女性。 ブラッドコードは「」。 クイーン討伐後はミゲルと共に行方不明になる。 ミゲル・ガルシア 声 - ヤクモ、エミリーと同じ部隊に所属していた傭兵。 ブラッドコードは「ダークナイト」。 クイーン討伐後はエミリーと共に行方不明になる。 オリバー・コリンズ 声 - 最初に主人公とバディを組む吸血鬼の男性。 ブラッドコードは「」。 不良の吸血鬼達から強制的に血涙集めをさせられている際に堕鬼化した吸血鬼に襲われてガスマスクが破損。 主人公を先に行かせるが、マスクの破損部分から瘴気を多く吸い込んでしまい、堕鬼化してしまう。 装備している武器は大槌、吸血牙装はハウンド型。 グレゴリオ・シルヴァ 声 - 世界崩壊後、人類救済のために尽力した元軍人。 計画」の指揮者でもあり、クイーンが暴走した際は、討伐部隊を結成し、自らも吸血鬼となった。 ブラッドコードは「」。 クイーン討伐戦後は、臨時総督府を立ち上げ、残された人類の保護や吸血鬼による統制をおこなうも、圧制に反発する者が続出している。 計画」の被験者だった少女。 ルイのスクールメイトであり、グレゴリオの娘。 ジュウゾウ・ミドウ 声 - 吸血鬼研究の第一人者とも呼べる存在。 大崩壊前には孤児を雇いうけ人体実験を繰り返しては、傭兵として戦場に派遣させていた。 現在は強化吸血鬼という姿で、人間の時よりも体格がとても大きくなっている。 開発 [ ] 本作のディレクターは、『』シリーズの総合ディレクターとしても知られる吉村広が務めた。 吉村はスタイリッシュで難易度の高いゲームの開発に長年携わっており、「自分の新しい挑戦としても、『』シリーズが持つ挑戦的なところを自分で表現し、そして昇華させたい」とIGNとのインタビューの中で開発の意図について述べている。 吉村はバディシステムを導入した理由について、「一人だと心が折れてしまうような出来事も、二人ならば、バディのために何とかしたいという勇気がわいてくる。 そして、難関を乗り越えたときには、強い感情、つまり愛情がわいてくる。 そこが『DARK SOULS』と大きく違うところである」と、IGNとのインタビューに対して述べている。 ビジュアル [ ] 本作のキャラクターモデラーの池内望は「キャラクターデザインは、カートゥーンといったアニメ寄りの表現やリアルさを重視したものではなく、その間にあるイラスト的な表現を目指した」とIGNとのインタビューの中で述べている。 東京ゲームショウ2017への出展 [ ] 本作の試遊版は、2017年9月21から24日に開かれた2017にて出展され、探索とボス戦を適度なバランスで楽しめるようにする木庭で、ダンジョンの構成やボスの配置は製品版とは異なるものになった。 また、本作が「死にゲー」であることを示すため、このようなタイプのアクションゲームに慣れているプレイヤーであれば時間をかけて倒せる程度の難易度に設定された。 プロデューサーの飯塚啓太が同じインタビューに語ったところによると、試遊版のボスキャラクターである女王の騎士を倒したプレイヤーは初日の時点で数名いたとされている。 評価 [ ] 発売前の評価 [ ] 電撃オンラインのユートは、東京ゲームショウ2017に出展された試遊版について、「全体的な感想としてはコアなアクションゲームという印象が強く、洞窟探査はなかなかの難易度だった。 しかし、慣れてくると本作独自の多彩なアクションを楽しめるようになり、プレイ時間の20分があっという間に過ぎてしまった」と評価している。 IGNのクラベ・エスラは、同じ試遊版におけるキャラクターの機動性や移動速度について、『』と『DARK SOULS』の中間程度だと評し、本作の独自性を感じたものとしてバディの存在をあげた。 また、クラベは試遊版のビジュアルについて、「退廃的な光景が多いもののどこか幻想的でもあった。 試遊版の洞窟もただ暗いだけではなく、クリスタルが煌く場面もあり、好奇心をくすぐられた」と評価している。 発売後の評価 [ ] IGNの木野慧悟は、安っぽい演出やバグの多さを指摘しつつも、バディシステムについて評価した。 出典 [ ]• 当初はに発売予定であった。 ファミ通. com. Gzbrain 2018年7月11日15時5分0秒. 2018年7月13日閲覧。 4Gamer. net. 2017年4月21日閲覧。 ファミ通. com. Gzbrain 2017年6月12日. 2017年6月13日閲覧。 IGN. 2017年9月14日閲覧。 電撃オンライン. アスキーメディアワークス. 2017年10月18日閲覧。 ユート 2017年9月22日. 電撃オンライン. アスキーメディアワークス. 2017年10月18日閲覧。 IGN. 2017年10月18日閲覧。 木野慧悟 2019年10月3日. IGN Japan. 2020年5月3日閲覧。 参考文献 [ ]• 「巻頭スクープ CODE VEIN」『』2017年5月4日号、、2017年4月20日。 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。

次の