ハートのイヤリング 歌詞。 ハートのイアリング 歌詞 松田聖子 ※ appels-urgents.peuples-solidaires.org

ハートのイアリングの歌詞

ハートのイヤリング 歌詞

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

ハートのイアリングの歌詞

ハートのイヤリング 歌詞

松田聖子さんの昔の歌で、ハートのイヤリングっていうのがありますよね。 当時私は小学二年生位で、歌詞の意味も良く分かりませんでした。 でも、この歳になり、初めてまともに聞きました。 松田聖 子さんの曲ってメロディーもキラキラで、歌詞も素晴らしいですね。 有名どころが楽曲を提供していますが、みごとに聖子ワールドに歌いこなしていて、松田聖子さんて凄い人なんだーと今更ながら思い知らされました。 赤いスイートピー、ハートのイヤリング、瞳はダイヤモンドとか、メロディーも美しいですね。 でも昭和歌謡全般、今の邦楽にはない物があり、美しいですね。 逢いたい、ありがとう、とかなくても、その思いが伝わります。 今の歌は等身大で、ストレートな歌詞とよく紹介されますが、昔の歌のまどろっこしさ?みたいなものに惹かれます。 歳をとったからでしょうか。 松田聖子の歌は、元々、良い歌が多かったですが、中3の受験期に、 友人がダビングしてくれたWindy Shadowのアルバムで「ハートのイアリング」を 聞いてはまってしまいました。 高校入学と同時に、CDプレーヤーと聖子ちゃんアルバムをCDで揃えました。 おススメですが、 たくさんある松田聖子の曲で好きな歌をあえて選ぶなら シングル 「風立ちぬ」「ハートのイアリング」「Pearl-White EVE」 B面 「Romance」「愛されたいの」「硝子のプリズム」 アルバム曲「白い恋人」「メディテーション」「白い夜」「All of you」 昭和歌謡曲の好きな曲 80年代 村下孝蔵の「初恋」は、最高の名曲と思います。

次の

恐ろしいほどの輝き、松田聖子の「ハートのイアリング」

ハートのイヤリング 歌詞

人もまばらなカフェで、道路に降り積もる雪を見つめながら「Stay with me」と心の中呟く主人公の姿。 向かいの席には誰かがいるけれど会話がないという、気まずい状況を連想させますね。 冒頭から切なさを感じる『ハートのイアリング』は、松田聖子というアイドルを見守って来た松本隆が、大人の女性へと変わり始めた彼女に贈った、最後のプレゼントのような作品だったのかもしれません。 しかも、彼には既に新しい彼女がいて、主人公が他の男性からハートのイアリングをもらったと聞いても妬いてすらくれません。 しかし、切羽詰まった主人公は「ハートのイアリング」に最後の望みを賭けたのでしょう。 男性は自分が浮気をしたうしろめたさから、声は蚊の鳴くように小さくなり、とにかく早くこの場を立ち去ろうとしたのではないでしょうか。 心のどこかでは彼を引き止める事は出来ないと解っていたのかもしれません。 そう思いながら夜空から舞う雪の中を歩く主人公の姿を描きつつ、物語は静かに幕を閉じます。 当時の歌番組でこの曲を歌っている松田聖子の動画を見ると、ズバ抜けた歌唱力と澄みきった歌声はもちろん、表現力の豊かさに視聴者は誰しも驚かされる事でしょう。 たったの4分間の中で、時に悪戯っぽく輝いたかと思えば、次の瞬間にはふと寂しげな表情を浮かべ、去りゆく彼の姿を追うように涙を潤ませる大きな瞳。 そのパフォーマンスは「歌っている」というより「演じている」と表現したほうが正しいかもしれません。 松本隆、佐野元春、松田聖子、3人のプロフェッショナルによって完成したこの曲は、『ハートのイアリング』という名の完璧なショーなのです。 ファンを楽しませるためには妥協を許さないそのプロ精神こそが、アイドル全盛期の中で松田聖子がひときわ輝き、「永遠のアイドル」として君臨する事となった理由ではないでしょうか。 TEXT 岡倉綾子.

次の