忍び の すゝ め。 忍者

踊り字

忍び の すゝ め

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 踊り字、 躍り字(おどりじ)は、主にの表記で使用される(特殊)の一群で、 々、 ヽ、 ゝなどがある。 おどり、 繰り返し符号(くりかえしふごう)、 重ね字(かさねじ)、 送り字(おくりじ)、 揺すり字(ゆすりじ)、 重字(じゅうじ)、 重点(じゅうてん)、 畳字(じょうじ)などとも呼ぶ。 これを 重文号という。 右図の史頌鼎(紀元前900年頃)の金文の文末に、「子子孫孫寶用」(子々孫々まで宝として用いよ)とある。 ではその後も重文号が使われ続けたが、現在公式に用いているのはだけである。 同じを重ねるときに、2文字目以降の文字の代用として用いられる。 特に、やに関しては、同じ漢字を直接繰り返すことは、や不幸の繰り返しを連想させ縁起が悪いため、「々場」、「告別式々場」と表記することが多い。 二字以上の熟語を重ねるときにも使うこともある。 などで語の途中でするときは用いない。 例えば「散々」が2行に分かれるなら「散散」と書く。 従って、行の先頭に「々」が来ることはない。 に対応したでは、行の最後と次行の最初に分かれる場合、行頭に「々」が来ないよう処理される。 但し、例外として、人名の「佐々」が2行に分かれるなら「佐々」というように、固有名詞の場合は「々」のままにしなければならない。 また、など禁則処理ができないような場合は別。 また、「」(ゆたんぽ)のように同じ漢字を重ねても読みが異なる場合には普通用いない。 だが、「」(しあさって)のような、「」(しすい)のような固有名詞は存在する。 「々」の字形を分解すると「ノ」+「マ」のように見えることから俗に ノマとも呼ばれる。 ユーザーが辞書登録していない状態では、や、過去のなどのでは「のま」で変換できる。 これは、元々はJapanistの前身であるOAKが便宜上用いたことに由来するとされ、同社のでも同じ動作である。 現在のATOKやでは「おなじ」で変換すると候補にでるが、「のま」からは変換できない。 ATOK 2011では変換できる。 「々」は漢字ではないが、発行のには読者の便宜上、収録されている。 主要な新聞では、固有名詞以外は使用しないこととガイドラインに決められている など、昨今の文章では使用例がやや珍しくなっている。 揺すり点(ゆすりてん)とも呼ばれ、主に縦書きの文章に用いる。 漢字の後に書かれ、現在は「々」で代用されることもあるが、上字を繰り返すのではなく、上字のが繰り返し語であることを意味する。 これらは「各各」「屡屡」の略記ではなく、二の字点を使わない表記は「各」「屡」である。 なお、現代では「〻」は「々」と書き換えられ、「各々」「屡々」と書くのは間違いではない。 書くときは、行の中央ではなく前の字の右下に添えるように書く。 なお横書きにおける一般的な表記法はまだ確立していないが、公式文書の例としては、日本国憲法原本で各 〻が6か所でてくるが、電子政府ではすべて各々の表記とされている。 文章を繰り返す際に使う「 」は、「ノノ点」・「ノノ字点」と呼ばれ、二の字点とは別のものである。 縦書きの文章のみに用いる。 横書き時に同様の表記を行う場合には、やその上に濁点を付けた約物が使用されることが多いが、「へ」の字を横に伸ばした字形や、くの字点を左90度回転させた形で使用することもある。 2字以上の仮名、もしくは漢字と仮名を繰り返す場合に用いる。 この場合、初期は上字(この例では「人」)に重ねて書かれたものが、時代と共に位置が下に移動してきた。 繰り返し部分がする場合は、濁点付きの「くの字点」を用いる。 3回の繰り返しの場合は「くの字点」を2回繰り返すが、4回繰り返す場合は2回目の繰り返しと4回目の繰り返しにのみ「くの字点」を用いる。 戦国楚簡研究会, ed. , , 2008年6月13日閲覧。 Richter, Matthias 2006年. 2015年10月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年6月13日閲覧。 , p. 153。 テキストは。 、漢字文化資料館(大修館書店)。 読売新聞社編著 『読売新聞用字用語の手引き』第4版 中央公論社、2014年、p. 40-41• 一般社団法人共同通信社著 『記者ハンドブック』第13版 共同通信社、2016年、p. 118-119• 例として、日本国憲法(ご署名原本表記)中「第五十六條 兩議院は、各〻その總議員の三分󠄁の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。 」とされているものが、e-Gov版では 「第五十六条 両議院は、各々その総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。 」となっている。 , p. テキストはの写本。 このような形で区別して繰り返している用例が『』第一巻第一号などに見られる。 参考文献 [ ]• 『日本語の考古学』〈 新赤版 1479〉、2014年4月。 教科書局調査課国語調査室 PDF 、1946年3月。 関連項目 [ ].

次の

忍者

忍び の すゝ め

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 踊り字、 躍り字(おどりじ)は、主にの表記で使用される(特殊)の一群で、 々、 ヽ、 ゝなどがある。 おどり、 繰り返し符号(くりかえしふごう)、 重ね字(かさねじ)、 送り字(おくりじ)、 揺すり字(ゆすりじ)、 重字(じゅうじ)、 重点(じゅうてん)、 畳字(じょうじ)などとも呼ぶ。 これを 重文号という。 右図の史頌鼎(紀元前900年頃)の金文の文末に、「子子孫孫寶用」(子々孫々まで宝として用いよ)とある。 ではその後も重文号が使われ続けたが、現在公式に用いているのはだけである。 同じを重ねるときに、2文字目以降の文字の代用として用いられる。 特に、やに関しては、同じ漢字を直接繰り返すことは、や不幸の繰り返しを連想させ縁起が悪いため、「々場」、「告別式々場」と表記することが多い。 二字以上の熟語を重ねるときにも使うこともある。 などで語の途中でするときは用いない。 例えば「散々」が2行に分かれるなら「散散」と書く。 従って、行の先頭に「々」が来ることはない。 に対応したでは、行の最後と次行の最初に分かれる場合、行頭に「々」が来ないよう処理される。 但し、例外として、人名の「佐々」が2行に分かれるなら「佐々」というように、固有名詞の場合は「々」のままにしなければならない。 また、など禁則処理ができないような場合は別。 また、「」(ゆたんぽ)のように同じ漢字を重ねても読みが異なる場合には普通用いない。 だが、「」(しあさって)のような、「」(しすい)のような固有名詞は存在する。 「々」の字形を分解すると「ノ」+「マ」のように見えることから俗に ノマとも呼ばれる。 ユーザーが辞書登録していない状態では、や、過去のなどのでは「のま」で変換できる。 これは、元々はJapanistの前身であるOAKが便宜上用いたことに由来するとされ、同社のでも同じ動作である。 現在のATOKやでは「おなじ」で変換すると候補にでるが、「のま」からは変換できない。 ATOK 2011では変換できる。 「々」は漢字ではないが、発行のには読者の便宜上、収録されている。 主要な新聞では、固有名詞以外は使用しないこととガイドラインに決められている など、昨今の文章では使用例がやや珍しくなっている。 揺すり点(ゆすりてん)とも呼ばれ、主に縦書きの文章に用いる。 漢字の後に書かれ、現在は「々」で代用されることもあるが、上字を繰り返すのではなく、上字のが繰り返し語であることを意味する。 これらは「各各」「屡屡」の略記ではなく、二の字点を使わない表記は「各」「屡」である。 なお、現代では「〻」は「々」と書き換えられ、「各々」「屡々」と書くのは間違いではない。 書くときは、行の中央ではなく前の字の右下に添えるように書く。 なお横書きにおける一般的な表記法はまだ確立していないが、公式文書の例としては、日本国憲法原本で各 〻が6か所でてくるが、電子政府ではすべて各々の表記とされている。 文章を繰り返す際に使う「 」は、「ノノ点」・「ノノ字点」と呼ばれ、二の字点とは別のものである。 縦書きの文章のみに用いる。 横書き時に同様の表記を行う場合には、やその上に濁点を付けた約物が使用されることが多いが、「へ」の字を横に伸ばした字形や、くの字点を左90度回転させた形で使用することもある。 2字以上の仮名、もしくは漢字と仮名を繰り返す場合に用いる。 この場合、初期は上字(この例では「人」)に重ねて書かれたものが、時代と共に位置が下に移動してきた。 繰り返し部分がする場合は、濁点付きの「くの字点」を用いる。 3回の繰り返しの場合は「くの字点」を2回繰り返すが、4回繰り返す場合は2回目の繰り返しと4回目の繰り返しにのみ「くの字点」を用いる。 戦国楚簡研究会, ed. , , 2008年6月13日閲覧。 Richter, Matthias 2006年. 2015年10月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年6月13日閲覧。 , p. 153。 テキストは。 、漢字文化資料館(大修館書店)。 読売新聞社編著 『読売新聞用字用語の手引き』第4版 中央公論社、2014年、p. 40-41• 一般社団法人共同通信社著 『記者ハンドブック』第13版 共同通信社、2016年、p. 118-119• 例として、日本国憲法(ご署名原本表記)中「第五十六條 兩議院は、各〻その總議員の三分󠄁の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。 」とされているものが、e-Gov版では 「第五十六条 両議院は、各々その総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。 」となっている。 , p. テキストはの写本。 このような形で区別して繰り返している用例が『』第一巻第一号などに見られる。 参考文献 [ ]• 『日本語の考古学』〈 新赤版 1479〉、2014年4月。 教科書局調査課国語調査室 PDF 、1946年3月。 関連項目 [ ].

次の

ビジネスでも使う「忍びない」の意味と使い方、類語、英語表現について解説

忍び の すゝ め

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 踊り字、 躍り字(おどりじ)は、主にの表記で使用される(特殊)の一群で、 々、 ヽ、 ゝなどがある。 おどり、 繰り返し符号(くりかえしふごう)、 重ね字(かさねじ)、 送り字(おくりじ)、 揺すり字(ゆすりじ)、 重字(じゅうじ)、 重点(じゅうてん)、 畳字(じょうじ)などとも呼ぶ。 これを 重文号という。 右図の史頌鼎(紀元前900年頃)の金文の文末に、「子子孫孫寶用」(子々孫々まで宝として用いよ)とある。 ではその後も重文号が使われ続けたが、現在公式に用いているのはだけである。 同じを重ねるときに、2文字目以降の文字の代用として用いられる。 特に、やに関しては、同じ漢字を直接繰り返すことは、や不幸の繰り返しを連想させ縁起が悪いため、「々場」、「告別式々場」と表記することが多い。 二字以上の熟語を重ねるときにも使うこともある。 などで語の途中でするときは用いない。 例えば「散々」が2行に分かれるなら「散散」と書く。 従って、行の先頭に「々」が来ることはない。 に対応したでは、行の最後と次行の最初に分かれる場合、行頭に「々」が来ないよう処理される。 但し、例外として、人名の「佐々」が2行に分かれるなら「佐々」というように、固有名詞の場合は「々」のままにしなければならない。 また、など禁則処理ができないような場合は別。 また、「」(ゆたんぽ)のように同じ漢字を重ねても読みが異なる場合には普通用いない。 だが、「」(しあさって)のような、「」(しすい)のような固有名詞は存在する。 「々」の字形を分解すると「ノ」+「マ」のように見えることから俗に ノマとも呼ばれる。 ユーザーが辞書登録していない状態では、や、過去のなどのでは「のま」で変換できる。 これは、元々はJapanistの前身であるOAKが便宜上用いたことに由来するとされ、同社のでも同じ動作である。 現在のATOKやでは「おなじ」で変換すると候補にでるが、「のま」からは変換できない。 ATOK 2011では変換できる。 「々」は漢字ではないが、発行のには読者の便宜上、収録されている。 主要な新聞では、固有名詞以外は使用しないこととガイドラインに決められている など、昨今の文章では使用例がやや珍しくなっている。 揺すり点(ゆすりてん)とも呼ばれ、主に縦書きの文章に用いる。 漢字の後に書かれ、現在は「々」で代用されることもあるが、上字を繰り返すのではなく、上字のが繰り返し語であることを意味する。 これらは「各各」「屡屡」の略記ではなく、二の字点を使わない表記は「各」「屡」である。 なお、現代では「〻」は「々」と書き換えられ、「各々」「屡々」と書くのは間違いではない。 書くときは、行の中央ではなく前の字の右下に添えるように書く。 なお横書きにおける一般的な表記法はまだ確立していないが、公式文書の例としては、日本国憲法原本で各 〻が6か所でてくるが、電子政府ではすべて各々の表記とされている。 文章を繰り返す際に使う「 」は、「ノノ点」・「ノノ字点」と呼ばれ、二の字点とは別のものである。 縦書きの文章のみに用いる。 横書き時に同様の表記を行う場合には、やその上に濁点を付けた約物が使用されることが多いが、「へ」の字を横に伸ばした字形や、くの字点を左90度回転させた形で使用することもある。 2字以上の仮名、もしくは漢字と仮名を繰り返す場合に用いる。 この場合、初期は上字(この例では「人」)に重ねて書かれたものが、時代と共に位置が下に移動してきた。 繰り返し部分がする場合は、濁点付きの「くの字点」を用いる。 3回の繰り返しの場合は「くの字点」を2回繰り返すが、4回繰り返す場合は2回目の繰り返しと4回目の繰り返しにのみ「くの字点」を用いる。 戦国楚簡研究会, ed. , , 2008年6月13日閲覧。 Richter, Matthias 2006年. 2015年10月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年6月13日閲覧。 , p. 153。 テキストは。 、漢字文化資料館(大修館書店)。 読売新聞社編著 『読売新聞用字用語の手引き』第4版 中央公論社、2014年、p. 40-41• 一般社団法人共同通信社著 『記者ハンドブック』第13版 共同通信社、2016年、p. 118-119• 例として、日本国憲法(ご署名原本表記)中「第五十六條 兩議院は、各〻その總議員の三分󠄁の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。 」とされているものが、e-Gov版では 「第五十六条 両議院は、各々その総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。 」となっている。 , p. テキストはの写本。 このような形で区別して繰り返している用例が『』第一巻第一号などに見られる。 参考文献 [ ]• 『日本語の考古学』〈 新赤版 1479〉、2014年4月。 教科書局調査課国語調査室 PDF 、1946年3月。 関連項目 [ ].

次の