イタチ ふん 対策。 ハクビシンの糞の特徴4つと画像!処理・消毒方法とふん対策を解説

イタチ駆除は素人でも可能!お金をかけずに駆除する5つのステップ | クジョカツ

イタチ ふん 対策

ネコ目イタチ科イタチ属に分類される哺乳類です。 全部で18の種が存在し、そのうちの70%ほどが日本に生息しています。 もっとも有名なのが、「ニホンイタチ」。 全国に分布していて、特に自然が豊かな地方では、探さなくても道を横切る姿を見ることができます。 大きさはオスが25~35cm、尾まで入れると50cmほどで、メスは一回り小さいサイズです。 夜行性ですが、昼夜問わず活発に活動することが多いそう。 木登りが得意なことにくわえ、手足の指先には小さな水かきもついているため、泳ぎも達者です。 雑食性で、なんでも食べます。 カエルやトカゲなどの爬虫類、バッタやカマキリなどの昆虫類、リスやネズミなどの哺乳類も標的に。 一方で天敵はワシやフクロウなどの猛禽類です。 生まれてから1年で成体になり、長く生きても寿命は2年ほどだといわれています。 では種類ごとに特徴をみていきましょう。 まずニホンイタチ。 日本の固有種です。 体の色は山吹色や褐色で、鼻の周りが白くなっています。 目の周りは黒くなっていて、この色分けがはっきりしていると成獣と考えて間違いありません。 北海道や本州、四国、九州、南西諸島など全国に生息しています。 そんな二ホンイタチの存在を脅かし勢力を拡大しているのが、チョウセンイタチです。 よく似た見た目をしていますが、体毛の山吹色が全体的に濃く茶色っぽいのが特徴です。 両者とも性格は獰猛で、人間が安易に近づくと攻撃されてしまいます。 その気性の荒さゆえ、顔立ちはかわいらしいですがペットには不向きでしょう。 一方で、同じイタチ科のなかでもペットとして親しまれているのがフェレットです。 頭もよいため大切に育てると飼い主によくなつきます。 芸を覚えることもあり、従順でフレンドリーな性格をしているため好まれているのです。 ただ怖い物知らずなところもあり、自分よりも体の大きな犬などにも平気で近寄っていきます。 イタチならではの気の強さは健在だといえるでしょう。 イタチは驚くほど臭い! 木登りが得意で水中を泳ぐこともできる器用なイタチですが、彼らの最終兵器は強烈な悪臭です。 「イタチの最後っ屁」という言葉もあるほどで、敵に襲われた際など身を守る時に肛門にある臭腺から放たれます。 また縄張りを主張するためのマーキングとして使われることもあるようです。 この悪臭攻撃を人間がくらってしまうと、3日ほどは嗅覚に異常をきたし、他の臭いを感じられなくなるそう。 命にかかわるものではないですが、この臭いは敵意をもって放たれるものなので、ひるんだ隙に攻撃を受けて怪我をする恐れがあります。 野生の個体は病原菌をもっている可能性もあるので、安易に近づかないようにしましょう。 ちなみにイタチ自身も他の動物と比べてかなり嗅覚が発達していますが、自身が臭いの影響を受けることはないようです。 イタチ退治の対策は 残念ながら害獣として認識されているイタチ。 その理由として、身体能力が高いことと、頭がよいことが挙げられるでしょう。 農家の作物を荒らしたり、家の中の屋根裏などに住み着いて繁殖をくり返したりすることも珍しくありません。 時には家の柱の素材をはがして巣づくりをすることもあるようです。 学習能力があるので、人間が対策を施すと別の手を考えて侵入してきます。 中途半端なやり方ではまさに「いたちごっこ」。 たとえ1匹を駆除しても一時的な効果しかないので、大切なのは侵入経路を確実にふさぐことです。 また彼らの鋭い嗅覚を利用し、忌避剤や木酢液の臭いなどイタチが嫌うものを使うのも効果的。 これらを侵入口に置いておくとよいでしょう。 また夜間は2点の小さなライトを設置すると、天敵である狼の目を模すことになり、警戒して近寄ってこないこともわかっています。 実害が大きい場合は、専門の業者に依頼するのも手段のひとつでしょう。

次の

【写真あり】イタチとテンとハクビシンの簡単な見分け方

イタチ ふん 対策

イタチの特徴 イタチは、顔を除く全身の毛色が褐色掛かった茶色。 周囲を偵察するために立ち上がることが多いため、その姿が火柱のように見えることから「火立ち(ヒタチ)」がイタチと呼ばれるようになったとも言われています。 口元は白く、クリッとした円らな目の周りは黒色と、パンダ同様に愛嬌ある顔が特徴的。 全長はアライグマやハクビシンよりも小型で、体長はオス30~40cm、メス20~30cm、体重はオス約450g、メス約150gと、雌雄で体のサイズが大きく異なります。 類似した動物にはテンやアナグマ、フェレットなど。 見た目が似ていても全く性質は違うので注意が必要です。 習性 その見た目とは相違って性格は凶暴、小型のネズミや鳥はもちろん、時には自分よりも大きな生き物も獲物とし、鋭い歯を使って捕食することがあります。 反対にキツネやフクロウ、鷲、鷹など、動きが俊敏な動物が天敵と言われ、数センチの隙間を潜れる柔軟性と、垂直に壁を登ったり地面にトンネルを掘ったりする機動性を活かして敵から逃れる習性があります。 繁殖生態 イタチは沖縄を除く全国各地に分布して繁殖。 稀に雑種が生まれることもあるようですが、基本的に日本国内には4種類の在来種がおります。 単独生活を基本とし、一か所の個体数は多くはなく、子育てもニホンイタチはメスがするのみ。 発情期は1年に1~2回ですが、1度に5頭以上出産し、子イタチも短期間に繁殖力を得ると言われています。 イタチが生息しやすい場所 肉食性が強い雑食であるので、魚や鳥が捕れる池や水辺、河川沿い、湿地帯など、人為が及ばない自然環境が整った場所をはじめ、食べ物が豊富にある民家周辺や水の流れていない人工側溝などを寝床にするなど、近年は都市化の進む人家周りにも生息分布域を拡大してきていると言われています。 そのため、空き家でなくとも人が住んでいる家屋に侵入、床下や天井内に営巣するケースも増えています。

次の

イタチのふんや臭腺による悪臭被害は最悪!ひどくなる前に対策を!|生活110番ニュース

イタチ ふん 対策

日本では、在来種であるニホンイタチと外来種のチョウセンイタチのことを指します。 その他、イタチ属としてキタイイズナ、ニホンイイズナ、エゾオコジョ、ホンドオコジョ等がいます。 胴長短足で細長い体型をしています。 食性は雑食で、ニワトリやネズミ、ウサギなどの動物食の他、柿などの果実を食べます。 イタチの特徴• 床下や天井裏に棲み着き、繁殖する。 垂直の壁を登ることが出来る。 食性は雑食。 (動物性のものを好む)• 3cm程の隙間を抜けることが出来る。 泳ぐことが出来る。 非常に素早い。 非常に凶暴である。 近年、チョウセンイタチが都市部にも増加している。 繁殖時期は春。 オスとメスで大きさが異なる。 (オスが大きくメスが小さい) 主なイタチの害• 天井裏を走り回って騒音を出す。 糞や尿のによる悪臭、シミなど。 屋内に侵入し食品を荒らす。 家畜、ペットを食害する。 生ゴミを漁り散らかす。 断熱材を破り巣を作る。 日本に生息する主なイタチの種類 オスとメスでは体長、体重が大きく異なります。 チョウセンイタチはニホンイタチよりも一回り大きい体格です。 イタチの嗅覚を利用し、臭いのするものを設置して追い出す。 発達したイタチの嗅覚を利用し、追い払います。 害獣用、害虫用の忌避剤や木酢液のニオイを嫌がります。 何度か設置する• 小動物用の忌避剤• 害虫用の燻煙剤、忌避剤• 木酢液• クレゾール石鹸液• 頻繁に設置する(ニオイが弱いため)• 漂白剤(カルキ)• 屋外では小動物用の忌避剤をご使用下さい。 また、液体はこぼれないようご注意下さい。 侵入口を塞ぐ• 目の細かい金属製のネットや網を侵入口に設置する• エサを与えない• イタチの餌となるネズミの対策や鳥の巣を取り除く イタチの駆除方法• 罠などで捕獲する 敷地所有者の許可があり、狩猟期間内であれば、狩猟免許が無くとも罠を設置できます。 捕獲器はイタチが通る場所に設置してください。 エサは唐揚げや果物等がお勧めです。 但し、 メスイタチは狩猟獣ではないため、期間に関係なく捕獲は出来ません。 捕獲したイタチは速やかに遠くの河川、池などの水辺の周辺に逃がしましょう。 強い光を当てる 夜間や暗い天井裏で、急に強い光を当てると、イタチは発見されたと感じて逃げ出します。 専用の忌避装置の他、クリスマス用のイルミネーションなど、強い光が点滅する物でも代用できます。 光の当たる範囲に、CDやホログラムシートをぶら下げると、光が乱反射し、威嚇効果が高まります。 忌避剤を使用する。 なるべく固形タイプの物を使用して下さい。 くん煙剤やスプレータイプは風でニオイが拡散し、効果があらわれません。 色の移るもの、液状のものは小皿などに入れて設置してください。 使用前に糞尿の掃除をお勧めします。

次の