京都 人 の 密 かな 愉し み ブルー。 京都人の密かな愉しみ Blue 修業中 送る夏 PR動画 Long ver.

京都人の密かな愉しみ その5 メゾン ド クレーム「むしやしない」を訪ねる

京都 人 の 密 かな 愉し み ブルー

今日も一人前の職人になることを目指して悪戦苦闘中だ。 京都の冬は難儀な寒さだが、節分になると、春の兆しが感じられるようになる。 番組では、節分からひな祭りへ、梅の花がほころび、春を祝う京都の町で繰り広げられる群像劇を、ドラマとドキュメンタリーを行ったり来たりしながら、細やかに描く。 庭師の幸太郎(林遣都)は今日も厳しい師匠(石橋蓮司)のもとで悪戦苦闘中。 料理人見習いの甚(矢本悠馬)も相変わらずどなられている。 そんな折り、甚の憧れのマドンナでもある若おかみ(高岡早紀)のもとに失踪中だった夫(波岡一喜)が戻ってきた…ドラマに加えて京都人究極の厄よけ「四方参り」などドキュメンタリーパートも。 持ってきたのはフキやウドなど春を告げる野菜だ。 季節はひな祭り。 若おかみ(高岡早紀)は、代々のひな飾りを準備していた。 病床の義父(品川徹)はもう息子とは別れろと切り出すが…。 一方ケント(林遣都)が母の店を訪れると意外な客人が。 ドキュメントパートでは、老舗のひな祭り。 大原千鶴の料理コーナーも。 最近の葉菜はスランプ気味。 しかし陶芸家見習いの釉子(相楽樹)と一緒に訪れたケント(林遣都)の母のバーで、ちょっとしたアイデアがひらめく。 一方山菜名人でもある農家見習いの鋭二(毎熊克哉)は針桐という幻の山菜を採ってきてほしいと頼まれた。 京都人が桜の花以上にめでるという梅の花。 釉子(相楽樹)は展覧会に出品する作品のモチーフを梅にしたいと師匠である父(本田博太郎)に訴えるが「1200年早い!」と大反対される。 思い悩む釉子をケント(林遣都)は大覚寺の梅林へといざなう。 そこで美山清兵衛(石橋蓮司)が語った言葉が彼女を大きく動かす。 ほとんどの京都人が経験しているという「十三参り」の思い出も。

次の

NHKエンタープライズ ・ 京都人の密かな愉しみ Blue 修業中 祗園さんの来はる夏

京都 人 の 密 かな 愉し み ブルー

その2ndシーズン。 主役はガラッと変わり、今度は若者たちの青春、ブルーの時代の物語。 メインとなるのは5人の若者たち。 彼らは京都の工芸高校の同級生で、それぞれ、西陣、東山、嵯峨野などの出身者。 作庭、陶芸、京料理など、京都の伝統的な文化を継承し、自分なりの生き方を見いだそうとする。 厳しい師匠との葛藤あり、涙あり、笑いあり。 ドキュメンタリーとドラマを行ったりきたりしながら、イチゲンさんでは知りえない京都の奥深い世界へ、おいでやす。 今日も師匠のどなり声が響く。 陶芸家見習いの釉子(相楽樹)の父親は特に厳しく、いつも千本ノックだ。 一方鋭二(毎熊克哉)は京野菜の神様とされる優しい師匠に恵まれている。 料理人見習いの甚(矢本悠馬)、パン屋見習いの葉菜(趣里)それぞれの暑い夏が始まった。 京料理では避けて通れない「ハモ」である。 彼は、ハモにかまれた経験がありすっかりトラウマなのだ。 幸太郎(林遣都)の母が営むバーでは、父である師匠に「1200年早いわ!」と怒鳴られた釉子(相楽樹)が泣いている。 パン作りに燃える葉菜(趣里)はオリジナルパンを持ってきた。 最後に鋭二(毎熊克哉)もやってきて、久しぶりに5人全員集合となった。 実は幸太郎(林遣都)も大のコケ好きで、120種類ものコケがあるこの寺はたまらない場所だ。 京都人はパンも大好き。 幸太郎が先輩庭師と訪れたのは葉菜(趣里)の勤めるパン屋だ。 漬物もいわずと知れた京都人の好物。 この日、鋭二(毎熊克哉)はある特別なウリを甚(矢本悠馬)の実家の漬物屋に持ち込む。 料理コーナーでは京都人大好物サンドイッチを。 食すのは釉子(相楽樹)と葉菜。 この日、幸太郎(林遣都)の母(秋山菜津子)が営むバーには常連の杉下(浅野和之)が訪れ、五山の送り火のウンチクを披露している。 一方、タエ(江波杏子)のもとで農業を学ぶ鋭二(毎熊克哉)にとっては、大切な友を弔う季節。 番組では実際の大文字送り火に密着。 ドラマと共に迫力の送り火ドキュメントをお届けする。 (初回放送:2018年2月2日).

次の

【シリーズ完結】NHK BS13日常盤貴子主演「京都人の密かな愉しみ『桜散る』」あらすじと予告動画

京都 人 の 密 かな 愉し み ブルー

今日も一人前の職人になることを目指して悪戦苦闘中だ。 京都の冬は難儀な寒さだが、節分になると、春の兆しが感じられるようになる。 番組では、節分からひな祭りへ、梅の花がほころび、春を祝う京都の町で繰り広げられる群像劇を、ドラマとドキュメンタリーを行ったり来たりしながら、細やかに描く。 庭師の幸太郎(林遣都)は今日も厳しい師匠(石橋蓮司)のもとで悪戦苦闘中。 料理人見習いの甚(矢本悠馬)も相変わらずどなられている。 そんな折り、甚の憧れのマドンナでもある若おかみ(高岡早紀)のもとに失踪中だった夫(波岡一喜)が戻ってきた…ドラマに加えて京都人究極の厄よけ「四方参り」などドキュメンタリーパートも。 持ってきたのはフキやウドなど春を告げる野菜だ。 季節はひな祭り。 若おかみ(高岡早紀)は、代々のひな飾りを準備していた。 病床の義父(品川徹)はもう息子とは別れろと切り出すが…。 一方ケント(林遣都)が母の店を訪れると意外な客人が。 ドキュメントパートでは、老舗のひな祭り。 大原千鶴の料理コーナーも。 最近の葉菜はスランプ気味。 しかし陶芸家見習いの釉子(相楽樹)と一緒に訪れたケント(林遣都)の母のバーで、ちょっとしたアイデアがひらめく。 一方山菜名人でもある農家見習いの鋭二(毎熊克哉)は針桐という幻の山菜を採ってきてほしいと頼まれた。 京都人が桜の花以上にめでるという梅の花。 釉子(相楽樹)は展覧会に出品する作品のモチーフを梅にしたいと師匠である父(本田博太郎)に訴えるが「1200年早い!」と大反対される。 思い悩む釉子をケント(林遣都)は大覚寺の梅林へといざなう。 そこで美山清兵衛(石橋蓮司)が語った言葉が彼女を大きく動かす。 ほとんどの京都人が経験しているという「十三参り」の思い出も。

次の