くださいますと幸いです。 「ご一考ください」とは?意味や「ご一考」の使い方・類語・英語表現を徹底解説!

ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

くださいますと幸いです

え……!ちゃんと敬語で話してますよ?! 相手に待って欲しいときに使いたい「お待ちください」は、敬語表現になっているためビジネスでも使用できる言葉です。 とはいえ、使用の際には少し注意が必要。 敬語ではあるものの命令形のため、相手に命令したような印象を与えてしまう場合があります。 日常的なやりとりの中で使う分には特に問題はありませんが、 目上の相手や大切なクライアントなどには、より丁寧な言い方で伝えるのが望ましいです。 「少々お待ちください」や「お待ちくださいませ」などのように、前後にクッション言葉を付けて工夫してみましょう。 または「お待ちください」というフレーズ自体を置き換えてしまう方法もあります。 「お待ちください」の意味 「お待ちください」は、「お」「待ち」「ください」の3つに分類できます。 「お」は、名詞や動詞の連用形の前に付いて尊敬の意味を表す言葉。 日常的に使用している敬語フレーズでよく見られますね。 そして「ください」は「くださる」の命令形で、「くれ」の尊敬語にあたります。 相手にものなどを請求したいときに使う言葉です。 「お待ちください」は、「待ってくれ」という意味を敬語で丁寧に表現したもの。 ただ、丁寧な表現にはなっているものの、命令形というスタイル自体は変わっていません。 そのため、相手に命令できる立場にないときにはさしひかえるのがおすすめです。 「お待ちください」の使い方 「お待ちください」は丁寧な表現ですが、伝えた相手に命令されたような気分を与えないように、命令形の印象を和らげる表現をおさえておきましょう。 取引先との会話など、より丁寧な表現が望まれるビジネスシーンでは、「お待ちください」の前後にさらに言葉をプラスして使うのがポイントです。 付け加える言葉によって相手に待たせる時間の印象が変わってきますので、時と場合に応じて使い分けるのがコツ。 「お待ちください」を使用した例文 ここでは「お待ちください」という言葉を維持して、より丁寧な印象を与えられる文章を紹介します。 表現ごとに例文をまとめましたので、シーンにあわせて工夫してみましょう。 お待ちくださいませ 「お待ちください」+「ませ」の表現方法です。 「ませ」は、丁寧語「ます」の命令形。 相手に何かを要求したいときに、丁寧な気持ちを込められる表現です。 ただ「ませ」は、女性特有の表現や言葉を意味する女性語のひとつでもあります。 接客業などでは性別に関わらずよく使用される言葉のため、必ずしも女性だけのもの、というわけではありませんが、言葉の背景を知っておくと場面別に選びやすくなるでしょう。 「お待ちください」の類語(言い換え表現) 「お待ちください」は命令形のため、シーンによっては使いづらい場合もあります。 そのようなときには、類語表現を用いた言い換えを利用しましょう。 相手に待ってもらう、ということは、相手の時間をいただいている、ということでもあります。 言い換え表現では、お時間をいただく、という考え方に焦点を当てるとわかりやすいですよ。 「お時間をいただきたく存じます」 「お時間をいただきたく存じます」にある、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、頼んで手に入れることなどを指します。 「存じます」は、思うや考えるなどを意味する謙譲語「存ずる」が形を変え、「ます」が付いて丁寧になった言葉です。 つまり、あなたの時間をもらいたいと思います、という意味を表しています。 謙譲語が使われ敬意を表しているため、クライアントや上司などに向けてビジネスシーンで使っても問題ない表現です。 ・Hang it here and please wait! ・I will prepare it for you so please wait for a while. ・I will get you connected so please wait a little. ・For now it is under adjustment so please wait for a while. 「お待ちください」は言葉をプラスして丁寧な表現に変えよう! 上司やクライアントなど目上の方に伝えるときには、「お待ちください」に適切な言葉を組み合わせてより丁寧な表現を心がけましょう。 待ってほしい時間やその場の状況にあわせて、上手に言い方を工夫してみてくださいね。

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

くださいますと幸いです

幸いと幸甚の違い 幸いと幸甚の違いを分かりやすく言うと、 「幸い」は、相手に対してありがたく思う気持ちを丁寧に表現したものであり、「幸甚」は、幸いをさらに丁寧に改まった言い方で表現したものであるという違いです。 「幸い」という言葉には、様々な意味があります。 その人にとっての幸せを意味したり、運の良い様子を意味したりする場合もあります。 しかし、「幸甚」という言葉と比較する際には「~してもらえたらありがたいです」という意味の言葉になります。 幸いという表現を使用するのは、主に手紙やメールなどの文面上でのことになります。 会話の中で、口語体として使用されることはあまりありません。 例えば、手紙などで「~していただけますと幸いです」などのように使用されるものです。 これは、強要の意味を持たない、柔らかなお願いの表現です。 「もしできたら、~してもらえたら、とても助かります」というような意味になり、相手の忙しさなどを配慮しながら依頼をするような表現になります。 この「幸いです」という表現を、さらに丁寧に改まった形にした表現が「幸甚です」というものです。 例えば「幸甚に存じます」や「幸甚の極みです」などのように使用されます。 これは「この上なく幸せです」「最上級の幸せです」という意味の言葉です。 「幸いです」という表現も「幸甚です」という表現も、どちらもプラスの意味を持つものですし、目上の人にも使える表現です。 しかし、柔らかな依頼の表現なので、緊急性を要するような物事を伝える際には使用しないようにしましょう。 また、幸甚というのは、非常に改まった表現でもあります。 親しい間柄で使用するのには重すぎる表現になりますので、注意が必要です。 社外のお客様や目上の人などを対象にして使用するようにします。 使用する際には、「幸甚です」という言葉を連発しないようにも注意しましょう。 何度も繰り返して使うことで意味が薄れてしまい、かえって気を悪くしてしまう人もいます。 一度のメールや手紙に対して、一回使えば十分である表現です。 幸いの意味 幸いとは、 相手に対して何かを頼み、それを叶えて貰えたら幸せだという気持ちを伝える言葉を意味しています。 主に手紙やメールなどの文面で使われる表現であり、目上の人や立場が上の人に対しても使用できる表現です。 またその他にも、相手に対して、もし自分の行いが喜んでもらえたら嬉しいですという気持ちを伝える際にも利用される表現です。 この場合にも、使用されるのは主に手紙やメールなどの文面です。 幸いという言葉は、「幸い」という単語として使用する場合には、他にも様々な意味を持つものですが、ここで言うところの幸いというのは、書面などで「~していただけましたら幸いです」と使う際の表現です。 この「~していただけましたら幸いです」や「~いただけると幸いです」という表現は、もっと簡単に表現すると「~してもらえたら、とても嬉しいです」「~してもらえると、とても助かります」というような意味になります。 この表現を使う際には、相手に対して遠慮のある状態を意味しています。 相手側に何かを頼んでいる状態ではありますが、「幸いです」を使う場合には、「絶対に~してもらいたい」と強要するような気持ちを含まない依頼となります。 もし万が一、出来そうだったらやってもらえたら嬉しいです、助かります、というような消極的なお願いの場合や、相手の立場が自分よりも上であり、強くお願い出来ない場合などに「~していただけたら幸いです」というような表現を使います。 その他にも、自分の行為などが相手の役に立っていたら嬉しいというような気持ちを表すために「お気に召していただけましたら幸いです」というような表現で使用されることもあります。 どういった表現で使用するにしても「~幸いです」というのは、相手のことを思い遣る気持ちを示すための表現だと言うことが出来ます。 立場が上の人はもちろん、自分と同等の立場の人に対しても使用できる言葉であると覚えておくようにしましょう。 しかし、これらの表現は、強要しない範囲での依頼、お願いごとになります。 絶体にして欲しいことがある場合や、必ずして欲しいことがある場合には、この表現は使わないように注意しましょう。 幸いの「幸」という字を使った言葉としては、運がよいことや巡り合わせがよい様子を意味する「幸運」、非常に幸せなことや、その様子を意味する「多幸」、不平や不満がなくて楽しいことを意味する「幸福」などがあります。 幸甚の意味 幸甚とは、 「~していただけたら幸いです」という意味の言葉をもっと丁寧にした表現のことを意味しています。 幸いと同じように、主に手紙やメールなどの文面で使用される表現であり、この上なく幸せであることを意味しています。 幸甚という表現は、「この上なく幸せである」「非常にありがたく思う」というような意味を示す言葉です。 実際に使われる際には「幸甚の至りに存じます」「幸甚の極みです」というように使用されます。 「幸いです」という表現よりも、より改まった表現であり、目上の人や立場が上の人に対して使用する言葉です。 丁寧ではありますが、固いイメージのある言葉なので、ビジネスシーンなどでは、社内や同僚などに使用するのは控える方が良いでしょう。 社外のお客様や目上の人、明らかに立場が上である人に対して使用される表現であると覚えておくようにします。 また、連発して使用してしまうと、相手に軽率なイメージを与えることもあります。 連続して使用することは避ける方が良いでしょう。 幸甚の「甚」という字は、はなはだしい、度を超えているとい意味を持つ言葉です。 つまり、幸甚というのは漢字の意味だけで考えると、「幸せがはなはだしい」「幸せが度を超えている」というような意味になります。 喜びの最上級を相手に伝えるための言葉であると覚えておくと使いどころも分かりやすくなります。 親しい間柄で使用するのには、かえってよそよそしい印象を与えますが、改まった場では上手に使うようにしましょう。 幸甚の「甚」という字を使った言葉としては、程度のきわめて大きい様子を意味する「甚大」、非常に激しく、はなはだしいことを意味する「激甚」、意味や気持ちなどが非常に深いことを意味する「深甚」などがあります。 幸いの例文 5.お時間のあります際に、資料をご確認いただけますと幸いです。 この言葉がよく使われる場面としては、何かの物事を実行してもらえると幸せです、と人に頼む気持ちを表現したい時などが挙げられます。 「幸いです」という表現は砕けた言い方をすると「助かります」「ありがたいです」と同じような意味になります。 幸いです、という言葉は、誰かに何かを頼む意味の他にも、喜んでもらえたら嬉しいです、という気持ちを表現する際にも利用される言葉です。 どちらにしても、プラスの意味で使用される言葉であり、目上の人や立場が上の人にも使用できるものです。 ただし、これらの表現は、絶体に何かをして欲しい時や、必ずどうにかして欲しい時などには使用しないようにしましょう。 強要するような意味を含まないので、緊急性に欠ける表現になってしまいます。 幸甚の例文 5.今後も末永くお付き合いをいただけましたら、幸甚の極みに存じます。 この言葉がよく使われる場面としては、非常にありがたく、幸せに思うことを最上級の表現で相手に伝えたい時などが挙げられます。 「幸甚です」という表現は「幸いです」という言葉をさらに丁寧に表現した言い方でもあります。 「幸甚です」と「幸いです」という表現は、意味合いとしては同じものですが、より丁寧で改まった言い方が「幸甚です」という言葉です。 社外のお客様や目上の人、立場が明らかに上の人に対して使用する表現です。 親しい間柄で使用するには、少し改まり過ぎている表現でもあるので、使用する際には相手を選ぶようにしましょう。 プラスの意味を持つ言葉ですが、強要するような表現ではないため、絶体にしてもらいたい事がある際には使用しない方が良いでしょう。

次の

「送ってください」の敬語とは?例文8選!メール/ご郵送/送付/丁寧語

くださいますと幸いです

ご容赦くださいの意味は? 「許してください」「大目に見てください」 「容赦」とは相手のあやまちや失敗などを許すという意味です。 手加減をする際にも「容赦する」という表現をしますが、「ご容赦ください」の「容赦」は、前者の許すという意味で使用される言葉です。 「ご容赦ください」では、相手に自分の過失・失敗について許しを請う表現となります。 ですから「許してください」という相手への謝罪の意を込めて使われる言葉となります。 「了解してください」 自分のミスについて相手に了解してくださいとお願いしている意味になります。 ですから、特に上司や取引先などの目上の方には慎重にしようする必要があります。 また了解をお願いする言葉は他にもいくつかあるので(詳細は後述)、「ご容赦ください」は自分の過失や失敗などについて許しを請う言葉と覚えてください。 ご容赦くださいの例文 「ご容赦ください」を、「許してください」「大目に見てください」という意味で使う場合、以下のような例文があります。 ・ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんが、担当者がインフルエンザのため、対応が週明けになってしまいます。 何卒ご容赦くださいませ。 ・会場には駐車場がないため、お車でのご来場はご容赦ください。 ・お客様にはご不便おかけしております。 何卒ご容赦下さいませ。。 また、「了解してください」という意味では、以下のように使います。 こちらでは、「許してください」という意味合いは少なくなります。 ・無料配布は終了いたしました。 何卒ご容赦くださいませ。 ご容赦くださいの類語と使い分けは? 「ご了承ください」「ご理解ください」「ご勘弁ください」「申し訳ございません」は、「ご容赦ください」と同じような意味で使われますが、それぞれ違った意味があります。 「ご了承ください」 まだ開始していないことがらや、これから始まる内容に対して許しを請う言葉です。 「ご了承ください」には強制的なニュアンスが含まれますので、場合によっては一方的な印象を与えてしまいます。 上司や取引先へ使用する際は、丁寧な表現になるよう心掛けましょう。 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 ・セキュリティの観点から書類の返却は致しませんので、何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。 「ご理解ください」 「ご理解」とは相手に対してこちらの事情をくみとってもらうという意味があります。 ご容赦くださいと同じように相手に対してこちらの事情を考慮してとがめずにいて欲しいというニュアンスが含まれますが、過失の程度が比較的軽微な際に用いられることが多いです。 例文 ・先着100名様までとなっております。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。 ・雨天の際は、中止になる可能性もございます。 ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。 「ご勘弁ください」 「勘弁」とは、過ちや不都合を許すという意味です。 ですから、相手に対して自分の過失を許してくださいという意味になります。 「ご容赦ください」より強い表現になり、懇願に近いニュアンスとなります。 例文 ・当日の無断キャンセルは、ご勘弁願います。 ・早急に新しい商品と交換致しますので、ご勘弁願えませんでしょうか。 「申し訳ございません」 謝罪の言葉として最も使用される言葉です。 特に使用シーンも限られませんので、お詫びを伝えたいときは使い勝手の良いフレーズです。 ただ、謝罪メールはどうしても同じような表現になりやすいので、何度も「申し訳ございません」と使用することはやめましょう。 他にも「陳謝いたします」「お詫び申し上げます」「失礼いたしました」などの違う表現があるので、バランスよく使用するようにしてください。 例文 ・度重なる非礼、誠に申し訳ございません。 ・申し訳ございませんが、詳細は担当者にお問い合わせください。 ・ご迷惑をお掛けして、大変申し訳ございません。 すぐに対応致しますので、今暫くお待ち願います。 ご容赦くださいの使い方の注意点 「ご容赦してください」は間違い 「して」も「ください」も相手にお願いしている言葉で重複表現にあたります。 ですから、「ご容赦してください」とは言いません。 ビジネスメールでは、「ご容赦ください」と書くように気を付けてください。 「ご容赦ください」単体では使わない 「ご容赦ください」は謝罪のあとにつづく言葉です。 単体でお詫びの言葉として使う表現ではありません。 例えば、「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」などと使ってはいけません。 あくまでも、謝罪のあとに補助的に使う言葉であり、単体で謝罪を表す言葉ではありません。 その点に注意して使うようにしてください。 まとめ 今までの使い方は正しかったでしょうか?ビジネスメールは、大切なコミュニケーションツールです。 ちょっとしたことですが、きちんとした文章は相手の印象を良くしますので、正しい意味を意識して使うようにしましょう。

次の