マリオン コティヤール 映画。 君と歩く世界

マリオン・コティヤール

マリオン コティヤール 映画

来歴 [ ] 生い立ち [ ] で生まれ、幼少期はパリ近郊()で育ち、に通う頃には近郊などで育つ。 オルレアンのリセ・ヴォルテール()、のリセ・モリエール()、オルレアンの()に通った。 双子の弟(カンタン、ギヨーム)がいる。 カンタンは芸術家(彫刻家、画家)で 、ギヨームは脚本家で映画監督である。 俳優をしている両親 の影響を受け、子供のころから舞台に立っていた。 キャリア [ ] の演劇学校を首席で卒業し、16歳の時に映画デビュー。 その後、監督の『』や『』シリーズに出演して知名度を上げ、『TAXi』と『』では有望若手女優賞にノミネートされた。 2003年に監督の『』でデビューを果たす。 翌年公開の『』で第30回助演女優賞を受賞。 2007年公開の『』で役を演じ、第33回主演女優賞やなどを受賞。 も受賞し、アカデミー賞の演技部門ではに続いて史上2人目、49年振りのフランス人女優の主演賞受賞者、そして、らに続いて史上5人目の外国語映画(英語以外の言語の映画)での受賞俳優となった。 2010年3月15日にこれまでの功績が称えられ、フランス芸術文化勲章を受章した。 私生活 [ ] や()の音楽が好きで、ワークマンのミュージックビデオにも出演している。 環境保護団体のメンバーでもある。 『世界でいちばん不運で幸せな私』で共演したと交際し、2011年1月に妊娠していることが判明した。 、男児を初産。 マルセルと名付けられた。 論争 [ ] にのウェブサイト「 Marianne 2」がに放送されたテレビ番組『Paris Premiere -- Paris Derniere』でに関する公式見解に疑問を呈するインタビュー内容を掲載。 これがの新聞に掲載されたり、インターネットで世界中に広まるなど波紋を呼んだ。 これに対してコティヤールの弁護士ヴァンサン・トルダノは、フランスの通信社に「コティヤールは9・11事件に異議を唱えるつもりはなかった。 昔の映像がこのように文脈から切り離されて使用されるのは残念だ」と発言している。 Jean-Claude Cotillard speaking about his peasant parents• Foxnews. com. 2008年1月14日. Guillaume cotillard IMDB page• Jean-Claude Cotillard speaking about his peasant parents• Gilbey, Ryan 2007年7月7日. News. com. 2007年7月9日閲覧。 Forbes. com. 2008年2月24日. com. 2014年12月2日. 2014年12月4日閲覧。 com. 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年12月17日. 2014年12月18日閲覧。 com 2014年12月31日. 2015年1月5日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年9月6日. 2016年9月6日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (フランス語) (英語)• - (英語)• 英国 , 外国 1952• 英国 , 外国 1953• 英国 , 外国 1954• 英国 , 外国 1955• 英国 , 外国 1956• 英国 , 外国 1957• 英国 , 外国 1958• 英国 , 外国 1959• 英国 , 外国 1960• 英国 , 外国 1961• 英国 , 外国 1962• 英国 , 外国 1963• 英国 , 外国 1964• 英国 , 外国 1965• 英国 , 外国 1966• 英国 , 外国 1967 1968-現在• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018.

次の

マリオン・コティヤール出演映画まとめ!ブラピとの噂は?ギョーム・カネとは事実婚!

マリオン コティヤール 映画

ベストセラー小説『祖母の手帖』を「マリアンヌ」のマリオン・コティヤール主演で映画化。 1950年代南仏。 家族が決めた相手と愛のない結婚をしたガブリエルは、療養所で出会った帰還兵ソヴァージュと激しい恋に落ち、彼と離れても熱烈な手紙を綴り続ける。 狂おしいほどの愛に突き動かされるガブリエルをマリオン・コティヤールが演じるほか、「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」のルイ・ガレルがガブリエルの運命の男アンドレ・ソヴァージュを、真面目な夫を「ペインレス」のアレックス・ブレンデミュールが演じる。 監督は「愛と哀しみのボレロ」はじめ数々の作品に出演、「ヴァンドーム広場」などでメガホンを取ったニコール・ガルシア。 第69回カンヌ映画祭コンペティション部門正式出品作品。 一般公開に先駆け、フランス映画祭2017にて上映(上映日:2017年6月24日)。 監督 出演キャスト 1月24日 08:00 世界的ベストセラーを基にしたロバート・ダウニーJr. 主演のアクション・アドベンチャー『ドクター・ドリトル』が、3月20日 金 より公開される。 このたび、日本だけのオリジナル予告映像と本ポスタービジュアルが解禁となった。 山口はマリオン・コティヤール演じる妻マリアンヌを意識した衣装で、… 12月21日 11:09 数か月前まで、元妻アンジェリーナ・ジョリーとの離婚騒動でネット上を賑わせていたブラッド・ピット。 最新作『マリアンヌ』 17年2月10日公開 では、浮気を噂されたヒロイン役の美人女優マリオン・コティヤールと、「これって本気… 8月24日 12:00 「世界で最も美しい顔」の1位に選ばれた経験を持ち、アカデミー賞にもノミネートされるなどイケメン演技派俳優として知られるマイケル・ファスベンダーを主演に迎えた『アサシン クリード』のポスタービジュアルと予告編が解禁され、2… 5月20日 22:36 マリオン・コティヤール主演で労働問題を描いた『サンドラの週末』 5月23日公開 の特別試写会付きシンポジウムが、5月20日に北沢タウンホールで開催。 学生の労働相談に応じている、ブラックバイトユニオンの渡辺寛人、NPO法人… 1月15日 15:58 11日 現地時間 に発表された第72回ゴールデン・グローブ賞 以下GG賞 は、ノミネートも含めてちょっとしたサプライズがあった。 日々刻々と変化する状況を踏まえ、15日 現地時間 のアカデミー賞ノミネート発表の直前に、今年… 12月10日 21:09 今年も残すところ1か月を切り、賞レースが本格的にスタートした。 15年1月15日のアカデミー賞ノミネート発表を控え、今年もindiewire. com、goldderby. comなど業界関係者の分析結果をもとに、カテゴリー別….

次の

マリオン・コティヤール

マリオン コティヤール 映画

基本情報• 本名:マリオン・コティヤール( Marion Cotillard )• 生年月日: 1975 年 9 月 30 日• 出身地:フランス• 職業:女優• 活動期間: 1993 年~ マリオン・コティヤールさんは、フランスのパリで生まれました。 俳優業をしている両親の影響か、子どもの頃から演劇学校に通っていて、舞台に立っていました。 マリオン・コティヤールの家族について 上に書いたように、両親が俳優です。 父親は現役ですが、母親は既に引退しています。 そして、マリオン・コティヤールさんには、カンタンとギヨームという双子の弟がいるんです。 カンタンさんは、芸術家。 ギヨームさんは脚本家、映画監督と、お二人ともそれぞれの分野で活躍しています。 マリオン・コティヤールさんの家族を見ると、彼女が女優として活躍している理由が分かる気がしますね。 マリオン・コティヤールの夫ギョーム・カネはどんな人? ちなみに、ギョーム・カネさんが慎重になっているからか、マリオン・コティヤールさんとは事実婚だそうです。 マリオン・コティヤールの経歴、キャリアを紹介 マリオン・コティヤールさんが今までどのような人生を歩んできたのか、簡単に説明します。 彼女は、16歳で映画デビューした後、アルノー・デプレシャン監督の「そして僕は恋をする」や「TAXi」の出演をきっかけに有名になりました。 「TAXi」では、セザール賞有望若手女優賞に輝いています。 2003年には、ティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」でハリウッドデビューを果たしました。 それからも、第65回ゴールデングローブ賞主演女優賞などの、数々の賞を受賞しています。 2017年に公開された映画「マリアンヌ」では、俳優ブラッド・ピットさんと共演したことで、大きく注目されました。 後ほど紹介しますね。 マリオン・コティヤール出演の映画「TAXi」はどんな作品? 映画「TAXi」は、マリオン・コティヤールさんが知名度を集めるきっかけとなった作品です。 とても人気な作品で、第三作までシリーズ化されました。 映画「TAXi」の簡単な説明を載せておきます。 リュック・ベッソンが製作・脚本を手がける人気カーアクションシリーズ第5弾。 最高のドライビングテクニックを持ちながら、問題だらけの警官マロはパリ警察から地方都市マルセイユへ左遷されてしまう。 赴任先のマルセイユ警察は、フェラーリなどの高級車を使ったイタリアの宝石強盗団に頭を悩ませていた。 強盗団に対抗するため、時速300キロ超えの伝説のタクシー・プジョー407を手に入れようとするマロは、タクシーの持ち主ダニエルの甥で、間抜けなタクシー運転手エディとタッグを組むはめに。 そんな中、世界最大級のダイヤモンド「カシオペア」が5日後に到着するという知らせが入る。 強盗団は用意周到な完璧な作戦でダイヤモンドを盗み出そうとしていた……。 「TAXi(4)」までのキャストを刷新し、マロ役のフランク・ガスタンビドとエディ役のマリク・ベンタルハが新コンビとして登場。 2人が企画、製作も担当し、ガスタンビドがメガホンを取った。 引用元サイト: 1998年に公開された映画なので、映像の古さを多少感じますが、それが気にならないくらいのカーアクションが最高です。 映画「ワイルドスピード」が好きな方は、気に入ると思います。 彼女が演じたのは、主人公の恋人リリー。 若い時期の初々しいマリオン・コティヤールさんが観ることが出来ます。 是非ご覧になってみてください。 マリオン・コティヤール出演の映画「マリアンヌ」はどんな作品? 次に、ブラッド・ピットさんとW主演したことで注目された映画「マリアンヌ」を紹介します。 簡単な説明を載せておきます。 「フォレスト・ガンプ 一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の名匠ロバート・ゼメキス監督のもと、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが豪華共演を果たし、過酷な時代に翻弄されながら究極の愛を試される男女の運命を描いたラブストーリー。 1942年、カサブランカ。 秘密諜報員のマックスとフランス軍レジスタンスのマリアンヌは、ある重大なミッションを通して運命の出会いを果たす。 それは、夫婦を装って敵の裏をかき、ドイツ大使を狙うというものだった。 その後、ロンドンで再会した2人は恋に落ちるが、マリアンヌは誰にも言えない秘密を抱えていた。 「イースタン・プロミス」「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のスティーブン・ナイトが脚本を手がけた。 引用元サイト: 映画「マリアンヌ」は、2017年公開の映画です。 予告映像を観てもらうと分かるように、映像はすごく綺麗で、マリオン・コティヤールさんとブラッド・ピットさんの容姿の端麗さが際立った作品となっています。 マリオン・コティヤールの出演作品一覧 他にもマリオン・コティヤールさんが出演した作品をまとめました。 色々な作品を観て、彼女の確かな演技力によって作り出される世界観を味わってみてくださいね。 出演作品一覧• 1996年 「そして僕は恋をする」• 1998年 「TAXi」• 1999年 「Furia 」• 2000年 「TAXi2」• 2001年 「美しい妹」• 2002年 「追いつめられて… 濡れ衣の女」• 2003年 「TAXi3」• 2004年 「エコール」• 2005年 「ラブ・イズ・イン・ジ・エアー」• 2006年 「正しい恋愛小説の作り方」• 2007年 「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」• 2009年 「NINE」• 2010年 「インセプション」• 2011年 「ミッドナイト・イン・パリ」• 2012年 「君と歩く世界」• 2013年 「エヴァの告白」• 2014年 「サンドラの週末」• 2015年 「ミニオンズ」• 2016年 「マリアンヌ」 マリオン・コティヤール 世界で最も美しい顔100人 1位 マリオン・コティヤールさんがギョーム・カネさんと結婚しているという話は先程しましたが、そんな彼女に2016年、嫌な噂が立ちました。 大人気俳優、ブラッド・ピットさんと不倫しているのではないかというものです。 2016年は、映画「マリアンヌ」でお二人が共演した年で、この共演をきっかけに、二人の仲が良すぎると、噂が出回り始めました。 当時、マリオン・コティヤールさんは、ギョーム・カネさんとの第二子を授かっていたので、不倫はなかったと信じたいですね。 マリオン・コティヤールの紹介まとめ 今回は、マリオン・コティヤールさんのプロフィールや経歴だけでなく、家族や夫などのプライベートな情報もまとめました。 仕事、プライベートの両面で、何かと目立つ方なので、ボリューム満点の内容になってしまいましたね。 最後まで読んで頂いてありがとうございます。 ギョーム・カネさんが監督、マリオン・コティヤールさんが主演を務める映画なんて出来たら、最高ですね。 これからも、マリオン・コティヤールさんの活躍に期待しましょう!•

次の