横浜fc 掲示板。 【横浜FC】2020移籍情報/スタメン予想(1/22時点)

横浜FC

横浜fc 掲示板

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。 欧文表記はYOKOHAMA FC。 法人名は「株式会社横浜フリエスポーツクラブ」。 横浜市をホームタウンとし、神奈川県を活動区域としている。 ホームスタジアムは(収容人員1万5046)。 地域に密着したクラブづくりを目ざしていることを表現し、多くの人が覚えやすいように、チーム名をホームタウン名である「横浜」にした。 FCはフットボールクラブの略。 クラブカラーは白、水色、青。 1998年(平成10)に、横浜フリエスポーツクラブの設立登記申請を行い、1999年に横浜フリエスポーツクラブとして法人登記。 同時にチーム名を横浜FCとした。 同年、準会員としてJFLに参加。 2000年からはJFL正会員となる。 2001年にJリーグディビジョン2(J2)に参加。 2007年ディビジョン1(J1)に昇格したが、2008年にJ2に降格した。 1999年(平成11)に横浜マリノスと横浜フリューゲルスが合併したことで、横浜フリューゲルスの単独でのチーム存続を願う有志の手によって設立された。 本来は神奈川県リーグ三部からスタートしなければならなかったが、特例として設立と同時にJFL準会員としての活動をスタートさせた。 [中倉一志].

次の

神奈川サッカーBBS(掲示板)

横浜fc 掲示板

2020シーズンの神奈川県社会人サッカーリーグ2部は28チームを4ブロックに分け総当たりのリーグ戦を実施。 各ブロックの1位4チームにより順位決定トーナメントを行い、上位4チームが昇格となる方式となりました。 今回はCブロックの紹介です。 神奈川県社会人サッカーリーグ2部【Cブロック】()内は2019年度ブロック/総合順位日本工学院フットボールクラブ(県1部9位)県1部・日本工学院F・マリノスの2軍チーム、一時期は1軍と同じくして県1部に在籍した年(2017)もあったが、現在は2部暮らしとなっている。 横須賀マリンFC(県2部A3位・総合5位)横須賀サッカー協会が主導して運営する横須賀社会人サッカーを代表するチーム。 同じく2部に... 県3部は知っているチーム、知らないチームの起伏が激しくどこまでやってよいか悩む部分もありましたが、管理人が知りえる限りの範囲内で紹介できればと思います。 主にSNS等で情報発信されているチームが中心になります。 分からないチームは殆ど触れません。 ご了承くださいませ。 今回は3Aブロックからの紹介です。 神奈川県社会人サッカーリーグ3部(122チーム)(2019年度102チーム)3A(9チーム)LEOCFC(3A1位。 県2部昇格T1回戦敗退)横浜FCのメインスポンサーでもある株式会社LEOCが手掛ける社会人サッカーチーム。 創部は2013年。 県2部昇格Tには近年毎年のように出場しているがなかなか県2部昇格を果たせないままでいる。 2020シーズンの神奈川県社会人サッカーリーグ2部は28チームを4ブロックに分け総当たりのリーグ戦を実施。 各ブロックの1位4チームにより順位決定トーナメントを行い、上位4チームが昇格となる方式となりました。 今回は県2部ラストとなるDブロックの紹介です。 神奈川県社会人サッカーリーグ2部【Dブロック】()内は2019年度ブロック/総合順位フットワーククラブ(県1部10位)2020シーズンより再び県2部に活動の場を移すこととなった寒川の街クラブ・フットワーククラブ。 1986年ジュニアチーム創立。 その後、ジュニアユース、ユースを設立しトップチームは2000年に設立された。 誰が呼んだか「寒川の砂の帝王」なる渾名もあるとかないとか・... ブンデスリーガに所属し、人気・実力ともブンデスリーガのトップクラスにあるビッグクラブである。 バイエルン出身のローマ教皇ベネディクト16世も、このチームのファンクラブ会員である。 2006年1月、日本の浦和レッドダイヤモンズとパートナーシップを締結した(ちなみに、現会長カール=ハインツ・ルンメニゲの実弟、ミハエル・ルンメニゲが浦和に在籍していたことがある)。 優良経営で知られ、クラブは創立以来借金をしたことがない。 また、意外にもブンデスリーガ初年度のメンバーではない。 前会長のフランツ・ベッケンバウアー、現会長のカール=ハインツ・ルンメニゲをはじめ、ゲルト・ミュラー、ローター・マテウス、ユルゲン・クリンスマンなど、ドイツサッカー史に残るビッグネームの多くが所属した。

次の

Jリーグ

横浜fc 掲示板

2020シーズンの神奈川県社会人サッカーリーグ2部は28チームを4ブロックに分け総当たりのリーグ戦を実施。 各ブロックの1位4チームにより順位決定トーナメントを行い、上位4チームが昇格となる方式となりました。 今回はCブロックの紹介です。 神奈川県社会人サッカーリーグ2部【Cブロック】()内は2019年度ブロック/総合順位日本工学院フットボールクラブ(県1部9位)県1部・日本工学院F・マリノスの2軍チーム、一時期は1軍と同じくして県1部に在籍した年(2017)もあったが、現在は2部暮らしとなっている。 横須賀マリンFC(県2部A3位・総合5位)横須賀サッカー協会が主導して運営する横須賀社会人サッカーを代表するチーム。 同じく2部に... 県3部は知っているチーム、知らないチームの起伏が激しくどこまでやってよいか悩む部分もありましたが、管理人が知りえる限りの範囲内で紹介できればと思います。 主にSNS等で情報発信されているチームが中心になります。 分からないチームは殆ど触れません。 ご了承くださいませ。 今回は3Aブロックからの紹介です。 神奈川県社会人サッカーリーグ3部(122チーム)(2019年度102チーム)3A(9チーム)LEOCFC(3A1位。 県2部昇格T1回戦敗退)横浜FCのメインスポンサーでもある株式会社LEOCが手掛ける社会人サッカーチーム。 創部は2013年。 県2部昇格Tには近年毎年のように出場しているがなかなか県2部昇格を果たせないままでいる。 2020シーズンの神奈川県社会人サッカーリーグ2部は28チームを4ブロックに分け総当たりのリーグ戦を実施。 各ブロックの1位4チームにより順位決定トーナメントを行い、上位4チームが昇格となる方式となりました。 今回は県2部ラストとなるDブロックの紹介です。 神奈川県社会人サッカーリーグ2部【Dブロック】()内は2019年度ブロック/総合順位フットワーククラブ(県1部10位)2020シーズンより再び県2部に活動の場を移すこととなった寒川の街クラブ・フットワーククラブ。 1986年ジュニアチーム創立。 その後、ジュニアユース、ユースを設立しトップチームは2000年に設立された。 誰が呼んだか「寒川の砂の帝王」なる渾名もあるとかないとか・... ブンデスリーガに所属し、人気・実力ともブンデスリーガのトップクラスにあるビッグクラブである。 バイエルン出身のローマ教皇ベネディクト16世も、このチームのファンクラブ会員である。 2006年1月、日本の浦和レッドダイヤモンズとパートナーシップを締結した(ちなみに、現会長カール=ハインツ・ルンメニゲの実弟、ミハエル・ルンメニゲが浦和に在籍していたことがある)。 優良経営で知られ、クラブは創立以来借金をしたことがない。 また、意外にもブンデスリーガ初年度のメンバーではない。 前会長のフランツ・ベッケンバウアー、現会長のカール=ハインツ・ルンメニゲをはじめ、ゲルト・ミュラー、ローター・マテウス、ユルゲン・クリンスマンなど、ドイツサッカー史に残るビッグネームの多くが所属した。

次の