平素 は 意味。 「平素」の意味と使い方は?お礼・通知・挨拶・お詫びなど場面別に使える例文を紹介!

「平素より」「平素は」の意味の違いと使い分けを例文で解説!挨拶は?

平素 は 意味

平素の意味と使い方 「平素」は「いつも」や「普段」をより丁寧な言い方にした言葉です。 特にビジネスシーンで謝罪や会社の案内などの文面の中で見かけたことがあるのではないでしょうか。 例えば「平素よりお世話になっております」 このように使えば「いつもお世話になっております」をより丁寧な意味合いを持たせた言い回しとなります。 ただし、いくら丁寧さを伝えたいからといって初対面の人に「平素」と使ってしまうのでは受け取った相手も違和感を覚えてしまう場合があります。 「平素」を使うときは「いつも」「普段」のように「相手と関係があることが前提」となります。 サービスを利用しているお客や取引のある会社に向け文章を送る際に文頭の挨拶として使われるのが一般的でしょう。 「平素より」と「平素は」の違い 「平素」という言葉を使うときは「平素より~」「平素は~」のようにして使われる場合が多いです。 ではこの二つに明確な意味の違いはあるのでしょうか。 「より」という言葉は「から」とも置き換えられる物事の起点を表す言葉です。 一方「は」についてですが、こちらは数あるものの中から一つを指し示しているというニュアンスがあります。 厳密に言えば細かな違いがあるのかもしれませんが、 「平素より」「平素は」に関してはどちらも「普段から」「いつも」という意味を持ちますので、双方とも同じような場面で使うことができる言葉であるといえます。 平素を使った例文と注意すべき点 では、「平素」を使った例文について見ていきましょう。 この言葉を使う場面は先ほども軽く触れたとおり、ビジネスの場面でのお詫びやお知らせの冒頭部で「いつもお世話になっています」をより丁寧な言い方で表したいときとなります。 「平素より」を使った例文 ・平素は弊社事業に格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。 平素を使うときの注意点 例文を紹介しましたが、一目見ただけでも「少々堅苦しい」「丁寧な」印象を持ったのではないでしょうか。 しかしこれが「平素」を使うときの注意点です。 例えば「平素は」の真ん中の例文で「いつも弊社商品をご愛顧賜りまして~」としてしまうと「いつも」は比較的軽い言葉ですので、文章の中に軽い表現と重い表現が同時に現れてしまい、文章を見たときにおかしな感じになってしまいます。 「平素」を使うからには後に続く表現もそれなりに丁寧さを持った言葉でないと違和感を与えてしまう可能性があります。 「平素よりお世話になっております」の例文は、「平素より」を「いつも」と置き換えても通用するほどのあまり重くない文章ではありますが、例えば「平素よりお世話になってます」では後に続く文章が軽すぎます。 「平素」を使うのであれば「おります」と丁寧な言葉を呼応させるようにしましょう。 平素の類義語 類義語としては「先般」「日頃」「毎度」「常々」などが挙げられます。 意味はほとんど同じなのですが、それぞれ若干ニュアンスが違っています。 後に続ける文章に合わせるように使い分けていく必要があります。

次の

「平素は」のビジネス文書での文例・使い方|挨拶/結び

平素 は 意味

ご愛顧• ひいき という意味合いがあります。 つまり、平素は格別のお引き立てを賜り」という文書の意味には、 「普段から特別ひいきにしていただき」 という意味があるのです。 ただ、ひいきといっても、長い間付き合いがある相手に限って使われるものというわけではありません。 因みに使い方としては、お付き合いのある取引先やお客様へ文章を送る際の前置きとして使われます。 「平素は大変お世話になっております」の意味と使い方 最後に見ていきたいのが「平素は大変お世話になっております」という文章の意味と使い方です。 この文章なら、そのままストレートの意味にとらえてもらって大丈夫です。 「平素」という言葉には「普段から」という意味がありますので、この文章の意味は、 「いつも(普段から)大変お世話になっております」となります。 もちろん、いつも(大変)お世話になっておりますという文章でも、特に問題はないように感じられますが、よりかしこまった相手に対して文書を送る場合には、 「平素は大変お世話になっております」というように置き換えた方がいいでしょう。 まとめ ビジネス文書の中には、普段から当たり前のように使用しているけど、実際にどのような意味合いのある言葉なのかイマイチわかっていないという人も少なくないと思います。 しかし、その意味を詳しく知ることで、恥ずかしい思いをすることなく正しい使い方をすることが出来るのです。 さらに、意味を知れば、決められた文章だけではなく、応用して使用することも可能です。 これを機会にぜひビジネス文書で気になる言葉を一つ一つ調べてみてはいかがですか?.

次の

「平素」の意味と使い方・ビジネスメールにおける挨拶例文

平素 は 意味

「ご高配を賜り」とは、相手がこちらがしてくれた心遣いや配慮への感謝を意味する敬語表現です。 「高配」には心遣いや配慮への感謝の意味がありますが、「ご」という丁寧語をつけ、「賜る」という自分をへりくだる謙譲語を使うことで目上の人やビジネス上の上司に対して使う敬語ですね。 ビジネスシーンではよく使われる「ご高配を賜り」ですが目上なら誰でもいいわけではなく、常習的にお世話になったり配慮を受けている上司や取引先に使います。 ビジネス文書では硬すぎる敬語表現になるため、社内よりも社外用に多くつかわれことも。 「ご高配を賜り」を使うシチュエーションとしては、自社の情報を外部に発信したり、取引先に日頃の感謝を伝える場合などです。 ビジネスシーンでの「ご高配を賜り」の正しい使い方とは? 「ご高配を賜り」は格式張った敬語の使い方なので、カジュアルなシーンより畏まった状況で使うのに適しています。 そのため、 会話で使うよりもビジネス文書やビジネスメールで使うのが一般的です。 プライベートでは年賀状の挨拶、個人的に差し出すお礼状などで使う敬語です。 プライベートの場合も、格式の高い相手に対して「ありがとうございます」の謝意を込めた使い方になります。 「ご高配を賜り」は日頃からいろいろとお世話になったり配慮してもらっている、馴染みのある上司などに使うのが正しい使い方です。 したがって、 初対面の人は使いませんので注意しましょう。 また「ご高配を賜り」は敬語なので、あくまでも相手を立てるために使います。 「ご高配を賜り」は、目上の人に使える敬語表現 「ご高配を賜り」は敬語なので自分より目上の人、ビジネス関連の取引先などに使うのが正しい使い方。 それも身近な存在でいつも親しみを感じる上司ではなく、 少し距離のある上司に使うのがベスト。 「ご高配を賜り」という言葉にはそれだけ品格と敬意のある意味合いが備わっており、頻繁に使用する敬語とは言えません。 上司に使う例文としては、「ご高配を賜り、厚くお礼を申し上げます」のように感謝の意味に使った方がよいでしょう。 「ご高配を賜りたくお願いいたします」という例文のように、ハイクラスの上司にお願いする意味で使うのは不適切な場合もあります。 【参考記事】 「賜る」の使い方ガイド。 Thank you for your continued support(ご高配を賜りありがとうございます)• Thank you for your kindness(ご配慮をいただきありがとうございます)• Thank you for your good thoughts(お心遣いをありがとう)• It is very thoughtful of you(お心遣いしていただきまして)• Thank you for your thoughtfulness(お心遣いをありがとうございます)• I appreciate your company's thoughtfulness(貴社のお気遣いを賜り感謝しています).

次の