北斗 七星 の 斗 の 意味。 春の星空の楽しみ方 北斗七星に“死兆星”は存在する?

「斗」を使った名前一覧

北斗 七星 の 斗 の 意味

「斗」の漢字の意味は闘争を表すと考えている人も多いが、実は関係ない Q:男の子に「斗」の字を入れた名前をつけましたが、父親から「斗の字は斗争(とうそう)の斗じゃないか。 子供にケンカをさせる気か」と言われました。 斗は争うという意味なのでしょうか? A:これは文字の混同です。 中国で簡略字体という字体が制定された時、闘の字が斗の字に替えられ、日本でも労働組合や全学連が、春闘を「春斗」、闘争を「斗争」と書いたりしたので、斗の字から闘争を連想する人もいるのです。 闘と斗は本来まったく別の漢字で、意味も違います。 斗はヒシャクを描いた絵で、北斗七星の名に残り、モノをはかる単位でもありました。 また鬼(頭の大きい幽霊)と斗(先が大きいヒシャク)を合わせた魁(カイ)の字も名前に使われます。 頭を強調する字で「第一」「トップ」の意味で使われました。 ちなみに花魁(おいらん)は、頭を派手に飾った人のことを指してこう呼ばれたようです。 「巳」「灯」「燈」……「斗」以外のよくある漢字の意味混同 字の混同は誰にもあることで、私達も日常やっています。 「一生懸命」と書かれるのも、正しくは一所懸命(一つの所に命をかける)です。 「気を使う」という書き方も「気を遣う」でしょうし、格闘技も正しくはテヘンの挌闘技であり、植民地も正しく殖民地と書かなければ意味が通じません。 木を植えるのではなく、人を移住させて増やすのですから。 名前にも使われる「巳」の字は、十二支でヘビが割り振られたためヘビの意味だと思う人もいますが、巳の字はヘビとは関係なく、胎児を描いた絵で、包まれることを表します。 包(つつむ)、妃(世継ぎを生む女性)の字の中の己の字ももとは巳の字でした。 「灯」と「燈」は同じ字だ、とよく説明されますが、字の成り立ちは違います。 登はご存じのように高いことで、燈は高い所から照らす明かりです。 丁は打、釘、汀(波うちぎわ)の字にあるように、ぶつかることを表しますから、灯は壁などに取り付けた照明のことです。 ですから灯台は本当は燈台であり、持ち歩いて道を照らす明かりは懐中電灯ではなく懐中電燈と書かなければおかしいのです。 「斗」の漢字を使った男の子の名前例 斗の漢字は、男の子の名前によく使われる人気の字です。 名前の例を人気順にあげておきます。 海斗(かいと)・悠斗( ゆうと)・優斗( ゆうと)・陸斗( りくと)・陽斗( はると)・隼斗( はやと)・健斗(けんと)・拓斗(たくと)・柊斗(しゅうと)・勇斗(ゆうと)・瑛斗(えいと・あきと)・琉斗(りゅうと)・雄斗(ゆうと)・真斗(まさと)・駿斗(しゅんと)・雅斗(まさと)・賢斗(けんと)・秀斗(しゅうと)・北斗(ほくと)・蓮斗(れんと)・啓斗(けいと)・温斗(はると・あつと)・春斗(はると)・竜斗(りゅうと)・櫂斗(かいと)・岳斗(がくと)・直斗(なおと)・晴斗(はると)・楓斗(ふうと)・和斗(かずと)・恵斗(けいと)・翔斗(しょうと)・大斗(ひろと)・唯斗(ゆいと)・蒼斗(あおと)・彰斗(あきと)・暁斗(あきと)・快斗(かいと)・寛斗(かんと・ひろと)・慶斗(けいと)・圭斗(けいと)・聖斗(せいと)・泰斗(たいと)・凪斗(なぎと)・樹斗(みきと)・力斗(りきと)・晶斗(あきと)・英斗(ひでと)・楽斗(がくと)・貴斗(たかと)・崇斗(たかと)・尚斗(なおと)・珀斗(はくと)・将斗(まさと)・来斗(らいと)・明斗(あきと)・新斗(しんと)・郁斗(いくと・ふみと)・奏斗(かなと)・建斗(けんと)・煌斗(こうと)・惺斗(せいと)・成斗(せいと)・嵩斗(たかと)・洋斗(ひろと)・広斗(ひろと)・弘斗(ひろと)・夢斗(ゆめと)・彬斗(あきと) 【関連記事】•

次の

斗の意味は?男の子の名前によくないの?斗が入った名前例も紹介 [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

北斗 七星 の 斗 の 意味

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... 北斗七星とは? 北斗七星(ほくとしちせい、英:Big Dipper、Plough)は、柄杓の形をしていて非常に見つけやすい星列です。 北斗の「斗」の字は、柄杓を意味しています。 おおぐま座の腰から尻尾までを形づくる7つの明るい恒星を差し、北斗、北斗星、七つの星、七曜の星など様々な呼び名があります。 日本では四三の星、七剣星とも呼ばれています。 そのため、世界中で様々な神話が作られていて、各地によって様々なものにたとえられてきました。 その形から、やはり柄杓やスプーンなど物をすくう道具をイメージしやすいようです。 南斗六星と呼ばれる、いて座の上半身と弓の一部を形づくる6つの明るい星の集まりがあり、 北斗七星は南斗六星と対をなす存在としてとらえる伝承等が数多くあります。 北斗七星は冬の星座?それとも夏の星座?実は・・・。 北斗七星は冬の星なのでしょうか。 いいえ、実は北斗七星は、分類上「春の星」なのです。 一年中見ることはできるのですが、見やすい季節というものがあります。 北斗七星は、春夏は人が星を見やすい時間帯(夕方18時から深夜24時頃)に空の高い位置にあります。 しかし秋冬は地平線付近のなかなか見えづらい位置にあるため、あまりよく見ることができないのです。 そういう理由から、北斗七星は「春や夏の星」に分類されることが多くなっています。 北斗七星のように、一年中見ることができる星は「周極星」と呼ばれます。 地球上の位置によって、各地で違いがありますが、日本では北斗七星を含む北極星周辺の星がこの「周極星」にあたるのです。 オリオン座などの「周極星」ではない星座は、季節によって地平線に沈んでしまうことがあるので「いつの星座」という概念がありますが、 北天に位置する北斗七星やおおぐま座など「周極星」のグループにあたる星座は、時間帯や季節を問わずずっと地平線の上にあり、いつでも見ることができるのです。 北斗七星という星座から北極星を見つけてみませんか? 北極星はいつも真北の方角にあり、正確な北の方向を教えてくれる大切な星です。 昔の人は航海をする際に、北極星を頼りにしていました。 天体観測を始めるにあたっても、北極星がどこにあるのかを覚えることが、まずは最初のステップです。 北極星の場所を覚える方法のうち一番有名なものが、おおぐま座の北斗七星を目印にすることです。 北斗七星はその名のとおり、7つの明るい星の集まりです。 大きな柄杓の形が目立ちやすいため、春頃、晴れた夜空の北側を見上げれば、とても簡単に北斗七星を見つけることができます。 柄杓の口が開いた方向に向かって、この二つの星の間隔分を5倍延長して眺めていくと、 そこに明るく輝く北極星を見つけることができるのです。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! 北斗七星に関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

北斗七星とは

北斗 七星 の 斗 の 意味

意味 1.ひしゃく。 水や酒をすくう道具。 2.容量の単位(一斗=十升)。 3.星座。 天の南と北にある星座「南斗」「北斗」のこと。 4.わずかな。 少ない量。 5.たちまち。 願い 夜空にきらめく南斗や北斗のように、輝いた人生を送れるように。 「泰山北斗」という言葉から、ひとつのことを究め尊敬される人になるように。 漢字の成り立ち 柄のついたひしゃくの形を表す象形文字。 名前の説明例 北斗七星の「斗」。 一斗缶の「斗」。

次の