犬 糸球体疾患。 犬の慢性腎不全

犬のネフローゼ症候群の症状は?治療や予防法・食事について

犬 糸球体疾患

腎泌尿器系は体内の代謝により生成された老廃物を尿として体外に捨てる排出器官です。 老廃物の代表は尿素であり、蛋白質が肝臓で分解されて尿素となり、腎臓で尿として排出されます。 また、腎臓は老廃物の排出だけでなく、余分な水分や塩分の排出、まだ利用できる栄養分の再吸収など、体液の組成を常に一定に保つ(恒常性)重要な役割を担っています。 腎泌尿器系は尿を生成する器官である腎臓と腎臓から尿を膀胱へ運搬する尿管、尿を一時的に貯留する膀胱、膀胱から体外へ尿を運搬する尿道の4つから構成されます。 急性腎不全 急性腎不全は、犬や猫に発生し、数時間~数日という短期間のうちに急激に腎臓の濾過機能が低下する病気で、早く治療を行わないと命を失うことも少なくなりません。 急性腎不全の原因として、腎前性、腎性、腎後性の3つに分けられます。 腎前性:腎臓に流れ込む血液量の減少によるもの 例)脱水、出血、ショック、心臓病など• 腎性:腎臓自体の障害によるもの 例)ショック、高体温、脱水や出血などによる腎臓の虚血によるもの、中毒物質など 腎毒性物質によるもの、糸球体腎炎など免疫介在性疾患、レプトスピラ症や腎盂腎炎 などによる感染症、ブドウを食べて腎不全になることも知られています。 腎後性:尿管、膀胱、尿道のいずれかの障害によって尿が体の外へ排出されないことによる もの(尿路閉塞) 例)猫で多い尿結石による閉塞(猫下部尿路疾患)、事故による外傷性損傷など 症状として、突然、元気や食欲がなくなり、嘔吐が認められることも多いです。 尿量が減少したり、全く出なくなることもあります。 また、尿路閉塞などでは、 尿をする格好をしきりにしたり、何か所にも尿を少しずつしたり(血尿の場合が 多い)するといった症状を示します。 便秘と勘違いされて来られる飼い主の方も いらっしゃいます。 診断は、血液検査を行います。 血液検査にて、腎臓の値が高くなっていたり、電解質のバランスが崩れていたりしていることで診断しますが、触診や腹部超音波検査、レントゲン検査(尿路造影)などを行いより詳細な検査を行います。 腎臓や膀胱などに腫瘍が見つかることもあります。 慢性腎臓病(CKD) 慢性腎臓病(慢性腎不全)とは、腎臓の組織が数週間~数年をかけて障害を受け、不可逆性の機能不全に陥る状態です。 腎臓は体内で作られた尿素や窒素など多くの代謝性老廃物を排出しますが、腎臓の機能が低下すると十分な排出ができなくなり、それらが体内に蓄積した状態、すなわち高窒素血症になります。 高窒素血症が続くと尿毒素と呼ばれる有害な物質が体内に蓄積し、様々な障害を引きおこします。 原因の特定は難しいのですが、一般的には老齢動物であるほど発生頻度が高くなります。 急性腎不全から慢性腎臓病に移行することもめずらしくありません。 症状として、尿を濃縮する能力が低下するため多尿となり、その分、水をたくさん飲むようになります(多飲多尿)。 初期の慢性腎臓病は無症状であることが殆どですが、腎不全の悪化と共に、元気の消失、食欲不振、体重の減少、被毛粗剛、嘔吐、下痢、便秘、口臭、口内炎などが認められます。 貧血、高血圧、電解質異常を認めることも多く、末期になると痙攣や昏睡が見られることがあります。 診断は、血液検査や尿検査などで行います。 痩せた猫では、触診で小さくごつごつした腎臓を触診で見つけることができます。 慢性腎臓病という言葉は、その病態を示しているだけで、その原因は様々です。 腫瘍や結石などのために慢性腎臓病に陥っていることもありますので、腹部超音波検査やレントゲン検査などを行い鑑別診断します。 猫や犬でも血圧を測定してその値を測ります。 慢性腎臓病は、以下の表に示すように国際的な病期分類が知られています。 4未満 1. 6未満 100-33% 尿濃縮能の低下、蛋白尿、腎臓の形状の異常などが観察される。 2 1. 4-2. 0 1. 6-2. 8 33-25% 軽度の高窒素血症、臨床症状なし~軽度(多因多尿など) 3 2. 1-5. 0 2. 9-5. 0 25-10% 中等度の高窒素血症 全身性の臨床症状(胃腸障害、貧血、代謝性アシドーシス等)が発現しはじめる。 4 5. 0以上 5. 2未満 0. 2未満 ボーダーライン蛋白尿 0. 2-0. 5 0. 2-0. 4 蛋白尿 0. 5以上 0. 食欲不振、嘔吐、下痢、便秘、被毛粗剛、体重減少、尿臭のする息、痙攣、昏睡など多くの全身性の症状を示します。 慢性腎臓病の治療は、その病期ステージ・症状に合わせて、食事療法、血管拡張薬(CKDの進行阻止・腎組織保護効果)、吸着剤(尿から排出されるべき老廃物を吸着し便として排出)、血圧降下剤、点滴治療、造血剤(貧血に対して)といった治療を組み合わせて行います。 残念ながら、CKDによって失われた腎機能は回復することができないため、残っている腎臓の組織を温存し進行を抑制すること、症状の緩和をとることが治療の目標になります。 慢性腎臓病は、静かに進行していく病気で早期の段階ではまず気づいてあげられません。 この病気は加齢とともに罹患率は増加しますので、特に7歳以上になってくると定期的な健康診断が欠かせません。 食事療法やお薬の投与によって寿命が伸びることが知られていますので、早期発見早期治療が最も大切です。 糸球体腎炎 腎臓の糸球体が炎症を起こす病気です。 単独で起こる場合と他の病気に伴って起こる場合があります。 原因の1つとして免疫が関係していると考えられています。 また、遺伝性が疑われる犬種はとしては、ドーベルマンピンシャー、バーニーズマウンテンドック、ビーグル、ゴールデンレトリバーなどあげられます。 この病気は、急性型と慢性型があり、それぞれ急性腎不全、慢性腎不全の症状を示します。 他の病気を伴っている場合はその病気によって様々な症状を示します。 蛋白尿が共通した症状であり、高血圧・それに伴う網膜剥離など目の異常が認められることがあります。 ネフローゼ症候群(蛋白尿、低アルブミン血症、高コレステロール血症、浮腫や腹水など)を示す場合もあります。 腎盂腎炎 腎盂腎炎は、腎臓の腎盂や尿管などを含む上部尿路に感染が認められる疾患です。 一般に、膀胱や尿道などの感染(下部尿路感染症)から、腎盂腎炎(上部尿路感染症)を合併します。 症状として、急性型では発熱や食欲不振、嘔吐、腎臓の圧痛を認めます。 慢性型では多飲多尿以外には無症状のことも多く、徐々に慢性腎不全に移行します。 腎盂腎炎は尿路性敗血症といって、細菌が全身に回ってしまう合併症を生じ、非常に危険な状態に陥ることがあります。 症状として、多飲多尿、発熱、腹部の痛み、排尿困難、血尿などがあります。 診断は、血液検査や尿検査などで行います。 尿の細菌培養を行うとその原因菌の診断に役立ちますが、その結果が出る前に尿検査で細菌や白血球が認められた時点で抗生物質を投与していきます。 腎結石をともなっていることも珍しくありませんので、腹部超音波検査やレントゲン検査を行います。 尿石症 腎臓、尿管、膀胱、尿道のどの部位においても無機質の石状の塊が形成されることがあり、その場所によって腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼ばれます。 腎結石および尿管結石は比較的稀であり、結石の多くは膀胱で形成され、尿道を通って下降します。 症状として、頻尿、血尿、再発性の膀胱炎、尿路閉塞などを示します。 無症状のこともあります。 診断として、腹部のレントゲン検査(単純、造影)、超音波検査によって結石の存在を確認します。 結石の種類は尿の沈さを検査することでおおよそ判断することができます。 結石の種類 結石の成分は様々ですが、ストラバイト、シュウ酸カルシウム(近年増加傾向)が最も一般的であり、犬と猫の尿石症の80%以上を占めます。 ストラバイト(リン酸マグネシウムアンモニウム) 治療は、大きな結石や溶けないタイプの結石の場合は外科的に取り除くことがありますが、尿石症の治療の主軸は結石の溶解や再発防止のための食事療法となります。 尿路感染に対する抗生物質の投与、尿pHの安定化のためのサプリメントなどを併用することもあります。 注意していただきたいのは、せっかく療法食を食べていても療法食以外のフードやおやつを与えると「結石の素」を与えていることになる、ということです。 療法食は様々な種類がありますが、尿結石の種類、年齢、体格、基礎疾患の有無で適切な療法食を判断する必要があります。 なかなか療法食を食べてくれない…そういったお悩みもよくお聞きします。 その子にあったフードや与え方など御相談を承りますので、気軽にスタッフに声をかけてください。 下部尿路感染症 この病気は、下部尿路(膀胱、尿道)への細菌などが感染する病気ですが、この病気は猫よりも犬に起こりやすい傾向があります(猫では下部尿路の炎症はよく見られますが、細菌感染が原因となることは多くはありません)。 尿道が太くて短い解剖学的特徴から、雌に発生しやすい傾向があります。 細菌は体の外から尿道に入り、膀胱に達します。 さらに、細菌の侵入が進むと尿管や腎臓にも達し、腎盂腎炎などを引き起こします。 症状として、炎症を伴う場合、排尿時に痛みがあり陰部をなめ、何度もトイレに行くようになります。 血尿を引き起こすことも多いです。 診断は、尿検査において細菌、白血球、赤血球を顕微鏡で確認します。 また、尿がアルカリ性傾くことが多いです。 可能であれば、尿を培養して病原体の特定、抗生物資の感受性試験を実施します。 膀胱腫瘍 犬の膀胱腫瘍は悪性腫瘍のうち約2%を占め、移行上皮癌が最も発生率が高いといわれています。 一方、猫における膀胱腫瘍の報告は犬と比較して少ないです。 高齢の動物に発生が多く、好発品種としてスコテイッシュテリア、ウエストハイランドホワイトテリア、シェットランドシープドック、ビーグル、ワイヤーヘアードテリアがあげられます。 症状として、血尿、頻尿、排尿困難、不適切な排尿などが数週間~数カ月認められ、抗菌剤などの治療で一時的な症状の改善が認められることがあります。 さらに、腫瘍の解剖学的発生部位および他臓器への転移の有無の確認にはCT検査が有用になります。 確定診断には腫瘤の生検による病理組織学的な検査が必要になりますが、無麻酔・非侵襲的に行える検査として、膀胱の移行上皮癌に特異的に出現する腫瘍蛋白を検出する検査や尿沈渣に出現する腫瘍細胞の細胞学的診断を併せて実施することで診断の補助になることがあります。 排尿障害 排尿障害は、排尿困難(尿を出したくても出せない状態)と尿失禁(排尿が意識的に制御できない状態)に大別されます。 原因は先天性の解剖学的異常、膀胱の異常(膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍、膀胱の外傷性損傷など)、膀胱周囲の解剖学的異常(尿管瘤、子宮の異常、会陰ヘルニアなど)、尿道の異常(尿道炎、尿道結石、尿道栓、尿道腫瘍、尿道の外傷性損傷、尿道狭窄など)前立腺疾患(前立腺肥大、前立腺炎、前立腺膿瘍・嚢胞、前立腺腫瘍など)、神経性(自律神経失調症、脊髄病変)、ホルモン性(性ホルモンの変化によるもので、加齢性、避妊・去勢後の数カ月~数年後に発症することがあります)、ストレス性など様々です。 排尿障害の原因となっている基礎疾患を見つけるため身体検査、血液検査、尿検査、レントゲン検査(単純、造影)、超音波検査、神経学的検査を実施し、それに対する治療を行います。

次の

猫の腎臓の病気「糸球体腎炎」について

犬 糸球体疾患

【症状】初期はたんぱく尿のほかは無症状。 進行すると様々な症状が現れる ネフローゼ症候群になると、初期にはたんぱく尿が見られるほかは、ほとんど無症状です。 病態が進行するにつれ、検査では低蛋白(低アルブミン)血症、高脂血症、高血圧、高ナトリウム血症などが認められるようになります。 これにともない腹水(お腹が膨れる)や浮腫(肢がむくむ)、下痢や嘔吐、元気消失、食欲不振といった症状が現れてきます。 また、血液が固まりやすくなるため、様々なところに血栓ができるやすくなったり、全身の抵抗力が低下し、様々な感染症にかかりやすくなったりもします。 【原因】腎臓病以外にも、や腫瘍など様々な病気が原因に ネフローゼ症候群は、といった腎臓の病気だけでなく、全身に影響する様々な病気によっても引き起こされます。 例えば、やアミロイドーシスといった代謝異常による腎障害、白血病や形質細胞腫といった腫瘍疾患、様々な感染性疾患、腎臓に毒性のある薬剤や毒物の摂取、アレルギーや紅斑性狼瘡といった免疫系疾患などが原因となることがあります。 【治療】原因となっている病気が明らかな場合はその治療を行う ネフローゼ症候群を引き起こした原因疾患が明らかな場合は、その治療を行います。 同時に病態に応じて、ナトリウムやたんぱくを制限した処方食や抗高血圧薬(血管拡張剤)、利尿剤、抗炎症薬や種々の免疫抑制剤が用いられます。 また、ネフローゼ症候群では血栓塞栓性疾患を発症することがあるため、運動制限やケージレストでの安静、抗血栓剤投与といった予防的な治療を行うこともあります。 【予防】予防は困難。 定期的に尿検査を含めた健康診断を ネフローゼ症候群は様々な病気が原因で発症するため、予防することは困難です。 病気が進行してなどの重い症状を引き起こす前に、なるべく早期に治療することが大切です。 定期的に尿検査を含めた健康診断を受けるようにしましょう。

次の

犬の糸球体疾患における腎臓内グレリンの変化

犬 糸球体疾患

無症状でわかりにくい「糸球体腎炎」 一見、無症状なので病気になっているのかが非常にわかりにくい「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」と呼ばれる病気。 初期症状も軽度なので、病気と気がつくまでは時間がかかるかもしれませんが、症状が悪化してくると腎臓にダメージを与えてしまう病気なので、注意が必要な病気でもあります。 腎臓は一度ダメージを受けてしまうと、元通りに再生することが出来ない臓器のため、状態が深刻化してしまうと「急性腎不全」や「慢性腎不全」の症状も見られるようになります。 では、まずは「糸球体腎炎」を発症してしまった場合に見られる症状について見てみましょう。 糸球体腎炎の症状について 糸球体腎炎の症状には「尿の量が減少する」事や「尿が出にくくなる」、もしくは「多尿になる」といった症状に加え、「元気が無くなる」「嘔吐」「体重が落ちる」「食欲の低下」「むくみが見られる」「脱水症状になる」といった症状が見られるようになります。 この中でも、初期の症状にあたるのが「たんぱく尿」が出る症状です。 犬の糸球体腎炎の最大の特徴となるのがこのたんぱく尿なのですが、たんぱく尿が見られても軽度である場合には糸球体腎炎とは認められない事もあります。 通常であればタンパク質は、腎臓で濾過されるために尿中にはあまりタンパク質が見られませんが、腎臓の機能が正常ではない場合に、タンパク質が尿中に混ざってしまうのです。 日頃の観察をしっかりと 糸球体腎炎の初期症状に挙げられるたんぱく尿ですが、激しい運動や体調が回復したばかりの時にもタンパク尿が増えたりと、体のちょっとした変化でもタンパク尿が認められるため、タンパク尿が認められたからとすぐに病気だと疑うのは難しい判断になります。 また、タンパク尿は糸球体腎炎以外にも、肝臓の病気「ネフローゼ症候群」や「糖尿病」等の腎臓の病気にも見られる症状のため、糸球体腎炎とすぐに判断することが難しいのです。 まずは日頃の食事の状態、運動量、愛犬の状態をしっかりと観察し、平常時と異なる行動はなかったかどうかを確認することが大切です。 そのためには、日頃から愛犬をしっかりと観察しておくことも大切になってくるわけです。 糸球体腎炎の症状が悪化すると 糸球体腎炎が悪化してくると、「腹水」が見られたり、血液の巡りが悪くなってしまうために「血栓」ができやすくなります。 その結果、 血の塊が血管に詰まって血流障害を引き起こす「血栓塞栓症」を発症する事もあります。 血栓塞栓症を発症してしまうと、手や足などに麻痺が起きてしまったり、場合によっては命の危険も伴う事にもなりかねません。 この他、高血圧の状態になるために「眼底出血」や「網膜剥離」といった症状も見られるようになり、場合によっては失明する可能性もあります。 腎臓のトラブルは1つダメージを受けると、次々とダメージが連鎖していってしまい、腎臓以外のトラブルを引き起こしてしまう場合もあるのです。 スポンサードリンク 糸球体腎炎を予防するためには日頃のケアが重要 糸球体腎炎が悪化すると上記に挙げた病気の他にも、「急性腎不全」もしくは「慢性腎不全」を引き起こす場合もあり、これらの病気を発症した場合にはより深刻な事態になるでしょう。 前述の通り、腎臓は一度ダメージを受けると完治することはありません。 糸球体腎炎から引き起こされた腎不全をきっかけに、さらに様々な病気を併発する可能性も出てきてしまうのです。 糸球体腎炎の症状はゆっくりと進行していくために、悪化している状態に気が付かずにこうした症状を発症してしまうこともあるのです。 再三繰り返すようですが、糸球体腎炎を予防するためには日頃から愛犬の状態を把握できるようにする必要があります。 では具体的に、どういった点に注意を行えばよいかを見てみましょう。 糸球体腎炎を予防するには 糸球体腎炎の症状を見つけるには、日頃から愛犬の尿の状態を把握することにあります。 ペットシーツ等でおしっこをする犬であれば、尿の色も把握し易いですが、散歩中におしっこをする犬であれば、尿の回数等で把握するようにしましょう。 いつもの尿の色に比べ、濃い色、もしくは薄い色が続いているようであれば、用心が必要になるかもしれません。 また、一番効果的となるのが動物病院による「定期検診」でしょう。 尿の濃度を計ることもそうですが、この 糸球体腎炎という病気は感染症から引き起こされる場合も多いようです。 ですので、1年に1回の混合ワクチンは、非常に重要なものとなります。 中でも特にあげられるのが「フィラリア症」や「ライム病」といった感染症。 こうした感染症は予防接種で未然に防ぐ事が出来ますので必ず接種するようにしましょう。 糸球体腎炎の原因とは 残念ながら糸球体腎炎を発症する明確な原因は、未だに解明されていません。 しかし、上記に挙げたような感染症や、「子宮蓄膿症」「クッシング症候群」「リンパ球性白血病」「膵炎」などの病気からも、糸球体腎炎を発症するということがわかっています。 また、遺伝によるものと考えられている事もあり、好発犬種には「サモエド」「イングリッシュコッカースパニエル」「ブルテリア」「ドーベルマン」「ロットワイラー」「ゴールデンレトリバー」「ミニチュアシュナウザー」「ミニチュアダックスフンド」といった犬種が挙げられます。 まだまだ解明が急がれますが、6歳〜7歳に好発するということも指摘されておりますが、感染症や他の病気からの併発も考えられるため、一概にこの年齢での発症と断定できるわけではありません。 糸球体腎炎の治療について 糸球体腎炎の治療に関しては、まずは元となる病気の治療が急がれます。 また、糸球体腎炎を発症したことで進行してしまっている病気への対処療法も行われます。 血栓塞栓症などの病気がある場合には、血栓を溶かす治療が行われたり、ホルモン剤の投与を行ったりという治療が施されるでしょう。 また、犬の体力を維持するために、タンパク質を避けた食事や栄養補給も必要になってきます。 糸球体腎炎の治療に関してはこれといった方法ではなく、まずは糸球体腎炎を発症させている根本を突き止め、その原因を治療していかなければなりません。 原因を特定できなければ、いつまでも糸球体腎炎の症状を食い止めることは出来ませんので、第一に病院で検査を行い、原因の特定を急ぐようにします。 スポンサードリンク 糸球体腎炎と食事療法 糸球体腎炎を予防・治療するためには食事療法も有効的な手段となります。 まずは日頃から与えているドッグフードの成分を確認してみましょう。 糸球体腎炎をはじめ、腎臓のトラブルを引き起こした時には「リン」「ナトリウム」「タンパク質」の量に注意する必要があります。 40%を超えるような高タンパク質すぎるドッグフードは腎臓にも負担をかけてしまいますので、ドッグフードを切り替えてあげる必要があるでしょう。 また実際に糸球体腎炎を引き起こしているようであれば、動物病院で販売されている療法食を選択するのがベストと言えるでしょう。 療法食は様々な病気に合わせた種類がありますので、獣医師から提案、もしくは確認してみると良いでしょう。 ステロイドが要因となるケースも アレルギー性皮膚炎の治療や胃腸炎、腫瘍など何かしらの治療でステロイドを処方され、服用する場合がありますが、このステロイド剤が腎臓に負担を掛ける場合もあります。 ステロイドは副作用があり、長期間ステロイドを服用箚せ無ければならない時は特に注意が必要なのですが、基本的には指示された服用回数を厳守していれば問題はありません。 しかし、素人判断でステロイド剤を服用させているようであれば要注意です。 中には腎臓の疾患で知られる「クッシング症候群」を引き起こす場合がありますが、この場合には「医原性」と呼ばれる状態で、ステロイドの服用を減らすことで症状を緩和させることが出来ます。 クッシング症候群から糸球体腎炎を引き起こす場合もありますので、間接的とは言え注意が必要ではあります。 まとめ じわじわと進行していく糸球体腎炎。 明確な原因もわからないため、まずは日頃からの健康維持、予防接種が大事になってくるでしょう。 また、極端にタンパク質に偏った食生活も危険が伴うでしょう。 バランスの取れた食事を心がけるようにし、日頃からの愛犬の尿チェックも欠かさないようにしましょう。 大切なのは免疫力の維持や健康的な生活を送らせることです。 ストレスの少ない生活を送らせ、健康的な食生活を心がけること、適切な運動を行い丈夫な体を維持すること。 これだけでも糸球体腎炎だけでなく、多くの病気を予防することに繋がります。 日頃からの健康管理はいざという時にも病気に対して有効な対抗策となります。 常に健康状態を意識し、病気を予防・病気と戦う体力をつけておくことが大切です。 スポンサーリンク• 投稿ナビゲーション.

次の