頂戴 敬語。 「頂戴」の意味と使い方・例文・敬語・読み方|頂戴する/いたします

「頂戴」の意味とは?敬語の使い方と類語表現も解説【例文つき】

頂戴 敬語

「頂戴する」という言い回しについて 「頂戴する」という言い回しは、ビジネスの場において、しばしば使われるものです。 もっともなじみ深いのは、「お名前を頂戴する」という言い回しなのではないでしょうか。 しかし実はこの「お名前を頂戴する」は誤っている表現なのです。 「頂戴」という言葉は、「もらう」を丁寧にした言い回しです。 主に物品のやりとりに使われる言葉になります。 「お名前を頂戴する」という言い回しは、敬語を除いて言うと、「名前をもらう」になります。 名前というのは、人に譲渡できるものではありません。 このため、この言い回しは間違っている、ということになるのです。 正しく言い換えるにはどうすればいいの? では、「お名前を頂戴する」という言い方を正しく言うにはどうしたらよいのでしょうか。 正解は、• 「お名前をお聞かせください」• 「お名前をお教えください」 です。 ただ、やや慣習的な言い回しではありますが、以下のような言い回しもよく使われます。 一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 「お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか」• 「お名前をお聞かせいただけませんか」• 「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」• 「お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか」• 「お名前をお教えいただけますでしょうか」 断定と疑問、2つの言い回しの違いについて 後者の「お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか」などの言い回しは、「お名前をお聞かせください」などよりも、柔らかい表現であることがわかるはずです。 名前を教えるのも教えないのもあなたの判断にゆだねます、という意味を含むからです。 ビジネスの場において、「お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか」と聞かれて「嫌です」と言われることはまったくと言ってもよいほどないでしょう。 特に、企業間でのやりとりの場合はなおさらです。 「頂戴致します 」「お伺いします」は正しいのか? 資料などの受け渡しの際には、「頂戴します」という表現は問題がありません。 しかしこの時、丁寧な言葉遣いをしようとして、「頂戴致します」のような表現を使ってしまう、という人は意外と多いものです。 しかし実はこの言葉遣いは、正しい言い回しではないのです。 「頂戴する」というのは、「もらう」の謙譲語にあたる言葉です。 また「致します」も同じように謙譲語にあたる言い回しです。 このため、この言い回しは、1つの動作に対して2つの敬語(謙譲語)を使っていることになり、二重敬語にあたるのです。 二重敬語はその昔、「敬語を使うべき相手(貴族など)よりもさらに地位が上の人(天皇など)に対しての言葉」として使われていました。 しかし現在のビジネスの場においては、この二重敬語は過剰な丁寧語、場面にそぐわない言い回しとされ、使用を避けるべきだと考えられています。 ちなみに、上で挙げた「お伺いしてもよろしいでしょうか」も、本当は二重敬語にあたります。 丁寧語である「お」と、謙譲語である「伺い(伺う)」の組み合わせだからです。 しかしこれに関しては、文化審議会答申のなかで、「慣習的に使われている表現である」とされ、現在では誤用とまでは言われないようになりました。 あなたは気づいた? もう1つの間違い さて、上では二重敬語による誤用を問題としました。 しかし実は上の文章にもまた、避けるべき表現が入っていたことを気付きましたか? 実は、「致します」という言い回しは、上のような文脈で使うときは、漢字では書かないのが正しいのです。 これは少し専門的な話ですが、このような言い回しは、「補助動詞」に値するものです。 補助動詞というのは、謙譲語や尊敬語、丁寧語を指す言葉です。 たとえば、丁寧語の代表である「ください」もそうですね。 これらの補助動詞は、実際の動作を示す言葉ではなく、ほかの言葉を丁寧に言うために存在する言葉です。 このような意味合いで使われる場合は、漢字表記ではなく、ひらがなで書くのが正しいのです。 「お名前を頂戴する」という言葉の言い回しは、日本語的な解釈から考えるのであればおかしいものです。 「お名前をお聞かせください」「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」などの表現を使いましょう。 まとめ ただ、言葉にするときに多少言い回しが違ったとしても、大きな問題になることはないでしょう。 ただ、書き言葉として使うときは気にしたいものですし、自然に「正しい言い回し」ができる人というのは魅力的に見えるものです。 気をつけていないと、つい使ってしまいそうな表現が多かったかと思います。 この記事を参考に正しい敬語の使い方を意識してみてください。

次の

「受け取る」「もらう」の正しい敬語表現【謙譲語・尊敬語】

頂戴 敬語

よく使う敬語表現として知っておきたい言葉の一つである「取りに行く」は、敬語ではどのように表現すればいいのでしょうか。 「取りに行く」を敬語表現にするには、「取りに行く」の「取る」の部分はそのままで変わりません。 その代わり「行く」という部分を敬語に変えて、「取りに伺います」とか「取りに参ります」という表現になります。 これから「取りに行く」の謙譲語としての表現の仕方や、状況に応じた敬語表現をご紹介していきます。 正しく敬語を使えるように、「取りに行く」という言葉について勉強してみましょう。 「取りに行く」の丁寧語 「取りに行く」を丁寧語として使う場合、「取る」は変えないでそのまま残し、「行く」だけを丁寧語にしますから、シンプルに「取りに行きます」という表現で丁寧語になります。 顧客相手や目上の人でも親しい間柄の人、または知人に対しては、この「取りに行きます」という表現を使えます。 「取りに行く」の謙譲語 「取りに行かせていただきます」という表現をときどき聞きますが、これは残念ながら正しい言い回しとはいえません。 こちら側が先方になにかを取りに行くことを意味するので、謙譲語を使うのはいいのですが、「いただきます」は謙譲語ではありません。 ですから、正しくは「行く」の部分を謙譲語に変えて、「取りに伺います」や「取りに参ります」という表現になります。 ところで、「伺う」と「参る」の違いは何でしょうか。 「伺う」と「参る」では、「伺う」のほうがややかしこまった言い方になります。 ですから、「取りに伺います」という表現は、目上の人や、ビジネスシーンなら顧客に対して使う表現として適しています。 「取りに参ります」でも丁寧な言い方ですから、相手が目上の人でも親しい間柄なら失礼な言い方にはなりませんので、使っても構いません。 「取りに行く」を敬語として使う 敬語の種類 「取りに行く」を敬語として使うのなら、「取りに伺います」か「取りに参ります」という言い方になります。 「取りに伺います」のほうがかしこまった表現になりますので、目上の方や会社の上司などに使うことができます。 また、ビジネスシーンでは「頂戴にあがります」という表現も敬語として使われます。 例えば、上司や目上の役員から、書類などを回収するときなどに耳にするでしょう。 「取りに行く」の尊敬語 それでは、「取りに行く」を尊敬語として表現する場合はどうなるのでしょうか。 大抵の場合、取りに行くという動作の主語は自分ですから、「取りに行く」という尊敬語を聞くことはありません。 それでも尊敬語として使う場合もあるかもしれませんので、知識として知っておくのもいいでしょう。 「取りに行く」の尊敬語としての表現は、「お取りにいらっしゃる」となります。 「取る」の尊敬語が「お取りになる」で、「行く」の尊敬語が「いらっしゃる」です。 この2つをあわせて「お取りにいらっしゃる」となります。 聞きなれない表現ですので少し不思議な感じもしますが、これが「取りに行く」の尊敬語としての表現になります。 使い方 「取りに参ります」と「取りに伺います」のどちらも、自分が相手のところに行き、なにかを取ってくるときに使う丁寧な言い方です。 「取りに伺います」というとあらたまった表現になりますから、あまり面識のない目上の方や顧客に対して使うときはこの表現が適しています。 「先日、納品いたしました商品に不備が見つかりましたので、早急に取りに伺います」のような使い方ができます。 「お取りにいらっしゃる」は、自分ではない目上の方ががなにかを取りに行くことを伝えるときに使う表現です。 メールでの使い方 メールや手紙でも、「取りに参ります」や「取りに伺います」という表現は、敬語として問題なく使えます。 「取りに行きます」という丁寧語ですと、言い切った表現に聞こえて、取りに行くという意志が伝わるのはいいでしょう。 しかし、相手が顧客や目上の方ですと、ぶっきらぼうに聞こえてしまいます。 そういう時は、「取りに伺います」とメールで書くのがおすすめです。 先方が親しいのであれば、「取りに行きます」と言っても大丈夫です。 「取りに行く」を敬語表現するときの例文 「取りに参ります」の例文 「取りに参ります」という表現は、たとえば「御社へ3時に、資料を取りに参ります」のように、先方に失礼にならないように使うことができます。 また、「取りに参ります」という表現を使えるのは、取りに行く先に目上の人など敬語を使うべき相手がいないときになります。 例えば、「資料室に資料を取りに参ります」という言い方があります。 これは、資料室に相手が居ないことを前提に話をするときに言うことができます。 「取りに伺います」の例文 「取りに伺います」は「取りに参ります」よりもかしこまった言い方ですので、ビジネスシーンで顧客に対して使う時に適しています。 「取りに参ります」の例で挙げたように、「御社へ3時に、資料を取りに参ります」を「取りに伺います」に変えて言うこともできます。 また「取りに伺います」のさらに丁寧な言い方として、「伺います」を「お伺いします」と変えて「取りにお伺いします」と言うこともできます。 「取りに伺います」と「取りにお伺いします」のどちらの表現でも、顧客に対して尊敬の念を払った表現ですので、使いやすいほうを使ってください。 「頂戴に上がる」という言い方もある.

次の

「受け取る」「もらう」の正しい敬語表現【謙譲語・尊敬語】

頂戴 敬語

「頂戴する」や「頂戴します」という言葉を聞いたことがない、と言う人は少ないでしょう。 言葉としては何の違和感もありませんが、ビジネスシーンのように敬語表現が求められる状況で使うことは正しいことなのか疑問に思われることもあります。 「頂戴」だけを用いて「ちょうだい。 ちょうだい。 」と言うセリフもあることから、丁寧さに欠けるのではないかという意見も存在します。 それでは「頂戴する」は、敬語として使えるのかについて、意味を踏まえた上でご紹介していきます。 「頂戴」の意味 「頂戴する」の主体となっている言葉「頂戴」の意味からお伝えしますが、この「頂戴」という言葉には3つの意味があります。 1つ目は「もらうこと・もらって飲食すること」のへりくだり表現としての意味で、ニュアンスとしては「もらう」の謙譲語「いただく(頂く)」と似ています。 口頭で用いる時には「ちょうだい」の「だい」部分にアクセント(強調)を付けて使います。 2つ目は「与える・売る」の命令形である「与えて・売って」の意味です。 命令系ではありますが、そこには親しみが込められており、主に子どもや女性が用いる言葉遣いになります。 例えば「それを売って頂戴」というセリフでは、正に命令形の意味で用いられています。 口頭で使う時には「ちょうだい」の「うだ」部分を強調します。 3つ目は「顔の上に捧げ持つこと」という意味です。 「もらう」の謙譲語は「いただく」ですが、漢字で書く時には「頂く」の他に「戴く」と書くこともできます。 「頂戴する」の成り立ち 上記の意味を持つ「頂戴」に、動作を示す「する」が付くことで「もらう気持ち・もらいたい気持ち」でなく「もらった・もらうこと」が表現されます。 「ちょうだい、ちょうだい」や「それを売って頂戴」という表現では「それが欲しい(もらいたい思い)」が表されていますが、動作を示す「する」を付けると「もらった」ということになり「もらいたい」ではなく「もらう」が現に起こっている状況を表すことができるようになります。 敬語? では「頂戴する」は敬語なのか、という疑問について見ていきましょう。 敬語としての扱いになるためには、言葉を成り立たせる単語の中に尊敬語や謙譲語が存在していることが求められます。 丁寧語も敬語ですが、尊敬語や謙譲語と違って誰にでも使用できるため、敬語なのかという疑問を持つ必要がありません。 そのことから「これは敬語なのか」という疑問解決にあたっては、省かれることが多いです。 本題に戻りますが「頂戴する」を成り立たせる「頂戴」と「する」では「頂戴」が「もらう」の謙譲語としての意味を持っています。 そのため「頂戴する」は「もらう」の謙譲語として使うことができる言葉ということになります。 「頂戴する」の敬語表現とは? 「頂戴する」は「もらう」の謙譲語に当てはまることが分かりましたが、尊敬語や丁寧語に関してはどうなっているのでしょうか。 尊敬語 「頂戴する」は謙譲語なので、尊敬語としては使いません。 尊敬語で「もらう」ことを表す時には「お受け取りになる」や「お納めになる」を用います。 「もらう」の尊敬語では「目上の人がもらうこと」を表すため、「お受け取りになる」や「お納めになる」を敬語抜きで言うと「(目上の人が)受け取った」になります。 自分が「もらう」ことではなく、目上の人が何かを「もらう」時に尊敬語で表します。 謙譲語 「もらう」の謙譲語は「自分がもらうこと」を表す時に使用します。 基本的に、謙譲語は尊敬語と同じく、目上に対して使用します。 ただし、尊敬語は目上の言動を表す時、謙譲語は自分の言動を表す時に用いることは忘れないようにしましょう。 「もらう」の謙譲語は「頂戴する」でも問題ありませんが、場合によっては「いただく」「賜わる」「拝受する」を用いた方が良いこともあります。 これら「頂戴する」の言い換えについては、後ほどお伝えします。 丁寧語 丁寧語は丁寧な言葉遣いのことで、その言葉には尊敬語や謙譲語が含まれません。 「頂戴する」を丁寧語にする時には「頂戴」を抜いて「もらう」を用い、そこに「ですます調」を付けて「もらいます」になります。 丁寧語は基本的に、同等や目下に対して使用します。 しかしながら目上の人に対しても、二重敬語の問題などで使う時があります。 「もらいます」のように短文で用いる言葉では、基本的に同等や目下に用います。 「頂戴する」の使い方 「頂戴する」を実際に使用してみましょう、と言っても使い方がよく分からないこともあります。 間違った使い方もありますが、その誤りが普通のように用いられていることもあるため注意が必要です。 それでは「頂戴する」の間違った使い方を踏まえて、正しい使い方についてをご紹介します。 お名前を頂戴できますか 電話における対応などで名前を聞く時に「お名前を頂戴できますか」といった文が用いられることがあります。 聞いた感じは違和感ないとも言えますが、敬語としては誤りになります。 「頂戴」は「(物質的に)もらう」ことなので、「お名前を頂戴できますか」は「あなたの名前を私にください」と言っていることと同じになります。 そのため、名前を聞きたい時に「頂戴する」を用いることはNGです。 相手の名前を聞きたい時には「お名前をお聞きできますか」「お名前をお伺いできますか」「お名前をお願いします」などの言葉を使うことが適しています。 「言ってもらいたい」ではなく「聞きたい」という意味を意識して、使用する言葉を間違えないようにしましょう。 頂戴することは可能でしょうか 「頂戴することは可能でしょうか」は、敬語抜きにすると「もらうことはできる」ということになります。 問題ないかのようにも思えますが、敬語としては「可能でしょうか」が問題点として挙げられます。 「可能でしょうか」は「もらうことはできる」と聞いている立場であるのに、すでに可能なことを暫定しているかのうな口調になるため、相手に不快な気持ちを抱かせてしまうことがあります。 そのため「頂戴することは可能でしょうか」ではなく「いただいてもよろしいでしょうか」に言い換えましょう。 「もらっても良いのか」を聞く側としては、低姿勢さを表すことが敬意および丁寧な印象につながります。 意見を頂戴しても 「意見を頂戴してもよろしいでしょうか」などの文でよく用いられますが、これは「お名前を頂戴しても〜」と同じように「あなたの意見を私にください」という意味になるため、言葉遣いとしての間違いがあります。 「意見をもらいたい」のではなく「意見を聞きたい」ことを伝えたい状況ですので「ご意見をお伺いしてもよろしいでしょうか」などの使い方が適します。 「もらう」の謙譲語「頂戴する」ではなくて「聞く」の謙譲語を使用しましょう。 「頂戴する」の類語や言い換えはある? 類語:賜わる 「賜わる(たまわる)」は「もらう」の謙譲語であり、主に「目上の人から物などをもらう」時に使用されます。 「もらう」の意味に関しては「頂戴する」と同じですが、「賜わる」には尊敬語としての役割もあります。 尊敬語では「与える」の意味になり、「目上の人が物などをくれた」ことを伝える時に使用します。 「与える」は自分の物を他者に渡して、その人の物とすることです。 「もらう」は他者から受け取ることなので、表現したい伝え方に合わせて言い方を変えると良いでしょう。 類語:いただく 「いただく」は「頂戴する」と同じく「もらう」の謙譲語としても使えますが、「食べる・飲む」の謙譲語でもあります。 「頂戴する」や「賜わる」よりも用途が広い言葉です。 また「賜わる」に関しては、尊敬語の意味もありますが「いただく」や「頂戴する」は謙譲語として使うことしかしません。 「いただく」は、謙譲語なので自分がいただく時に用いますが、最近は「冷めないうちにいただいて」などの誤用が増えているとされます。 この使い方では、尊敬語の扱いになってしまうため、謙譲語を使う表現としては間違いです。 正しくは「いただきます」や「いただいてもよろしいでしょうか」など、自分の動作を示す時に使います。 類語:拝受する 「拝受」は「受け取る」の謙譲語です。 「受け取る」は「もらう」と同義になるため、ニュアンスは少し違いますが「拝受する」は「頂戴する」の類語に当てはまります。 ニュアンスの違いから、主に使用する状況も異なります。 「頂戴する」は「もらう」の謙譲語としてさまさまな物に関した「もらう」で用いることが可能ですが、「拝受する」はメールや手紙を「受け取った」の意味で用いられることが多いとされます。 言い換え:伺う お名前を聞く時には「伺う」ではなく「お聞きする」を用いることもできます。 「伺う」の方が丁寧な言い方になりますが、「お名前をお聞きできますか」でも問題ありません。 言い換え:預かる 「頂戴する」は「物を預かる」の意味で用いられることがありますが、これは間違いです。 「頂戴する」は「もらう」ことなので「お荷物を頂戴します」と言ってしまうと「あなたの荷物を私の物とします」という意味合いになります。 物を預かることを表す時には「お預かりいたします」で良いでしょう。 「頂戴する」を用いると危険な意味合いになるため、預かることを丁寧な言い方にした「お預かり」に「する」を示す「いたす」を付けた「お荷物をお預かりいたします」を使います。 「頂戴する」を正しく使おう!.

次の