キルア ゾル ディック。 ゾルディック家

【ハンターハンター】キルアの家族・兄弟情報を総まとめ!ゾルディック家とは?いまだ明かされぬ謎を大考察!

キルア ゾル ディック

どちらも十分素敵なキルアですが、 電気のエフェクトを加えたことによってさらにキルアっぽさがでてると思います。 どうです?エフェクト加工してみたくなったでしょう?笑 順を追って解説していきます。 ざっくりお品書きを書きますと、• 写真の明るさと色味を調整する• 電気のエフェクト素材を配置していく• 全体の明るさと色味を調整する の3つでございます。 こちらのお写真、で解説した、 ・暗い環境で撮ること を思いっきり外しています。 パッと見た感じでけっこう明るいですよね。 まずは エフェクトが見やすいように写真を暗く加工する必要があります。 どのような加工でもいいので、写真を少し暗くしてみてください。 明るさや色調整はスマホのアプリでも大丈夫です。 このときに青系の色も加えるとなおよしです 下の画像は無料加工ソフト 「Krita」の明るさと色調整の加工画面です。 上の写真はもう少し丁寧に明るさ・色調整をしております。 おおまかに明るさと色合いを調整したら次は 電気の素材を配置していきます。 電気のエフェクト素材を配置していく! 電気のエフェクト素材は無償配布いたしますので、以下のギガファイル便からダウンロードしてください。 gigafile. Png画像は電気のみ 黒い部分は透明 の画像形式です。 画像のように電気エフェクトが写真の中に入りました。 次に追加した 電気の画像をクリックで選択します。 加算を選択すると、 暗い部分が透明になり明るい所は発光します。 この、標準という項目をスクリーンや加算という項目に変更することを 「重ね方を変える」と表現します。 もしくは 描画モードを変えると言います。 これを加算で重ねたjpg画像と比べてみます。 ただし、pngの加算で重ねるのと、jpgの加算で重ねるのでは、 pngの方が若干にごった感じに見えます。 ですので、僕はjpg画像でエフェクトを乗っけていくのをおすすめします。 画像選択画面の方で、目玉ボタンをクリックで画像が非表示になります。 そしてお次は電気のエフェクト素材の配置です。 Enterを押すと画像が配置されます。 電気のエフェクト画像を読み込む• 読み込んだ電気のエフェクト画像の重ね方を変える• 重ね方を変えたら、画像変形で好きな場所に配置する の3点です。 できた画像を一旦jpg形式などの画像で保存しましょう。 そして保存したらまたその画像を読み込んでください。 電気のエフェクトを実際に配置してみるというのが一番の目的 ですのでギャラリーに置いてある画像とはちょっと違うのでご注意を。 写真を暗くしてエフェクト映えする写真にする• エフェクト素材を読み込んで配置• 最終的な明るさ・色味調整で仕上げる この3点だけなので、フォトショップや他の画像加工ソフトを使っている人でも同じようなことができます。 gigafile.

次の

【ハンターハンター】キルアの家族・兄弟情報を総まとめ!ゾルディック家とは?いまだ明かされぬ謎を大考察!

キルア ゾル ディック

この名言はグリードアイランド編でのキルアの心情を表した名言です。 ゴンが素直にキルアに会えって良かったと伝えた時にキルアは照れて、そっけなくしてしまいます。 しかし、キルアは心の中で自分の方がゴンに会えて本当に良かったと感謝しているシーンであり、お互いに親友であり、大切な存在で出会いに感謝していることがわかる感動的な友情シーンの一つです。 冗談だろ? 動き全てが罠だぜ」 「3つ? 冗談だろ? ボマーと呼ばれる敵の一人と対戦した時の言葉であり、敵の3つも罠を仕掛けていたのかと言う感心に関しての反論です。 全て計算であるということを教えることや、まだまだ余裕であることなどのアピールにもなっており、キルアが強くなっていることを実感できる名言の一つです。 この名言は、キメラアント編のキルアの心情です。 ゴンの知り合いであるカイトがキメラアントにやられて、キルアはゴンを気絶させて逃げ帰ってきました。 その際にゴンが強くなってカイトを助けに行こうと再び希望を見出してくれた際に心の中でつぶやいたキルアの本音であり、いかにキルアにとってゴンが重要な存在で心の支えになっているかがわかる名言の一つです。 この名言は、ゴンがナックルの技によって念が使えなくなってしまっている状態で敵が近づいている時にキルアがなんとか一人で対処しようとしている時の名言です。 自分よりも強い敵に対して逃げろと頭の中で考えてしまうキルアながらも大切な友達を守るためになんとか体を押さえつけようと葛藤するシーンでの名言です。 泣きながらも必死で体を動かしてゴンを守ろうとするキルアの健気さが感動的です。 この名言はキメラアント編でのキルアの名言であり、モントゥトゥユピーに対して一方的に攻撃をする前にキルアが言ったセリフです。 ゴンがいっぱいいっぱいになっている時にひどい事を言われて傷ついた際になんとか気持ちを静めようと一方的に八つ当たりするキルアのかっこいいセリフであり、中二病要素も満載な名言と言えるでしょう。 キルアが言うからこそかっこいい名言であり、独特な言葉選びでもあります。 この名言は、ゴンがキメラアント編にて自分の力を解放して、二度と念能力を使用しないという制約をした際に凄まじい力を得た反面、反動で見ることに耐えかねる姿に変わってしまいます。 その際になんとかキルアが自分の力でゴンを治そうと決意する時のシーンであり、ひどい事を言われたまま死なすわけにはいかないと本当はすでに許している一方でなんとか生きていてほしいと思っている名言です。 二人の友情が感じられる名言でありながらもどうやってキルアはゴンを復活させるのかも気になる名場面と言えるでしょう。 この名言は、キルアが妹に取り付いている何かと呼ばれる生物を兄のイルミから守る際に言った言葉です。 お願いを何でも叶えてくれる代わりに、そのお願いによって他の人にナニカはおねだりをします。 そして、もしそのおねだりが叶わない際にはその人物は死んでしまうと言う強烈な特性を持った人物を巡る争いの場面で緊迫しています。 また、一見そのナニカ事態を恐ろしいと考えてしまう中でキルアは、お願いする方が悪いのであってナニカは悪くないと言う優しい解釈をしているキルアらしい言葉です。 キルアの名言はカッコいい中二病的なものから繊細で優しいものまで幅広く共感を覚えたり、真似したいと考える人も多いのではないでしょうか。 非常にかっこよく、魅力的なキャラクターなので、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

次の

ゾルディック家

キルア ゾル ディック

こんにちは、うっしー()です。 先々週からふたたび休載に入ってしまったハンターハンター。 毎週書いていた本誌連載のレビューも書けなくなってしまい、また、ただただ連載復帰をまつ日々が始まります…。 連載が再びはじまるまで、既刊部の再考察をいろいろ記事にしてみようと思います。 今回はゾルディック家にまつわるひとつのナゾ、 マハ ゾルディックを取り巻く考察記事を書いてみようと思います。 これは本作中で ククルーマウンテンのバスガイド談。 名前: マハ=ゾルディック(英表記:MAHHA ZAOLDYECK)• 誕生日:不明• 年齢:98歳• 血液型:A型• 身長:140cm• 体重:65kg• 出身地:パドキア共和国• 筋肉かな、以外。 後続して出た似たようなガイド本についてはボクも同意見なのですが、このハンターズガイドの情報に関しては原作同等として情報をひろって考察してみています。 バスガイドのくだりが登場したのが 、マハ本人が唯一登場したのがヨークシン編で。 さらにはキメラアント編の 、ゼノの説明ゼリフの描写でマハらしき人物が描かれた部分が登場します。 このくだりから、マハは曽祖父ではなく 高祖父(曽祖父のさらに1つ上の世代)ではないのか?という疑問がファンの間に生まれました。 作品冒頭で「曽祖父」と紹介されたのは 富樫の誤植、設定ミスではないのか?というのが広く周知されつつあります。 では逆にこの作品冒頭の設定、 設定ミスだと思われている部分が正しいという前提で考えるとどう理解できるのか?考察してみようとおもいます。 なぜファンがマハは高祖父だと考えるのか まずはここから。 のゼノの説明セリフの中でゾルディックの家系5世代を表すような描写がある。 下からキルア、シルバ、ゼノ、ゼノの父親、そしてその上がマハのように見える。 さらに、暗黒大陸編が始まり に収録されている部分で、前会長が暗黒大陸へ渡航した際に同行したメンバーの中に「ZZIGG ZAOLDYECK」(おそらくはジグ=ゾルディック)という人物が登場した。 これが前述の家系図でいうなら ゼノの父親にあたるのではないか?という推察がなされたためだろう。 それならば、その上の世代にあたる人物(この推察ではマハ)は、説明されたように「曽祖父」ではなく「高祖父」の間違いじゃないのか?というのがマハ高祖父説の着地点だ。 つまりは初期での設定ミスを、しらっと後半で変えてしまっている、ということ。 ん〜…果たしてそうだろうか? マハが曽祖父 で ジグが高祖父 ではないのか つるっぱげのインパクトが何にも勝るので家系図を見た時に高祖父の人物をマハと考えるのは至極当然に思えます。 だけどこの作品を書いているのは 冨樫義博。 描写と文字情報によるトラップが幾重にもかけられているのがこの作品の魅力のひとつでもあるはず。 マハが「曽祖父」と設定されている以上、それをベースに考えるとどうなるだろうか。 ゼノの父親がマハでありキルアの曽祖父、歳を重ねれば容姿が変貌するのも至極当然で家系図におけるマハは若い頃の姿と考えられないだろうか。 逆に家系図における、つるっぱげはジグの老齢期の姿。 じっさいカエルっぽい容姿はジグの若い頃の姿にも若干あらわれているような…。 この考えだと、マハの若いころの姿だけがちょっと浮くけど、ジグの老け方としては不自然じゃない気がする。 マハとジグが1親等の親子なら老齢期の容姿がそっくりになるのもまた自然に思えるし。 そもそも暗黒大陸のジグと家系図の曽祖父もだいぶ容姿の印象が違う。 ゴンが数十年成長すると ゴンさんのような体格になる、ということから考えれば若齢期と老齢期の容姿の差はさほど問題じゃない気もします。 マンガだし。 ネテロ(前会長)の 実年齢と容姿の不釣合い具合は他のどのキャラよりも顕著なので容姿の描写から年齢を推測することにあまり意味は無いかもしれませんが、ゾル家 高祖父の人物と同い年であるとされていることから、 98歳と設定されているマハではないと考えるのが妥当ではないだろうか。 ネテロは死亡時で110〜120歳(正確には110歳以上であることは確定)とされています。 ゼノが67歳とされていることからゼノ誕生当時で43〜53歳ぐらい? ゼノが乳飲み子の頃からジジイとあるから、もっといってる可能性もあるけど「ジジイ」っていう表現はけっこう曖昧だからなあ…(ボクも父親のことジジイって呼ぶし笑) 仮にジグとマハが20代そこそこで子を設けたとすれば年代的な矛盾はない。 ネテロが「若い頃に暗黒大陸へいった」とあるので、この程度のおっさん具合でもネテロの年齢は若かったのではないか?30以下ぐらい?それならば同い年の「ジグ」の容姿とも釣り合いがとれる。 容姿云々については議論しても確証は得られないでしょうが、年齢設定にミスがないと考えれば ジグが高祖父、マハが曽祖父と考えるべきかと感じました。 ジグがまだ生きているのでは?という見解も散見されましたが、んん〜どうだろう。。 ゾルディック家に現在血族は10名で高祖父は含まれていない。 生きていれば120歳ちかくなので、老齢になって家を出たとも考えにくいし、フツーに没後だと考えるほうがシックリくる。 ページ: 1 非常に興味深く拝見しました 確かにこの仮説なら設定の齟齬は解消できますが… 以下、二点が気になります 1 曾祖父がマハだった場合、25巻における家系図で現在の姿が描かれなかった理由 2 5巻のバスガイドの情報の信憑性 1については、ゼノ以下が現時点での姿なので、マハについても現状の姿で描くのが自然と思えます つまり高祖父のカエル顔がやはりマハではないかと 曾祖父は何らかの理由で死亡しており、晩年の姿なので比較的若く描かれている、とか 2について、バスガイドは五人の兄弟も全員殺し屋と言っていますが、アルカは明らかに違います バスガイドの述べた情報がすべて真実とは限らないということでしょう もちろん、メタ的には冨樫先生が設定を変えただけの可能性も大いにありますが、『バスガイドが勘違いしていた』で説明できちゃうあたり、描写の仕方が上手だなぁと 必要なら祖母もなかったことにできますしね.

次の