スイッチ ジョイコン。 スイッチ「ジョイコン」の種類・色・電池の充電方法・HD振動【Proコントローラー】

スイッチのジョイコンは高い?人気の互換機はこれ!【レビューあり】

スイッチ ジョイコン

【ニンテンドースイッチ】ジョイコンの凄い機能(HD振動)・色・電池の充電方法まとめ 本当に凄いジョイコントローラー Joy-Con が今回の目玉だったといっても過言ではない。 これだけで3万円の価値ある! Proコントローラー、知っておきたい新機能や可愛い色であるカラーバリエーション、電池の持ちや充電方法についてご紹介します。 ジョイコン・PROコントローラーまとめ ジョイコンと呼ばれる高性能な左と右に分かれた2つのコントローラ。 本体を買ったら1セット2つありますが、2人以上で遊ぶなら追加で1セット買っておいたほうがいいかも。 しっかりと遊びたい人はProコントローラ(後述)を買っておくことをオススメする。 というか必須です!! なんにせよジョイコンから紹介していきます。 ジョイコンの使い方【基本編】 使い方は3パターンあります。 TVモード:ニンテンドースイッチドックにセットし、テレビに繋いで左右のジョイコンをジョイコングリップに装着し単独のコントローラーとして使用する。 テーブルモード:ディスプレイのスタンドを立てて机の上に置き、左右のジョイコンを分けて2人で遊ぶことが出来ます。 ローカル通信をすれば8人まで一緒に遊ぶことが出来るぞ。 携帯モード:通常時の形になりますが、本体に装着し携帯型として気軽に持ち運べるモードです。 こんなのは序の口なので、次にジョイコンという小さいながらも高機能な新機能を全部紹介します!! 何度も言うけどジョイコンで本体の3万円以上の価値があるんじゃないかと思います! ジョイコンの凄すぎる新機能(HD振動など) スティックや方向ボタン、ABXYボタンなどの基本操作、物体の角度や回転速度を正確に検出するジャイロセンサー Wiiで搭載 は、みんな知ってのとおりなので凄い機能だけ紹介するぞ!! 「HD振動」 コレスゴイ。 発表会でも話題となった臨場感のある振動を演出し、繊細な振動を伝えてくれるHD振動。 体験会の中でも一番感動した機能。 正直これだけでもニンテンドースイッチを買って体験する価値がある。 どんな振動をリアルに感じることが出来るのか、一部分を簡単に紹介しよう。 ・ジョイコンを傾けるとジョイコンの中のボール転がり コツコツと当たる感じ ・コップに氷を入れる カランカランとした感じ ・コップに水を注ぐ ジャーっとした感じ ・ジョイコンの中に小さいボールを コロコロ転がしている感じ ・ドラクエではスライムを切った ボヨンボヨン感やゴーレムを切った ゴツと硬い感じ この凄さは触って体験してみないと分からない! ということで体験会に行って触れた感想としては、ハプティクスっていう触感技術のような感じ(誰かが会場近くで言ってた)で、比べるのも申し訳ないがiPhone7のホームボタンで感じた凄さをさらに増した感動があった。 同時発売の「1. switch」にはカウントボールというゲームでジョイコンの中に入っているボールの数を数えるミニゲームが入っていて家で最先端の体験が出来る面白いゲーム。 そして 将来的にはVR技術が絡んでくるということなので楽しみすぎる。 絶対に体験しておきたい機能です!! スポンサーリンク 「モーションIRカメラ」 HD振動ばかりに目が入ってしまうが地味に凄いモーションIRカメラ。 ・物の形を読み取ることが出来る(例:グー・チョキ・パー) ・物体との距離を図ることが出来る あと噛む速度を読み取る「早食い」などの例を紹介していました。 このモーションIRカメラに関して私はクリエイティブな考えがないので他にどんな応用になるのか気になるところです。 VR(仮想現実)よりAR(拡張現実)に応用されそうですね(適当)。 「画面キャプチャボタン」 ジョイコン L の下にある静止画撮影(キャプチャ)ボタンが標準搭載されるようになります。 これはうれしい機能ですが出来れば動画撮影も可能になってほしい!と思っていると 将来的にはアップデートにより動画撮影も可能になるそうなので待ち遠しい。 あとキャプチャを撮り、ホーム画面で文字を入力して SNSに投稿できるという。 個人的な感想として任天堂が最近SNSの拡散力に重視しているのも背景にあるのかもしれない。 ということは本体を買ったらついてくる「Joy-Conグリップ」でもできるのか? と思ったら、「Joy-Con 充電グリップ」は別売りのようです。 「Joy-Con L 」と「Joy-Con R 」を取り付けて、グリップ型のコントローラーとして使用できます。 本体セットに付属している「Joy-Conグリップ」とは 異なり、付属のUSB充電ケーブルを使ってプレイ中に「Joy-Con」の充電もできるので、バッテリー切れの心配がありません。 希望小売価格: 2,480円+税 発売日:2017年3月3日(金) 付属品:USB充電ケーブル 充電ができるグリップのみを買うかどうか悩むところです。 ニンテンドースイッチライトが登場しましたが、新型は一部ソフトが非対応となっています。 そこでジョイコンと充電グリップがあれば、ソフトに対応することが出来るというメリットがありますので購入してはいかがでしょうか。 話は変わってジョイコンの色(カラー)について紹介します! 「ジョイコン」の色・カラーバリエーションは? 「Joy-Con L 」と「Joy-Con R 」に「Joy-Conストラップ(ブラック)」が2個付いたセットです。 とりあえず本体を買った時に同封されているのは2パターンしかないので買うことになりました。 ジョイコンの凄さ 機能については凄い。 実際に持って見ると軽い! こんなに高機能なのに軽くて持っている感じがしない。 ジョイコン L :約49g ジョイコン R :約52.1g( R のみモーションIRカメラ機能つき) 焼き鳥の串1本分の軽さ!(笑) 実際に持って見ると数字じゃわからない軽さがあります。 そしてHD振動の凄さがある。 ジョイコンの凄さからジョイコンの魅力にはまってしまった。 もっとジョイコンを楽しめるようなゲームが続々と発売されてほしいものですね。 ジョイコンが壊れた場合 オンラインサポートがあるのでオンラインだと5%割引にもなり、修理の状況がメールで確認することが出来るので利用しましょう。 商品が任天堂に届いてから10日~14日かかります。

次の

スイッチのジョイコンを自分で修理したので!写真多めで解説!

スイッチ ジョイコン

公開日: 2019年12月23日 最終更新日: 2020年03月26日 2017年に発売された任天堂のゲーム機である「 Nintendo Switch ニンテンドースイッチ 」が人気を集めています。 そんな人気の「スイッチ」なのですが、発売以来 あることがユーザーの間で度々問題になっています。 それは、付属コントローラーである 「Joy-Con ジョイコン 」が壊れやすいということです。 この「 ジョイコンがすぐ壊れる」ということは世界中でも問題になっていて、特に何もしていないのに スティックが勝手に入力されてしまうといったことがあるようです 参考:。 2019年8月には、 マイナーチェンジ版の新しいスイッチが登場し、 多少はジョイコンの不具合も改善されたようですが、それでも 依然として耐久性には問題があるようです 参考:。 このように、ジョイコンは 仕様として壊れやすいものであるようです。 そこで、スティックを多用するアクションゲームなどではジョイコンを使わずに サードパーティーのスイッチコントローラーを使うことをオススメします。 ジョイコンは壊れやすい 「Nintendo Switch ニンテンドースイッチ 」を購入すると、 「Joy-Con ジョイコン 」と呼ばれるコントローラーがLとRの2つ付属しています。 このジョイコンは、 スイッチに装着して使ったり、スイッチから外してBluetooth接続で ワイヤレスで使うこともできます。 そんな画期的なジョイコンなのですが、 スティック部分が壊れやすいということが度々言及されています。 海外ではジョイコンの故障をめぐって 訴訟問題に発展しているケースもあって、いかにジョイコンが壊れやすいものか分かると思います。 このように、ジョイコンが壊れやすいのは ある程度仕様のようなので、 スティック入力を多用するアクションゲームなどの使用には控えた良さそうです。 しかもジョイコンは高い ここで、「 ジョイコンが壊れちゃっても新しいのを買えば良いじゃん?」と思う方もいるかもしれませんが、 ジョイコンは定価8千円以上と高いのです。 8千円も出せばスイッチの新作ソフトが1本買えてしまう値段なので、コントローラーのために8千円も出すのは割りに合わないわけです。 このように、スイッチに付属されているジョイコンは、 なるべく壊さないように気をつけて使う必要があります。 サードパーティーのスイッチコントローラーは2000円台で買える 任天堂は公式に「」というゲームコントローラーを発売しています。 このように、「ジョイコン」も「Proコントローラー」も、 高いくせにすぐに壊れやがるのであまり使いたくないところです。 ここでオススメなのが、ジョイコンやProコンは使わずに サードパーティーのスイッチコントローラーを使う方法です。 任天堂純正ではないサードパーティーのスイッチコントローラーは、 2,000円台から販売されていて、購入しやすくなっています。 実際に私もBEBONCOOLというサードパーティーのコントローラーを使っていますが、振動機能にも対応していて なかなか使いやすいです。 また、サードパーティーのスイッチコントローラーは Amazonで検索をかけるとたくさんあるので、良さそうなものを見つけてみるのも良いと思います。 ウェブサイト: うまく買えば、 「Proコントローラー」を1つ買う値段でサードパーティーのスイッチコントローラーが2〜3個買えてしまうので、スイッチのゲームを複数人で遊びたい方にもオススメになります。 このように、サードパーティーのスイッチコントローラーは コスパも抜群に良いのでオススメになります。 ジョイコンはリングフィットアドベンチャー専用にするのが吉? 「ジョイコンが壊れやすい」という事実は変わらないため、 なるべくジョイコンを使わないことが重要になります。 とは言っても、2019年10月に発売された「リングフィット アドベンチャー」では、 ジョイコンをリングコントローラーに接続しないと遊べない仕様となっています。 このように「リングフィット アドベンチャー」ではジョイコンが必要になるのですが、実際のところ スティック操作などはほとんど使わずに主にリングコン側で操作します。 そのため、「リングフィット アドベンチャー」を遊んでいて ジョイコンが壊れてしまう心配はなさそうです。 そう考えると、いっそのこと ジョイコンは「リングフィット アドベンチャー」専用にしてしまうのもアリです。 そして、マリオやゼルダ、スマブラなどの アクションゲームを遊ぶ時はジョイコンではなくサードパーティーのスイッチコントローラーを使うようにすれば、ジョイコンが壊れるリスクはほぼゼロになります。 スイッチのほとんどのゲームは「Proコントローラー」に対応しているため、サードパーティーのスイッチコントローラーでも問題なく遊ぶことができます 1-2-Switchなど一部ゲームは非対応。 携帯モードメインならSwitch Liteにするのもアリ? ここで、「 スイッチは携帯モードで遊ぶことが多いからジョイコンを使う必要がある」という方もいると思います。 このようなスイッチを携帯モードで遊ぶことが多い人の場合は、いっそ 「Switch Lite スイッチ ライト 」に乗り換えるのもアリだと思います。 そのため、 スイッチの旧モデルで携帯モードで遊んでいる方は、スイッチを売却してスイッチライトに乗り換えると快適になります。 ただし、 スイッチライトのスティックがジョイコンと比べて壊れにくいのかどうかはまだ発売から月日が浅いので分かりません。 最後に 今回は、『 ジョイコンは壊れやすい!サードパーティーコントローラーを使おう』についてご紹介しました。 このように、ニンテンドースイッチの ジョイコンは壊れやすいので、サードパーティーのスイッチコントローラーを使うのがオススメになります。 もちろん、ジョイコンの代わりに任天堂純正の「 Proコントローラー」を使うのもいいのですが、 Proコンは高い上に耐久性の低さが問題視されているので注意しましょう。 リングフィットアドベンチャーはジョイコンを使わないと遊べないのですが、 スティック操作はほとんど使わないので壊れる心配はなさそうです。 重要なのはマリオやゼルダ、スマブラ、スプラトゥーンなどの スティック操作をガンガン使うアクションゲームで、これらのゲームを遊ぶ時はジョイコンの使用は避けましょう。 皆さんも、サードパーティーのスイッチコントローラーをうまく活用して、壊れやすいジョイコンに対抗しましょう。 こちらの記事もオススメです:.

次の

スイッチ「ジョイコン」の種類・色・電池の充電方法・HD振動【Proコントローラー】

スイッチ ジョイコン

Y字ドライバー +(プラス)ドライバー、ー(マイナス)ドライバーのように とは 先端がY字型のドライバーで、ジョイコンを分解するために必要です。 交換用パーツとセットで販売されているものも多く見かけましたが、品質に不安があったので(実際にレビューにも ネジ山がつぶれたといった書き込みがあり…)ホームセンターで別途購入することにしました。 ホームセンターでジョイコン片手にY字ネジのサイズを確認しながら購入したのが、こちらの です。 結構大きめのホームセンターでしたが、Y型ドライバーはこの1種類しかなく… 約600円ほどで購入。 とりあえずMADE IN JAPANを信じて購入しましたが、このドライバーで問題なくYネジを回すことができましたよ! +(プラス)ドライバー スイッチのジョイコンを分解する際に が必要なのは実は最初の工程だけで、外側のネジをY字ドライバーで外したらその後の作業はプラスドライバーで行います。 かなり小さなネジなので先端の小さな No. 0というサイズのプラスドライバーで作業しました。 何かと重宝している精密ドライバーセット。 この右から2番目のプラスドライバー(No. 0)で作業できました! ただ、実際に作業してみて大変だったのはネジを 外す作業より 締める作業でした。 磁力でネジがドライバーにくっつくマグネットタイプのドライバーがありますが、我が家のドライバーはマグネットタイプではなく… 小さな小さなネジをネジ穴に入れるのも一苦労でした!! ネジを隙間に落としては子供のおもちゃの磁石で救い出す、という作業を繰り返してなんとか作業を終えました…。 ということで、これから新たにドライバーを購入する方には、ぜひぜひ マグネットタイプのドライバーを購入することを強くオススメします!!! 追記:ドライバーのマグネット化に成功! この時の精密作業の苦労が忘れられず、本気でマグネット機能付きのドライバーセットを買い直そうかと思っていたところ、 で手持ちの工具が生かせるということで! これで細かい作業も安心です。 スイッチジョイコン修理の手順 今回は 左のジョイコンの修理について説明します。 外したネジはなくさないように気を付けましょう! このネジを外しただけでは外装が外れない(結構ぴっちりはまっています)ので、 矢印側の隙間に何か薄くて硬いもの(私は小さなマイナスドライバーでこじ開けました)を突っ込んで外装を開きます。 ぱかっ。 ちょっと手こずりましたがなんとか開きました! 2箇所コードがつながっているので、外れないように気を付けて開きます。 隙間に何か細いものを突っ込んでやるとペリッとはがせるので、ケーブルに気をつけながらバッテリーを外しましょう。 バッテリーはケーブルにつながった状態のままにしておいて、次はバッテリーが入っていた ケースを取り外します。 この 3箇所のネジを プラスドライバーで外します。 (ここからはプラスドライバーでの作業になります。 ) ぱかっ。 ケースも 1箇所コードがつながっているので外れないように気をつけながら開きます。 この四角で囲んだ部分が アナログスティックです。 このスティックを外すために、まずは 2箇所のケーブルを外します。 それぞれケーブルが挟まっている ラッチを上げて、ケーブルを外します。 それぞれ ラッチをあげる方向が異なるので注意してください。 画像 上側の黒いラッチは 右から左へ、 下側の茶色いケーブルが挟まっているラッチは 左から右へ動かします。 ラッチは小さいマイナスドライバーでクイッと動かせましたが、ラッチをあげてもケーブルが簡単に外れるわけではなく…ここから とっても大変でした!! 家にあるピンセットや毛抜きやらを総動員してケーブルを引っ張ってみるもなかなか抜けず…しかもやっぱりなんか怖いし!!泣 専用の精密作業用のピンセットなどがあれば違うのかもしれませんが、この2本のケーブルを外す作業が一番大変でした…。 ケーブルを抜いたら、 2箇所のネジ(1本は茶色のケーブルの下に隠れています)を外します。 このときスティックをはめる穴のまわりの黒いビラビラがちょっと邪魔ですが、気にせずぐいっと突っ込むとはまります。 その後は外すときの 手順を逆に行っていきます。 まずは外した2箇所のネジを締めて、2箇所のケーブルをラッチにはめこみラッチを倒して固定します。 さらっと書きましたがコレもなかなか 大変でした…。 ドライバーがマグネットタイプではなかったため、小さなネジをネジ穴になかなか入れられずイライライライラ… なんとか元に戻せましたが、必死で作業している間にLボタンがポロリと。。 これは元の位置に戻せば全く問題ありませんでした。 しかし、老眼気味の不器用なアラフォー主婦にはなかなかキツイ作業でしたよ…。 +マークがぴたっと 真ん中で止まるようになり、無事直りました!! 修理完了です!!! 動画がオススメ 今回自分で修理するにあたって、参考にさせていただいた動画が こちらです。 ジョイコンの修理費用・送料・期間は? スティック、ボタン操作ができない、バッテリーの交換などジョイコンの部品修理については、ジョイコン 1本につき 2,160円(税込)でメーカー修理が受けられます。 (保証期間内であっても有償修理となる場合もあるようです。 ) 修理については任天堂サービスセンターへの送付のみでの受付けとなっているので 送料がかかりますが、 保証期間内の修理品の発送に限り 着払い宅配便の利用が可能です。 修理期間については、通常、修理品到着後 10日〜14日ほどかかるそうです。

次の