三鷹市 ハザードマップ 地震。 坂戸市防災マップ(水害・土砂災害・地震ハザードマップ)

江東区防災マップ|江東区

三鷹市 ハザードマップ 地震

災害はいつ発生するかわかりません。 万が一の事態に遭遇した際、スムーズな避難や救出、救護活動を行うためには、日頃から家族や地域の方々が、避難場所や地域防災拠点等を確認しておくことが重要です。 このページでは、市内における地震、風水害等の災害による被害想定に関する情報や、地域防災拠点、指定緊急避難場所、指定避難所等に関する情報などを提供します。 災害種別ごとに避難所が変わってきますので、万が一の際に自分がどこに避難すればいいか、災害ごとに事前に確認しておきましょう。 避難所などの詳細については、下記のリンクよりご確認ください。 変更となった内容については、市のホームページにも掲載していますので、下記のリンクよりご確認ください。 防災マップ 防災マップは、地域防災拠点、指定緊急避難場所、指定避難所、福祉避難所、医療救護拠点、救護所、AED設置施設、土のうの設置場所等の情報を記載しております。 このマップに記載のない避難施設については、水害時に使用できない避難施設となります。 このマップは、国土交通省が平成28年5月30日に指定、作成した洪水浸水想定区域図をもとに作成しています。 また、このマップには、過去の大雨により内水氾濫のあった区域も記載しています。 詳しくは下記のリンクよりご確認ください。 土砂災害ハザードマップ 平成26年3月に坂戸市多和目、西坂戸3丁目地内の土砂災害危険箇所及びその周辺が、土砂災害防止法に基づき土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定されました。 その土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域を基に、避難の情報等を記載しています。 地震ハザードマップ 揺れやすさマップ 坂戸市に大きな影響を及ぼすと想定した地震(関東平野北西縁断層帯地震による地震)が発生した場合に、地震の震源からの距離と地域の表層地盤の状況から、地域ごとの震度として揺れやすさを示しています。 計算のための単位は50mメッシュで、「揺れやすさ」を震度でランク分けしています。 液状化危険度マップ 坂戸市に大きな影響を及ぼすと想定した地震(関東平野北西縁断層帯地震による地震)が発生した場合に、地形の状況と地表での地震動から評価して、建物・堤防・橋梁・ライフライン施設などに影響を及ぼす液状化がおきる危険度の大小を示しています。 計算のための単位は250mメッシュで、「液状化可能性」をランク分けしています。 建物倒壊危険度マップ 揺れやすさマップで示した揺れとなった場合に、著しい被害を受ける建物(全壊する建物)の割合を50mメッシュ単位で表したものです。 このマップで示す建物全壊率は、地域としての建物被害の危険性を示したものであり、個々の建物の危険性を示すものではありません。

次の

東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!

三鷹市 ハザードマップ 地震

スポンサード リンク 地震対策 地震はいつ起こるかわかりません、止めることもできません。 被害を最小限にとどめるために次のようなことを心がけることが大切です。 地震でこわいのは火災です。 日ごろから火気器具の点検・整備をして、家から火を出さない環境づくりに心がけましょう。 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えておく。 避難場所や避難経路の確認や役割分担など、防災についても家族で相談しておくことも大切です。 普段の生活で「地震が来たら危ない!」と思った所 ブロック塀や石垣はくずれないように補強する。 不安定なアンテナや屋根瓦は補強する。 プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定する。 家具や大型家電製品などの転倒防止策を行う。 地震発生時の防災心得 まず自分の身の安全を守る。 揺れを感じたら、すばやく火の始末をする。 火が出たら、まず消火する。 あわてて戸外に飛び出さず、出口を確保する。 避難は徒歩で、持物は最小限にする。 狭い路地、塀のわき、がけ、川べりに近寄らない。 山崩れ、がけ崩れ、浸水に注意する。 避難時には、ブレーカーを切り、ガスや水道の元栓を締めましょう。

次の

東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!

三鷹市 ハザードマップ 地震

カスタム検索 三鷹市の「」 【】【】 「人口」のタウンデータ ・2010年発表の総人口の推移は以下の通りとなります。 2005年 2010年 男女の総人口(人) 177,016 186,083 男女計の総人口指数(%) 100 105.1 出典「総務省統計局ホームページ」より引用 ・参考までに2005年発表の総人口推計の推移は以下の通りとなります。 ・当然ながら、2005年時点での推計のため、上表とは2010年の数値が異なりますが、将来推計の考察にあたり、 2つの表を合わせて見ていただくことが有効かと思います。 2005年 2010年推計 2035年推計 男女の総人口(人) 177,016 182,966 184,370 男女計の総人口指数(%) 100 103.4 104.2 出典「国立社会保障・人口問題研究所」より引用 「面積」と「人口密度」のタウンデータ ・面積は東京都市町村部の中では比較的狭い上に、人口が多いため人口密度は比較的高い。 2004年度 2006年度 2008年度 歳入(百万円) 55,603 55,100 57,576 歳出(百万円) 53,995 53,109 53,918 出典「政府統計の総合窓口」より引用 【税金お役立ち情報】 ・自治体に払った税金が還付される可能性があります。 主要駅は、 としました。 ・乗降者数は10万人を超える大規模な駅であり、JR東日本の駅です。 ・乗降者数と規模評価は以下の通りとなります。 2012年当サイト調べ 1日の平均乗降者数(人) 180,428 駅の規模評価 大規模 ・評価基準は以下の通りとしました。 乗降者数 規模の評価 50万人超 超大規模 10万人超〜50万人 大規模 1万人超〜10万人 中規模 〜1万人 小規模 ・上記主要駅から各駅までの路線最短距離(最短の電車の線路の長さ)は以下の通りとなります。 東京駅 新宿駅 主要駅からの路線距離 (km) 20.7km 13.8km ・乗降者数のランキング情報は、以下のサイトをご参照下さい。 「JR東日本旅客鉄道株式会社」 「東京都交通局」 「東京メトロ」 「東急電鉄」 「京王電鉄」 「相鉄」 「西武鉄道」 「東武鉄道」 「小田急電鉄」 「京浜急行」 「横浜市営地下鉄/横浜市統計ポータルサイト」 「つくばエクスプレス」(乗車数のみ) 「ホテル」のタウンデータ ・ホテル数のカウントは旅行サイト1社のため、登録数や質から市区別の商業情勢を窺い知ることができます。 2001年 2003年 2006年 商業年間販売額(百万円) 320,190 312,984 211,172 ・製造業の年間出荷額の推移は以下の通りとなります。 2004年 2006年 2008年 製造年間出荷額(百万円) 146,426 171,628 145,314 出典「政府統計の総合窓口」より引用 ・工業団地の分布について 工業団地に分類される工業地域は見つかりませんでした。 ・路線価について 個別の路線価情報は「国税庁/路線価図」をご覧下さい。 ・個別の不動産価格について 個別の戸建やマンション等の不動産評価額情報は下記をご覧下さい。 「」 三鷹市の「」 【】【】 「地震」のタウンデータ ・活断層について 活断層とは :最近の地質学上の近年(数十万年前〜現在)の間にずれ動いた形跡があり、 今後も活動する可能性のある断層を「活断層」と定義しています。 活断層のズレ:活断層が活動することにより地震が起こると、1回の地震でその断層のズレは、 A級に位置づけられる活断層で1〜10m未満、B級で10cm〜1m未満、 C級で1cm〜10cm未満程度と定義されています。 活断層の周期:A級の活断層は約100〜1000年に1回、B級で約1000〜10000年に 1回の活動を起こしてていますが、昨今話題になっている南海トラフや日本海溝 北部の千島海溝等の日本列島近海の海底の活断層はAA級とされており、数十年〜 100年周期で活動しています。 活断層の距離:また活断層はその距離が長いほど大きな地震を起こすと言われており、仮に20 キロ程度の活断層はマグニチュード7程度、80キロの活断層はマグニチュード8 程度の地震を起こすと言われています。 当サイトでは、主にAA〜B級に定義されている活断層の中でも危険度の高いものを優先的 に以下の距離測定対象に取り上げています。 8〜4% 30年以内の地震確率は0. そのため、数百メートルから数キロの範囲で誤差が生じる場合がありますので予めご了承下さい。 出典「地震情報サイトJIS」 より引用 ・地震による揺れやすさについて 三鷹市の「表層地盤揺れやすさマップ」は以下の通りとなります。 下図の中央部分が三鷹市ですが、おおむね市全体が武蔵野台地で覆われており、緑色と なっています。 一部、西側の最南部の黄色部分は、野川流域の河川低地です。 出典「内閣府/地震の揺れやすさ全国マップ」より引用 【地震お役立ち情報】 個別地点の地震の揺れの感知は以下のような高精度機器がおすすめです。 「津波」のタウンデータ ・津波について 東京湾は地図で見ても分かる通り、三浦半島と房総半島に挟まれた入江状の湾です。 各自治体や公共機関の想定でも外洋のように何十メートルという高さではなく何メートル という単位になっています。 しかし、東京湾沿岸の 地域は海抜も低く、地盤も軟弱なため、 液状化現象の恐れがあります。 また河川の項目で述べますが、東北大震災のように津波が 河川を遡上することで、堤防の低い地域は河川が氾濫する恐れがあります。 詳しくは「東京都建設局/浸水予想区域図」をご参照下さい。 (津波ハザードマップは作成中のようです。 救命胴衣のみもあります。 ・温暖化による海面上昇について 「Flood Maps」をご参照下さい。 任意に見たい地域が選べて海面上昇のメートル値を変えることで様々なケースが想定できます。 従来は平均海面からの高さに「海抜」という言葉が使われており、一般的には沿岸部や低地の高さ に使われることが多かったようですが、現在正式には、標高も平均海面0mからの高さに使用する ことと定義され、海抜という言葉は淘汰されていきそうです。 現在の日本水準原点の標高は24. 390mですが、地表の高さは地震や地盤隆起・地盤沈下によって 変化するため、定期的に測り直されています。 従来は各水準点からの高さに「標高」という言葉が 使われており、一般的には山や高地の高さに使われることが多かったようです。 結果的には、海抜と標高は同義語となっています。 の標高は 約 58 m (ちなみに同市内の井の頭公園駅の標高は 約50m) (ちなみに同市内の三鷹台駅の標高は 約49m) (ちなみに同市の市役所の標高は 約56m) 【標高お役立ち情報】 個別地点の標高をなるべく少ない誤差で計測するには以下のようなGPSロガーがおすすめです。

次の