マツコ nhk。 【再放送】“全力で向き合うからこそ美しい”マツコ&つんく♂が人生を語る! SWITCHインタビュー 達人達(たち) |NHK_PR|NHKオンライン

マツコをぶっ壊す!N国党・立花氏が激怒

マツコ nhk

東京モーターフェス2018にて(2018年10月6日) 誕生 1972-10-26 (47歳) ・ 職業 言語 活動期間 - ジャンル デビュー作 『アタシがマツコ・デラックス!』 親族 お笑い芸人の松井成行()が従兄弟 公式サイト 所属事務所 ナチュラルエイト マツコ・デラックス 生年月日 1972-10-26 (47歳) 出身地 ・ 身長 178cm 言語 日本語 方言 標準語、 最終学歴 活動時期 (女装タレントとして)- 同期 現在の代表番組 など を参照。 過去の代表番組 など 他の活動 公式サイト 受賞歴 Tokyo SuperStar Awardsブレイクスルー賞(2010年) ギャラクシー賞(マツコとマツコにて) TSUKEMAクイーン(2015年、D. UP) マツコ・デラックス(〈47年〉 - )は、の、、、、である。 所属は。 はA型。 新聞のラテ欄やの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「 マツコDX」と表記されることがある。 来歴 [ ] 文筆業 [ ] 高校卒業後は(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何か違う」と感じていた時にな同性愛者の姿を見て奮起し 、『』『』『』に並ぶ『』の編集部に転職し、同誌の・などを務めた。 二十代後半に退職、実家で引き篭もり生活を送っていたが 、編集者時代の記事を読んでいたのがホストを務める対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢され、『 マツコ・デラックス』の芸名と個性的なビジュアルやトークスキルが注目された事が世に出るきっかけとなった。 更に中村から「あんたは書くべき人間」とその文才が高く評価されるなどを経て 、頃 から、:全て180cm、体重140kgの巨体と、家というユニークなスタイルでタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始した。 、社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以降も定期的に著作を発表している。 また、毒舌と体型で比較されることの多いとは、「」についてのテーマで対談している。 テレビ、ラジオへの進出 [ ] 、『』の前身番組『』でテレビ初出演を果たす。 の情報番組『』のコメンテーターで登場した(2020年現在、月曜レギュラー出演中)。 テレビに出演するようになるきっかけである『5時に夢中! 』には、のちッパいの代役として急遽起用されたのが最初である。 当時番組MCであったが従弟のからマツコについての話を聞いたことがあり、早急に代役を探していた番組スタッフに推薦したことでオファーに至る。 出演した回がスタッフに好評だったため、後にレギュラーコメンテーターとなった。 、フジテレビで初の『』が開始される。 それまでは、とタレント活動を一人で兼任していたが、ミッツの伯父であるから「事務所には入った方がいい」との助言を受け、に所属した。 以降、『』、『』、『』など、自由かつ毒舌混じりな発言を大いに活かしているレギュラー番組が次々とスタートしている。 放送の主演の系ドラマ「」でドラマ初出演。 、で冠番組『』が開始した。 、日本テレビ『』で連続ドラマ初出演を果たした。 より、「怒り新党」に代わり『』がスタート。 出演はマツコ、、(アナウンサー) 2017年11月10日、体調不良により入院。 にが入り、めまいやふらつきなどが発症。 一人暮らしのため、大事を取って入院したとされる。 同月13日の『』の出演は欠席。 16日、所属事務所が公式サイトを通じて回復を報告した。 20日の『5時に夢中! 』で、復帰後初の生放送出演。 人物 [ ] 趣味・嗜好 [ ]• 炭水化物好き(、しっとり、等)。 基本的にはやは嫌いである。 のファンであり、特に「それぞれの個性が面白い」とを気に入っているという。 本人曰く「ベリのファンって恥ずかしいからのファンってことにしてるのよ」という(そのことについては「ベリのどこが恥ずかしいんですか! 」と思ったという)。 の大ファン。 また、テレビ番組での共演をきっかけにの「」を応援しており、後にがの姉妹グループでを拠点に活動する「」を結成するというニュースに触れた際に「(Negiccoの)ジャマするなよ」と批判した。 車にも詳しく、2016年12月28日放送の『夜の巷を徘徊する』では2016年で起きたの悲劇も生で目撃したことを明かしている。 またでは、最近マツコはを購入したが、旧車であるへの猛烈な憧れがあり検討していたことを明かしている。 人物に対して [ ]• 『』(2010年4月23日放送分)出演時に、するであることを面と向かって両親に告白できていないと明かしていた。 自分がゲイであることを「知ってくれているとは思う」と両親への複雑な思いを抱いている。 尊敬する人物として、元NHKアナウンサーのを挙げており、彼女がホスト役を務めた2013年6月17日放送の『』にゲスト出演した。 同様にの名を挙げている。 番組の収録などでテレビ局やスタジオに出向いた際、美輪も偶然同じ社屋にいると伝え聞いた時は必ず楽屋を訪ね挨拶をするという。 元プロ野球選手のの大ファンであり、テレビ番組等で度々公言している。 『』で「私のイケるプロ野球選手、不動の1位」とコメントした。 だが、一方で「(名門野球部出身者が)よくいるけど、十中八九、クソ野郎だから」と言い切り、「野球やっていても、あんな人間しか育たないんだって良くわかるわ」と野球部出身者を批判している事も公言している。 東映製作の映画『女囚さそり』に強い影響を受けており、20代の頃には主演であるの黒ずくめスタイルを真似て、女装仲間らと寸劇に興じるほどであった。 を公表している所属の元議員のを支持、支援して 、2007年のに彼女が出馬を表明した際、支持者集会で応援ビデオメッセージを送っている。 因みに、同性愛者について「足りない感じがする」などネガティブな発言をした(当時)に対しては批判している。 その他 [ ]• のが「マツコ・デラックス似の力士」と評判で、師匠の親方(元・)からも「似てる。 マツコ富士に改名しようか」と言われたことがある。 その後、2012年4月23日放送分の『』に宝富士がゲスト出演し、初共演した。 たまにの要請に応じしているという。 受賞歴 [ ]• :ブレイクスルー賞()• TSUKEMAクイーン(2015年、D. UP) 書籍 [ ] 単著 [ ]• アタシがマツコ・デラックス! (2002年7月、)• 『週刊女装リターンズ「女の業」号』、、2005年5月。 世迷いごと(2010年10月13日、)• (2012年4月12日、双葉文庫)• あまから人生相談(2011年2月1日、)• 続・世迷いごと(2012年2月21日、双葉社)• (2013年5月16日、双葉文庫)• デラックスじゃない(2014年6月21日、双葉社) 共著 [ ]• うさぎとマツコの往復書簡(2010年11月6日、、との共著) - 連載コラム• うさぎとマツコの往復書簡 全身ジレンマ(2014年9月、双葉文庫)• 愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡(2011年11月8日、毎日新聞社、中村うさぎとの共著)• うさぎとマツコの往復書簡 自虐ドキュメント(2014年11月、双葉文庫)• 喧嘩上等 うさぎとマツコの往復書簡3(2012年11月10日、毎日新聞社、中村うさぎとの共著)• 同行二人 うさぎとマツコの往復書簡4(2014年1月29日、毎日新聞社、中村うさぎとの共著) 連載雑誌 [ ]• () - 「週刊女装」• 本当にあった笑える話()• コミックワイドショー()• すてきな奥さん(主婦と生活社)• () - 「マツコ・デラックスの『流行人 百面相スケッチ』」• () - 「マツコ・ヨットスクール」• () - 「矢来町心中」• () - 「うさぎとマツコの往復書簡」 インタビュー掲載 [ ]• カリスマ探訪記(2006年7月4日、白泉社、雁須磨子)• vol. 88(2010年2月13日、太田出版)• 99人の小さな転機のつくりかた(2010年12月25日、大和書房、『ビッグイシュー日本版』編集部・編)• GALAC 2012-9月号(2012年9月16日、角川グループパブリッシング、NPO法人放送批評懇談会)• 評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」(2014年6月30日、朝日文庫、横田増生) 対談掲載 [ ]• クィック・ジャパン vol. 91(2010年8月20日、太田出版、と対談)• 阿川佐和子のこの人に会いたい 8(2011年6月10日、文春文庫、阿川佐和子)• ピーコの言葉 ピーことば(2012年11月20日、主婦の友社、ピーコ)• 薄明鬼語 西村賢太対談集(2014年6月1日、扶桑社)• サワコの朝(2015年10月1日、大和書房、阿川佐和子) 鼎談掲載 [ ]• クィア・ジャパン VOL. 3 2000年10月20日、勁草書房、ナンシー関・伏見憲明と鼎談 出演 [ ] テレビ番組 [ ] 現在の出演番組 [ ]• (2005年 - 、) - 月曜コメンテーター• (2009年 - 、系列) - スタジオレギュラー• (2011年 - 2013年・2014年 - 、系列) - MC• (2012年 - 、系列) - MC• (2013年 - 、フジテレビ系列) - MC• (2015年 - 、系列) - レギュラー• (2015年 - 、日本テレビ系列) - MC• (2017年 - 、テレビ朝日系列) - MC 過去の出演 [ ]• ( - 、TBS系列) - 金曜コメンテーター• (2007年、フジテレビ系列) - 特別番組• ( - 2009年、TBS系列)• (2009年 - 、フジテレビ系列)• ( - 2011年、フジテレビ系列)• ( - 2011年・ - 2013年、TBS系列)• ( - 2013年8月、TBS系列) - 特別番組• (2011年7月23日 - 24日、フジテレビ系列) - 特別番組・インフォメ担当• (2011年 - 2012年9月、日本テレビ系列) - 準レギュラー• (2011年4月 - 2011年9月、フジテレビ系列)• (2011年4月 - 2017年3月、系列) - MC• ( - 3月、日本テレビ系列) - MC• (2011年 - 2015年 、テレビ朝日系列) - 特別番組• (2013年8月3日 - 4日、フジテレビ系列) - 特別番組・アシスタント担当• (10月、TBS系列)• (2013年 - 2015年、テレビ朝日系列) - 特別番組• ( - 、テレビ朝日系列) - 準レギュラー• ( - 2015年、テレビ朝日系列)• (2014年、TBS系列) - 有田哲平の代役• (2015年、日本テレビ系列)- MC• (2015年、フジテレビ系列)• (2018年、テレビ東京系列) - 特別番組• 50日間で女性の顔は変わるのか!? 日本一金かかる街で暮らすと 2019年7月21日・2020年1月4日、日本テレビ• マツコ、静岡でマグロを喰らう。 (2020年3月9日、静岡朝日テレビ) - 特別番組 テレビドラマ [ ]• 最終話(2010年12月9日、テレビ朝日系列) - マツコ・デラックス 役• (2012年2月4日、テレビ朝日系列) - マツコ・デラックス 役• (2012年4月 - 6月、日本テレビ系列) - ホームズ(猫の化身) 役• 第3話(2012年5月10日、TBS系列) - 司会者 役• (日本テレビ系列) - バカボン家の隣人 役• 天才バカボン〜家族の絆(2016年3月11日)• 天才バカボン2(2017年1月6日)• 天才バカボン3〜愛と青春のバカ田大学(2018年5月4日) ラジオ [ ]• 「」(2001年)• (2010年6月)• (2010年7月)• 「2010秋のキャンペーン」(2010年)• 「」(2010年)• 「」(2015年 - )• 『CLUB KEIBA もうひとつのクラブケイバ篇』(2010年)• 『CLUB KEIBA』Web限定ムービー「マツコ。 その愛」(2010年10月)• 「Xmasフェア」(2010年)• (2010年)• 「ホワイト学割 with 家族 2011」(2011年)• 「デッカルチェ」(2011年)• 「イブA錠」 - 『「教えて! イブ先輩! 『』(2011年)• 「キシリクリスタル」 - 『キャンディ警部・空港篇』(2011年9月)• - 企業CM「」「」• 2011年 - 役• 2012年 - お市の方(声の出演)• (2014年12月)• -『 モダン篇』(2015年4月)• 2016年4月• 『』(2012年5月、ただし発売自体は2011年)• 「」(2012年9月)• 『ポンデリング部』 - 部長 役(2013年1月)• 『夏の推しド』篇(2013年6月) 夏専用ポン・デ・リング「ポン・デ・リング生 抹茶」「ぷるるんポン・デ・リング」• 『熱とろポン・デ・リング』(2014年1月)• 『マツコ、モスに潜入!? 』篇(2014年5月)• 『ミスド 大感謝セール』(2014年9月)• 『秋のショコラドーナツセール』(2014年9月)• 「ハイリキザ・スペシャル」(2013年3月)• 「アーククラブ迎賓館」『マツコリョーシカ編』(2013年8月・2014年1月)• 「ペヨングソースやきそば」(2016年3月)• 「ビューティー」• 『パウダールーム篇』・『リビング篇』・『ロビー篇』・『ショッピング篇』(2013年11月)• 『忙しいママ篇』・『おトクにキレイ篇』・『かわいいネイル篇』・『選べるリラクサロン篇』(2014年11月)• 「ホットペッパーグルメ」 - 『できる男のネット予約篇』(2015年11月)• 「モバイルONE」、「050 plus」(2013年12月)• 「OCNモバイルONE」• 『ロボマツコ完成』篇(2014年12月)• 『マツコ式部』篇(2016年2月)• 「北海道米」• 2014年 - 「」『マツコ 食べる篇』(2月)、「ななつぼし・」『マツコ ふたまた篇』(10月)、「ななつぼし・ゆめぴりか・・」『マツコ 複雑篇』(10月)• 2015年 - 「ゆめぴりか」『このマークは何?篇』(10月)• 2018年 - 「ゆめぴりか」『リリー・フランキーさん、来店。 篇』(10月) - と共演• 2019年 - 「ななつぼし」『リリー・フランキーさん、大丈夫。 篇』(1月)、「ふっくりんこ」『リリー・フランキーさん、かっこいい。 篇』(1月)、「ごうぐみ」(1月)、「ゆめぴりか帰る篇」(10月)、「合組再結成篇」(10月)• 「 シルキーブラック」(2014年6月)• 「プレミアムボス 微糖」(2015年)• 「NewマイティアCLアイスクラッシュ」(2014年7月)• 「郵便局の年賀状印刷」• 『わがままな人篇』(2014年11月、の新宿二でロケを行った)• 『宛名も丸投げ篇』(2015年)• 『バカまじめな男・不在の家篇』(2015年)• 「ムアツ スリープ スパ(muatsu Sleep Spa)」(2015年3月)• 「GRAND X(グランエックス)シリーズ」(2015年)• 「新極旨ウインタークラブ」「ピザーラニューヨーカー」(2015年) 「カマンベールデラックス」(2016年)• 「」(2016年 - 2020年)• 「BIG」(2016年 - 2017年)• 『不在票篇』・『めんどくさい篇』・『すっぴん篇』(2019年3月)• 企業CMキャラクター「ママツコ」 - 一消費者として忌憚なく意見する、子連れの主婦「ママツコ」の役。 (2019年9月1日 - 同年下半期現在)• 「」-「 変わっターン 変わってなかっターン キャンペーン」(2019年9月2日 - 30日)• 「亀田の」-「私、亀田を変えたいの。 キャンペーン『当たり前を疑え! 国民投票』」 (2019年10月1日 - 11月27日)• ワンデイブラック• 『デカいの登場篇』(2019年3月28日 - )• 『常温でもうまい篇』(2019年4月9日 - ) 広告 [ ]• 東京2020投票(2018年) ミュージックビデオ [ ] 映像外部リンク - の23rdシングル(2003年3月発売)• 「喜びの唄」(2003年3月5日、 VICL-35475) 映像作品 [ ] DVD• アンタがいるから素直に笑えないのよ 編 (2011年2月16日 PCBC-51912)• マツコの部屋 アタシ、誰のために生きてるの? 編 (2011年3月16日 PCBC-51911) 以上、発売:、 販売:• マツコの知らない世界 -極めすぎた男たち 篇- (2013年8月30日 PCBE-54286)• マツコの知らない世界 -極めすぎた女たち 篇- (2013年8月30日 PCBE-54287) 以上、発売: 販売:ポニーキャニオン DVD(ゲスト出演)• 劇場 スジナシ2015春 in 赤坂BLITZ 第三夜 お蔵入りのキッス 笑福亭鶴瓶(2015年9月9日 ANSB-56276) 発売:TBS 販売:Aniplex 商品 [ ]• 「」 - 2011年4月「マツコ危機一髪DX」が発売。 剣を刺すごとにマツコのオリジナル音声(15種)が流れる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2018年4月27日閲覧。 『総武線さんぽ』(散歩の達人MOOK、交通新聞社、2015年)p. 104• 2010年8月4日. 2010年9月10日閲覧。 ライブドアニュース(2015年3月26日)• , p. 2013年10月7日. , p. 199, 第3章 言う私、そして、生きて行く私. 『』、2000年。 メディアプロダクツジャパン. 2010年7月22日. SANKEI DIGITAL. 2019年8月11日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年11月13日. 2017年11月14日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年11月14日. 2017年11月14日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年11月16日. 2017年11月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年11月20日. 2017年11月20日閲覧。 スポーツ報知. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 スポニチ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 サンスポ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 ニッポン放送 2015年2月5日. 2015年2月23日閲覧。 2015年1月29日. デイリースポーツ(2015年1月26日作成). 2019年4月23日閲覧。 2010年12月28日. 2020年4月4日閲覧。 2013年6月17日. 2015年2月23日時点のよりアーカイブ。 2015年5月2日閲覧。 - NEWSポストセブン・2015年5月2日• - gooテレビ番組• スポーツ報知 報知新聞社. 2017年8月7日. 2017年11月20日閲覧。 (Akira Shimadaアップロード) 2007年7月4日• J-CASTニュース. 2010年12月14日. 2011年2月9日閲覧。 マツコ激似の宝富士に共演オファー!師匠も絶賛「マツコ富士に改名しようか」 スポーツ報知、2011年8月17日• 2012年4月18日記事• Aolニュース(2015年8月5日)• ゲイライフジャパン. 2010年12月5日. 2015年4月5日閲覧。 日本テレビ. 2020年1月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月25日. 2016年2月25日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月25日. 2016年2月26日閲覧。 2015年10月15日. 2015年10月15日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年4月12日. 2016年4月20日閲覧。 ORICON STYLE 2015年9月25日. 2015年9月25日閲覧。 2015年10月14日. 2015年10月15日閲覧。 電通報 2015年6月25日. 2015年7月3日閲覧。 2015年11月13日. 2015年11月13日閲覧。 SANSPO. COM. 2016年4月11日. 2016年4月20日閲覧。 2019年3月5日. 2016年3月5日閲覧。 PR TIMES 2019年3月13日. 2019年3月22日閲覧。 資生堂グループ企業情報サイト 2019年3月13日. 2019年3月22日閲覧。 公式ウェブサイト. 株式会社. 2019年10月3日閲覧。 公式ウェブサイト. 株式会社 PR TIMES. 2019年10月3日閲覧。 公式ウェブサイト. 亀田製菓 2019年10月1日. 2019年10月3日閲覧。 公式ウェブサイト. 亀田製菓 2019年9月2日. 2019年10月3日閲覧。 「」『』、2019年9月30日。 2019年10月3日閲覧。 「」『』、2019年10月1日。 2019年10月3日閲覧。 食品産業新聞社ニュースWEB 食品産業新聞社. 2019年3月28日. 2020年1月7日閲覧。 ウェブ電通報 2018年2月1日• RO69 ロッキング・オン. 2014年12月12日. 2015年4月3日閲覧。 2011年5月30日閲覧。 外部リンク [ ]• タレントデータバンク/知恵蔵2015/知恵蔵mini『』 -•

次の

N国、マツコを「ぶっ壊す!」と批判…原因になったTV「気持ち悪い」発言とは/芸能/デイリースポーツ online

マツコ nhk

東京モーターフェス2018にて(2018年10月6日) 誕生 1972-10-26 (47歳) ・ 職業 言語 活動期間 - ジャンル デビュー作 『アタシがマツコ・デラックス!』 親族 お笑い芸人の松井成行()が従兄弟 公式サイト 所属事務所 ナチュラルエイト マツコ・デラックス 生年月日 1972-10-26 (47歳) 出身地 ・ 身長 178cm 言語 日本語 方言 標準語、 最終学歴 活動時期 (女装タレントとして)- 同期 現在の代表番組 など を参照。 過去の代表番組 など 他の活動 公式サイト 受賞歴 Tokyo SuperStar Awardsブレイクスルー賞(2010年) ギャラクシー賞(マツコとマツコにて) TSUKEMAクイーン(2015年、D. UP) マツコ・デラックス(〈47年〉 - )は、の、、、、である。 所属は。 はA型。 新聞のラテ欄やの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「 マツコDX」と表記されることがある。 来歴 [ ] 文筆業 [ ] 高校卒業後は(東京都品川区)に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何か違う」と感じていた時にな同性愛者の姿を見て奮起し 、『』『』『』に並ぶ『』の編集部に転職し、同誌の・などを務めた。 二十代後半に退職、実家で引き篭もり生活を送っていたが 、編集者時代の記事を読んでいたのがホストを務める対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢され、『 マツコ・デラックス』の芸名と個性的なビジュアルやトークスキルが注目された事が世に出るきっかけとなった。 更に中村から「あんたは書くべき人間」とその文才が高く評価されるなどを経て 、頃 から、:全て180cm、体重140kgの巨体と、家というユニークなスタイルでタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始した。 、社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以降も定期的に著作を発表している。 また、毒舌と体型で比較されることの多いとは、「」についてのテーマで対談している。 テレビ、ラジオへの進出 [ ] 、『』の前身番組『』でテレビ初出演を果たす。 の情報番組『』のコメンテーターで登場した(2020年現在、月曜レギュラー出演中)。 テレビに出演するようになるきっかけである『5時に夢中! 』には、のちッパいの代役として急遽起用されたのが最初である。 当時番組MCであったが従弟のからマツコについての話を聞いたことがあり、早急に代役を探していた番組スタッフに推薦したことでオファーに至る。 出演した回がスタッフに好評だったため、後にレギュラーコメンテーターとなった。 、フジテレビで初の『』が開始される。 それまでは、とタレント活動を一人で兼任していたが、ミッツの伯父であるから「事務所には入った方がいい」との助言を受け、に所属した。 以降、『』、『』、『』など、自由かつ毒舌混じりな発言を大いに活かしているレギュラー番組が次々とスタートしている。 放送の主演の系ドラマ「」でドラマ初出演。 、で冠番組『』が開始した。 、日本テレビ『』で連続ドラマ初出演を果たした。 より、「怒り新党」に代わり『』がスタート。 出演はマツコ、、(アナウンサー) 2017年11月10日、体調不良により入院。 にが入り、めまいやふらつきなどが発症。 一人暮らしのため、大事を取って入院したとされる。 同月13日の『』の出演は欠席。 16日、所属事務所が公式サイトを通じて回復を報告した。 20日の『5時に夢中! 』で、復帰後初の生放送出演。 人物 [ ] 趣味・嗜好 [ ]• 炭水化物好き(、しっとり、等)。 基本的にはやは嫌いである。 のファンであり、特に「それぞれの個性が面白い」とを気に入っているという。 本人曰く「ベリのファンって恥ずかしいからのファンってことにしてるのよ」という(そのことについては「ベリのどこが恥ずかしいんですか! 」と思ったという)。 の大ファン。 また、テレビ番組での共演をきっかけにの「」を応援しており、後にがの姉妹グループでを拠点に活動する「」を結成するというニュースに触れた際に「(Negiccoの)ジャマするなよ」と批判した。 車にも詳しく、2016年12月28日放送の『夜の巷を徘徊する』では2016年で起きたの悲劇も生で目撃したことを明かしている。 またでは、最近マツコはを購入したが、旧車であるへの猛烈な憧れがあり検討していたことを明かしている。 人物に対して [ ]• 『』(2010年4月23日放送分)出演時に、するであることを面と向かって両親に告白できていないと明かしていた。 自分がゲイであることを「知ってくれているとは思う」と両親への複雑な思いを抱いている。 尊敬する人物として、元NHKアナウンサーのを挙げており、彼女がホスト役を務めた2013年6月17日放送の『』にゲスト出演した。 同様にの名を挙げている。 番組の収録などでテレビ局やスタジオに出向いた際、美輪も偶然同じ社屋にいると伝え聞いた時は必ず楽屋を訪ね挨拶をするという。 元プロ野球選手のの大ファンであり、テレビ番組等で度々公言している。 『』で「私のイケるプロ野球選手、不動の1位」とコメントした。 だが、一方で「(名門野球部出身者が)よくいるけど、十中八九、クソ野郎だから」と言い切り、「野球やっていても、あんな人間しか育たないんだって良くわかるわ」と野球部出身者を批判している事も公言している。 東映製作の映画『女囚さそり』に強い影響を受けており、20代の頃には主演であるの黒ずくめスタイルを真似て、女装仲間らと寸劇に興じるほどであった。 を公表している所属の元議員のを支持、支援して 、2007年のに彼女が出馬を表明した際、支持者集会で応援ビデオメッセージを送っている。 因みに、同性愛者について「足りない感じがする」などネガティブな発言をした(当時)に対しては批判している。 その他 [ ]• のが「マツコ・デラックス似の力士」と評判で、師匠の親方(元・)からも「似てる。 マツコ富士に改名しようか」と言われたことがある。 その後、2012年4月23日放送分の『』に宝富士がゲスト出演し、初共演した。 たまにの要請に応じしているという。 受賞歴 [ ]• :ブレイクスルー賞()• TSUKEMAクイーン(2015年、D. UP) 書籍 [ ] 単著 [ ]• アタシがマツコ・デラックス! (2002年7月、)• 『週刊女装リターンズ「女の業」号』、、2005年5月。 世迷いごと(2010年10月13日、)• (2012年4月12日、双葉文庫)• あまから人生相談(2011年2月1日、)• 続・世迷いごと(2012年2月21日、双葉社)• (2013年5月16日、双葉文庫)• デラックスじゃない(2014年6月21日、双葉社) 共著 [ ]• うさぎとマツコの往復書簡(2010年11月6日、、との共著) - 連載コラム• うさぎとマツコの往復書簡 全身ジレンマ(2014年9月、双葉文庫)• 愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡(2011年11月8日、毎日新聞社、中村うさぎとの共著)• うさぎとマツコの往復書簡 自虐ドキュメント(2014年11月、双葉文庫)• 喧嘩上等 うさぎとマツコの往復書簡3(2012年11月10日、毎日新聞社、中村うさぎとの共著)• 同行二人 うさぎとマツコの往復書簡4(2014年1月29日、毎日新聞社、中村うさぎとの共著) 連載雑誌 [ ]• () - 「週刊女装」• 本当にあった笑える話()• コミックワイドショー()• すてきな奥さん(主婦と生活社)• () - 「マツコ・デラックスの『流行人 百面相スケッチ』」• () - 「マツコ・ヨットスクール」• () - 「矢来町心中」• () - 「うさぎとマツコの往復書簡」 インタビュー掲載 [ ]• カリスマ探訪記(2006年7月4日、白泉社、雁須磨子)• vol. 88(2010年2月13日、太田出版)• 99人の小さな転機のつくりかた(2010年12月25日、大和書房、『ビッグイシュー日本版』編集部・編)• GALAC 2012-9月号(2012年9月16日、角川グループパブリッシング、NPO法人放送批評懇談会)• 評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」(2014年6月30日、朝日文庫、横田増生) 対談掲載 [ ]• クィック・ジャパン vol. 91(2010年8月20日、太田出版、と対談)• 阿川佐和子のこの人に会いたい 8(2011年6月10日、文春文庫、阿川佐和子)• ピーコの言葉 ピーことば(2012年11月20日、主婦の友社、ピーコ)• 薄明鬼語 西村賢太対談集(2014年6月1日、扶桑社)• サワコの朝(2015年10月1日、大和書房、阿川佐和子) 鼎談掲載 [ ]• クィア・ジャパン VOL. 3 2000年10月20日、勁草書房、ナンシー関・伏見憲明と鼎談 出演 [ ] テレビ番組 [ ] 現在の出演番組 [ ]• (2005年 - 、) - 月曜コメンテーター• (2009年 - 、系列) - スタジオレギュラー• (2011年 - 2013年・2014年 - 、系列) - MC• (2012年 - 、系列) - MC• (2013年 - 、フジテレビ系列) - MC• (2015年 - 、系列) - レギュラー• (2015年 - 、日本テレビ系列) - MC• (2017年 - 、テレビ朝日系列) - MC 過去の出演 [ ]• ( - 、TBS系列) - 金曜コメンテーター• (2007年、フジテレビ系列) - 特別番組• ( - 2009年、TBS系列)• (2009年 - 、フジテレビ系列)• ( - 2011年、フジテレビ系列)• ( - 2011年・ - 2013年、TBS系列)• ( - 2013年8月、TBS系列) - 特別番組• (2011年7月23日 - 24日、フジテレビ系列) - 特別番組・インフォメ担当• (2011年 - 2012年9月、日本テレビ系列) - 準レギュラー• (2011年4月 - 2011年9月、フジテレビ系列)• (2011年4月 - 2017年3月、系列) - MC• ( - 3月、日本テレビ系列) - MC• (2011年 - 2015年 、テレビ朝日系列) - 特別番組• (2013年8月3日 - 4日、フジテレビ系列) - 特別番組・アシスタント担当• (10月、TBS系列)• (2013年 - 2015年、テレビ朝日系列) - 特別番組• ( - 、テレビ朝日系列) - 準レギュラー• ( - 2015年、テレビ朝日系列)• (2014年、TBS系列) - 有田哲平の代役• (2015年、日本テレビ系列)- MC• (2015年、フジテレビ系列)• (2018年、テレビ東京系列) - 特別番組• 50日間で女性の顔は変わるのか!? 日本一金かかる街で暮らすと 2019年7月21日・2020年1月4日、日本テレビ• マツコ、静岡でマグロを喰らう。 (2020年3月9日、静岡朝日テレビ) - 特別番組 テレビドラマ [ ]• 最終話(2010年12月9日、テレビ朝日系列) - マツコ・デラックス 役• (2012年2月4日、テレビ朝日系列) - マツコ・デラックス 役• (2012年4月 - 6月、日本テレビ系列) - ホームズ(猫の化身) 役• 第3話(2012年5月10日、TBS系列) - 司会者 役• (日本テレビ系列) - バカボン家の隣人 役• 天才バカボン〜家族の絆(2016年3月11日)• 天才バカボン2(2017年1月6日)• 天才バカボン3〜愛と青春のバカ田大学(2018年5月4日) ラジオ [ ]• 「」(2001年)• (2010年6月)• (2010年7月)• 「2010秋のキャンペーン」(2010年)• 「」(2010年)• 「」(2015年 - )• 『CLUB KEIBA もうひとつのクラブケイバ篇』(2010年)• 『CLUB KEIBA』Web限定ムービー「マツコ。 その愛」(2010年10月)• 「Xmasフェア」(2010年)• (2010年)• 「ホワイト学割 with 家族 2011」(2011年)• 「デッカルチェ」(2011年)• 「イブA錠」 - 『「教えて! イブ先輩! 『』(2011年)• 「キシリクリスタル」 - 『キャンディ警部・空港篇』(2011年9月)• - 企業CM「」「」• 2011年 - 役• 2012年 - お市の方(声の出演)• (2014年12月)• -『 モダン篇』(2015年4月)• 2016年4月• 『』(2012年5月、ただし発売自体は2011年)• 「」(2012年9月)• 『ポンデリング部』 - 部長 役(2013年1月)• 『夏の推しド』篇(2013年6月) 夏専用ポン・デ・リング「ポン・デ・リング生 抹茶」「ぷるるんポン・デ・リング」• 『熱とろポン・デ・リング』(2014年1月)• 『マツコ、モスに潜入!? 』篇(2014年5月)• 『ミスド 大感謝セール』(2014年9月)• 『秋のショコラドーナツセール』(2014年9月)• 「ハイリキザ・スペシャル」(2013年3月)• 「アーククラブ迎賓館」『マツコリョーシカ編』(2013年8月・2014年1月)• 「ペヨングソースやきそば」(2016年3月)• 「ビューティー」• 『パウダールーム篇』・『リビング篇』・『ロビー篇』・『ショッピング篇』(2013年11月)• 『忙しいママ篇』・『おトクにキレイ篇』・『かわいいネイル篇』・『選べるリラクサロン篇』(2014年11月)• 「ホットペッパーグルメ」 - 『できる男のネット予約篇』(2015年11月)• 「モバイルONE」、「050 plus」(2013年12月)• 「OCNモバイルONE」• 『ロボマツコ完成』篇(2014年12月)• 『マツコ式部』篇(2016年2月)• 「北海道米」• 2014年 - 「」『マツコ 食べる篇』(2月)、「ななつぼし・」『マツコ ふたまた篇』(10月)、「ななつぼし・ゆめぴりか・・」『マツコ 複雑篇』(10月)• 2015年 - 「ゆめぴりか」『このマークは何?篇』(10月)• 2018年 - 「ゆめぴりか」『リリー・フランキーさん、来店。 篇』(10月) - と共演• 2019年 - 「ななつぼし」『リリー・フランキーさん、大丈夫。 篇』(1月)、「ふっくりんこ」『リリー・フランキーさん、かっこいい。 篇』(1月)、「ごうぐみ」(1月)、「ゆめぴりか帰る篇」(10月)、「合組再結成篇」(10月)• 「 シルキーブラック」(2014年6月)• 「プレミアムボス 微糖」(2015年)• 「NewマイティアCLアイスクラッシュ」(2014年7月)• 「郵便局の年賀状印刷」• 『わがままな人篇』(2014年11月、の新宿二でロケを行った)• 『宛名も丸投げ篇』(2015年)• 『バカまじめな男・不在の家篇』(2015年)• 「ムアツ スリープ スパ(muatsu Sleep Spa)」(2015年3月)• 「GRAND X(グランエックス)シリーズ」(2015年)• 「新極旨ウインタークラブ」「ピザーラニューヨーカー」(2015年) 「カマンベールデラックス」(2016年)• 「」(2016年 - 2020年)• 「BIG」(2016年 - 2017年)• 『不在票篇』・『めんどくさい篇』・『すっぴん篇』(2019年3月)• 企業CMキャラクター「ママツコ」 - 一消費者として忌憚なく意見する、子連れの主婦「ママツコ」の役。 (2019年9月1日 - 同年下半期現在)• 「」-「 変わっターン 変わってなかっターン キャンペーン」(2019年9月2日 - 30日)• 「亀田の」-「私、亀田を変えたいの。 キャンペーン『当たり前を疑え! 国民投票』」 (2019年10月1日 - 11月27日)• ワンデイブラック• 『デカいの登場篇』(2019年3月28日 - )• 『常温でもうまい篇』(2019年4月9日 - ) 広告 [ ]• 東京2020投票(2018年) ミュージックビデオ [ ] 映像外部リンク - の23rdシングル(2003年3月発売)• 「喜びの唄」(2003年3月5日、 VICL-35475) 映像作品 [ ] DVD• アンタがいるから素直に笑えないのよ 編 (2011年2月16日 PCBC-51912)• マツコの部屋 アタシ、誰のために生きてるの? 編 (2011年3月16日 PCBC-51911) 以上、発売:、 販売:• マツコの知らない世界 -極めすぎた男たち 篇- (2013年8月30日 PCBE-54286)• マツコの知らない世界 -極めすぎた女たち 篇- (2013年8月30日 PCBE-54287) 以上、発売: 販売:ポニーキャニオン DVD(ゲスト出演)• 劇場 スジナシ2015春 in 赤坂BLITZ 第三夜 お蔵入りのキッス 笑福亭鶴瓶(2015年9月9日 ANSB-56276) 発売:TBS 販売:Aniplex 商品 [ ]• 「」 - 2011年4月「マツコ危機一髪DX」が発売。 剣を刺すごとにマツコのオリジナル音声(15種)が流れる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2018年4月27日閲覧。 『総武線さんぽ』(散歩の達人MOOK、交通新聞社、2015年)p. 104• 2010年8月4日. 2010年9月10日閲覧。 ライブドアニュース(2015年3月26日)• , p. 2013年10月7日. , p. 199, 第3章 言う私、そして、生きて行く私. 『』、2000年。 メディアプロダクツジャパン. 2010年7月22日. SANKEI DIGITAL. 2019年8月11日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年11月13日. 2017年11月14日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年11月14日. 2017年11月14日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年11月16日. 2017年11月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年11月20日. 2017年11月20日閲覧。 スポーツ報知. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 スポニチ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 サンスポ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 ニッポン放送 2015年2月5日. 2015年2月23日閲覧。 2015年1月29日. デイリースポーツ(2015年1月26日作成). 2019年4月23日閲覧。 2010年12月28日. 2020年4月4日閲覧。 2013年6月17日. 2015年2月23日時点のよりアーカイブ。 2015年5月2日閲覧。 - NEWSポストセブン・2015年5月2日• - gooテレビ番組• スポーツ報知 報知新聞社. 2017年8月7日. 2017年11月20日閲覧。 (Akira Shimadaアップロード) 2007年7月4日• J-CASTニュース. 2010年12月14日. 2011年2月9日閲覧。 マツコ激似の宝富士に共演オファー!師匠も絶賛「マツコ富士に改名しようか」 スポーツ報知、2011年8月17日• 2012年4月18日記事• Aolニュース(2015年8月5日)• ゲイライフジャパン. 2010年12月5日. 2015年4月5日閲覧。 日本テレビ. 2020年1月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月25日. 2016年2月25日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月25日. 2016年2月26日閲覧。 2015年10月15日. 2015年10月15日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年4月12日. 2016年4月20日閲覧。 ORICON STYLE 2015年9月25日. 2015年9月25日閲覧。 2015年10月14日. 2015年10月15日閲覧。 電通報 2015年6月25日. 2015年7月3日閲覧。 2015年11月13日. 2015年11月13日閲覧。 SANSPO. COM. 2016年4月11日. 2016年4月20日閲覧。 2019年3月5日. 2016年3月5日閲覧。 PR TIMES 2019年3月13日. 2019年3月22日閲覧。 資生堂グループ企業情報サイト 2019年3月13日. 2019年3月22日閲覧。 公式ウェブサイト. 株式会社. 2019年10月3日閲覧。 公式ウェブサイト. 株式会社 PR TIMES. 2019年10月3日閲覧。 公式ウェブサイト. 亀田製菓 2019年10月1日. 2019年10月3日閲覧。 公式ウェブサイト. 亀田製菓 2019年9月2日. 2019年10月3日閲覧。 「」『』、2019年9月30日。 2019年10月3日閲覧。 「」『』、2019年10月1日。 2019年10月3日閲覧。 食品産業新聞社ニュースWEB 食品産業新聞社. 2019年3月28日. 2020年1月7日閲覧。 ウェブ電通報 2018年2月1日• RO69 ロッキング・オン. 2014年12月12日. 2015年4月3日閲覧。 2011年5月30日閲覧。 外部リンク [ ]• タレントデータバンク/知恵蔵2015/知恵蔵mini『』 -•

次の

【緊急事態】マツコデラックス激怒か / NHKから国民を守る党・立花孝志を裁判で訴える準備中との情報 | バズプラスニュース

マツコ nhk

バッサリ斬り捨てたマツコ(左)と激怒した立花氏 参院選で1議席を獲得し、国政政党へと躍進した「NHKから国民を守る党」を率いる立花孝志党首(51)とマツコ・デラックス(46)の場外バトルが勃発した。 マツコが立花氏やN国党を「気持ち悪い」と評したことに立花氏が激怒。 「テレビに出ている芸能人はNHKを批判できない!!」と猛反論し、N国党VSマツコが開戦だ。 NHKスクランブル化のワンイシュー(1つの政策)だけで、参院選では全選挙区の合計で3・02%得票し、比例区でも約99万票を得票したN国党。 その勢いのまま、北方領土訪問中に戦争発言で物議を醸し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35)を入党させれば、元みんなの党代表の渡辺喜美参院議員(67)と会派を組むなど話題を振りまき、国会で存在感を増している。 そんなN国党と立花氏を一刀両断にしたのがマツコだ。 注目発言が飛び出したのは7月29日放送の「5時に夢中!」(TOKYOMX)で、27日発行本紙紙面「小中学生の間で『NHKをぶっ壊す!』が流行」の記事が取り上げられた時だった。 マツコは、N国党について「これからじゃないですか。 これ(NHKのスクランブル化)だけの目的で国政に出られたら、それで税金払われたら受信料もそうだけど、そっちの方が迷惑。 今のままだと、ただ気持ち悪い人たち」とブッタ切ったのだ。 さらに、N国党が参院選で躍進したことにも「さあ? なんだろう。 冷やかしじゃない? もちろん、受信料を払うことに疑問を持って、真剣に思っている人もいるだろうけど、なんかふざけて入れている人も相当数いるんだろうな」と冷ややかだった。 笑顔で「NHKをぶっ壊す!」を連呼する立花氏とN国党を「ちょっと宗教的な感じもある。 ちょっと気持ち悪い」と評し、最後まで辛辣だった。 このマツコ発言にN国党関係者は大怒りだ。 東京選挙区から出馬し、落選した大橋昌信氏(43)はツイッターで「『テレビ側の人間の凝り固まった発想』ということ。 歯に衣着せぬ毒舌コラムニストで知られるマツコだが、いまや各局にレギュラー番組を持つ売れっ子。 ネット上でもマツコ発言は賛否両論、物議を醸した。 本紙の取材に「テレビに出ている人はすべてNHKの悪口なんて言えない。 当たり前のことなんですよね。 悪口を言った瞬間、CMから出演まですべて飛ぶ。 我々が国政政党となったのは国民の声で、全然わかっていない」とあきれ顔。 テレビに出演しているコメンテーター陣のN国党批判にはもはや慣れっこの様子だ。 立花氏が最も看過できないとしたのはマツコの「気持ち悪い」発言だ。 「立花やウチの党をバカにするのはいいけど、党に投票してくれた有権者をバカにしないでもらいたい」と立花氏は憤る。 得票は自ら客観的に分析しており「政見放送で『不倫路上カーセックスをしているNHKをぶっ壊す』と言って注目されたが、実際として票は減る。 本当にNHKの集金人からの被害がひどく、そういった方々から多くの投票を頂いた」とも。 ふざけているようで、被害者の深刻な声を聞いているだけに「我々が気持ち悪いんじゃなく、NHKにヨイショする芸能人が気持ち悪い。 そんなのは国民も分かっている」と立花氏は不快感をあらわにした。 N国党関係者は「どこか場があれば、ぜひ立花とマツコさんの間でNHK問題を論議してもらいたい」と呼びかける。 果たして、マツコVSN国党の直接対決に発展するのか、注目だ。

次の