きめ つの 刃 おば ない。 【鬼滅の刃】蛇柱 伊黒小芭内(いぐろおばない)過去・能力・強さなどまとめ

【鬼滅の刃】蛇柱「伊黒小芭内」の衝撃の過去|甘露寺との関係について

きめ つの 刃 おば ない

おしながき• 鏑丸 なにそれ? 美味しいの? そう思った方もいらっしゃるでしょう。 意外に知られていないというか注目されていない、小芭内の蛇の名前です。 鏑丸は、いつも小芭内の首の周りにいる白蛇です。 白蛇とは白化現象を起こした蛇で、その希少性により日本各地で、縁起のいい動物として祀られています。 今回は、白蛇について色々と見ていきたいと思います。 弁財天はかの有名な、七福神の一人です。 一人というか、一柱と言うのが正しいかも? 弁財天は、財がつく名前からも分かるとおり「金運アップ」の神様です。 また興味がある方は調べてみてほしいのですが、なんとこの弁財天。 琵琶を持ってらっしゃる神様なのです。 琵琶といえば! 先日無惨に殺害された、鳴女を思い浮かべますよね。 ここで繋がりました。 鳴女と小芭内。 まさかこんな所で。 お母さん… それはちょっと気が早いかもしれないですが、どういう事か説明させてください。 白蛇 白蛇と弁財天、そして小芭内。 何がどう繋がったのか。 ご存じの方もいらっしゃるかと思うのですが、実は弁財天の遣いこそが、白蛇だと言われているのです。 もともと弁財天は、インドの川の女神様でした。 そのことから川のイメージにより、龍や蛇が弁財天の遣いとされるようになったそうです。 また、蛇は穀物を食べてしまうネズミを退治してくれるため、財運や金運の神様である弁財天の、遣いとされるようになったのだとか。 ここで一旦まとめます。 琵琶を持つ弁財天と、同じく琵琶を持っていた鳴女。 そして、弁財天の遣いとされている白蛇と、小芭内の連れている白蛇。 以上の事から、鳴女と鏑丸と小芭内は、何か繋がりがあるのではないか。 私はそう考えています。 という事はです。 もともと鏑丸は、鳴女が連れていた蛇なのではないか。 そうも考える事ができますよね。 ということは…お母さん…? お母さん 私は今回の考察で、小芭内と鳴女が親子関係なのではないか。 そう考えるようになりました。 しかし、今のところそんな様子は見受けられません。 小芭内と鳴女は、無限城で顔を合わせています。 小芭内も鳴女も、互いに姿は確認しているはずですが、お互い動揺するような様子はありませんでした。 という事は、記憶が無いから分からない? そもそも二人が親子とは確定していませんが、小芭内の過去に何か秘密があるのは確かですよね。 それが鳴女との事なのか、全く関係のない事なのか。 楽しみに待ちたいと思います。 あと、鳴女は無惨に殺されたとされていますが、消滅している様子はまだ描かれていません。 何とか生き残っていて、無惨の支配も薄れた状態で小芭内と対面。 そこで過去を思い出す。 そんな展開も、面白そうだなと思いました。 まとめ的なもの 今回色々と深読みをしてみましたが、実際フタを開けてみたら何も関係ありませんでした。 そういった事はよくあります。 でも、琵琶と白蛇、ここまでキーワードが重なるのも珍しい事です。 なのでもしかしたら…。 今回は「お金」についてのお話です。 これは結構、意見が別れる話題かと思います。 皆さんは、お金をガンガン稼いで豊かに暮らしたいか、ボチボチ働いてボチボチの生活をしたいか。 そうすれば、人を巻き込んで互いに豊かになれる可能性がある。 そう考えております。 私の能力は、そこまで高いものではありません。 なので、人の力を借りる。 そのために、お金は絶対必要です。 ある程度は自分で稼ぎつつ、ドンドン人に投資する。 これが私の、お金に対する一つの考え方です。

次の

【鬼滅の刃】蛇柱「伊黒小芭内」の衝撃の過去|甘露寺との関係について

きめ つの 刃 おば ない

おしながき• 鏑丸 なにそれ? 美味しいの? そう思った方もいらっしゃるでしょう。 意外に知られていないというか注目されていない、小芭内の蛇の名前です。 鏑丸は、いつも小芭内の首の周りにいる白蛇です。 白蛇とは白化現象を起こした蛇で、その希少性により日本各地で、縁起のいい動物として祀られています。 今回は、白蛇について色々と見ていきたいと思います。 弁財天はかの有名な、七福神の一人です。 一人というか、一柱と言うのが正しいかも? 弁財天は、財がつく名前からも分かるとおり「金運アップ」の神様です。 また興味がある方は調べてみてほしいのですが、なんとこの弁財天。 琵琶を持ってらっしゃる神様なのです。 琵琶といえば! 先日無惨に殺害された、鳴女を思い浮かべますよね。 ここで繋がりました。 鳴女と小芭内。 まさかこんな所で。 お母さん… それはちょっと気が早いかもしれないですが、どういう事か説明させてください。 白蛇 白蛇と弁財天、そして小芭内。 何がどう繋がったのか。 ご存じの方もいらっしゃるかと思うのですが、実は弁財天の遣いこそが、白蛇だと言われているのです。 もともと弁財天は、インドの川の女神様でした。 そのことから川のイメージにより、龍や蛇が弁財天の遣いとされるようになったそうです。 また、蛇は穀物を食べてしまうネズミを退治してくれるため、財運や金運の神様である弁財天の、遣いとされるようになったのだとか。 ここで一旦まとめます。 琵琶を持つ弁財天と、同じく琵琶を持っていた鳴女。 そして、弁財天の遣いとされている白蛇と、小芭内の連れている白蛇。 以上の事から、鳴女と鏑丸と小芭内は、何か繋がりがあるのではないか。 私はそう考えています。 という事はです。 もともと鏑丸は、鳴女が連れていた蛇なのではないか。 そうも考える事ができますよね。 ということは…お母さん…? お母さん 私は今回の考察で、小芭内と鳴女が親子関係なのではないか。 そう考えるようになりました。 しかし、今のところそんな様子は見受けられません。 小芭内と鳴女は、無限城で顔を合わせています。 小芭内も鳴女も、互いに姿は確認しているはずですが、お互い動揺するような様子はありませんでした。 という事は、記憶が無いから分からない? そもそも二人が親子とは確定していませんが、小芭内の過去に何か秘密があるのは確かですよね。 それが鳴女との事なのか、全く関係のない事なのか。 楽しみに待ちたいと思います。 あと、鳴女は無惨に殺されたとされていますが、消滅している様子はまだ描かれていません。 何とか生き残っていて、無惨の支配も薄れた状態で小芭内と対面。 そこで過去を思い出す。 そんな展開も、面白そうだなと思いました。 まとめ的なもの 今回色々と深読みをしてみましたが、実際フタを開けてみたら何も関係ありませんでした。 そういった事はよくあります。 でも、琵琶と白蛇、ここまでキーワードが重なるのも珍しい事です。 なのでもしかしたら…。 今回は「お金」についてのお話です。 これは結構、意見が別れる話題かと思います。 皆さんは、お金をガンガン稼いで豊かに暮らしたいか、ボチボチ働いてボチボチの生活をしたいか。 そうすれば、人を巻き込んで互いに豊かになれる可能性がある。 そう考えております。 私の能力は、そこまで高いものではありません。 なので、人の力を借りる。 そのために、お金は絶対必要です。 ある程度は自分で稼ぎつつ、ドンドン人に投資する。 これが私の、お金に対する一つの考え方です。

次の

【鬼滅の刃】蛇柱 伊黒小芭内(いぐろおばない)過去・能力・強さなどまとめ

きめ つの 刃 おば ない

伊黒の来歴・活躍 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 伊黒は甘露寺と共に行動し、 上弦の肆である鳴女と対峙。 柱2人を相手にしながら、互角以上に戦う鳴女。 2人が連携攻撃を仕掛けても、鳴女の首を捉えるには至らないのでした。 しかし、途中で合流した愈史郎と共に策を巡らせ、 鳴女の支配を乗っ取り無限城を崩壊させることに成功します。 最終決戦編 鬼の始祖無惨とついに対峙したものの、強烈な一撃を受けてしまい戦線離脱する伊黒。 その間に炭治郎が、日の出まで無惨を食い止めようと死闘を繰り広げます。 炭治郎の体力が限界に近づき追い込まれていく中、伊黒がついに戦線復帰。 失明しながらも鏑丸と共闘し、無惨を日の出まで追い詰めることに成功。 無惨は消滅に至ります。 伊黒の性格・魅力 大蛇が這うように移動しながら鬼の首を刈り取る技。 女ばかりが生まれる家系であり、伊黒は370年ぶりに生まれた男の子でした。 座敷牢に軟禁されますが、親族から気味が悪いほど優しくされ、食事もたくさん提供され、生活に困ることはありませんでした。 蛇鬼の生贄として生かされていた 12歳になった頃、突如座敷牢から豪華な部屋に連れ出された伊黒。 そこに鎮座していたのは、女の蛇鬼でした。 伊黒の一族は、鬼と結託して金品を強奪していたのです。 珍しい目をした伊黒は、生まれた時から蛇鬼に気に入られ、成長して大きくなるまで 後に食べるため 生かされていました。 口を割かれてしまう まだ生かされることになった伊黒ですが、蛇女の命令の元、口元を割かれてしまいます。 蛇女が自分と伊黒の口の形を揃えたい、という狂気的な理由のために。 座敷牢で鏑丸に出会う 鬼に食われるために、親族に見捨てられ軟禁され続ける伊黒。 伊黒が信用できるのは、牢にたまたま迷い込んだ蛇「鏑丸」だけでした。 逃亡し炎柱に救われる 生き延びたかった伊黒は、逃亡を決意します。 盗んだ簪で牢の格子を地道に削り、牢から脱出します。 途中蛇女に見つかってしまいますが、当時の炎柱によって救出。 鬼と結託する一族からも脱出することができたのでした。 重くのしかかる50人の命 保護された伊黒は、炎柱のはからいで鬼から生き残ったいとこと再会します。 しかし、いとこから告げられたのは「伊黒が逃げたせいで50人が死んだ」という辛辣な言葉。 何の正当性も無い言葉ですが、伊黒の心は抉られます。 自責の念に駆られる伊黒は、自分を少しでも「いいもの」と感じるために、鬼狩りとして奔走し、柱の境地まで至るのです。 伊黒と甘露寺蜜璃の関係(おばみつ) 伊黒は蜜璃のことが好き 188話にて、伊黒が恋柱「甘露寺蜜璃」のことを好きだと判明します。 蜜璃に靴下をプレゼントしたり文通をするなど、蜜璃を特別扱いしている描写が今まで見れられましたが、それは恋愛感情に起因した行動でした。 ちなみに伊黒が恋に落ちた理由は、一目惚れです。 好意を伝えるつもりはない しかし伊黒は、自身の出自が「汚れた一族」であることから、甘露寺の傍にいることにずっと抵抗を感じていました。 無惨を倒して死に、汚れた一族の血を浄化できるまで、蜜璃に好意を伝えない決意をするのでした。 刀の柄には植物の「ナンテン」 伊黒の刀の柄には、蛇とおそらくナンテンの葉が模してあります。 また、19巻(伊黒が表紙)のカバーを取ると「ナンテン」らしき植物が描かれています(実際に購入してご確認ください!)。 ちなみにナンテンの花言葉は、 「私の愛は増すばかり」「良い家庭」になっていて、こういった細かい部分でも甘露寺への想いが溢れています。 伊黒は死亡する?現代の転生者について 200話で悲しい現実が迫る 無惨戦を最前線で戦い続けた伊黒ですが、負傷状況が深刻で瀕死になってしまいます。 最後は甘露寺とお互いに好意を伝え合い、 来世で結婚することを誓い死亡します。 悲しい結末ではありますが、現世では決して結ばれないと確信していたおばみつにとっては、ある意味でのハッピーエンドと言えるのではないでしょうか。 現代にて転生者が登場 現代編にて、伊黒と瓜二つの転生者が登場。 オッドアイは受け継がれており、甘露寺の転生者と奇跡の再会を果たし、 夫婦で定食屋を営んでいます。 「 来世で必ず結婚する」という誓いを見事に果たして、鬼のいない世界で幸せになることができたのでした。 現代編の子孫・転生者について 戦闘シーンのある19巻 伊黒の初登場巻は6巻。 そして19巻では、ついに伊黒の戦闘シーンが登場し、蛇の呼吸の詳細が描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃19巻を読むことができます。 伊黒の戦いを見たい方は、以下のリンクから19巻を無料で読みましょう! 伊黒小芭内の声優・基本情報 声優は鈴村健一さん 伊黒小芭内の声優を担当しているのは、鈴村健一さんです。 その他の作品では、銀魂の「沖田総悟」やデジモンフロンティアの「木村輝一」役などを演じています。 プロフィール 名前 伊黒小芭内 階級 蛇柱(へびばしら) 誕生日 9月15日 身長 162cm 体重 53kg 出身地 <西山>(八丈富士) 趣味 川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める 好きなもの とろろ昆布 主役級キャラクターの紹介記事.

次の