創業支援 清瀬市。 令和2年度清瀬市創業資金融資

中小企業者等融資制度のご案内

創業支援 清瀬市

小平市では創業者・創業希望者の方に向けて様々な支援を実施しています 小平市では、産業競争力強化法に基づく「創業支援等事業計画」を策定し、平成26年10月31日付で新規申請の認定、平成28年5月20日付で変更申請の認定、平成30年12月26日で第2回の変更申請の認定をそれぞれ国から受けました。 注 産業競争力強化法に基づく「創業支援等事業計画」とは、2013年12月4日に成立した法律であり、「日本再興戦略」(2013年6月14日閣議決定)に盛り込まれた施策の実現を図るため、集中実施期間(5年間)を定め、政府全体で計画的取組を進めることで、日本経済を再生し、産業競争力を強化することを目的としています。 この法律には、これから創業する方を対象とした地域における創業支援体制の強化についても規定されており、小平市でも創業支援事業計画を作成しました。 この計画が国から認定されたことにより、計画に定めた「特定創業支援等事業」を一定程度受けた創業者は、株式会社設立時の登録免許税の軽減、創業関連保証の拡充といった特典を受けることができます。 主な創業支援事業 (1)小平市• 相談窓口の設置• 創業セミナー• 創業塾 (2)小平商工会• 個別相談• チャレンジショップ (3)小平商工会・西武信用金庫• 創業セミナー (4)多摩信用金庫• 個別相談• 創業セミナー・交流会• 創業塾 (5)嘉悦大学• 創業支援関連大学講義受講 (6)NPO法人Mystyle@• 個別相談• 構想塾、創業塾 (7)日本政策金融公庫• 個別相談• 創業セミナー、交流会 注 太字は特定創業支援等事業 特定創業支援等事業による優遇措置 特定創業支援等事業を受けた方で、前述の条件を満たしている方には、市に申請することにより証明書が交付され、様々な優遇措置が受けられるようになります。 市内で株式会社を設立する際の登録免許税が半額 資本金の0. 5万円• 個別相談【小平市】【小平商工会】【多摩信用金庫】【NPO法人Mystyle@ ハタラボ 】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付く相談を1か月(4回)以上にわたって受ける 注 小平市のみ4か月(4回)以上• 創業セミナー【小平市】【小平商工会・西武信用金庫】【多摩信用金庫】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付くセミナーを1か月(4回)以上にわたって参加する• 創業塾【小平市】【多摩信用金庫】【NPO法人Mystyle@ ハタラボ 】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付く講座を1か月(4回)以上にわたって受講し、かつ全体の7割以上に出席する• 創業支援関連大学講義受講【嘉悦大学】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の各テーマからもれなく1科目以上(合計4科目以上)履修を終える 証明書の交付申請の手続き 証明申請書に必要事項を記入の上、小平市役所産業振興課の窓口に提出してください。 申請内容の確認・審査を行い、おおむね1週間以内に証明書を発行します。 お問合わせ 小平商工会 電話:042-344-2311 西武信用金庫 電話:042-341-5131 多摩信用金庫 電話:042-526-7766 嘉悦大学 電話:042-466-3711 NPO法人Mystyle@ 電話:042-312-1789 日本政策金融公庫 電話:042-524-4191.

次の

創業支援

創業支援 清瀬市

ページ番号1003296 相模原市中小企業融資制度とは 市内で操業する中小企業等の事業活動に必要な資金の融資を、市と金融機関が協力して行うものです。 市が利子の一部を負担することで、比較的低利な融資が受けられます(利子補給制度)。 また、融資制度を利用する際に、神奈川県信用保証協会(注1)へ支払った信用保証料の一部を補助します(信用保証料補助制度)。 ご利用にあたっては、事前に市融資制度取扱金融機関にご相談ください。 また、神奈川県においても融資制度があります。 (注1)神奈川県信用保証協会は、事業の経営に真面目に努力し、将来に向かって発展の可能性のある中小企業に対して、金融上の強力な「公的保証人」となって、事業資金調達の円滑化に努めることを目的として設立された専門機関です。 お問い合わせ:神奈川県信用保証協会相模原支店(産業会館3階) 電話042-752-0575 相模原市中小企業融資制度の対象者 この制度は、資本金3億円(卸売業1億円、小売業・サービス業5,000万円)以下であるか、または、従業員数300人(卸売業・サービス業100人、小売業50人)以下の相模原市内の中小企業者、NPO法人及び協同組合等で、次の要件1~4のすべてに該当する人が対象です。 (従業員数には役員数は含みません。 中小企業信用保険法施行令第1条に規定する業種(神奈川県信用保証協会の保証対象外業種を除く)に属する事業を営んでいること。 市内で1年以上継続して同一事業を営んでいること。 かつ個人にあっては、1年以上市内に在住していること。 市民税を完納していること。 法人: 法人市民税 個人: 市民税• 行政庁の許認可等を必要とする事業を営むものについては、その許認可等を得ていること。 利子補給制度 市負担利率の利子を市が金融機関に対し支払うことで、利用者の利息負担を軽減します。 ただし、市外へ転出された場合や、融資制度から逸脱する条件変更をされた場合には、利子補給が停止いたしますので、あらかじめご承知おきください。 融資利率-市負担利率=利用者負担利率 (注)各資金の利率については、「相模原市中小企業融資制度のご案内」をご覧ください。 信用保証料補助制度 市の融資制度を利用する際に、神奈川県信用保証協会へ支払った信用保証料の一部を市が補助する制度です。 神奈川県信用保証協会の保証付で融資を受ける方は、信用保証料を支払う際に、融資を受ける金融機関へ申請書類を提出してください。 補助率は保証料の80%以内(千円未満切り捨て)、限度額は10万円です。 (注)なお、受けられた融資を早期に繰上完済をする、若しくは借り換えをすると、神奈川県信用保証協会から信用保証料の一部が返戻されることがあります(新たな信用保証料と相殺する場合も含む)。 それにより市からの補助金が過払いになる場合は、過払いとなった補助金を市へ返還していただきます。 確認書・認定書等の発行 中小企業振興資金・小企業小口資金・小企業特別資金・創業支援資金以外の資金は、市が発行する対象確認書・認定書が必要となりますので、公益財団法人相模原市産業振興財団にて申請手続きを行ってください。 (申請する融資制度によって必要となる書類が異なります。 対象確認書・認定書発行の申請に必要な書類について確認してください。 受付時間は、午前9時から午後5時までです。 ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 その他 中小企業融資制度の利用者の住所・代表者等の変更や、融資条件の変更があった場合には申請が必要となります。 必要書類を添えて、市産業支援課までご提出ください。 利用者の住所・代表者等の変更について 変更後の住民票又は商業登記簿謄本(写し可)を添付してご提出ください。 融資条件の変更について 変更契約書の写し及び変更保証書の写し(神奈川県信用保証協会の保証を付している場合)を添付してご提出ください。

次の

デイサービスLife 清瀬市 (デイサービスライフ)

創業支援 清瀬市

意外に重要な通帳確認 せっかく起業のために培ってきた営業力や人脈、温めてきたサービスやビジネスモデルも、通帳確認という思わぬ落とし穴で台無しになってしまうリスクがあります。 そうならないよう、起業や融資をお考えの方はぜひ御覧ください。 通帳確認が必要な理由 なぜ創業融資において、代表者個人の通帳の確認が必要なのでしょうか? 融資の審査は原則的には会社の通信簿である決算書をベースに行われます。 しかし、創業融資においては、決算書がありません。 そこで、創業融資においては、• 事業計画書の内容 が重要視されます。 代表者の定性面が重要 では具体的に代表者の定性面はどのように評価されるのでしょうか? 代表者の諸支払振りの確認 金融機関は、代表者個人の通帳を起業前3〜6ヶ月程遡って確認をすることにより、 代表者の公共料金や家賃、税金等の諸支払い状況を確認します。 公共料金等の支払いがきちんとしている方であれば「地に足をつけて生活をしている方」という印象になると思われます。 一方、収入は多いものの月末には口座が空に近く公共料金等の支払いが落ちていない場合には「ちょっとルーズでお金遣いの荒い方」という印象になると思われます。 そのような観点から金融機関は「もし貸した場合にちゃんと返してもらえる人か?」を判断します。 通帳による自己資金の準備状況の確認 創業融資において自己資金は非常に重要ですが、現金で蓄積していたり、ある日突然降って沸いたように銀行口座に入っていても自己資金として評価されない場合があります。 手堅く、事業に必要な額の資金を継続的に準備されてきた方は、当然に定性的な評価は高くなります。 金融機関は通帳を確認することにより、どのように創業のために資金的な準備をされてきたのかを判断します。 」というケースでも、通帳上、それらを返済するのに足りるだけの収入(入金)があり、借入の返済が遅滞なくなされていて、生活の収支に問題がない場合には、創業融資を受けられるケースがあります。 すべては 定性面・定量面の両面による総合判断です。 逆にいうと、総合判断ですので、通帳確認の重要性など事前に需要なポイントを把握しておけば、弱点を事前にカバーし、総合的な評価を高める(改善する)ことも可能です。 1980年東京都清瀬市生まれ、神奈川県相模原市出身。 青山学院大学経営学部卒。 株式会社INQ代表取締役CEO、行政書士法人INQ代表。 融資サポートを中心に、様々な領域のスタートアップのシード期の資金調達を支援。 年間130件超、10億以上の調達を支援するチームの統括責任者。 複数のスタートアップの社外CFOも務め、業界への理解が深く、デットだけでなくエクイティ両面の調達に明るく、対応がスムーズだとVCやエンジェル投資家からの信頼も厚い。 趣味はキャンプと音楽。 4児の父。 関連する記事• 2017. 22 弊社ではVCからのご紹介等で多くのWEBサービスやアプリを開発するスタートアップの創業融資をサポートさせていただいています。 2020. 19 目次 1. 信用保証協会とは?1. 信用保証の仕組み1. もし返済できなくなった場合1. 融資実行までの流れ1. 3[…]• 2020. 19 創業期に使える融資には大きく分けて、日本政策金融公庫 以下、公庫 の新創業融資と都道府県の制度融資があります。 本記事では、年間100件以上の創業融資[…].

次の