アズレン 対空。 『アズレン』周回に使うならコレ!アズールレーン低燃費艦ランキング・前衛編【5/15更新】『アズールレーン』

【アズレン】五十鈴は対空値やばいので敵の航空攻撃対策にはまじでオススメ

アズレン 対空

解説は長くなってしまったので先にオススメだけ書いておきます。 先日イベントで実装した日向はオススメです。 伊勢と同様の放火制圧で自身の火力が最大20%、砲術指揮・主力で更に主力の火力を最大15%上昇させます。 他の指揮スキルや前衛艦との組み合わせも考えなければいけませんが、三笠実装時に化ける可能性があると思います。 また、改造も含めると山城改は副砲が消える代わりに水上爆撃機搭載ができ、面白い動きができます。 こちらも三笠実装で化ける可能性があると思っています。 空母と戦艦の対比について回答致します。 まず攻撃手段に関して、爆撃と主砲攻撃です。 攻撃1回分の威力は空母の方が上です。 艦載機を3種類ないし2種類きっちりと揃える必要がありますが、爆弾大きさや数が多い物を積めば驚異的な攻撃範囲と威力が出せます。 また、通常海域において攻撃と同時に敵攻撃を総消しできるのは強力です。 対して砲撃は発射地点指定 手動操作一発目 と敵追従弾のみと範囲は狭めですが、威力はそこそこあり、攻撃速度は空母より圧倒的に速いです。 また、空母とは違い副砲装備により射程分の範囲まで敵が寄ってきた時に反撃が取れます。 自爆艦対策や演習ではそれなりに重要な追加攻撃になります。 命中率は空母のほうが高いようですが、攻撃速度との兼ね合いを見ると誤差の範囲だと思います。 対空に関して、空母は艦載機、戦艦は対空砲を使用します。 戦艦は前衛艦同様、対空砲の計算を用いて前衛艦とひとまとめに対空の威力、攻撃速度、射程に影響します。 対して空母は戦闘機の対抗発艦が可能な場合 おそらく戦闘機の攻撃速度 に空母の戦闘機艦載数を発艦、艦載機が装備している機銃で迎撃を行います。 前衛艦及び戦艦とは別に発艦しますので、水上艦とは違い射程をある程度無視して迎撃が行えるのが利点です。 その為、戦闘機が多く載せることができるイラストリアスは驚異的な対空性能を見せることができます。 他の空母では戦闘機はあまり多く載せられない為、対空砲で撃ち漏らした物を落とす程度の威力だと思って構わないかと思います。 一部軽空母の戦闘機、対空砲が両方装備できる艦は両方に影響すると思われます。 またとても重要な点ですが、先日八連ポンポン砲以外の対空砲の上方修正が行われ、6艦全てに金対空砲を装備した状態で対空攻撃を行うとほとんどの艦載機を撃墜またはミリ残しまでできてしまいます。 演習においてはとても致命的で前衛艦がいる状態ではほとんど主力まで攻撃することができません。 この様子を見る限り今後、超対空される通常海域や連続演習のようなイベントが出てきた場合、戦艦軸でなければ厳しい場合があるかもしれません。 以上のことから先行投資気味になりますが、ロイヤル以外なら重桜戦艦育成をオススメしたいと思います。 Lv168 戦艦強いと思いますよ?確かにすぐに活躍する空母と違って最初はイマイチダメージも稼げないなあという印象を私も持ってましたが、現凸してスキルレベル上げて装備整えたら非常に強力になります。 私が教わった戦艦の利点は、攻撃の回転の早さと接近してきた前衛や自爆ボートを副砲で処理できる事だそうです。 特に自爆ボートは全部前衛で処理するのは大変なので戦艦に任せれるなら有難いですね。 おすすめの戦艦として、私がいま育てているものでもあるのですがSRでネルソン・ロドニー、Rでペンシルベニアとかいかがでしょうか。 スキルを調べるとわかるのですがかなり強力なスキルを持ってます。 ペンシルベニアは2-2、ネルソンが2-3、ロドニーが2-4と序盤でドロップするので早い段階から使えます。 是非戦艦も使ってあげて欲しいです。

次の

アズレン編成 ブログ

アズレン 対空

概要 [ ] 時における最も有名なのうちの1つ。 に盛んに各国に輸出され、、、、、、などではも行われ、側、側両方で使われた。 特にの艦艇に搭載された対空兵器の中で最も多くのをしたと言われている。 艦載に加え、地上設置型も広く使用された。 一部には航空機に搭載されたものもある。 も序盤、によりマレー半島を占領したがイギリス軍から鹵獲し、コピーして使用することを試みた。 1945年にとして完成したが製造に手間取り、陸軍では終戦間際に国産として2門、では35門を製造したにとどまったとされている。 も主にで使用され、70に化され、新しいを付加した戦後型も作られた。 、、、では、現在も一部で使用され続けている。 また、アメリカ、イギリスにおいても最近まで防空用として使用されていた。 また、対空兵器としてでなく、では の地上攻撃用火砲として、では のとして現在も運用されている。 社は40mm機関砲を改良する一方、より強力なを設計した。 発射速度は毎分240発(4. 0Hz)に増やされた。 砲の旋回も人力から電動に変わり車輛の正面に置かれた発電機から電力を供給される。 さらに改良され、発射速度は300rpm(5. 0Hz)になり、さらに330rpm(5. 5Hz)まで改良された。 にはの標準的なとなり、のにも採用された。 やなどののとしても採用されている。 それに続き開発した連装砲塔がコンパクトであり、コンパクト40とも呼ばれる。 コンパクトは、40mm連装機関砲を製無人砲塔に搭載している。 ドーム型の砲塔の両側面と後面には整備用のハッチが取り付けられており、砲塔直下には、砲塔と一体化した即応準備弾を装填したが配置されている。 回転式弾倉はType A(736発装填)とType B(444発装填)の二種類のタイプが存在する。 からへの装填、発射、排莢の一連の動作は自動化されており、2門合計で毎分最大600発の発射速度を確保している。 砲塔の旋回、俯仰動作は電子制御により行われ、砲塔内部に旋回、俯仰用のモーターが設置されている。 コンパクトはイタリア海軍を始めやの各国で採用されている。 ブレダ社はコンパクトに続き、発射速度を二門合計で毎分900発まで向上させたツイン・ファスト40もしくはファスト40と呼ばれる改良型を開発している。 コンパクトは、イタリアが開発した、を構成する。 ボフォース社でも艦艇用に単装砲塔を開発、を始め幾つかの国で採用されている。 続いて、トリニティまたはシー・トリニティと呼ばれるCIWSも開発している。 シー・トリニティは、単装機関砲に照準用の、光学を搭載した砲塔から構成されており、砲塔には有人型と無人型がある。 『』 一部の対空車両や艦船の武装として登場する。 ゲーム内では連装・四連装・六連装の物が見られる。 また、の品のFlak28として、単装バージョンの物も登場している。 作中での呼称は「40mm」。 その後、本家の「改」の初期装備にもなり、戦艦以外でも使用できるようになった。 『』 各艦の装備アイテムとして二連装、レーダー付き二連装、四連装バージョンが登場している。 『』 『』 米軍・・イギリス軍・の対空機関砲として登場する。 また、何故か「」にも搭載されている。 『』 ・米海兵隊双方の対空機関砲として対空付きのものがマップに配置されている。 『』 シングルプレイで主人公らが潜入する島の至る所に日本海軍が設置している。 主人公らの潜入に合わせて島に対するを始めたを迎撃し、若干数をする。 『』 『』 AC-130に搭載されて登場する。 『』 固定対空砲としてマップに配置されている。 イギリス軍のにも搭載されている。 『』 に2門搭載されている。 『』 ゲーム内の40mm砲として登場する。 脚注 [ ]• 藤木平八郎「ボフォース40ミリ機銃物語」『』375号、P92-97、1987年• 佐山二郎『日本陸軍の火砲 機関砲 要塞砲 続』光人社(光人社NF文庫)、2012年、137頁• 梅野和夫「日本海軍の海防艇について」『世界の艦船』320号、P104-105、1983年• 平成22年度国土交通省関係予算概算要求 参考文献 [ ]• Terry Gander, "THE 40mm BOFORS GUN", Patrick Stephens Limited, Wellingborough 1986 関連項目 [ ]• - による本砲のコピー。 - 中の傑作機関砲の一つ。 艦艇やその他にもなどに搭載された。 また、でもしており、給弾方式をに改良したものもあった。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 , pages 73—74 on testing of US version of 40mm Bofors• placed online courtesy of Historic Naval Ships Association• — official site• naval products page• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

【アズールレーン】シアトルの詳細と評価|入手方法や装備【アズレン】

アズレン 対空

13章から追加された新要素について 厄介な特殊敵艦が複数登場 防空艦 対空攻撃により、 こちらの艦載機を落としてきます。 対空火力は尋常ではなく、 ほとんどの艦載機が落とされてしまうレベルです。 倒しても再度出現するため、非常に厄介な存在です。 また、 艦載機からの攻撃に対して耐性を持ち、12. 5%しかダメージを与えられません。 (8割以上軽減されます) 航空攻撃で落とすことは困難であるため、 前衛の砲撃や主力艦の砲撃で処理するのがおすすめです。 装甲は中装甲なので 「重巡洋艦の徹甲弾」「軽巡洋艦の榴弾」が有効です。 なお、駆逐艦の主砲攻撃はダメージが通りにくいため注意が必要です。 指揮艦 Danger 13章の攻略を邪魔する、 非常に注意すべき艦です。 13-3、13-4ではボスと一緒に出現するため、最優先で撃破する必要があります。 撃破しない限り、敵全体の攻撃力を50%上昇させます。 さらに、出現してから一定時間で、攻撃力をさらに30%追加で上昇させます。 撃破したとしても、攻撃力30%強化は残るというぶっ壊れた性能です。 敵艦の強化だけでもきついのに、 おまけとして航空攻撃まで発動してきます。 (勘弁してくれ・・・) 装甲は、 重装甲で非常にタフです。 砲撃のダメージが通りづらいため、 航空攻撃で一層するか魚雷を叩きこむなど少し工夫が必要です。 工作艦 明石と同じ工作艦です。 定期的に敵全体のHPを割合で回復させます。 回復量もそこそもあるため、火力が低いと戦闘が長引いて危険な存在。 装甲は、 軽装甲ですが非常にタフです。 「重巡洋艦の榴弾」「軽巡洋艦の榴弾」が有効で、駆逐艦の砲撃もそこそこ通ります。 しかし、出現位置が後方であるうえに、定期的に後退するため狙い撃ちするのが難しいです。 航空攻撃で一層すると良いでしょう。 特殊敵艦の対処法 指揮艦を最優先で落としたいところですが、砲撃が通りづらいです。 航空攻撃で一層しようとすると、防空艦が邪魔してきます。 以下の手順で、対応するのがおすすめです。 step 1防空艦を砲撃で落とす step 2指揮艦と工作艦をまとめて航空攻撃で落とす 攻略のポイント• 制空権は可能な限り『制空権確保』、最低でも『制空権優勢』にする。 Lvは115以上まで上げておく(13-4のボスはLv120推奨)• 道中の主力は「明石」「ユニコーン」「イラストリアス」を推奨• 前衛は回避と耐久を重視• 前衛の先頭キャラには『バルジ』の装備を推奨• 陣形は『輪形陣』を活用• 13-4は道中・ボス共に手動攻略推奨(安全海域になるまでは) 制空値システムの重要性について 制空権は非常に重要なので、絶対に 「制空権優勢」以上にしてください。 以下を見ていただければ分かりますが、「制空権優勢」以上のメリットが大きすぎます。 「拮抗中」からダメージがダウンする効果がついてしまうので攻略がきつくなります。 おすすめ設備 主砲や副砲については、艦種毎に最適なものがあると思うので省略。 ここでは、 13章で必須級の設備を中心にご紹介します。 強化油圧舵 回避を大幅にアップし耐久までアップします。 さらに、スキルにより一定確率で攻撃を回避する事が出来ます。 研究開発室でしか入手できないため、数を揃えるのが難しいですが、 ボス戦で装備させるために最低でも3つは欲しいところです。 SGレーダー 主に明石に装備させます。 道中での「敵艦見ゆ」の確率を下げるためにも、装備しておきたいです。 1つあれば十分です。 油圧カタパルト 航空値を大幅に強化し、耐久値も強化します。 空母にはとりあえずこれを装備させます。 ここまで来た指揮官さんなら数は揃っているはず。 ホーミングビーコン 航空値の強化と、航空攻撃の装填時間を4%短縮するスキルが強力です。 航空攻撃の回転を上げることも、この海域では重要です。 高性能対空レーダー 対空値を大幅強化する設備です。 対空番長であるサンディエゴ改にはこれを持たせます。 入手方法が研究開発室のみなので数は揃えにくいです。 複数持っている場合は、他の艦にも装備すると良いです。 SHS 火力を大幅強化し、クリティカル率までアップさせる素晴らしい設備。 ボス戦で使う主力戦艦に持たせたい一品。 ボス戦は時間との戦い(時間をかけるとこちらが落とされる)なので、火力の強化は重要です。 一式徹甲弾 火力と命中を大幅強化し、クリティカルダメージを25%もアップさせます。 ウォースパイトには絶対に装備させたい設備です。 応急修理装置 鉄板とも言える設備です。 耐久値の強化と一定時間ごとに耐久値を回復させるスキルは優秀の一言。 前衛にはとりあえず持たせておきたい。 バルジ 耐久の強化と、魚雷ダメージを30%軽減するスキルに助けられます。 前衛の先頭は、魚雷によるダメージも洒落にならないので装備必須です。 改良型シュノーケル 潜水艦の潜航力を強化します。 13章は敵との戦闘時間が長くなりがちです。 潜水艦には少しでも戦場に留まってほしいので、潜航力の強化は必須です。 各ステージの攻略について 個別に記事を作成したので、以下の記事をご覧ください。 13-1 オート攻略(脅威海域) まずは小手調べといった難易度。 13-2 オート攻略(脅威海域) 13-1がクリアできれば13-2は問題ないかな?という印象です。 13-3 オート攻略(脅威海域) 難易度が一気に跳ね上がります。 育成・装備ともに整っていないと道中の時点できついです。 13-4 手動攻略(脅威海域) 難易度が頭おかしいレベルです。 基本的には手動攻略必須。 13-4 オート攻略(安全海域) 安全海域にしてもオートの100%S勝利は難しいです。

次の