うんこ が 白っぽい。 白いうんち(白っぽいうんちをしています。急…)|子どもの病気・トラブル|ベネッセ教育情報サイト

白っぽい尿の原因とは

うんこ が 白っぽい

com 赤ちゃんの便が白色のときにはどのような原因が考えられるでしょうか。 胆道閉鎖症 胆汁の通り道の胆管が、つまって閉じてしまう病気です。 胆汁が消化管に出ないため便が白くなります。 生後2週間から1ヶ月ごろの赤ちゃんに見られることが多く、手術が必要になることもあります。 胆道閉鎖症の赤ちゃんのなかには生まれつき胆道がないケースもあるようです。 赤ちゃんの皮膚や目に黄疸が見られ、灰白色やうすい黄色、クリーム色のうんちが出たと気きには要注意です。 ほかにも濃い黄色のおしっこが見られて、お腹が硬く膨らむような症状がみられたらすぐに受診しましょう。 感染性胃腸炎 赤ちゃんの白い便について専門家も以下のように言っています。 白っぽいうんちは、ノロウイルスやロタウイルスに感染している可能性もあるので早めに受診する方がよいでしょう。 乳幼児や子どもがかかりやすいノロウイルス感染症やロタウイルス感染症では、発熱や激しい嘔吐や下痢を伴い、白い便を出すことがあります。 白っぽくてもブツブツとしたカッテージチーズのような白いカスが含まれる赤ちゃんのうんちの場合、白い塊は母乳やミルクに含まれる脂肪分が原因であることがほとんどです。 赤ちゃんが母乳やミルクを飲んでいる時期に見られることがありますが、心配いりません。 それでもママやパパが不安に思うときは通常の診療時間内に受診をするのがよいでしょう。 赤ちゃんのうんちや下痢で受診するときの目安やポイントをまとめました。 病院を受診する目安 iStock. 下痢をしている赤ちゃんがどのような症状のときに病院を受診したらよいのか、目安をご紹介します。 診療時間内に受診する ・水様便が1日5回以上出る ・発熱や嘔吐を伴うが意識がはっきりしている ・下痢や嘔吐をしているが、水分はとれている ・赤ちゃんや子どもの機嫌が悪く、食欲がない 以上のような症状のときには、通常の診療時間内で受診をしましょう。 診療時間外でも救急受診する ・水分が摂れない ・おしっこが半日くらい出ない ・口や唇の中が乾燥している ・下痢と嘔吐が激しく脱水症気味になっている 特に0~3カ月の月齢の低い赤ちゃんは下痢になりやすいものですが、白色のうんちがつづくときは前に述べたような病気にかかっている可能性があるため、発熱や嘔吐を伴っていたり、気になる症状があるときには早めに受診するようにしましょう。 病院へ行くときの注意点 赤ちゃんの下痢で病院を受診するときの持ち物や、注意点をご紹介します。 持ち物 iStock. ほかに、うんちのついたオムツやうんちの実物を少量持って行くと診断がスムーズに行くでしょう。 持参するのが難しいときは、携帯でうんちの写真を撮って病院でみてもらうとよいです。 医師に伝えること ・赤ちゃんの機嫌 ・赤ちゃんの食欲 ・下痢の回数や量 ・うんちの色がいつごろから普段と違うか ・発熱や嘔吐など下痢以外の症状はあるか ・食べたもの 赤ちゃんの様子や便の状態を把握して、医師に詳しく伝えられると、赤ちゃんの下痢の原因がつきとめやすく、受診するときに役立つでしょう。 家での対処法 iStock. 水分補給で脱水症状を防ぐ 下痢のときは、脱水症の危険性があるので、こまめな水分補給が大切です。 しかし冷たい飲み物を1度にたくさんとると赤ちゃんの胃腸に負担がかかることがあります。 常温の白湯やイオン飲料、温かい飲み物を少しずつ与えるようにしましょう。 消化のよい食べ物を選ぶ 赤ちゃんの様子を見ていて食欲があるようならば、消化のよい食べ物を少しずつ与えるとよいでしょう。 おかゆやうどん、野菜スープなどがおすすめです。 しかし下痢のときには、乳製品に含まれる乳糖を上手く分解できないため、牛乳やヨーグルトなどの乳製品は控えたほうがよいかもしれません。 キノコや海藻類などの食物繊維の多い野菜も下痢のときには避けた方が無難です。 ほかにも脂肪の多いバターや油は下痢のときには控えましょう。 お尻のケアも忘れない 下痢便は、お尻への刺激が強く、下痢の回数が多いと、オムツかぶれを起こすこともあります。 赤ちゃんの下痢が続くときは、シャワーでお尻を流したり、濡れタオルでお尻を拭いて清潔にすることが大切です。 お尻を乾燥させないように、ワセリンや保湿剤でケアをするのもよいでしょう。 赤ちゃんの下痢が治まり、元気になったあともスキンケアを続けられるとよいですね。 白いうんちは要注意! iStock. 白っぽいうんちでも赤ちゃんに元気があるときには母乳やミルクが原因で心配のないこともあります。 しかし、白色のうんちは、胆道閉鎖症や、ロタ、ノロなどの感染性胃腸炎などの感染症の可能性があるため、症状がつづくときは受診するようにしましょう。 赤ちゃんの下痢で病院に行くときには、子どもの様子や下痢の状態を把握して、しっかり伝えられるようにしましょう。 また下痢をしているときは、赤ちゃんが脱水症状やおむつかぶれを起こしやすいので、水分補給や、保湿などのケアが大切です。 赤ちゃんの白いうんちの原因や正しいホームケアについての知識をつけて、赤ちゃんの異常に早めに気づけるとよいですね。 監修:金髙太一(おひさまクリニック 院長).

次の

便の色が薄い・白っぽいのは?ガン?感染症?肝臓や胆嚢に問題?

うんこ が 白っぽい

com 赤ちゃんの便が白色のときにはどのような原因が考えられるでしょうか。 胆道閉鎖症 胆汁の通り道の胆管が、つまって閉じてしまう病気です。 胆汁が消化管に出ないため便が白くなります。 生後2週間から1ヶ月ごろの赤ちゃんに見られることが多く、手術が必要になることもあります。 胆道閉鎖症の赤ちゃんのなかには生まれつき胆道がないケースもあるようです。 赤ちゃんの皮膚や目に黄疸が見られ、灰白色やうすい黄色、クリーム色のうんちが出たと気きには要注意です。 ほかにも濃い黄色のおしっこが見られて、お腹が硬く膨らむような症状がみられたらすぐに受診しましょう。 感染性胃腸炎 赤ちゃんの白い便について専門家も以下のように言っています。 白っぽいうんちは、ノロウイルスやロタウイルスに感染している可能性もあるので早めに受診する方がよいでしょう。 乳幼児や子どもがかかりやすいノロウイルス感染症やロタウイルス感染症では、発熱や激しい嘔吐や下痢を伴い、白い便を出すことがあります。 白っぽくてもブツブツとしたカッテージチーズのような白いカスが含まれる赤ちゃんのうんちの場合、白い塊は母乳やミルクに含まれる脂肪分が原因であることがほとんどです。 赤ちゃんが母乳やミルクを飲んでいる時期に見られることがありますが、心配いりません。 それでもママやパパが不安に思うときは通常の診療時間内に受診をするのがよいでしょう。 赤ちゃんのうんちや下痢で受診するときの目安やポイントをまとめました。 病院を受診する目安 iStock. 下痢をしている赤ちゃんがどのような症状のときに病院を受診したらよいのか、目安をご紹介します。 診療時間内に受診する ・水様便が1日5回以上出る ・発熱や嘔吐を伴うが意識がはっきりしている ・下痢や嘔吐をしているが、水分はとれている ・赤ちゃんや子どもの機嫌が悪く、食欲がない 以上のような症状のときには、通常の診療時間内で受診をしましょう。 診療時間外でも救急受診する ・水分が摂れない ・おしっこが半日くらい出ない ・口や唇の中が乾燥している ・下痢と嘔吐が激しく脱水症気味になっている 特に0~3カ月の月齢の低い赤ちゃんは下痢になりやすいものですが、白色のうんちがつづくときは前に述べたような病気にかかっている可能性があるため、発熱や嘔吐を伴っていたり、気になる症状があるときには早めに受診するようにしましょう。 病院へ行くときの注意点 赤ちゃんの下痢で病院を受診するときの持ち物や、注意点をご紹介します。 持ち物 iStock. ほかに、うんちのついたオムツやうんちの実物を少量持って行くと診断がスムーズに行くでしょう。 持参するのが難しいときは、携帯でうんちの写真を撮って病院でみてもらうとよいです。 医師に伝えること ・赤ちゃんの機嫌 ・赤ちゃんの食欲 ・下痢の回数や量 ・うんちの色がいつごろから普段と違うか ・発熱や嘔吐など下痢以外の症状はあるか ・食べたもの 赤ちゃんの様子や便の状態を把握して、医師に詳しく伝えられると、赤ちゃんの下痢の原因がつきとめやすく、受診するときに役立つでしょう。 家での対処法 iStock. 水分補給で脱水症状を防ぐ 下痢のときは、脱水症の危険性があるので、こまめな水分補給が大切です。 しかし冷たい飲み物を1度にたくさんとると赤ちゃんの胃腸に負担がかかることがあります。 常温の白湯やイオン飲料、温かい飲み物を少しずつ与えるようにしましょう。 消化のよい食べ物を選ぶ 赤ちゃんの様子を見ていて食欲があるようならば、消化のよい食べ物を少しずつ与えるとよいでしょう。 おかゆやうどん、野菜スープなどがおすすめです。 しかし下痢のときには、乳製品に含まれる乳糖を上手く分解できないため、牛乳やヨーグルトなどの乳製品は控えたほうがよいかもしれません。 キノコや海藻類などの食物繊維の多い野菜も下痢のときには避けた方が無難です。 ほかにも脂肪の多いバターや油は下痢のときには控えましょう。 お尻のケアも忘れない 下痢便は、お尻への刺激が強く、下痢の回数が多いと、オムツかぶれを起こすこともあります。 赤ちゃんの下痢が続くときは、シャワーでお尻を流したり、濡れタオルでお尻を拭いて清潔にすることが大切です。 お尻を乾燥させないように、ワセリンや保湿剤でケアをするのもよいでしょう。 赤ちゃんの下痢が治まり、元気になったあともスキンケアを続けられるとよいですね。 白いうんちは要注意! iStock. 白っぽいうんちでも赤ちゃんに元気があるときには母乳やミルクが原因で心配のないこともあります。 しかし、白色のうんちは、胆道閉鎖症や、ロタ、ノロなどの感染性胃腸炎などの感染症の可能性があるため、症状がつづくときは受診するようにしましょう。 赤ちゃんの下痢で病院に行くときには、子どもの様子や下痢の状態を把握して、しっかり伝えられるようにしましょう。 また下痢をしているときは、赤ちゃんが脱水症状やおむつかぶれを起こしやすいので、水分補給や、保湿などのケアが大切です。 赤ちゃんの白いうんちの原因や正しいホームケアについての知識をつけて、赤ちゃんの異常に早めに気づけるとよいですね。 監修:金髙太一(おひさまクリニック 院長).

次の

便の色が薄い・白っぽいのは?ガン?感染症?肝臓や胆嚢に問題?

うんこ が 白っぽい

うんちの状態は子どもの健康状態を表す重要な指標になると言われていますので、よく観察することは大切なことです。 便の様子がいつもと違うときは、便を持って小児科を受診するのがよいでしょう。 通常、便は乳児期では黄色っぽい色をしています。 緑っぽい便になることもありますが、母乳の場合や長く放置していると緑に近い色になることがあります。 通常の食事が始まるようになると茶褐色の便となってきます。 白い便は、腸に胆汁が排出されないようなときに、黄色の色が出なくなり、白っぽくなります。 これはウイルス感染などによって胆管からの排出が悪くなって起こるとされています。 しばしばウイルス性下痢症で白色便性下痢症と言われ、重症の下痢症の場合に見られます。 生まれつき胆汁の排出ができないような病気のときも、白っぽい便となります。 黒い便は、胃や腸からの出血があり、それが腸の中で酸化されて黒い色に変色して、黒色便となります。 ときに鼻血などを飲み込んでも起こることがあります。 白い色の牛乳を飲んで便が白くなったり、トマトケチャップを食べて便が赤くなったり、緑の野菜を食べて緑になったりはしません。 しかし、食べたものが消化されないで、そのまま便に出ることがあり、そのときは、下痢便となり、その食べ物の色が部分的に、例えば野菜の緑やトマトの赤い部分などが便の中に見られることがあります。 お子さんの場合は牛乳をたくさん飲むようになってからということですが、牛乳に過敏な場合は、飲み始めに消化が悪くなって下痢ぎみとなりますが、便が白くなることはありません。 便の回数ややわらかさには変わりはないようですので、心配はないでしょう。

次の